スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オムライス…散華!!!!

久しぶりに_ _ _ _*リハでぐったり疲れて帰ってきました。
もうね、あれですよ。
はい、スクワット100回!
あっ、腕立ても100回追加ね~!みたいなノリでした。
8時間延々と…どんなバンドだよ。
俺は体よりも頭のほうが疲れたみたいです。
ライブの疲れってやつは不思議と打ち上げなんかで飛ぶもんだけれども、リハの疲れってやつは何しても抜けないもんですね。
でも心地良い疲れですね。
久しぶりに抜群の手応え、やっぱりリハしっかりやらないと。

今回やったリハの内容ってどこか1年くらい前…いや、もっとですね。
それくらい前の方法論でした。
ガッツ&フィジカル。
テクニカルな部分は一切排除、メンタルというよりはガッツ。
体育会系じゃないcandyは死にそうになっていました、かわいそうに。
でもこれで安心して22日を迎えれそうです、化けてやる。
早く指も治れ。
そうそう、俺も必殺技を手に入れました。
誰か気付くかな…たった2秒程のキラメキを。


それでね、帰りがてらリハ見学していたG君とcandyの3人で家の近所のオムライス屋さんへ。
過去にも日記に書いた事あるんだけれど、家族経営の昔の飯屋ですね。

衝撃!!!!!!!

なんと…!!!!!!!!


「9月8日をもって閉店させてもらいました。」




なぜ…(TT)
ホルモン焼きだってレバニラだって500円未満であんなに美味しかったのに!
オムライスなんて都会暮らしじゃない人間にはわかるような味で…もうフライパンに油が染み込んでいるのが嫌なくらいわかるあの芳香。
俺はそんなオムライスを猛烈に愛していたのに!!!!

なんであんなに美味しい店なのに閉店しなくちゃいけないんだ!!
松屋とか行ってすみませんでしたm(_ _)m
俺が毎日毎日昼も夜もあそこでオムライス食べていれば防げたかもしれないのに!!
閉店だなんてあまりに…それも突如として(TT)

この世界は悲しみに満ち溢れている。

書いてやる、オムライスの唄書いてやる!!
_ _ _ _*初のバラードをオムライスに捧げる事にしました。
確かに時としてあのオムライスはケチャップが過剰なまでに主張していた事はあります。
だからと言ってそれがあのオムライスの価値を下げるようなわけじゃなく。
かわいいじゃないですか、悪いところを堂々と前面に押し出してワガママを言うんだから。
それでも俺はうんうんって頷いて美味しくパクついていました。

閉店の理由も、別に差し押さえとかでもないから借金じゃなさそう。
きっと一身上の都合ってやつですね、あれ、それじゃ借金も含まれるか。
病気とか…若い人間が他の仕事したくて人手不足とかそんな理由なんだろうな。
そんな悲しい出来事がありました。
オムライスの唄…、もし出来てライブで気付いたら思い出してやって下さい。
そんな店があったんだなって。

ダメだ、もう眠いです。
この分だと良い子の時間に寝れそうです。
皆さんもお気に入りの店があれば精一杯通いましょう。
じゃないと潰れた時にとんでもない後悔しますよ。
しょうがないので俺はこれからオムライスを研究して自分で作れるようになります、美味しいのね。
ではまた明日~(TT)
スポンサーサイト

ご当地名物。

やばい、凄い曲思いついた!
久々に何かが降りてきているちんぱんです。
別に大したもんでもないんだろうけれど。
最近はそれどころじゃなくてあまりやってなかったんだけど…
何かのネタが降ってこないかな~??
夜の公園で寝転がってみたり。
蟻を延々追いかけてみたり。
芝生の草を数えてみたり。
土の声を聞こうとして通報されそうな変な体勢になってみたり。
犬と睨み合ってみたり。
後は何していたんでしょう、わかりません。
たまにはやってみるもんだ、うむうむ。
夏中にはドロップ出来るだろうか、これはキテるぞ。
鍵盤叩いてて楽しいのは久し振りだ~。
これが書きたいが為に勢いよくPCを開いたものの、この後の事を考えてなかった…。

考え中…。

そうだ!!
ご当地名物。
入手した情報によると今ね、新宿の小田急で「大阪ええもん・うまいもん市」がやってるんですよね。
何があるとかはどうでもいい。
これだけを食いに行って下さい。

!!!551の豚饅!!!

大阪の豚マンなんですけどね、とんでもなく美味いんですよ。
大阪に住んでいた時は普通過ぎてそうでもなかったんだけれど、大阪離れてその驚異的な美味さにやっと気付いたんですね~。
新宿に寄った際は迷わず小田急へ、そして豚マン買ってください!!
全然高くないですよ。
で、持ち帰りでもなんでもいいから買った瞬間に1個食べてみてください。
コンビニとは搭載エンジンがクラスからして違うのがよくわかるはずです。
関西地区の人もこの日記見てくれていると思うけれど関東の人は知らないんですよね。
知らないのは罪だなぁ・・・。

ご当地名物。
前にも書いたかもしれないけれど、俺が全国で行っていない…というか滞在していないのって青森だけなんですよね。
こんなの言い切るのもどうかと思うけれど、各地の名物ってやつをかなり知っている自信はあります。
音楽やってるくせにこんなつまらないとこで胸張って言うのもなんだけれど。
その中でも最高クラスのご当地名物をいくつか書いてみます。


かつおーーー!!!!

知ってますよね、かつお。
高知にね、親父さんが漁師をしている友達がいて遊びに行ったんですよ。
行ったのは沼島ってところです。
毎日毎日刺身、サーフィン、素潜り、日光浴を繰り返していたんだけれども。
ある日、軽い気持ちで深夜から漁に連れて行ってもらったんだけれども、沖合いで釣れたかつおをなんとその場で捌いてくれて。
上からねぎときざんだ生姜と魚醤をぶっかけてね、食えってさ。
もう俺は本当に泣いていました、あまりの感動で。
恐らく生涯あれ以上のかつおを食する事は出来ないでしょう。
大トロ中トロなんて勝負になりません、いくらでも食べれる。
末期には俺は食べてるかつおの顔に美味しいね、美味しいねって語りかけてました。


讃岐うどーーーん!!

香川、もうお約束ですね。
あれ何だったかなぁ…、とにかく頻繁に四国に行っていたんですよね。
それで香川の人から仕入れた情報を元に出張って行ったんだけれども。
頼んで出てきたのは本当にダシにうどんがぶち込まれただけの質素なものでした。
でもね、凄かったんですよ。
香川のうどんって使っている水からダシからうどんからとんでもない代物なんですよね。
なんて言うんだろう。
うどんの1本1本がね、壮大な物語なんですよ。
食べた瞬間にキミと出会ってしまったのか…。
そしてこの運命的な出会いを喜び狂気乱舞し…、
別れ際は本当に残酷なものでした、儚い、あまりに儚い。
こんなにも美しい出会いなのにもうキミはいなくなってしまうのかって。
あの瞬間、どんな恋愛小説にも負けないものが書けそうでした。

そうそう、ここまで四国が続いているけれど四国って本当に穴場なんですよね。
皆意外と知らないもんです、北海道と並んで屈指の実力を誇る土地ですよ。
酒も俺は呑まないからよくわからないのですが、地酒も相当な実力らしいです。
うなぎなんかも全国一じゃないのか、山と海があって水がキレイなとこはそうそうあるもんじゃありません。
食文化に疎い土地もアウト!!
四国はこの辺りにしておきます。


にしんそば~~~!!!

はっきり言ってね、きてます。
あのね、有名な店だと吉兆とかってあるじゃないですか。
あんな座っただけで3万円とか高いのじゃなくてもあります、京都。
行った際には最低限店を選んで蕎麦屋に入ってください。
にしんそばって書いたけれど、別にそうじゃなくてもいい。
ただ、条件があって必ずユズの香りがするやつにしてください、わかりやすく美味しいから。
関東と関西じゃ決定的にダシが違うんですよね、にしんも上品です。
食べる前にタバコを吸ったらいけないのが京都のそば。
吸うと視力0,01くらいになって損します。

やばい、止まらないぞ、俺。


山菜天ぷら~~~!!!

これも覚えておいてください。
世界遺産にも指定されている奈良県吉野。
あの山菜天ぷらの前では俺の好きなエビも霞んでしまいます。
油断していたんですよ、吉野山道の途中に一軒の茶屋みたいなところがあって、お薦めは山菜の天ぷらって聞いた瞬間に。
そのせいもあって食べた瞬間にぶち殺されそうになりました。
もはやあれは狂気染みた凶器でした。

いかん、もう書ききれません。
記憶に残るものを羅列していきます。
大阪と兵庫は主観が入り過ぎるからカットします。

北海道、馬糞ウニを筆頭に海鮮。
秋田、きりたんぽ、しょっつる。
仙台、牛タン。
山形、だだちゃ豆、さくらんぼ。
富山、ほたるいか。
金沢、さわら、かぶら寿司。
長野、味噌田楽、にじます、鮎。
山梨、猪。
静岡、味噌おでん、うなぎ、とらふぐ。
愛知、手羽先。
滋賀、かもすき焼き。
三重、松坂牛じゃなくて伊勢牛。
京都、松茸、蕎麦。
和歌山、クエ、クジラ、梅干。
広島、牡蠣、お好み焼き。
島根、ドジョウの柳川。
山口、アンコウ、ふぐ。
愛媛、あじ、さば。
福岡、明太子、博多ら~めん。
長崎、カステラ、からすみ。
鹿児島、薩摩揚げ。
沖縄、ソーキそば、ちんすこう、要するに郷土料理。

まだ宇都宮で本当の餃子に出会えていません。
っていうか…これは何の日記だ~~~!!!
もう願望でしかないじゃないか!!
福岡のなんて完全に今食べたいもの書いてるだけやないか…。
今改めて読み直したけれど、完全にアホですね。
結局は入った店との相性や運の良さも左右されているのですが、基本的には食べるのに大した手間がかからない土産物がお薦めですね。
しかしこれ…本気で書いたら相当もちそうです。
定期的にこういう日記を書こうかしら。
北海道編なんてもうどれだけ書けることやら。

でもお出かけの際は何かの参考にしてください。
滋賀のかもすき焼きや和歌山のクエやクジラなんてわりと大穴ですよ~。
書いているだけでお腹一杯になりました。。。

ドラえもん。

う~ん…人生で初めてルーズソックスをはいています。
暖かいやないか、これ。
実は俺が高校卒業するかどうかくらいの頃から猛烈に流行り出したんですよね。
だから世代的には俺は指くわえて眺めてた人です。
羨ましかった、ルーズソックスはいてる女の子と歩いている後輩が。
東京来てからルーズソックス嫌いになったんだけれども、家ではく分にはこれだけアキレス腱とかも冷やさないですむのはありがたい。


ドラえもん
のびたと新魔界大冒険~七人の魔法使い~

見たい……見たいけれどどうしよう…。
声優も変わってるし…。
実は相当なドラえもん好きです。
だからと言ってグッズ集めたりとかどんな話でも知っているわけではないんですよね。
そういう性分なんだろうけれどオタクにはならないみたい。
なんというか心のアニメ。
あの当時の印象が今もそのままに。
ドラえもんの映画、俺にとってリアルタイムで見たのは竜の騎士まで。
それ以後はどこかシリアスさに欠いたような気がして当時から見なくなっちゃったんですよね。
漫画見てから映画連れてってもらってたんだけどなぁ。
それで今頃になってね、中古本あさってそれ以後の映画シリーズ読んでるんですよね。
でもなんでだか最初のほうが面白い。
未だに何回読んでもグッとくる、きっと当時も今も俺って変わってないんだろうな。
海底鬼岩城とかでバギーちゃんが逝った時なんて泣いてたもん。
それから後の映画シリーズだと考えられないガチンコぶりだった。
時代背景って言ったらそれまでなんだろうけれど。

それで今回よくわからないけれどコンビニのレジのとこで魔界大冒険のリメイクみたいな作品の宣伝ポップを見つけたんですね。
リメイクにそれが選ばれたっていうのはわかる、だって面白いんだもん。
リメイク1作目のびたの恐竜はやっぱしあんまだった。
う~んう~ん…どうしよう。
見るんだろうなぁ。

なんかね~
今のアニメって設定が異様に細かいんですよね。
昔のアニメも設定は細かかったんだけれども、でもそれは実はそうだったのよって話が多かった。
豆知識みたいな感じ。
一話完結型か物語かででも全然違うんだけれども。
だから今の子供達にとっての俺のドラえもんみたいなアニメってなんなんだろうって思います。
否定するわけじゃないけれど夢がどれくらいあるんだろうって。
いろんなものがどんどん現実になってね…。
例えば通学途中の子供がバスの中でDSしてたり誰かと通信対戦してたり。
そんなのでさえ今の俺にとっても信じられない光景です。
休憩時間とかお昼休みもやってるんだろうな。
授業中、携帯で遊んでいて怒られてたりとか。
PCの情報量も半端じゃないから大人と同等の所見も持てる。
子供の作り方なんてね、俺は小学校6年生の時に落ちてたエロ本で知ったもんです。
「水中SEXのやり方」
しっかりとした図解付きですよ、アプローチから体位まで詳細に。
俺はこれを本当に信じてた。
子供は水の中じゃないと出来ないんだぁ~って。
なんてこったい、でも本当の話。
またもう一度夢を感じれるアニメに出会いたいもんです。
無条件で何も考えないで楽しめるアニメ。

そうそう。
3月についに俺が対バンしたくてしょうがなかったバンドさんとあたることになりそうです。
そのうち報告出来るんじゃないでしょうか。
正直頭下げて入れるもんなら入りたいって思えるくらいの唯一のバンドさん。
入りたいってのは嘘だけど、それくらい思えるバンドさんね。
東京にもよく来てるけれどまだあんまり知られていないんじゃないかな。
完全に人が生きている、そう思わせてくれる。
今の音楽事情の中では奇跡的とも言えるようなサウンド。
そもそも経緯そのものが奇跡的、うちと同じような経緯かもしれない。
相も変わらずアングラってポジションになってしまうのかもしれないけれど、覆す日も近いでしょう。
まだ正式じゃないから発表差し控えるけれど、そんなことで浮かれてました。
知ってる人は喜ぶだろうなぁ。
刻み込んでやります、うちの名を。

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。