スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年度お疲れ様でした、そしてありがとう。

帰ってきました。
渋谷DESEO、そして木更津GRAPH。
ライブ模様はこれでもかってくらいに対極だったのですが、それが楽しくて楽しくて。
この2日間、足を運んでくれた皆、本当にありがとうございました。
この詳細はね、今日の最後の2本を終えて正月休みなる間に書かせてもらいます。
どうやらこの更新が今年最後になりそうなのです。
なので力尽きる前にこれだけは書かせてもらわなければ。


2007年。
_ _ _ _*にとっては良くも悪くもとても大きな年だったと思います。
思えば2006年の10月に改名して以来、その名前を少しでも認識してもらう為にあちこちへ飛んでいたような気がします。
列挙してみます。

1月13日 横浜アリーナサウンドホール
1月15日 池袋ADDICT
1月19日 新宿LOFT
1月28日 新宿URGA
1月29日 四谷OUTBREAK!
2月14日 四谷OUTBREAK!
2月22日 仙台MACANA
3月 3日 四谷OUTBREAK!
3月 8日 名古屋DAYTRIP
3月 9日 大阪キングコブラ
3月23日 渋谷屋根裏
4月21日 新宿URGA
4月29日 秋葉原DressTOKYO
5月 4日 新宿ANTIKNOCK
6月 1日 千葉ANGA
6月 7日 名古屋DAYTRIP
6月 8日 大阪キングコブラ
6月 9日 池袋手刀
6月17日 千日前clubWater
6月19日 四谷OUTBREAK!
7月 1日 木更津GRAPH
7月 6日 秋葉原clubGOODMAN
7月 8日 千葉ANGA
7月14日 新宿URGA
7月25日 高崎clubFLEEZ
8月 1日 木更津GRAPH
8月 9日 吉祥寺SilverElephant
8月16日 新宿LOFT
8月18日 大阪キングコブラ
8月22日 四谷OUTBREAK!
8月25日 高円寺MISSIONS
8月26日 木更津GRAPH
8月29日 浅草KURAWOOD
9月15日 四谷OUTBREAK!
9月22日 四谷OUTBREAK!
9月26日 千葉ANGA
10月 5日 渋谷屋根裏
10月 7日 渋谷TakeOff7
10月20日 四谷OUTBREAK!
11月 2日 名古屋DAYTRIP
11月 3日 大阪キングコブラ
11月11日 札幌PENNY RANE 24
11月16日 新宿URGA
11月17日 四谷outbreak!
11月23日 桐生VAROCK
11月24日 木更津GRAPH
12月 3日 四谷OUTBREAK!
12月18日 千葉ANGA
12月24日 新宿Marble
12月29日 渋谷DESEO
12月30日 木更津GRAPH
12月31日 新宿URGA
12月31日 四谷outbreak!

ふぅ。
365日で53本ですね。
別に多けりゃいいってものではないのですが、よくぞ1度のキャンセルも無くやれたものだと今更ながらに痛感しました。
これだけあればどこかで何かが起きてライブ不可能なんてシチュエーションあってもおかしくないのに。
あんなライブばかりしていてさ。
何よりもこれだけの本数に皆に付き合ってもらった事にこの上ない感謝です。

この1本1本にそれぞれのエピソードがあって…個人的にはどの日に何があったか全て鮮明に覚えています。
覚えているんですよ。
何が繋がって何が途切れて、何に出会って何と別れ、何が起こって何が起こらなかったのか。
そしてシンプルに成功と失敗。
つまり宝の山のような…俺にとっては夢のような1年だった気がします。
そう、これは夢。
更にバンド単位としてはこのライブ本数の倍以上はいくと思われる日数を何かに費やしていたりして。
それを考えたらもう何も言えませんね、恐らく走破しきったのでしょう。
俺達は夢のような日々を散歩していたのかもしれません。
確実に言えるのはこの1年があって今があるという事。
それが全て、そしてここから2008年へ続いていくだけの事。
ただ節目としての今が終わる。

洗い浚い書いてしまいたいのですが…本当にいろいろありました。
正直何度かもうダメだって思ったり…心底落ち込んだり。
そんな時、いつも誰かが助けてくれたものでした、必ず誰かが。
これが面白いものでね、別に励まされたとかだけじゃなくてね、逆に今だと言わんばかりにとどめ刺されそうになったおかげで奮起していたり…不思議なものです。
ライブにも何度も助けられたし、逆に突き落とされもしたし。
そういった極めて不安定、凸凹な日々の中で何かを感じ何かを拾ってました。
その都度確実に何かを。
これは金では買えない財産です、日々増えていくばかり。
経験という言葉などでは表現出来ないような…そんなもの容器からはみ出してしょうがないようなモノ。
確かに個人的にこれが最高のライブだった…というような日もあるにはあるのですが、それは皆の判断にお任せしたいと思います。

ただこれだけは…。
紛れも無くある種の節目になったのは9月22日でした。
ライブとは別でバンド人生に於いては最高の日、還るべき日になりました。


今思うのです。
もちろん2008年度も変わらずにあいつを掴まえにいくのですが…この1年はとにかく人と人との衝突事故の連続だったなぁと。
笑ってはいけないのですが、確実に俺達と出会ったせいでそれまでの人生踏み外してしまった方もいるのではないでしょうか。
いや、やっぱり笑ってしまうのですがそれは俺達も同じ事です。
それだけ人との繋がりとは良くも悪くも多大な影響を及ぼすという事。
良いか悪いか、その振り幅を選択させるのは全てにおいて個人。

ある場所では、_ _ _ _*の曲がカバーがされていました。
ある場所では、初めて行った場所なのに初見から名前で呼んでくれました。
ある場所では、_ _ _ _*の噂話を聞いただけでライブに来てくれました。
ある場所では、ライブを観てなぜか理由もなく泣いていた人がいました。

そして俺はそういった全ての人の話を聞きたいと思い、また話したいと思ってくれた人がたくさんいたのでした。
あの時思い描いていた夢の中を今確かに歩いているんだと思ったものです。
そしてその夢はさらに未踏の未来へと。

もっと回想したいのですが、正月シリーズで存分に書いてみようかと思います。
今日は大晦日。
今年度の集大成のようなライブになるのではないでしょうか。
抱えきれない感謝の気持ちを込めて、2007年度を全力で殺したいと思います。
何があってもね、息の根止めてやります、そうしなければ堂々と元旦に踏み込めないじゃないですか。
そして笑って迎えてやりましょう、新しい日々を。

あの場所に集まれ。

そして全てを脳裏に刻み込め。

今日だけは今を掴まえなければ。
スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。