スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べ過ぎ注意。

凄いの見つけました!!
Fantaふるふるシェイカー(オレンジ味)!!
080429_0415~01

この子供騙しのジャンクさ加減が俺に直撃しました。
美味しいぞ!!
ちんぱんです。

なんというかジャンクの中にも良質のジャンクがありますね。
君になら騙されてもいいよみたいなものです。
このふるふるシェイカーは正にそれ。
俺が好きになるのはすぐ無くなる運命ですね、今のうちに楽しんでおかねば。
もっと騙され続けたいのに。


今日もまぁこれでもかってくらいの濃ゆいバンドマンが集まってあれこれと話していたのですが…全く違う方向から来た数人が誤って現地点で衝突したかのような集まりでした。
本当にこんなにもいろんな思考回路があるのかと驚かされるばかりです。
人の数だけなんたらとは言うものの、芯の通った人間ってのは集まると大変な事になるのですね。
相も変わらず俺はふんふんと横から話を聞いていたのですが…。

1つの問題があったとして。
1人で考えるよりも2人、2人よりも3人。
思考の線が同じラインであればある程に引き出しが多ければ良いに越した事はなく。
面白いですよね、空中に浮かんでいる球体があったとして、それについて議論しているようなものです。
切り口なんて無限じゃないですか。
その場で複数のケーススタディが一挙に出来たりするもんだから2時間も経った頃には頭が疲れてくるんですよね。
それとなく眠くなっちゃう。

いやぁ、いつの時代もブレーンと言われる人種が暗躍するのが本当によくわかります。
1回くらい軍師になってみたい、どうせすぐやられるだろうけれど。
例えばどれだけ議論を交わそうがその時点で正解などわかるはずもなく。
こういう考え方もあるよね、でもこういうのもあるよねみたいなのの連続。
でも不思議とそういう時に限って話は1つの方向に収束していくもんです。
最初から議論の方向が一定であればある程に確実に。
誰か議論してくれないかなぁ、海老チリでもねるねるねるねでもなんでもいいや。
毎度毎度思うのですが、いろんな人と話するのは本当に大事ですね。
俺話さないとダメだ、じゃないと脳ミソが萎んでしまう。
もっともっと話出来る人を探さなければ。


そんな事があり深夜にら~めん食べたのですが…やってしまいました。
深夜過ぎの食べ過ぎ。
絶対に体に良くないですよね、もう既にもたれています。
原因は一緒に行った人が大盛り頼んで食べきれなくてそのしわ寄せを喰らいながらも元から自分のキャパの良い具合の量を注文していたのを頑張って完食したらそうなったのでした。
自分が残すなんて許せないぞ、なので頑張りました。
なんか珍しくお腹がポッコリ出ています、かなりお腹出ないほうなのに…。
今は相当苦しいです。
凄いギュルギュル文句言いながらかなり頑張って消化してくれているみたいです。
強いぞ、この胃袋。
でもせっかく美味しくても退店する時に満腹過ぎて苦痛に満ち溢れていると後に残った印象が変わってくるじゃないですか。
だから程々で退店したいのですがこんなに食べ過ぎたのは随分久し振りです。
この前の海老チリ事件以来だなぁ。
あまりにも美味しくて自分のお腹が一杯なのも忘れて食べ続けた結果、急激な腹痛に襲われて動けなくなってしまった事件。
あんな愚かな事はもうしたくない。
なんてバカなんだ、俺は。

なんかねぇ、最近食べる量は全く減らないのでそれも不思議なのですがそれよりもなんか消化する速度が上がっている気がするんですよね。
よくわからないけれど普通遅くなっていくんじゃないでしょうか。
だから調子良い時は食べても食べてもドラムでキレイに燃焼されるらしくキリがないんですよね。
前にも書いたけれども1回のライブでなぜか2~3?減って…それが次の日には完全に戻っての繰り返し。
面白いんですよ、減った状態から何も食べずにガックリと寝てもこれが不思議と戻っているんですよね。
意味がわかりませんね、何がどう体重を増加させたのか。
水分なのかなぁ…それだけじゃ説明つかないですね。
とにかく食べ過ぎには注意しましょう。


今日は四谷へ行きます。
_ _ _ _*にも縁のある人間がこれでもかってくらいに集結しているのではないでしょうか。
恐らく出演者はもちろんオーディエンスも関係者もたくさんいそうです。
ただの見学なので気楽なのですが楽しみです。
とりあえず今から胃の中を燃やしてしまって空にしてきます。
皆頑張れ。
今日は傍観しま~す。
スポンサーサイト

敬語は止めれません。

上から何かを言われていると感じてしまった瞬間!!
…もしかしたら下から見てしまっているのかもしれませんね。
そういう時は今一度立ち位置を見直しましょう。
いやぁ、案外そういうケースも多いんじゃないのかなとふと思ったのでした。
ちんぱんです。


よく怒られる事があったりして。
年上の人になんでお前はいつまでも他人行儀に敬語を使うんだと。
わかった、もういい。
今からでいいから一切敬語を使うなと。

……………。

無理なんですよね、無理無理。
なので俺に敬語を一切合切使うなと言いたい人は言ってみてください。
意味も無く苦しんでいる姿が見れるでしょう。
なんというか…体育会系的な環境が多かったせいか一回り近く違う人に対してタメ語で話すだなんて。
これはきっと教育の賜物、学生の頃のクラブやらバイトなんかで徹底されたもんね。
そんな人も中にはいるんですよね…敬語を使われる事自体が嫌悪感に繋がってしまうような人も。
俺はどうにも年上には言葉まで友達のように接する事が出来ません。
いい加減悪い癖だというのはわかっているんですよね、時としてですが。
でもね、わりと年下にはどうでもいいんだけれども。
ただやっぱり微妙なバランス感覚ってのが必要で、例えば職場ではないけれど任意で集まって成立しているような雑多なコミュニティで皆が皆タメ語になってしまったら何かが保てなくなる場合もあったりして面白いものですね。
何が面白いってなんで誰かと誰かと誰かに接する時にこんなにもたくさんの要素があって、俗に言う空気読みながらやらなきゃいけないんだって事ですね。
人間の不思議な能力ですね。
自然界だと腕力が強いほうがみたいな単純なので成立したりするのに人間界じゃそうはいかないんだから知恵とは恐ろしいものです。

生きていて敬語で話しているとまず間違いなくほとんどの場合がセーフじゃないですか。
おはようございます。
お疲れ様です。
これが言えれば最低大丈夫。
でも思うんですよね…仲良くなる為にはいつか切り出さねばならない。
お互いがいつまでも敬語では距離が縮まるわけもない。
そういう時にどちらかが一歩踏み込む瞬間を見たりすると俺は1人で影ながらほくそ笑んでいたりします。
あっ、いったいった!って。
いや、これも自分があまり出来ないから敏感になっているだけなのですが。


む~ん。
でも皆えらいと思うんですよね。
ちゃんと働いて飯食ってっていう作業ありきでの出会いじゃないですか。
本当これが大変なんだから。
よくわからないけれど皆えらいんだったら長く生きているほうがえらいんじゃないのかなぁ。
そんな仕事先とかだったら違うけれどさ。
だったら1日でも多く夜を過ごしているほうが本当にえらいかもしれませんよ。
それだけ全ての動作を多くしているんだから。
あれ、あれれ、なんか意味わからない感じになってきましたね。

いやね…最近あまりにも方々で盛んに言われるので書いてしまいました。
俺は敬語使うっす。
タメ語なんて無理っす。
染み込んでしまっています。
悪気なんてさらさら無いのですがどうしても敬語っす。
そういうわけで渾身の敬語でこれからもお話させてもらいます。
先輩達よ。
きっとこれは直りません。
多大な時間を俺にかけてくれればもしかしたら…いや、無理だ。


いやね、これは上京してきた頃の出来事もトラウマであるんですよ。
上京したての何もわからない頃、俺はダイナミックに関西弁丸出しで話していたのでした。
するとね、知らない間に関西の些細な冗談を正面からガッツリ受け取ってしまって傷付いてしまったとの話が頻発したのでした。
例えば…

関東→関西

何それ、信じられない!!→アホちゃうか。(ボソっと)
あはは、うける~!!→あはは、最低やな。(ケロっと)
やめてよ、そんなの!→死んでまえ。(1秒完結)

いやいや、冗談抜きでこれくらいニュアンスの差があるんですよね。
笑いの為なら言葉の棘など問題にならない関西。
しかもタチが悪いのが関西弁てなんとなく口を開けた状態で言えるんですよね。
滑らかかつ速いんですよね、言い出してから言い終わるまでの速度が。
アホかっていうのがとんでもなく楽に言えてしまったりします。
なので俺も少し油断しているとツルっと出てしまいます、危ない危ない。
だってあれですよ、北関東福島の片田舎出身者であるcandyと出会った頃もこのような冗談が通じずにガン切れされた事ありますよ。
なんかねぇ、気付けば怒ってるんですよ、あら不思議~。
あれ、仙台出身だっけ…あれれ。
今は周辺も慣れたみたいですが、それでも関西弁を封じ込める為にも敬語は必要なんですよね。

悪気はないんですよ、俺の喋り。
なんか弁明みたいになってきたのでこの辺りで。
関東居住者の関西弁を暖かく見守ってやってください。
もう染み込み過ぎて抜けないんだから。

聖火リレー。

ねるねるねるねの混ぜ過ぎに注意しましょう。
ドラムでもやられない右手首が張っています。
ちんぱんです。


聖火リレー。
よくわからないけれど報道規制もかかっているようですね。
長野なんて近いので直で見てきました。
駅前が凄まじい事になっていましたね。
とはいえ米国の比ではないのでしょうが…。

あれは報道なんかじゃわからない。
じゃあ日本で五輪が開催されたとして、どこかの国を聖火が通過する際には同じ事になるのではないのかと疑ってしまうような光景でした。
そんなことはないんだろうけれど…。
俺は現場から少し離れたビルから見ていたのですが…なんだろう、あの異常さは。
シドニーオリンピックの際にも聖火リレーを見たのですが同じものとは思えなかった。
もはやその異常な光景の中に日本の意志という意志は全く感じられず。
なぜ騒動になるとわかっていて強行するのか、その意義も見出せませんでした。
ただ五輪に参加するという点で聖火ランナーの皆さんはとても強い気持ちで走っていたように見えたのです。
護衛も物々しくてなんか凄かったです。
どこかで流血騒ぎもあったようですが俺は見ていません。
そして今日ソウルでの聖火リレー。
最悪ですね。
チベットフリーと書いたTシャツを着た米国人を中国人グループが取り囲んで…などなど。
これは具体的に開催の危機じゃなかろうか…。
ちょっと調べてみてください、いろいろ報道されています。

五輪に参加したくなければまずテレビのスイッチを切りましょう。
思想みたいなの書きたくないけれどただひたすらにそう思ったのでした。
これからどの程度報道規制がかかっているのか聞いてみます。
大変だな、オリンピック。
それとは別で切り離してせっかく与えられたこの機会に叫ばれている問題を広く皆が知って少しでも考えれればと思います。
大体なんであんな事になっているのかを知らなければわけわからないじゃないですか。

開催されるまでの過程が重要なのでしょう。
選手でもない俺からすればメダルがどうとかってよりも開催される事自体が価値あると思えるのです。
この世界にあんな大会他にはないんだから。
そして開催中から閉会式までオリンピックが間違っても誰も殺すようなものではない事を願うのみ。
闘争、それが何を産み出すのか…過去の歴史を紐解けば…。
せめてタイマンでグーパンにしておけ、それ以上は何も使わないでいて。
誰も死なないで。
もうこれ以上書くまい。



そうそう、グーグルアースって知ってますか??
地球上を好きなように見れるソフトですね、簡単にダウンロード出来ます。
どこでも見れるんですよね。
観光地であろうと軍事施設であろうと住宅地であろうと村であろうとお構いなし。
それで今住んでいる自宅を見てみました。
目の前の駐車場に停めてある車が写ってるかな~って。
写ってませんでした。
なんで!!??
というのも撮影されたのは昼間。
昼間で車を停めていない時なんて本当に遠征中くらいのものです。
せめて我が車だけでも写っているかと楽しみにしていたのですが…なんという間の悪いタイミングで衛星がやってきたのでしょうか…。
俺の駐車場だけポッカリと空いていたのでした。

このグーグルアースを見るのが楽しくてしょうがないんですよね。
なんせ道の1本1本までがわかるもんだから、過去に通っていた道や旅行先、それも海外なんかもよくよく思い出して泊めてもらった家とかを見つけた時なんて感動ものです。
小学校の頃、ここで喧嘩したなぁとかからまれたなぁとか…ここで自転車に轢かれたなぁとか…それとかここで悪い事してたなぁとか。
もしくは昔出入りしていた廃墟とかね…それこそ見る場所が尽きないものです。

凄いんですよ。
このグーグルアースの技術って実はもう20年以上前の軍事目的で使用されていたものなんですよね。
じゃあ今の最新鋭はどんなのってそんなのわかりきっているじゃないですか。
例えば俺が国際指名手配されるとしますよね。
いや、ありえないんだけれど例えばですね。
それで吉祥寺辺りをブラブラ歩いているとするじゃないですか。
すると俺を探しているどこかの国が何らかの情報を元に複数の衛星からの画像で吉祥寺を歩いている俺の真上、真正面、真後ろと全て映し出して完全に居所がばれてしまいます。
つまりはるか上空の衛星から特定人物を目で見るのと同じ状態で映し出してしまうのです。
どうなんだろう、もしかしたらもっと進んでいるのかもしれませんね。
各国のターゲットされた要人なんてそれで居所がばれているんだからもうどうしようもない。

なんて時代なんでしょうね。
もう宇宙から地球が見れるようなものが一般に普及されている。
街中には至る所に監視カメラが設置されたりしています。
それも凄いのだとチロルチョコくらいのレンズで半径10m近くをカバーするような360°超広角レンズですよ。
おかげで何かの事件の時に容疑者がポロっと撮影されていたりして逮捕のきっかけになったりもしていますね。
自宅防犯のカメラも携帯から確認出来るなんてもう古い話。
だけどね…何もしていなくてもどこかで誰かに必ず見られているという事実。
渋谷新宿なんてもう逃げ場が無いでしょう。
そういうのを見ているとプライバシーがなんだとかって時にバカらしくもなります。
意外な程に既に損なわれているものです、そう、一歩家を出た瞬間から。

でもグーグルアースは楽しいのでやってみてください。
まずは自宅を見つけてみましょう~。

罪の在り処。

納豆にポン酢と梅をぶち込んで食べてみましょう。
分量誤らなければかなりいけます、柚子入ってるのがいいんじゃないかなぁ。
ちんぱんです。


ショック。
サッカーの日本代表候補の選手が01年当時に女性宅に侵入。
そして7年経った昨日、窃盗容疑で逮捕だって。
なんてこったい。
何がショックってね…スポーツの世界で国を代表するような選手がよりによって下着ドロで逮捕だなんて。
そういう不祥事は今までも起こってきたけれど…これはショックが大きかった。
そんなトップアスリートが住居侵入してまで欲しいものなのか…下着ってやつは。
きっととてつもない後悔に溢れている事でしょう。
あ~、それにしてもなんともショックな事件でした。
日々の振る舞いには気をつけましょう。

いやね…なんかいやな事件がたくさんあるじゃないですか。
ほとんどの事件がどちらかというと被害者のほうの心情を理解しようとする…というかよくわからないなりにもまだ理解しやすいのかもしれませんが、加害者の心情なんて全く理解出来ないものばかりじゃないですか。
なぜそのような行動に移れたのか、また実際に実行しようとするその瞬間に実行に移せたのかを。
わけがわからないのが多い気がします。
でもきっとそういうのも理解しないと何かが具体的に身の回りで起こりそうだと察知出来ても防げないような気がして。

少し考えたら人が上手く生きていくってのはそれだけある種の騙し合いを制して上手く振る舞ってっていう作業が必要だったりして。
その線引きの境目なんてよくわからなかったりしますよね。
そして嫌になったり諦めた人間はドロップアウトしていくのでしょう。
それもそれである意味では上手い生き方だったりして何が正解だなんてわからない。
確実に言えるのは俺もドロップアウトした人間なのでしょうか。
よくわからない事ばかり。

もしも俺がこの先犯罪を起こすのだとすれば可能性のあるものはなんだろうとかぼんやりと考えてみたり。
恐ろしい数が日常生活にたくさん潜んでいますね。
それとて今の時点で思い浮かべれるのはアクシデントに端を発するものばかり。
車も怖いなぁ。


話は変わるのですが、日本には何やら枕専門医という方がいるそうですね。
寝返りをたくさん打つのが快眠の最たる条件だそうです。
そして快眠を得れば美人になるそうな…これはまんざら嘘でもなさそうですね。
寝れないといろんなものが疲れてくるんだから。
ちなみに枕はそんなに柔らかくなく平なのがいいようです。

皆はどうやって寝ているんでしょうね。
俺は基本的によほど疲れていなければ仰向けが怖いんですよね。
全身痙攣だか金縛りだかなんだかよくわからない目に遭うのが怖くて。
それで布団に潜った瞬間は仰向けでも寝る段になれば大体が横向きですね。
普段からベッドで寝ていないんですよね、ソファで寝てるんですよ。
それで朝気付けば床に転がって寝ているのも珍しくないんですよね。
これが不思議と床でも寝方が上手いと体ってそんなに痛くならないもんです。
でもやっぱり床はダメらしい…。
寝返り打ちまくりの俺です。
誰かが部屋にいてそれで多少うるさくても寝ると決めた時には大体パーカーのフードを被ってうつ伏せになって寝るんですよね。
うつ伏せってのもあまりよくないらしいですね。
それでも結果的には横に1mずれて床に転がっていたさっきです。

睡眠って不思議ですよね。
物凄く体力を消耗しながら体力を回復させる睡眠。
遠征中なんて寝返り1つ打てない車中泊なのですが回復幅が自分でも尋常ではないと感じる事があります。
だって下手すれば部屋で寝ている時よりも回復しているんだもの。
起きた瞬間に体があまりにも軽いと感じる時が多かったりして。
かといって都内のライブ前日なんかにたっぷり時間を確保してさぁ寝るぞみたいな時に限って寝れなかったり。
あの無駄に延々悶々と寝付こうとする時間は苦痛以外の何物でもありません。
決まってライブ当日、がっくりと疲れていたりして。

寝るべき時に寝れるのも立派な能力だと思います。
それも才能なのかなぁ。
少し睡眠の仕方も考えてみましょう。
ちなみに俺の場合だと単発で考えれば6時間寝るよりも3時間のほうがその日限りは元気に動けたりします。
蓄積してくると長時間寝なければ回復しないんだけれども。


人生の3分の1は支配していると思われる睡眠。
これも大事な時間ですね。

散らせた理由。

大変、ガム噛んだまま寝て起きたらジャージがオリジナルでした。
生命の危機にも繋がるので止めましょう。
ちんぱんです。




特別攻撃、特攻。
第二次世界大戦時のまだ公開されたばかりのとても貴重な映像を観ました。
当時のフィルム、それもカラーはアメリカサイドからの撮影が多いのですが、その中でも最も鮮明に映っていると言われる映像を観ました。

絶句。

もしかしたらどこかのWeb上にもアップされていると思うので調べてみてください。
あれを観てしまえば自分の思想がどうとかを語るような立派な人間でもないし、ろくな主義主張も無いかもしれません。
当時の批評や論評こそ読めど、それに対して自分はこう思うだなんて言ったところで実際には見てもいないものなんだから。
あった事をなるべくそのままあった事として受け止めるのが精一杯。
当時のバックボーンを今になって必死に知ろうとしても所詮わかるはずもなく。
それでも知ろう知ろうとしていたのでした。
特攻するに際しての事情なんかも文献なんか読めばわかるのですが…わかるだけ。
実際はその気持ちに寄れるはずもなく。
ただ、どういう気持ちで特攻していったのか。
その敷き詰められた歴史の先で俺達が恩恵を受けているのは間違いないのにわからないなんてのが歯痒くてしょうがないのです。

話を総合すると、特攻は現在も問題になっている自爆攻撃のように宗教的な動機で人間兵器を作り出そうとしたものではなく、志願者が自らの意志で乗り越えようとした事はきちんとわかっていなければなりません。
だってね、例えば特攻を前提としていない出撃でも撃たれて炎上するじゃないですか。
それでどうせならばって敵艦に突っ込むだなんて考えられないですよね。
考えそうな事であればそのまま上手く海に突っ込んで助かろうとするはずじゃないですか。
でもあの人達は敵艦に突っ込んだんです。
それが何だったのか。

今、医学なんかが発展して遺伝子操作や場合によっては臓器移植など倫理的に問題になっているものってたくさんあるじゃないですか。
もしかしたら既に世界のどこかで実用化されていないとは言い切れないようなクローン人間なんかも考えただけで恐ろしいですよね。
でももっと恐ろしいものを既に人間は生み出していたという事を、何があったのかを知らなければ今の問題も解決出来ないんじゃないかと思います。
倫理などを超越した特攻というものが公然と存在していたのだから。
実は日本だけじゃないんですよね、特攻兵器は当時から欧州にも存在していたんだから。
とはいえ脱出が前提ではあったのですが。

俺は映像を観て驚きました。
通常、当時の日本の艦上戦闘機は機銃を何丁も搭載し航続時間も最大速度で1時間程。
それが末期になると機銃を1丁とかで後は左右の翼にそれぞれ燃料と弾薬を積み、更には燃料も片道分だったのでした。
その代わりに航続時間は最大で6時間まで延びたのですが。
それが観た映像で鮮明にわかりました。
装備されているはずの機銃がついていないんですよ、最初から戦闘機そのものが爆弾。

ある映像での1コマだったのですが、米軍が戦艦から撮影していたもので艦橋をかすめ飛んで行った一機の零戦がいたんですよね。
一撃離脱で機体を左右に揺らしながら何度か戦艦を機銃で攻撃していたのですが3度目の接近で被弾、煙を吹いて向こうに飛んでいったのでした。
すると少し離れた所で急旋回。
今度は真っ直ぐに突っ込んできて至近距離で急上昇、そしてそのまま急下降。
機体を真っ直ぐに艦橋めがけてきたのでした。
被弾してから本当にすぐでした、何の迷いもない特攻。
そして防げなかった戦艦は特攻を受けその後も2機目の特攻に遭い轟沈。

その他にも…まるで人が乗っていないかのように次々と特攻する零戦。
あまりにも軽々しく…簡単に見えてしまう程の特攻の連携。
2機、3機、4機と多方向から連続で…もう理解の範疇を超えています。

信じられない映像でした。
戦局が傾くに連れて特攻隊員は国の守り神、靖国で合祀、本土決戦が近付くと民間人まで軍属とみなして一億玉砕のスローガン。
零戦ならまだしもそのうち低速しか出せない練習機や複葉機まで延べ2000機以上。
桜花なんていう降下専門の…つまり今でいうミサイルのセンサーを人間が果たすようなものまで。
潜水艦なども足りなくなってくると輸送用の潜水艦まで前線に送り出して…それにももちろん特攻兵器の回天が積まれていたのです。


何度か書いてきましたが、改めて驚いたのです。
何がそこまでそうさせたのか。
行けと言われて行けるのでしょうか。
ここではとても書けないような逸話も数多く知りました。
決して特攻したかったわけではないのに可能たらしめた要因が何なのか。
誰でもない、俺達の血を少し遡ればその時代があるのだから。

きっとね、今もどこかで隠匿されているはずの情報がたくさんあるはずなのです。
もちろん既にかなりの情報開示はされていると思うのですが…ほとんどのものが肝心の部分が欠落しているものです。
本当の本当に実際はどうだったのか。
侮辱や批判しているわけではなくただ知りたいのです。
何があったのか、どうしてそうなったのか。

なんかね、俺の世代で知らなければこの後…そんなの悲し過ぎるじゃないですか。
今も世界のどこかで戦争が起こっていて誰かが犠牲になっていて。
じゃあ具体的に日本が何かで今後戦災に見舞われたとしてあった事も知らないで対応出来るというのでしょうか。
かなり昔に知覧特攻平和会館という所に行ったのですがもう1度行ってみたいと思います。
今、もう1度。

やっぱり知らない事があまりにも多過ぎます。
じゃないと今あちこちで起こっている事も理解出来ないはずじゃないですか。
遠い外側からなんとなく見て批評するばかりで結局は本質から遠く離れた場所にしかいれないというのがどうも…。
知りたい、何があったのかを。

人間の成したこと。
それが何だったのかを。

精神の混在。

ふとした会話の中で。
どうしたら普通じゃない曲が作れるの?

!!??

…知らない。
逆に俺達にそのよくわからない普通の曲の作り方を教えてくれっ!!!!
ちんぱんです。

普通…普通じゃない…普通…普通じゃない…普通…普通じゃない…普通……普通じゃない…。
普通ってなんだ~~~!!!!
という妙な疑念に晒されています。
よくわからない、よくわからないけれど諦めるなっ!!


話はコロっとなるのですが、いつも遠征先で1人車中泊。
俺だけは必ず誰もいない時間が訪れるものです。
その時になんとなく買った雑誌に書かれていたある記事を目にしたのです。

精神力。

記事中ではそんなもの存在しないとの事。
精神力では何日も小石を睨み続けていても1mmも動かせないだろう。
それどころか何日も睨み続けれないだろうとも。
どれだけ実際には誰もよくわからない精神力を鍛えようともより強い技と体の前にいとも容易く屈服させられるだろうとの類の内容でした。

別にいいんだけれどね、それが世間の一般論であったとしても。
でも俺も少しは知っていますよ、精神力。
逆なんですよね、持論がこの記事の内容と真逆で楽しく読ませてもらっていたのです。
ふんふん、そういう見方もあるんだなって。
持論てほど大そうなものでもないんだけれども…精神力が無ければ何もついてこないんじゃないだろうか。
技も体も。
そして人も。

俺が最も影響受けたのがもう亡くなった爺ちゃんなんですよね。
あの人は腹立つくらい精神力の塊でした。
口から出てくるのは気合いやら誠意やら根性やらとにかくメンタル系ばかり。
お前がテストで良い点取れんのは根性腐ってるからやとか、3歳の時に万引きとも思ってなかったのに万引きした時は警察に連れてかれて土下座させられていたりしたもんでした。
何もしていない警察官のほうが怒気に満ち溢れた爺ちゃんに謝りかねないような空気。
お宅の坊ちゃんも反省されているようなので許してやって下さいみたいなの言ってたなぁ。

なんなんでしょうね、こんな書かれ方をしてしまう精神力。
ご都合主義が蔓延しているとでも言うのでしょうか。
謝りたくない相手に謝る。
やりたくない事やり抜く。
誰かを想って情を押し殺す。
どれも精神力だと思うのになぁ。

確かにどれだけガッツ出しても俺も小石1つ動かせないでしょう。
でもね…精神力があれば人が動いてくれるかもしれませんね。
そもそも精神力って曖昧なものでもなんでもないと思うんですよね。
でも言葉にしにくいなぁ…。

一貫した行動規範。
許容の範疇。
折れない気持ち。
そして外に向けれる優しさ。

何か上手く言い表せないけれどこんな感じでしょうか。
あの記事書いた人と話してみたいなぁ、知らないものを知ろうと首を突っ込みたがるのも性分なのかもしれません。
もし今の時代が精神力なんていらないんだとすれば俺はもう取り残されているんだろうから。
思うんですよね、きっと今って個人の孤立化が進んでいってどんどん精神力なるものが必要なんじゃないかって。
人と会う機会がどんどん少なくなっていっても構わず便利に過ごせる今。
お隣さんも知らないんだから。
それはつまり個人の精神的な負担が減っている反面、個人の責任の増大を意味するわけです。
いざという時に助けてもらえないかもしれないんだから。
ドライになり過ぎるのも実は対人恐怖の裏返しなのではと疑っていた時期もあったりしたくらいです。
今はそうではないと思えるのですが。

精神力。
それを表現する日常の手段として発信する側も受信する側も言葉としてっていうのが多いんじゃないでしょうか。
精神力を元に状況によって一言一句が形成されていくわけで。
俺は言葉ってものをバカにしていません。
言葉ってやつは発信した人の状態、受信した人の状態によっては最悪人生を曲げかねない凶器だと思っているから。

例えば誰かが何かでダメになりそうな時。
?やっぱりそうなったか、あはは。
?ちょっと待て、なんとかしてやる。
?別に自分関係ないし。

断言出来るのはこの中のどれかを選ぶわけですが、その選んだものが必ず我の人生を選択しているという事。
必ず跳ね返ってくる事でしょう。
それが今の時代より大きくなっているだけの話。
だからと言って見返りばかりを求める人生もまたつまらないでしょう。
言葉、たった1つの言葉が逆に良い影響を周辺に撒き散らす事も、どうせなら良い影響のほうがいいじゃないですか。
皆幸せになってしまえ…っていう発想自体がアホなんでしょうか。
きっとそんな事ないぞ。

とはいえあの記事を読んで心に深く深く刻み込まれたのでした。
だったら反抗する価値あるなって。

考えるべきものがたくさんありますね。
1円の価値もないものが何なのかを今一度考えねば。
無価値にこそ価値あるものがあるかもしれないのだから。

帰ってきました。

まずは18日の名古屋、19日の大阪に参加してくれた皆さん、ありがとうございました。
あれが今の_ _ _ _*です。
5ヶ月ぶりにそちらに遊びに行かせてもらいました。
あれ以上は出来ないという渾身のライブでした。
おかげで運転が辛くて辛くて…。

名古屋終了してから東名多賀まで…そして大阪終了してからまたもや東名多賀まで…悶絶ながら運転してやっとやっとって感じで眠りについていました。
あれですよ、車のテールランプが4台分に分身したりね…トラックみたいな大きいのが錯覚で壁に見えちゃって焦ったりでした。
でも差し入れなどもたくさん頂いて…中にはなんと眠眠打破や栄養ドリンクなど遠征時にはこれ以上無い気の利いたものや甘いものなど疲れた移動中に存分にメンバーで食べさせてもらいました。
本当に感謝感謝です。
助かりました。

今度はね…全く日程などは未定なのですがきっと新しい音源を手にそちらに行かせてもらおうと思っています。
いつかはわかりませんが必ず、必ず音源を手に西へ。
ありがとうございましたm(_ _)m


何があったかなぁ。
今回は6名での旅でした。
行きは面白い事になっていました、大雨でね。
朝7時に集合して出発。
富士山越えた辺りで尋常ではない雨に見舞われて最悪でした。
雨で何も見えないっていうのはよくあるのですが…フロントガラスに大粒の雨があたって炸裂した丸い斑点ばかりになったのは初めてでした。
ちょっと酷かったなぁ。
それでもマイペースにズカズカと西へ進みあっけなく名古屋駅前へ。
帯同メンバーS氏お薦めの味噌カツ屋へ行くも轟沈。
なんと味噌カツ屋で冗談でジンプルが頼んだハヤシライスが最も美味しかったという結末に。

そして鶴舞DAYTRIP入り。
ひょうひょうとリハーサルを終わらせてイベントが始まったのでした。
3月に東京に遊びに来てくれた春日井さんもたこ焼きにて参加、相変わらず俺には複雑な味です。
美味しいんだけれども何か考えさせられるたこ焼き…。
そうそう、ここでもS氏が共演のノイズバンドにドラムで飛び入り参加してましたね~。
本当は俺だったのですが、どうも体力的に持つかが疑わしかった為に叩いてもらったのでした。
名古屋…都内でも中々ノイズというものにお目にかかれないのですが、ここ名古屋ではたくさん観させてもらっています。
ノイズが好きであれば名古屋ですね~、素晴らしいシーンです。
イベント終了後、スタッフさんなどと雑談して深夜1時過ぎに一路多賀へ。
なんかライブ終了後って著しく握力が低下していたりしてハンドル握るのが…それでも比較的あっさりと多賀へ。
雨がパラついてたなぁ。
そこで軽く夜食会開いて解散、俺はいつもの如く車中泊だったのですが…どうやら俺は下手な宿よりも最早車のほうが熟睡出来るというのが判明。
だって回復具合が完璧に近いんですよ、もしかしたら部屋で寝ているよりも疲れを引きずらないかも。

そして起きてからショックな出来事が。

アギャ~~~!!!!

車のフロントバンパーがダイナミックに凹んでるじゃないですか。
恐らく…恐らくなのですが多賀で停車中にバックされてぶつけられた模様。
熟睡し過ぎて気付かなかったのか、俺。
恐竜の爪跡みたいなのが…しかもフロントバンパー軽くグラついているし。
これは直さないと。
それでもまぁいいやみたいなノリで11時に大阪へ出発したのでした。
いや…あのね、もう機材車と化してどんどん傷みが進行している車なのです。
まだまだ全然走れますがそれでも痛そうな部分がいくつかあります。
大事にしていないわけではないけれど逆に気付かないでよかったと思います。
ぶつけて逃げるような人ですよ、もし気付いていたら一悶着になって大阪のライブが危うかったかもしれない。
凹んだ部分を後でかなづちで反対側から打ってみようと思います。
なんてこったい。
でもライブ前にそんなの嫌じゃないですか、スッキリと向かい合いたい。
そんなのいらない、ライブ、それは頭の中が完全にクリアな状態でないと挑めないものだと思うから。
ごめんね、もうそろそろ名前つけてやらないと。

そして散々渋滞やら一方通行やらに悩まされた挙句、なんとか千日前TRIBEに到着。
会場入りして1番目にリハでした。
こちらはもう何度も出させてもらっている神風さん主催のイベントでした。
またまた呼んでくれてありがとうございます。
同じく東京から爆紅とも合流。
いやぁ、知ってる顔がいると遠征先で妙にホームな雰囲気になるものです。
そしてリハーサル終了後にお好み焼き屋さんへ。
もう知っている店なので美味しいのはわかっていたのですがやっぱり美味しかった。
もう1人の帯同メンバーだったMちゃんが何を狂ったのか定番の豚玉を頼まずにモチチーズを注文。
結果、彼女は最後まで焼きそばが美味しかったと言っていました。
美味しい店に初めて入る時はまずスタンダードを注文しましょう。
その後、返す刀でこれまた美味しいとわかっているうどん屋さんへ。
ここでもMちゃんは何を狂ったのかあんかけうどんを選択。
どう考えてもきつねうどんとか普通の出汁なのに…。
結果、彼女はこれはこれで美味しいと呟いていました…。
美味しい店に初めて入る時はまずスタンダードを注文しましょう。
その後、カツ丼屋へ行って3タテを達成しようとしつつもタイムアップ。
後30分あれば…。
その後、メンバー散り散りになってイベント開始までいろいろと用事を済ませたりして過ごしたのでした。

そうそう、今話題の例のくいだおれ人形を拝んでおかねばと思って行ったのですが…俺は元々大阪の人間なのですが思った以上に思い入れがあったんだと思い知らされたのでした。
見た瞬間になんか悲しくなったもん、これ無くなるのかって。
だってね…中学の頃くらいからくいだおれ人形の前を盛んに通ったもんです。
良い時も悪い時もね…なんか思い出しちゃって。
凄かったですよ、人だかりが。
皆は必死でくいだおれ人形を撮影しているのですが俺はくいだおれ人形を撮影している人達を撮影。
そっちのほうが面白かったんだもの。

そしてイベント開始。
何がどうとは書きません、ただひたすらに楽しかったです。
ライブ終了後、本格的に力が入らなくなっちゃって本番前にヴァームゼリー飲んだのを後悔した程でした。
爆紅もさすがに大阪でも変わらずオーディエンスを巻き込んだライブを披露。
皆強いなぁ。
神風さん、お疲れ様でした。
笑い声の絶えない良いイベントでした、またいつか…。

その後打ち上げに参加、そして最後の力を振り絞って深夜に多賀へ帰還したのでした。
凄いですよ、俺はのび太君並の神速で就寝。
もうどうやって寝たのか何も覚えていません。
ドロドロに寝ていたんじゃないでしょうか。

起きてから10時に多賀を出発、自分でも自分を疑う程の回復具合。
そして完調を味方に浜松でちゃっかりとウナギを食べて帰ってきたのでした。
帰りだけ腹立つくらいに快晴でした、ちくしょう。
ここでもMちゃんが事件を引き起こしました。
なんとうなぎ屋さんに入店してからウナギが食べれないという事実が。
うなぎ専門店なだけに…結局タレライスでした。
他のメンバーは美味しく頂いていたのですが…。
そして大きな渋滞を喰らう事もなく夕方4時には都内にて解散、あっさりでした。


名古屋も大阪も本当に近いもんです。
ただね…やっぱりいつでも行けるわけではないので心残りもあります。
毎月行けたらいいのになぁ。
こんな流れだったのですがとにかく楽しかったのが1番の思い出です。

関わってくれた全ての人に感謝。
ありがとうございましたm(_ _)m
また必ず西へ!!


~~明日くらいに写メ追加します~~

出発…、

なのに大雨やんか~~!!!!!
あおおおおおおおおおお!!!!


愛知県は名古屋、鶴舞。
こりゃ到着するのが遅れそうです。
なんてこったい。
都内出るのに時間かかりそうですだ。
うん?
前回も前前々回も雨だったような…。

からあげら~めん食べれないかも…。
うおお。

めげずに名古屋行ってきます。
かましてきまっす、かまされないようにしないと。
うひょう~!!

明日は名古屋、そして大阪へ。

遠征前日。
どこか日々のあっけなさを感じています。
ちんぱんです。


昨日は高円寺MISSIONSで_ _ _ _*もお世話になっているイベンターどらさんの誕生日イベントでした。
_ _ _ _*は参加していませんがYu-ponサポート参加のマーブルが参戦。
なんだかんだメンバー全員その場にいて会場は面白い事になっていました。
結果的には_ _ _ _*も参加したような雰囲気になっていたみたいですが、それは目撃者に聞いてみてください。
俺は最後の最後、所用で会場を抜けていて1番美味しいとこを見逃してしまいました。。。
なんてこったい。
会場には笑顔が溢れて良いイベントでした。
泥酔者も続出、あれれ。
どうやら…いやまだ言い切れないのでわからないのですが高円寺MISSIONSという場所。
各ライブハウスにはそれぞれの雰囲気というものがあったりして。
独自のコミュニティなんかがあるものです。
でもあそこもまだオープンから1年なのですが何かそういうものを感じたのでした。
そう、それはちょうど四谷が出来て少ししてから感じたものと同じ感覚。
_ _ _ _*はまだ出演した事の無いライブハウスですが、これからももっと盛り上がって欲しいものです。


俺はと言えば楽しさの余りに泥酔してしまったある方の魔手にかかってしまい、中央線西組全員を引き連れたまま終電を逃し全滅という大失態を犯してしまったのでした。
ごめんよぅ、ごめんよぅ(TT)
結局打ち上げ組のたむろする海老チリ屋に合流。
なんと俺はこの日、大好きな海老チリ屋に昼から合わせて3回も入店したのでした。
いくら大好きな海老チリ屋と言えども3回はキツかったなぁ。
3回目はしょうがないのでココナッツジュース180円を注文、そしてグダグダと時間は過ぎていったのでした。
でも帰らないといけなかったので結局タクシーに乗ったのでした。

そう、タクシー。
策略にかかりました。
俺も車乗ってるのでどの道が最短距離というよりも最短時間で帰れるかわかっているもんです。
深夜に限っては少しくらい遠回りでも信号少ないほうが安かったりするもんです。
渋滞時のタクシーなんてもう最悪ですよね。
高円寺から三鷹駅。
俺は青梅街道からと言ったのですが運転手さんから提案されたのは五日市街道との事でした。
単純に2車線か1車線かって差ですね。
そして青梅街道のほうが少し遠回りだけれども信号が少ないのです。
でも運転手さんがそう言ってくれたのでってんでじゃあ五日市街道でお願いしますと言ったのですが…案の定やられました。
割高だったぞ~!!
とはいえ多人数で割勘だったので大した事ないのですがやるなぁ。
なるべく大きな道で帰ってもらいましょう。


さて、明日から遠征なのですが。
なんだろう…まるでいつでも行けるかのような場所に行くような感覚です。
遠征っていう気がしない、そんな事はないのにね。
九州とか北海道ならあるかもしれないような感覚が既に…麻痺しているのかなぁ。
まるで大阪も新宿もそんなに変わらないかのような。
前回関西遠征の11月から5ヶ月ぶりくらいの関西なのですが次はどうやらしばらく期間が空きそうです。
レコーディングが落ち着くまでは…なので名古屋、大阪共に会場に遊びに来てみてください。
大阪ではまたもや同じ東京から爆紅も参加ですね。
爆紅…うん!!??
あのね…もしかしたら…え!?
去年の11月3日の大阪遠征から数えて5ヶ月で5度の対バン!!!!
なんてこったい!!
凄いな、麗羅たん。
これは…_ _ _ _*史上記録じゃないだろうか…5ヶ月で5回対バンってどれだけ仲が良いんだ。。。
しかもそのうち2度が大阪だなんて…うお~~。
爆紅は夏には渋谷EASTですよ、ブルブルブルブル。
また楽しい1日になってくれそうです。

雨が降っていますね、高速道路で雨降ってたら嫌だなぁ。
浜名湖SAの公園でのんびりしたいもんです、あそこって景色がキレイなんですよね。
そして深夜の多賀SAで日記が更新出来れば…。
さぁ、準備して寝ます。
そして行ってきます。

あ、食い倒れ人形も最後にしっかりと見ておかないと!!

永遠のビジネスモデル。

バウバウ!
日記更新のリズムが戻ってきました。
ちんぱんです。

今日は池袋行って高円寺行って吉祥寺行って高円寺の予定です。
さぁ今日は誰に会えるかな~、微妙に体調崩れかかっているサインがあるのですが。
今日ももうすぐ出発です。



出会い系サイト。
あれ凄いですね、もちろん個人のメールアドレスにも山の如く送られてくるわけですが。
事件もたくさん起きているようですね。
何がどうとは書かないのですがそれぞれにいろんな事情があるのでしょう。
やればいいじゃないと思います。
バカ高いパケット代を知らぬフリして、サクラさえもエンタメだと割り切り、日常を飛び出して出会ってしまえ!!!!
と思っていたのですがどうやらそうでもないようですね。
悲しい事件が多過ぎる。
男と女は永遠のニーズだとでも言っているかのようなビジネスモデルじゃないですか。
よく考えたらこんなに怪しい商売なんて他にどれだけあるんでしょう。
個人事業主も顧客も極めて匿名性が高く、今の時代らしくとにかく自己責任だろって。
食品なんてたった1つの過ちがって話なのにね。
人間バカな生き物です、でも迷惑メールもタダじゃない。
という事はそれだけのお金がその世界でグルグル回っているのです。


物っ凄い腹立つのですがこのブログのコメントにも頻繁に書き込まれていますね。
おっぱいなんだらとかさ。
メンバーのブログもそうですね。
いや、それももしかしたら誠意あるコメントかもしれないと思って一応読んではいるのですが迷わずdelete!!
だって必要以上に不謹慎なんだもの、内容と全く関係無いし。
実はこういうのってちょっと調べた程度で書き込まれたPCの所在地がわかったりするもんです。
発信元の住所がどこなのか。
それこそ運が悪ければ所在地の固有名詞まで表示されるものです。
IPというのは想像以上に多量の印を残してしまっているものです。
無論ブログに限らずですね、誰でも出来ます。
これは知っておかねばいけない事。
このブログに書き込まれる出会い系のものも3カ所からなんですよね。
恐らく書き込んでいるのは人もありますがそれよりも多いのは人がプログラムしたもの。
恐らく何らかの検索ワードに引っ掛かったらってのもあるみたいです。

そんなこんなで全く出会い系とも無関係ではないような気がする俺ですが…。
実際そんなに魅力的なコンテンツなのでしょうか。
アダルト系のワンクリック詐欺ってあるじゃないですか。
相当前ですが俺はあれをわざと押した事あるんですよね、ポチっと。
上京したての頃にドカドカっと迷惑メールなるものが来た時期があって。
これ進行させたらどうなるんだろうって気になったんですね。
その中から最も巧妙だと思えたものをチョイス。
なんか面白い文面でとにかく何月何日までどこどこに9万円振り込みなさいみたいな内容が送られてきて。
面白いから質問したんですよ、これ払わなかったらどうなるんですか?って。
第一段階で自宅に請求に行きますって。
第二段階で訴訟系の返答が返ってきたのでした。

でもね…あの文面を読んだ限りでは何も知らない人は払うかもしれないなって思わされるよく出来た文面でした。
それっぽくそっちの世界の本業…怖い人達の存在を薄らと連想させるような。
数撃ちゃ当たるとでも言うのでしょうか、短期スパンだと食えるのかもしれませんね。
結局それがあまりにも面白かったので途中から取材みたいになってレポート2本を完成させたものでした。


そんな暇な事をしながら世間様の勉強をさせてもらっていた時期もあるのですが。
出会い系、あれは一体何なのでしょうか。
最近はとんと知りません、なぜあんなに事件が多発するのか。
恐らく使う人間も提供する人間もより合理的になっているのでしょう。
健全に…なるべく健全に活用出来たらいいのにね、法に触れなければ何をしてもいいというわけではないと思いますがそれでは守れないものもあるのは確かなわけで。
元々メールが苦手な俺は顔も知らない人とメールで初めまして、自分こんな奴です、今度一緒に遊びませんかみたいなのがどうも想像出来なくて。
自分つまらない奴です、こんな事しか出来ませんでは成立しないのでしょう。
それに出会うだけが目的では無いのかもしれませんね。

別に出会い系が悪いとも思いません。
やりたければやればいいとも思います、きっと使い方間違えなければ良い結果も訪れるかもしれないじゃないですか。
ただ普段守られている場所からポンと飛び出して完全自己責任だという事をわかっているのであればと思うのですが。
だって完全プライベートだもんね、事前に止めようも無いシチュエーションばかりじゃないですか。

別に首都圏だけではないと思いますが俺は東京は特に危ないと思います。
感覚的には福岡、広島、兵庫、大阪、京都、名古屋、横浜、埼玉、千葉、仙台、札幌などは都会で都内は完全に外国といった印象です。
知り得る限り東京は外国という感覚で過ごしていたほうが間違いないと思います。
街には危険がたくさん。
未だにたまにあります、海外で感じた本能的な危険信号を国内で感じるのは東京のみ。
言葉が通じない、理屈が通じない、右も左もわからない、今この瞬間どうすればいいのか。
どこでどのようなお金の流れが存在するのか、それを歩いているだけで見ただけでパッと把握出来るような街ではありません。
あの感覚がたまに襲い掛かってくるんですよね。
異も知れぬものに付けまわされているようなあの感覚。


気を付けましょう。
誰にとって最も大事なものは何なのか。
それが何かを暗示しているような気がしてなりません。
自分の感覚が正常なのかどうかわからなくなる時があります。
そんな時いつも誰かが教えてくれるもんです。

話をする。

これがもしかしたら俺を繋ぎ止めているのかもしれません。
気を付けましょう。

情報は恐ろしや。

余談ですが…スリーマンライブ終了後の打ち上げにてなぜか…ライブ中ならまだしも打ち上げ中に2ヶ所出血したのでした。
馬鹿げてる。
ちんぱんです。

1ヶ所目はDeepPurpleのburnをエアドラム的に叩いているうちに興奮。
いや、確かに俺は叩いていた。
大きなブレイクでどうやらパイプ椅子が動きの激しさに耐え切れなかったらしく派手に後ろに転倒。
その際に肘が後ろに設置されていたロッカーについていた鍵達にズザザザって当たって縦長い勲章が。
アホですね。
2ヶ所目は大した事ないのですが割れたシンバルをライブでも使っていたのですが鳴らなかったりして腹立たしかったんですよね。
その割れ目の部分をなんとか戻そうといじっているうちにシンバルの破片…金属のトゲが左手親指にプスっと刺さったのでした。
なんか変な痛さで金属だからやばそうだと思ってピンセットで抜いてもらった瞬間にダラ~って。
アホですね。
はぁぁ。

池袋が終わったというのに落ち着く間もなく今週末はもう名古屋&大阪遠征なのです。
今週はライブで呼吸します。
今回の遠征では手羽先とお好み焼きときつねうどんをしばきたいと思います。
きつねうどんはもう絞り込みました、アポも取ってやる、うはは。
冗談はさておき関西に遊びに行きます。
18日金曜日が名古屋、そして19日土曜日が大阪です。
関西の皆さん、お時間ありましたらばぜひ!


最近痛烈に感じた事。
それは情報。
情報屋なんてのもいるくらいです、ドラマとか映画の話じゃなくて。
値段なんて時価だし持っているほうも持っているだけでは何も価値の無いもの。
なんだろうなぁ。
次から次へと右から左へ上から下へと怒涛の如く流れていく情報。
どれが本物でどれがガセなのか。
どれが優先でどれが保留なのか。
それを見極めた上で1発で急所突いてこそ、やっと役立つものが情報なのではないでしょうか。
いろいろありますよね。
そんな中から皆取捨選択して生きているんでしょうか。

何回もあるんですよね。
その話を知ってさえいればこんな事に…とまではいかないのですがもう少し善処の仕方があったのになんてよくあるもんです。
とはいえそれに流されて色メガネ生活になってしまったらもっと最悪なのですが。
百聞は一見にしかずっていうのは間違ってもバカに出来ないの代物ですね。

ただ痛感したのはこの情報というのはつまり何を指して情報と言うのか。
一体何が情報なのでしょうか。
話の内容だけではないですよね。
人の表情、情報が流れてきた方向、時間、天候、もしかしたら体調などなど様々な情報が1つの話に必ずセットで潜在的に情報群が同封されているものじゃないでしょうか。
これが恐ろしいんですよね。
何が恐ろしいってわかる人って1を聞いたら10を把握しちゃう人とかっていたりして。
なんでそんなに把握出来るのかってそれは複数の情報を元から持っていてそこから真に近いものを引っ張り出したりしてるんですよね。
きっとやってる本人はあっさりなんだろうけれど傍から見ていると恐ろしいもんです。
なぜ常にリアルタイムで情報がその人を通過し続けるのか。

循環とでも言えばいいんでしょうか。
受信するだけではなく発信もし続けていたんですよね。
そうでなければ循環しないもんです、そこで止まっちゃうんだから。
そういう話を聞いているだけでとんでもなく面白かったりします。
そりゃ人が集まるわって、お~こわわ。
大体ね、情報の勝者なんてこれまたなんて少ない確率か驚きます。
そういう人と喧嘩したら大変ですね、喧嘩する前に終わってるもんです。
止めておきましょう。
情報の取扱説明書が欲しい最近です。
いろんな良くない事も防げるだろうに…それも力なのでしょうか。
あぁ複雑。


そうそう、最近知ったのですがエルメスのバーキンってそんなに高かったんですね…。
なんだ、バーキンて!?…なんかよさげなバッグだなぁと思って人がぶら下げてるのをまじまじ見ていたんですよね。
どう見てもどこか雰囲気が違うんですよ、オレンジだったし…それだけじゃないっす。
なんかこう…質感とかもちょっと普通じゃない姿でいらっしゃったのでした。
それで家に帰って気になったのでサクっと調べてみてビックリ。
高いわ!!!!
俺のスネアが5つも買えるじゃないか!!
そ…それどころか車さえも!!??
そんな高いのぶら下げていたのか…やるなぁ。
これでもし六畳一間かつトイレ風呂ユニットだったらどうしよう、ぶるぶる。
質屋にも物凄い数が出回っていますね、なんて世の中だ。
あんなのほとんどが自分で買わないだろうに。
ただブランドといってもあれは本当に良質のバッグでした、よくわからないけれど何か違いました。
あれですよ、回っている寿司とキレイな皿にチョコンと乗っかった寿司くらい違います。
知らない人は調べてみてください、切なくなります。
俺も欲しいなぁ、オレンジの。

池袋スリーマン終了。

KALAViNKA主催による池袋スリーマンライブが無事終わりました。
参加してくれた皆様方、ありがとうございました。
池袋手刀にあんなに遊びに来てくれて忘れられない光景になりました。
共演も素晴らしくなんとも一貫したスリーマンイベントだったのではないでしょうか。

もう随分久し振りにYouTheSunもやらせてもらったのでした。
演奏時間50分というのはやはり楽しかったです。
体感ではなんとも短かったのですが…それでも全10曲でした。

昨日はとても嬉しかった出来事がありました。
誰かはわからない、誰かはわからないんだけれどもライブ中に視線がふとぶつかった人がいて。
なんだろう、心に直接ノックしてきてくれたような感覚でした。
なんか開放的になって思わずニコっとしたらニコっと返してくれたんですよね。
あれは嬉しかった。
ドラムなんて最後尾で誰も見てなくてもおかしくないはずなのにね、最初のコンタクトからきっと20分くらいはそんな出来事があったのでした。

こうして毎回毎回ライブをやらせてもらっているのですがやっと気付いた事があって。
1時間話してお互いを理解するよりも3分音出してお互いを理解する事こそがって。
ライブライブとはいえどこかで必ず初めましての方がいるのは間違いないんですよね。
もちろん勝手知ったる顔もいるけれどもう関係ない。
なんか…自己紹介から始まってお互いの経緯、そしてこうこうこういう事で今日出会ったんだよっていうのが成立していたような気がして。
本当に嬉しかったんですよね、またあの人会いたいなぁ、どこかでいつかまた。


昨日はよりによって回転ドクロの最中にcandyがメインスピーカーに登ったんですよね。
もう後ろで笑うしかなかったんですよね、その後どうするんだろうってぼんやり視界の片隅に入れていたのですがやっぱり…でした。
実は…営業終了後のライブハウスでフロントの位置から景色を見るのが好きなんですよね。
意外と面白いんですよ。
例えばギターの位置から四方八方見渡してね、ふむふむ、ドラムはこう見えているんだ、ホールはこう見えているんだとか。
それをボーカル、ベース、果てはドラムの上とか延々やっていたりして。
その都度脳内で音を流して照明も想像しながら再現して体感しようとしていたりします。
絶対違うと思うんですよ、ライブの体感度が場所によって。
それでドラムの位置ってね、どう贔屓目抜きに比べても最もたくさんの景色が見えるんですよね。
でもどうやってもわかりませんでした、なぜメインスピーカーの上に…ってのだけは。
謎は深まるばかり…うむむ。


結局打ち上げも日曜にも関わらず朝まで貫通し、その後解散したかと思いきやなんだかんだで今やっと自宅で落ち着いたのでした。
皆元気だなぁ、もう今日は寝まい。

ありがとうございましたm(_ _)m
またいつか昨日のような日を迎えれるように願っています。
ありがとう。

池袋、どうやら縁深い地になりそうです。
まずはマルイがどこ口か即答出来るところから始めようと思います。

明日は池袋3マン。

海老だと言ってなんでも美味しいわけではありませんでした。
ちくしょう、海老を入れとけば俺が買うと思って…ピザでやられました。
もうちょっと美味しいんじゃないかと思ったのに。
ちんぱんです。


なんか今日はおかしな感じです。
ライブ前の日っていつも微妙なテンションなんですよね。
なんというか…あぁ、もう明日かみたいなのともうちょっと待ってくれみたいなのが混じっていたりしているものなのですが。
いつだってそうだった。
遠征で連日ライブの時はよくわからないうちに終わっているという印象ですね。
それが今日に限ってはなんだかあまり普段と変わらない感じで…なんか調子が狂います。
むしろこれが良い状態なのかもしれません。
なんだろう…いつもは視界の中にライブしか映らないのですが今は視界の中にパネルがポンポンと存在していてこれって思ったらそれがピックアップされるかのような妙な自由さです。
いやぁ、皆はライブ前日ってどんなんなんだろ、聞いてみよう。


そうそう、ガソリンどうなるんでしょうね。
_ _ _ _*は遠征があるので大きな問題です、前回11月シリーズの遠征では完全にやられました。
北海道はともかく名古屋大阪桐生木更津ですね。
高かったぞ~!!
死活問題とまでは言わないのですが、俺の場合だとステージドリンクがビタミンウォーターから100均の飲み物に変わるくらいでしょうか。
ビタミンウォーターを飲ませろ!
それとか飲食店でもう1品追加をご飯大盛りで終わらすくらいでしょうか。
もう1品追加させろ!!

書いておきながら結局食べているのでそんな事はどうでもいいのですが、それにしても日本はどこへ行くんでしょうね。
なんか足の引っ張り合いしているような映像ばかり目にします、最近酷いなぁ。
全くよくわからない世界なのでなんとも言えませんがガソリンも揉めていますよね。
俺が車乗り始めた時って確かレギュラー91円とかだったんですよね。
96円で高い!って思った記憶がはっきりとあります。
それでたま~に89円とかも。
それがわずかな時間で120円、130円、140円、150円でしょ。
もう何が何だか。
別にガソリン代が高くなってもその分の税金が有効活用されるのであればいいじゃないですか。
それで日本が良くなるって信じましょう。
ただその税金の行く先を駆け引きで使われて挙げ句の果てに何のプラスも生まなく結局元の価格に戻るんだったらなんだったんだって思いますよね。
なんてかわいそうな庶民なんでしょう。


明日はせっかくの池袋なのでお昼ご飯にら~めんでも食べに行こうと思います。
終わってからも食べてそうだけれども。
会場で会いましょう、ワンマンチケットもよろしくお願いします。
風呂入って寝ます、明日が楽しみです。
何が起こるかな??

根。

ねるねるねるねをバカにするな!!
ちんぱんです。
あんにゃろう、微妙じゃないのに。

あのね、全世界の子供を代表して言い放ちます。
美味しいです!!
もう4日連続で食べているのですが、水は少し多めがいいようです。
問題は水を入れた瞬間から15秒程してからかき混ぜないと粘りっ気が今いちな事。
すぐかき混ぜちゃダメ。
恐らく酸素含有率の黄金比を探し当てたのではないかと勝手に自画自賛。
あれは100円のくせに物凄いクオリティーです。
さすがに俺が子供の頃から生き残っているお菓子です。
美味しいですよ!!
くだらない話ですみませんでした。
でもあれ…さすがにライブ前に食べると具合悪くなりそうだなぁ。
いつかボール一杯のねるねるねるねを喰らいたいくらいです、恐らく子供の頃に食べれなかった反動か…。
未だに食べる度にとんでもない贅沢をしているかのような感覚に陥ります。



明日は池袋3マンですね。
ワンマンのチケットも明日で販売終了です、残り20枚です。
今回は会場のみ発売で予約がありません、問い合わせてくれた方々、本当にどうもすいません。
主催のKALAViNKA、そして復活のVeryApe、メンツもとても楽しみです。
なんせ過去に共演した時から時を経てどうなっているかという個人的な楽しみもあります。
同じ日、同じ場所じゃないとわからないものもあったりします。
それは俺自身、3月18日のミチロウさんとの共演で思い知らされた事。
明日の共演2バンドは昨日今日知った仲ではないのだから。
さてどうなるんでしょうか、うふふ。


なんかね~、最近わかってきた事があって。
今日は軽く本音の部分を書かせてもらいます。
バンドって本当難しいんだなって。
別に仕事じゃないもんね、そうなんです、いろ~んな事情で仕事ではないんですよね。
責は負うべきだけれどそれは生計とは別。
俺は知り合いのバンドマンの職場に突撃するのが好きでしょうがないんです。
どうします?
ライブでギターをキュインキュインしているような人がマックで極上の笑顔振り撒いていらっしゃいませ~とかって。
楽器屋ならまだかっこがつくもんです、でもコンビニとかだとギャップに驚くんじゃないでしょうか。
中には一流企業に勤める傍ら、インディーでも最前線なんてスーパーなバンドマンも存在するものですが。
どれも全部かっこいいじゃないですか、働く意義をね…うん。
最近はメジャーのアーティストさんもどこぞの雑貨屋やCD屋でバッタリなんてのも珍しくありません。
解散や休止はもちろんなのですが、それ以外にも様々な理由でバンドさんが止まったりする話を聞いたりするとその度にズガ~ンと凹むんですよね。
_ _ _ _*と付き合いのあるバンドさんでもやっぱりそういうのは多かったりして…いや、どんどん増えていると言ったほうがいいのかもしれません。
たくさんライブしてね、音源録ってね、いろいろと話題性を提供してね、そしてある意味で1周してきたところでこれからどうするの?って。
_ _ _ _*なんて実はバンドとしてまだ半周もしていないのです。
ツアーなんてものもやっていないし今となっては切に願っている音源もね。
ボケッとマイペースに活動させてもらっているような感じではないでしょうか。


今までに俺が共演として出会った長く活動してきた方達。
死ね死ね団。
春日井直樹と午前0時。
スランキーサイド。
ゲビル。
遠藤ミチロウ。
bellytree the distortion。
そしてもうすぐ10年目のダムダム団。
どうかあの人達を観て欲しい。

何かが違います、何かが。
意味のある継続、それこそがバンドサウンドの奇跡を。
何に意味を見出すのか。
五体満足でね、楽器を手に取ったという幸運を道標に。

昨日はね、夜に過去の主催イベントにも呼んでもらった盟友バンド、VROOMの主催イベントに行ってきたのでした。
Voの蔵重君、喉を潰していました。
台湾のフェスに参加、2日前に帰国、そしてその疲労が抜けずにとの事でした。
ライブが始まってからVoがスピーカーから出ていなくて俺はてっきりPAさんのバランスかな?とも思っていました。
でも違った。
ハイクオリティーであるはずの彼等が…どうやら蔵重君が苦しそうじゃないですか。
そういうシチュエーション、俺達はよく知っています。
実は_ _ _ _*も過去2度のワンマン、なぜかcandyがよりによって両公演ともポリープだったんだから。
でもね、伝わりましたよ。
あれだけ声が出ていないのに俺には感謝の気持ち、そして言いたい事、願っている事が。
あんな体験初めてでした、あれこそ奇跡。
バンドが声無くしてでも何かを伝えれたんだから。
良いライブでした、良いもの観せてもらいました。
精神が肉体を~ってやつですね。

なんかいろんな思いをとっかえひっかえ抱えて今日最後のリハに入ってきます。
明日は万全だ。

お花見ショック。

何も無い日常、もしかしたら永遠に出会えないのかもしれませんね。
ちんぱんです。


ふと思ったんですよね。
朝起きた瞬間から夜寝る瞬間までお腹空いたとか喉渇いたとか以外に考えないで済むであろう日ってもう訪れないのかって。
小さな頃でさえ何か考えてましたもんね。
もうすぐ寝る時間だなぁとかこれやったら怒られるから止めとこうとか。
本当に本当に何も考えないで思いつきだけで過ごせる日が訪れるとしたらどんな日でしょう。
きっと腹の中にいる時までだったんだろうなぁ~。

さて。
Recも落ち着いて今日からやっと池袋3マンの準備に入りました。
相当長い間やっていなかったあの曲もやらせてもらえそうです。
実はなのですが…リタリンというあの曲、フル尺は実は7分近くあるんですよね。
だからライブではいつも半分以下に短縮してやらせてもらってたんですね。
時間があると嬉しいですね、池袋ではそんな事を気にする必要も無し。
5月の360°ステージワンマン公演のチケットもこの日で販売終了です。
お求めの方は物販ブースにいる人に声をかけてやってください。
そしてこの日はペイントの光君も参加しますね。
好きなガラなんかも描いてくれると思います、見かけ通りのフランクなアーティストさんなので話しかけてみてあげてください。
きっとそこから何かが繋がる。


あぁ…なんだかんだで花見にも行けず…なんか面白いのないかなってなもんで上野公園、井の頭公園をちょろっと歩いただけでした。
あれ?これ書いたかな??
深夜の井の頭公園歩いていて花見客だらけですよ。
それで公共の水道なんかもゲロだらけで毎年の光景だったのですが…やられました。
歩いていてゲロを踏みそうになったんですよね。
危ない!!!!
その時は素足にお気に入りのオレンジのサンダルだったから尚更。
もうね、踏み出した左足の着地点が完全にゲロの海でね、ゲロに着地まで後2,3cmの所で残った足でジャンプ1発で飛び越えたんですよ。
危険回避、なかなかの反射速度。
そしてキレイに着地…したのに!!

ゲロでした。
なんかゲロ吐き場みたいになっていた場所で1つ飛び越えて油断してやられたのでした。
街には危険が一杯だ。
あぁ、たった一手先をあの飛ぶ瞬間に読めたならば…やっぱり頭が足りなかった(TT)
素足にサンダルでゲロ溜まり踏んだ気持ちがわかりますか…しかも二次災害でニュルっと滑って転倒しそうに…さすがにそこは耐えたのですが。
とはいえ即刻足をきれいに洗って歩き出したのでした。

お花見ってなんで皆あんなに開放的になれるんでしょうか。
いや、あれはお酒のせいばかりではない。
集団心理もあるぞ。
ちょっと通りかかっただけでもいろんな人がいました。
脱いでいるなんて珍しくないしね、酷かったのは合コンお花見みたいな集団がいてお互いのパンツを…。
それとか知らないであろう集団の敷地に知らない人がダイブしていたり。
あれが人間の本当の姿なんだとすれば俺達は普段大変な理性で抑え付けているのですね。
俺だって過去の花見の時に呑めないお酒呑まされて案の定神速で呑まれてしまって。
よくわからないままにどこかにワープしていたりしたもんです。
俺がお酒を呑むのが許されるのは最早元旦から3日間のみですね。
シャレにならない迷惑をかけそうでもう怖いっす。
暴れるとか絡むんじゃないんですけどね…しばらく動けなくなるし。
よくないよくない。
四日酔いとか意味わからないですよね。



今テレビを見ていたら聖火リレーが物凄い事になっていますね。
俺は大嫌いです。
スポーツや音楽などが政治的なものと結びつくのが本当に大嫌いなのです。
過去にもたくさんありましたね、映画なんかもあるもんです。
政治的なメッセージが込められたもの、そういうのは吐き気がします。
真実により近ければそれはまた違うのかもしれないのですが。
そういうものの介入で良くなるのであればいいんだけれど、エンターテイメント全般も止めて欲しいもんです。

う~ん、ここできっとそういうの書くのは良くないんだろうからやんわりと…それだけ世界的にオリンピックが大変なイベントであるという事なのでしょう。
ただ参加する各国に罪はない、選手に罪はない、聖火ランナーにも罪はない、伝統にも罪はない、ましてや理念なんてとんでもなく素晴らしいものじゃないですか。
恐らくスタッフもほとんどがボランティアでしょう。
聖火ランナーなんて本当小さい子もいるんだから。
他の世界的なイベントと違うのはメディアの数でしょうか。
物凄いアピールの場なんですよね。

なんだって?
消火栓振り撒きながらトーチに突っ込んできた人がいたって?
それで急遽用意された船で運ぶとか。

誰にとって事態が好転するんでしょうか。

それでも今渦中にいる全ての人がきっと戦わなければいけない理由もあるのでしょう。
ただ…大国が築いてきたはずのパブリックイメージ、それが崩壊していく様を見ているようで。
この後これから聖火が通る国を見ただけでゾッとします。
これで誰かが死んだとか起こってしまえばどうなるのでしょうか。
俺はまだ生まれていなく聞いただけの話ですが、昔起きていた学生運動の話を思い出しました。
あのような熱で日本全国が揺れていたのだとすれば…大変ですね。
オリンピックという存在、それは思っていた以上に大変なものなのですね。
何度も消された聖火、まるで障害物走のように避けながら走らなければいけないランナー。
きっと東京やソウルオリンピックの時と比べても政治的インパクトは比較にならないであろう北京オリンピック。
何がどうとまでは書きませんが…う~ん、ただひたすらにオリンピックがオリンピック以外のものに介入されない事を願うのみです。
オリンピック、今は各界のプロが参加するようになって様変わりしていますよね。
でもね、本来の主旨とは違うと思うんですよ。
きっと参加する事、参加するまでの流れが物凄く大切なような気がして。
でないと永続的に開催されてこなかったんじゃないでしょうか。
本番もどうか無事に終えて欲しいもんです。

あぁ、なんて複雑な世の中なんでしょう。
もっと勉強しなければ大事な時に傍観だなんてのも嫌じゃないですか。

寝ます寝ます、そしてまた考えよう。

木更津ばいばい。

帰ってきました、木更津より帰還。
そしてなぜだかまだ起きていたりします。
もう今日はなるべく寝まい。
ありがとうございましたm(_ _)m

昨日はcandy以外が当日早朝に木更津入り。
少し南下して君津なんかをふらついてから散開して寝たのでした。
日曜のお昼…大渋滞の都内を抜けるだなんて考えられないのでこうなったのでした。
渋滞って馬鹿に出来ない位にメンタルを消耗するんですよね~。
何度か失敗しています。

それでね…俺は最近周辺で変な出来事が続発しているのですがこの日も朝7時くらいに1人になって木更津へ戻る途中に奇妙な出来事に出くわしました。
普通の片道一車線ずつの道路だったのですが…目を疑いました。
車が堂々と逆走してきたのです。
気付いたのが恐らく100m位先でしょうか、ただ気付いたといっても本当に逆走していると視認出来たのはもう少し後の話ですね。
それでおおおおぉぉぉぉお!!!!ってなりますよね、なったんですよ。
なんて面白いシーンなんだって。
とっさに冷静に考えたのですが車を停止してバックしてもとても間に合いそうな速度でもなく。
仕方が無いので脇の歩道に乗り上げて危機を回避したのでした。
いや~、あんなの初めてでした。
運転手の人も春だから少し開放的になっていたのでしょうか。

いやいや、すれ違い際に確認したその運転手の顔はただ眠かっただけっぽくさすがに脇に逃れた俺を見て正気に戻ったようでした。
逆走したって気付いて正しい車線に戻ったのを確認して俺もリスタートしたもんでした。
避けたから笑えるものの避けてなかったら…お~こわ。
すごすごといつもの駐車場に移動してほっつき歩いてから就寝。
それで起きてから例によってかき揚丼を喰らい尽くし会場入りしたのでした。

リハーサルもね、なんというか何の小骨も喉に刺さる事もなくあっさりと終了。
あぁ、都内のライブハウスが全部GRAPHだったら…って思える程の相性です。
どうしたって出るんですよ、あれはきっとどのバンドさんでも…じゃないでしょうか。
機材群も素晴らしいメンテナンスでした。
いつもそうなのですが、その日の営業終了後、音響機器なんかも1つ1つバラして点検しているかのようなあの光景。
誰が疲れて家に帰ってきてから毎日毎日大掃除するというのでしょうか。
それをしているのが木更津GRAPH。
そのプロ根性に恐れ入ります。

その後の空き時間でCDショップ巡って勢いでオレンジのスニーカーを買ってしまったのでした。
だって安かったんだもん、都内では考えられないくらいに凄く安くなってたんだから。

駅前でね…俺は見ました。
そんなに人通りも無いのに弾き語りの少年がなにやらスタンバイしていたんですよね。
見た目もトータルしてかなり質素、ストリートとはいえとても弾き語るようには見えなかったんですよね。
そんな彼が弾き語りを開始したのですが、驚きました。
ギターも歌もどうしようもなく聴いた瞬間にまだギター触り出したばかりなんだろうなとわかるものだったのですが…驚いたのはその度胸。
最初にギターが弾きたいなと思って…それでギター買って練習して…いざ公道でやってみようと決断した瞬間のエネルギーたるや物凄いものだなと痛感したのです。
その初期衝動が発動したばかりの人間をきっと見たのです。
歌はともかく俺はそれを見ながら彼はどこまで頑張るんだろうかなどと考えながら見学していたもんです。

いやね、最初に1人でストリートでやるのって凄い度胸がいると思うんですよ。
だって恥ずかしいったりゃありゃしないじゃないですか。
まだ見られたくない人にバッタリ出くわすなんて駅前じゃ当たり前。
それでも辺り構わずやるっていうのは俺からすれば感動の対象なのです。
なぜ自前の歌を歌いたいと思うのか。
それを改めて教えられたような時間を過ごしていたのでした。
またいつか木更津に行った時に彼が歌っていたら今度は話しかけるかもしれません。
頑張れ~!
そして会場へ戻ったのでした。

ライブ自体は何かこう…うんうん。
いつもそうなのですが木更津ならではの独特な空気に包まれてのライブだったような気がします。
暖かいんですよね、どこかこう家にいるような感覚さえあって。
30分という体感がどんどん短くなっている気がします。
短いなぁ、30分。

その後あれこれしている間にイベントは終了。
そして0時過ぎに木更津を出発したのですが…木更津遠征の後、初めて横浜までYu-ponを送ったのでした。
ベイブリッジ渡りましたよ、なんかよくわからないまま渡ってよくわからないままに横浜スタジアムの横通ってよくわからないままに横浜駅周辺グルグル回ってよくわからないままに到着。
その後もっとよくわからないままに都内へ帰還。

俺にとって横浜って本当に縁が無い場所なんですよね。
こんなに近いのに地理的なものが全くわからないなんて。
今の首都圏横浜方面下道の守備範囲はせいぜい川崎止まりですね。
関西いた時は関西一円で困った事なんて無かったのになんてこった。
大阪から名古屋なんてちょちょいと遊びに行っていたのに。
車で動く事が多いのですが、そのくせ大の渋滞嫌いなんですよね。
それがきっと横浜を遠ざけている要因なのかもしれません、埼玉はよく行くのになぁ。

ありがとうございました、木更津。
少し空くかもしれませんがまた必ずそちらに遊びに行きます。
ありがとう。


もう今週末日曜はスリーマンですね。
我ながらカレンダーをよくわかっていません。
4月13日は主催のKALAViNKA、そして復活のVeryApeと共演です。
2月くらいから俺は一体何をしていたんだろう…よくわかりません。
3月なんて気付けばライブが6本も…4月は大阪名古屋にもですね。
そうそう、最近ジンプルさんのオシャレ度が上がっているのか下がっているのかよくわからなくなってしまいました。
誰か判定してあげてください。

今から池袋に行ってきます。
今度こそ改札出てからスムーズに地上に出たいと思います。

無理だ…。

明日は木更津。

人間という生き物は凄まじい。
ちんぱんです。


この世に存在するそれこそ星の数程ある無数のスキル達。
音楽と言ったってプレイヤーからテック、エンジニア、プロデューサー、マーケティング方面、ライブハウス、イベンター、オーガナイザー、評論、小売店など書ききれない程それぞれに特化したスキルというものがあって。
周辺にあるもの全てのパーツ1つ1つに磨かれたスキルがあってこそのものです。
今はルパンが映し出されているこの薄型テレビにどれだけの技術が。
今叩いているキーボードだって。
食べるものも着るものも履くものもね。
実は全てとんでもないスペシャリスト達の追及の賜物であったりして。

そんな中、1つだけの事を10年、20年、30年と追求していたらどうなるのでしょうか。
先日そんな方と長時間お話したのですが…やはりとんでもなく修羅の如くの感覚の持ち主でした。
羨ましいったりゃありゃしません。
だって周辺がどうなっていようがその時の事情や時勢がどうなっていようがそのスキルを発揮すればそれで事足りるのだから。

何があろうとも我で磨き抜いた我のスキルを発揮すれば全ては事足りる。
足りないものはまたその次元の他のスキルを持つ他の誰かが補填してくれるというこの合理極まりない仕組み。
目が点の話ばかりで驚きなのでした。

なので追求しましょう。
何か1つでいい、いつかそれが…。


さて、明日は木更津ライブですね。
もう何度目なんでしょうか、どこか家に帰るような感覚さえあったりします。
その次はどうなるかわかりませんがしばらく遊びに行けなくなるかもしれません。
なのでお時間ある方はぜひぜひ木更津GRAPHに!

また夜中に都内を出発して朝方木更津散策してふらついている俺がいるでしょう。
これまた近いんだ…木更津。
ただし車ですね。
軽くスタジオで音出してから行ってきます。

明日は何食べようかなぁ~!!
良いライブが出来そうです、では会場で。

誓い。

あれは上京してすぐの頃。
強く強く思ったものでした。

なぜ…ただ消費されていくだけの音楽がこんなにも氾濫しているのか。

断じて馬鹿にしているわけではない。
それはいつの世も必要なもの。
でも…人が人らしくクリエイティブであるはずの本来の姿を惰性でなんとなく否定していくかのような音楽がこんなにも歯止めなく溢れているのかというのが本音でした。
元より俺がそこにいようとする価値を全く見出せなくなったあの頃。


その時に誓ったたった1つの自分との約束。


それから数々の場所を潜り抜け、泥のような時間を越えてメンバーと出会い仲間と出会い辿り着いたであろう今。
やっぱり敵など1人もいなかった、ただ交錯していただけ。
一昨日も昨日も今日も誰かと朝まで話していたのです。
それは幸せな日々。
対話に次ぐ対話、そして導き出される答えはいつも1つ。


あの時に誓ったたった1つの自分との約束。
やっと果たせそうです。


俺は今日、特大の感謝の気持ちを皆に伝えたいのです。
まだ途上ではあるけれどRec音源が手元に。
この段階で聴いているだけで身震いする代物。
発表がいつになるかなんてわかりません、時期やつまらない事情なんてどうでもいい。
ただこいつはいつか俺達の意志を離れてどこかへ勝手に飛んでいくのでしょう。
その時に届いて欲しい場所へ届いて欲しい、ただそれだけ。

そして。
些細な…どんなに些細な事でもいいから何かの役に立ってくれれば。

まだまだ始まったばかり。
今のうちに書いておかねばこういう事も書けなくなる日が来るかもしれないから。

ありがとう。

ありがとう。

微塵の迷いも消え去った日。


ありがとう。

今は何の時代なのか。

桜~桜~。
大変ですね、井の頭公園が炸裂していました。
ゲロ踏みそうになって危ないって大股で飛び越えたらやっぱりゲロでした。
罠にかかったようです、やるなぁ。
しかもサンダル、悲劇は更に連鎖…水道で足を洗った矢先どうやら誰かのおしっこの水溜りに。
もうこの時期2度と行かないぞ。
ちんぱんです。


最近は缶詰になりまた今日も…そう、最近はもっぱらどこかに篭もっている事が多くあまり太陽を浴びない生活になっています。
寝るのもこれから、あまりよくないですね。

そんな中、ふと耳にしたニュース。
刑務所に入りたくて誰でもよかったという理由だけでホームから人を突き落としたというものでした。
最近全くと言っていい程に何が起こっているのかに疎かったので聞いて驚きました。
これはどういう事でしょう。
無差別の事件自体は珍しくないのかもしれませんが…滑り込んでくる電車に向かってホームから突き落とすだなんて考えられない。
とにかく最前列に並ぶのはやめましょう、意味がわからない。

突き落とされた人生は一体何だったのか。
酷い話ですが救急隊員が駆けつけて僅かながらの会話の中で突き落とされた事さえわからなかったとの事。
何を突き落としたかったのか。

エレベーターは安全なのか。
横断歩道は安全なのか。
階段は安全なのか。

もうこれからはもっと考えましょう。
理路整然と理屈に従って道理に照らし合わせればそんな簡単な話はないのです。
突き落としたのが悪いと。
ただ実際にこういう事が起こるという事は何かが変わってきているような気がしてなりません。
随分と事件の質も変わってきているのも確実。
何か…映画やゲームの世界の出来事が現実に起こっているような…。
ひったくりや振り込め詐欺なんてのとは質が違うじゃないですか。

俺…今いきなりホームから突き落とされたらどうなるんだろう。
自分がいなくなってしまうのはともかく残してしまった人達に対してどうにも…。
考えられない。

ある人は言うんですよね。
今の若い人は何か目標が無いと生きる目的がわからないって。
俺はそれを聞いて生きる目的なんてそもそもあるのか?なんて思いました。
考えたら俺なんかでも生きる目的は何?って聞かれた所できっと即答出来ないと思います。
だって目的も何も生きてるもんなぁ、とにかく生きてます。
いずれ死ぬ時が楽しみでもあり怖くもあるのですが…それとて少なくとも今は非現実的な話なわけです。
それが別にどんな世代であれ特別変わるとも思えないのですが…やはり話は聞いてみるもので俺達から一回り下っただけで全く違う事情があるものなのですね。

う~ん。
考えたらなんでも揃ってますよね、俺達ってきっと幸せなんですよ。
幸せに飼い殺されているのかもしれません、それはもしかしたら不幸せなのかもしれません。
そして何かの罰を受けているのでしょうか。
神様にしかわからない問答でしょう。

なんだろう…自由って言葉があるじゃないですか。
もう今の自由って意味合いが変化してしまっているような気さえします。
とにかく好き勝手に生きれるのが自由なんでしょうか。
俺が教わった自由ってものはそうじゃなかったけれどもショックな言葉を聞く事があります。
自由ってのがどこかに消えてしまいそうで。

例えば…あっけらかんとした流れだったのですが驚いたのが学生さんで直に会った時には挨拶してこない人がいたのでした、面識あるのにね。
それでわりとすぐ近く、それも10mくらいの所にいるのにわざわざメールで挨拶してきたのでした。
いやいや、少し歩けばすぐ言えるのに…なんで!?って思うじゃないですか。
するとどうやら話すよりもメールのほうが気持ちを伝えやすいのだとか。
うおおぉぉって出来事でした。
そんなのを大真面目にメールで説明されたのですがなんだこれ!?ってなりますよね。

きっと今起こっている事のバックボーンを理解出来ていない俺がいるのでしょう。
話は戻りますがやっぱりわかりません。
誰でもいいからだなんてどう考えても…。

50年後、今の時代ってどういう風に解釈されているのでしょうか。
俺は思うのです。
今ってきっと無関心の時代なんじゃないだろうかって。
人が人に無関心。
それはつまり自分にも無関心だという事でその連鎖が始まっているんじゃないだろうかと疑っていたりします。
きっと俺だって50年前の人よりは自分に無関心なのは間違いないはずで、それはもう亡くなった爺ちゃんとの会話から感じていたのですが。
だって無関心でもそれなりに生きていけるじゃないですか。

加害者に聞きたいもんです。
何を突き落としたかったのかを。
全てわかった上でやってしまったのだとすればまだ罪と対面出来るじゃないですか。
でももし…何を突き落としたのかさえわかっていないだとすれば、それはきっと俺達にも生き方を変えろという警告なのかもしれません。

人を人として見えなくなるような世の中であれば、それに気付けないままそこに至ってしまっていたのであれば…考えたくもないのですがその時は対峙しなければ。

わからない、わかりたくもない事件が多過ぎる。
酷い、でもせめて身の回りの人だけでも守らねば。
そう誰しもが思える世の中にならなければ繰り返されるのでしょうか。

音楽ってそういう時何が出来るのか。
何も出来ないのであれば俺も生きる目的ってやつを見失うのでしょうか。
これはなんと悲しい話なんでしょう。
伝えないと。
きっと俺にはそれしか出来ません。

この気持ちを伝えないと。

Rec終了。

桜も咲いて気付けばエイプリルフールなるものも通過していました。
ちんぱんです。


080401_1809~01

第1弾レコーディング、全て終わりました。
後はミックスを残すのみ。

俺とYu-ponは録りはなく見ていただけなのですが、自分が録っている時よりもイラっとしていたような気がします。
これだったらまだ自分が苦しんでいたほうがマシだって位でした。
今回の第1弾レコーディング、それはとても勉強になるばかりでした。
こんなものを創っていたのかと思い知らされた今回のレコーディング、どうやらとんでもない音源を近く発表させてもらえそうです。
いつになるのかなぁ…あれは凄い。

バンドにとって音源とは鏡。
これが上手く出来なければある意味では活動の意味も無いんじゃないかと悩まされた日々。
何が正解で何が不正解なんて未だにわかりませんが渾身の音を吹き込めたのではないかと思っています。
ほぼ丸3日、我が家に滞在していたメンバー一同、そして協力してくれた人達。
本当になんでこんなにってくらいに無差別にお世話になって無事以上に終了する事が出来たのでした。
これからも継続的にRecはやらせてもらうのですがなんとか最後まで…。

今回1番思ったのはこんなにも思い通りに録れないのかって事でした。
ドラム録りの時もこうじゃないって思い直して瞬間的に叩き換えた部分もあったりしました。
急遽叩き換えるなんて本当は許されないのかもしれないけれどやってしまったんですよね~。
なんか曲達がいつの間にか意志を持ち出して言ってくるような気がして。
俺はそんなんじゃないよ、もっとこうしてよって。
それに従っていただけのような気がして。
不思議な感覚でした。
どことなく自分の意志以外のものが場を支配していたかのような。

なんとなく突入した4月。
6日には木更津に遊びに行きます、録りたての何かがSEで流れているかもしれませんね。
うふふ。
そして13日のスリーマンですか、早いなぁ。
何が起こるんでしょうか…これから池袋も縁深い場所になりそうな気がします。


そうそう。
ふとした事で我がPCが最悪OS再インストールかもしれないという危機に見舞われてしましました。
データ写せば済むだけの話なのかもしれませんがたまりません。
ウィンドウズとマックの差…思い知らされました。
なんでウィンドウズはこんなに規格の数があるんだぁ~、1000種類だって。
そんなの全部のソフトそれぞれがそれぞれに動作確認なんてしていたらって話ですよね。
それがマックだと4種類しか規格が無いらしく…ちくしょ~~!!
あんまりデフラグとかクリーンアップとかやり過ぎるのもHDDの寿命を削るらしくもう観念しようかと思っています。
やってみようかな…OS再インストール。

昔はPCなんて無い生活が当たり前だったのに今はもう無いとダメな生活形態になってしまっているのが悔しくてしょうがないんですよね。
ちょっと機嫌損ねたらすねられて何も言う事聞いてくれなくなって。
ちくしょ~~!!

また今日は大事な大事なドラムセットの運搬をしてきます。
貴重なので弁償しろと言われても弁償しようのないドラムセット。
俺のやつなんて探せばまだ売っているのかもしれませんが、それが30年前のドラムだともう…。
まだしばらくは楽器にまみれた生活が続きそうです。


今日は深夜にお花見にでも行ってみようかなぁ。
誰もいない場所があるんですよね、桜いっぱい咲いているのに。
俺は散りそびれた桜が大好きです。
散りそびれた桜、あぁ、春ですね。

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。