スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再会。

まるで近所のスーパーから帰るようなテンションで大阪から東京に帰ってきた。
俺頭おかしいね、どっちが地元なんだかもうわからない。
大阪からズド~ンとその次に車から降りたのは東京自宅前なんだもん。
5時間程でサックリと帰京。
車中は脳内で延々1曲4分50秒を延々リピート。
曲作りながら運転してたんだもんね、おかげで出来た。
ふふふ。


メンバーと神戸&大阪で現地解散した次の日。
俺は所用を済ませて昼過ぎには天王寺Fireloopへ。
休業日だったんだけれどもね、いろんな設備のクリーニングやら大改造やら要するにメンテナンスをスタッフ総出みたいな感じでしていた。
大掃除ね、ライブハウスの大掃除は楽しいよ、いろんな裏側見れるからさ。
それを横目に俺はえっちらほっちらと打ち合わせ。
で事務所やらでの雑談も佳境を迎え、さあ帰ろうかと挨拶しにホールに戻ったその時目にしてしまった。
埃まみれになったファミコンカセットやら本体がぶち込まれたダンボール箱。
な…なんでこんなものがライブハウスに…!?
そして我を忘れて中を漁ってみる、検証。
すぐにお宝ソフトを発見!
うおおぉ!と思いながらも嫌な話を小耳に。

このまま捨てるらしいよ?

待て待て待て待て待て待て待て待て!!!!!!

というわけでもらって帰ってきちゃった。
もし返却命令が出たらまた大阪持って行くもんね。
091028_0346~01
検証↓
ドラゴンクエストⅡ、Ⅲ、ファイヤーエンブレムⅠ、Ⅱ、六三四の剣、フリップル、マッハライダー、スカイキッド、忍者じゃじゃ丸くん、DRAGONBALL~神龍の謎~、DRAGONBALL~大魔王復活~、DRAGONBALL ZⅡ~激神フリーザ~、DRAGONBALL ZⅢ~烈戦人造人間~、クルクルランド、パックマン、パックランド、スーパースターフォース、ヴィルガードⅡ、初代ファミスタ、ファミスタ87’、燃えプロ、ドンキーコングJr、ナイトガンダム物語、ガチャポン戦士2カプセル戦記、ハイパースポーツ、ハイパーオリンピック、ドラゴンバスター、たけしの戦国風雲児、グーニーズ、スパルタンX、熱血高校ドッジボール、ゴルフ、激突四駆バトル、グラディウス、ゼビウス、スーパーゼビウス、ゴルビーのパイプライン、ロードランナー、テニス、4人打ち麻雀、デビルワールド、レッキングクルー、ファミリーボクシング、ペンギンくんWARS、ロックマン3、4、ロードファイター、イーアルカンフー、いっき、ポパイ、大航海時代、アスレチックワールド、どすこい大相撲、CITY CONNECTION、忍者ハットリくん、マリオブラザーズ、スーパーマリオブラザーズ3、Dr.MARIO、MARIO OPENGOLF、影の伝説、忍者くん~魔城の冒険~、F1レース、ベースボール、アイスクライマー、バルーンファイト、ミシシッピー殺人事件、バべルの塔、ワルキューレの冒険、マッピーランド、天地を喰らう、マッピーランド、ファミコンジャンプ、平成ハリキリスタジアム、機動戦士Zガンダム、武田信玄、桃太郎伝説、ミネルバトンサーガ、インセクターX、

これだけの物をどうして捨てれようか。
わからない人いるだろうけれどこの中の10本弱は希少…いや、絶対に絶対に売ったりなんかしないよ。
クリーニングして厳重保存。
実はそういう類の物はこそこそ集めていて実家にもあったりする。
残念なのは今のテレビがファミコン繋がらなくてソフトが完動品かを調べる術が無いという事。
PC上でエミュレーターを使えばファミコンなんて出来ちゃう今、必要ないかもしれないね。
でもあえてファミコンでやる事で得れる感動あるもんね。
迷うなぁ…今現在知っているだけでもファミコンカセットを欲しがっている飲食店が3件ある。
そういう場所に持って行って皆に遊んでもらったほうがいいのか、我が家で厳重保存すべきか…迷う。
もう完全に世に出回っていないのもあるからさ。
とにかく保存状態を保とう。




ダンボールの中身をじっくり検証し終えて朝方に一眠り。
ピンポ~ン!!
起きた。
どうやら宅配便のようだ。

開けた↓
091028_1648~01



こ……こ…これはぁっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ヨ、ヨ――グレットだ===!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

♪パンパカパンパカパパパパパ~ン♪

あんなに探したのに、どこにも無かったのに、ど、どこにこんなに…!!!
俺があまりにも日記でグデグデと文句を垂れてスネていたのを気にかけて心優しい人が送り届けてくれたのだった。。。
ブリリアントカットのでっかいダイヤモンドもらうよりも現物のヨーグレットのほうがよほど感謝出来るんだ。
いや、落ち着け、な…何個あるんだ。。
091028_1650~01
いち、にぃ、さん、しぃ、ご~……18個。
3×6だなんて冷静な計算出来るわけないでしょ~~!

落ち着け。
今にも全部食べてしまいそうだ。。。
考えろ、ペースを考えるんだ。
これを1日1個食べたとしたら…大阪のワンマンまでもつな…いや、食べたら!食べたらまた無くなるやないか==!!
すると1日で3分の1個食べたら家にいない日を計算すれば年末までもつ!
と問答しながらもあっさりと1個開けちゃった。
ダメな奴だ。

粉雪のようなパウダースノーに埋もれたタブレットという名の果実。
よもや再び出会えるとは…(TT)
ロミオとジュリエットを疑うくらいロマンチックだった。
人は本当に感動した時無言になる。
モグモグ、モグモグ、モグモグ、モグモグ。
不思議と頭がスッとして何かが漲ってくるのはな~ぜ~。

実は…今回の遠征中にも差し入れでアイスじゃなくてお菓子のヨーグレットを各所で合わせて2つ頂いていた。
子供菓子の味が大好きなんだからしょうがない。
あぁ、全ての思い出が甦って涙が出てくる…。
達していた、目の前のヨーグレットが溶けても気付けない程に。
ありがとう、ありがとう、人生に行き詰った時に大事に食べますだ(TT)


ヨーグレット!!!!!!!
スポンサーサイト

京都、そして神戸終了。

10月25日京都MUSE、そして26日神戸スタークラブが終わった。
両日共に会場に来てくれた皆、ありがとう。
感謝!!
ありがとう。


あっけなく、とてもあっけなく4日間が終わった。
こんなのツアーでもなんでもない。
これで次に関西に来るのはワンマンat天王寺Fireloop。
実は今、神戸で現地解散して俺はもう1人。
所用を済まして明日の夜に帰京、皆いなくなったらなったで少し寂しいね。

1人思う。
感慨深い。
ワンマンというのはつまりバンドにとって結婚式のようなもの。
特別に特別。
だってさ、何の制限もなく0から10までやれるんだから。
ワンマンにそれ以外の理由など無粋。
それさえどうでもよくもある。
だからね、ここで観てくれなければそれはつまり否という事。
わかりやすいね~ワンマン。

今年_ _ _ _*は何本ライブがあったんだろうね。
もう50本は越えているのかもしれない。
例えば50本のライブを誰かが全部見届けてくれたとしよう。
それでさ、あの時のライブがよかったなとかって最悪だと思う。
だって順番つけれるんでしょ、その程度のライブを何本やってもさ。
全て最高ではなかったという裏付け。
上で例えたように観てくれた人達ならまだいいけれども、それよりももし俺達がそういう順番を付けれたのだとしたらそれはもう何の価値も無いね。
常にそう思いながら、都内から飛び出した時は余計に過剰にそう思って繰り返してきたこの3年弱。
リハーサルを繰り返し移動を繰り返しライブを繰り返しね。
なんでもいいから無差別にその辺に転がっている石にでも聞いてみたいよ。
あの日は本当だったのか、嘘だったのか。
一体何をジリジリと追い詰めていたのかをさ。
それだけのワンマンライブを敢行しよう。
涙も笑いも怒声も全て同じ音楽でしょ。
そんな事をぼんやりと考えている今。
どこにでもそうだけれど、今は関西に感謝の気持ちで一杯だ。
明日夜、東京に帰ろう。
また都内のライブもあるしね。

楽しかった、この4日間。
とても大事な気持ちを思い出せた4日間でもあった。
たくさんの人に世話になった。
次こっちに来る時は…ね。

ありがとう。
いや、嘘臭いな。
全部ワンマンで万倍返しだ。
次へ行こう。

感謝。

三国ヶ丘FUZZ終了。

昨日は三国ヶ丘FUZZに遊びに来てくれた皆、ありがとう。
我ながら大阪出身で住んでいた時からすればこんな大阪の南でライブだなんて想像もしていなかった。
南と言っても大阪はまだまだ三国ヶ丘から南にたくさんあるんだけれども北側に住んでいた俺にとっては縁遠い場所だった。
ホールは上品で誰にでも居心地が良いライブハウスってそんなに無いんだけれどさ、FUZZはそうだった。
うんうん。

やっぱりね~シーンっていうものがその土地その土地にあったりする。
それを強く感じた日だった。
成熟済みのシーン、今まさに駆け上がっているシーン、まだまだ未発達なシーン、生まれてもいないシーン。
それぞれ段階によって都合で中心軸であるはずのライブハウスの在り方っていうのは変わっていくもんだと思う。
もちろんそこに参加するであろう出演者、スタッフ、そしてオーディエンスも変化に次ぐ変化。
ワンマン前のこの時期に三国ヶ丘に遊びに行けてよかった。
あれはいつかの○○、懐かしかった。
ありがとう。
またいろいろと教えてもらった。

ありがとう。


そして今日は京都MUSE。
面白いくらいに音が出る、さすがライブハウスならぬライブホールだ。
ぶぉんぶぉん出るぞ、うへへ。
今はまたリハ終了後で楽屋にて日記更新。
なんだか今日はまた違う感じだ。
どうなるんだろうか。
あぁ、もう3日目だ、早い早い。
京都は何回目だろうか、3回目?4回目?
う~ん。
この連日ライブの度に体調が上がっていくのだけが不思議だ。
楽しも~。

心斎橋AtlantiQs終了。

連日の関西ライブなのに初っ端から朝方5時まで打ち上げ。
アホか。
でも楽しかったからおけ~。


会場に遊びに来てくれた皆、共演の皆、ありがとう。
個人的にはとても収穫のあった日だった。
なんというかね、こういうこともあるんだ、そういう時どうすればいいんだろうっていう迷路のように入り組み絡まった紐の解き方が少しわかったような感じれたような日だった。
長らく足止めされていたような場所から脱する扉。

これが自分ですと誰かに胸張って言えるのは簡単ね。
背伸びも出来るだろうし多少は相応サイズよりも大きいものを着ていてもいいだろう。
おしゃれ~ただし。
裸の部分の1~10をちゃんと伝えるとなるとそれはそれはもう別次元の問題。
どこでだって。
誰にだって。
そう、自分にだって。
その為に必要な事。
俺はそんな人になりたい。


ありがとう心斎橋AtlantiQs。
また遊びに行きますだ~。
差し入れも全部ありがたくいただきました。

ありがとう。



そして今はもう三国ヶ丘FUZZにてリハーサル終了後の一幕。
打ち上げの余韻もどこへやら、どうやら今日はアウェーのようだ。
こういう感じ好きだし多分得意だ。
ぐへへへ。
今日は久し振りにあの場所に戻ろうか。
会場で会いましょう。

毎日が渋滞。
信号なんかでいちいち止まってられんね。
邪魔したらぶっ倒してやる。
三国ヶ丘FUZZ、_ _ _ _*やって参りました!
へ~い!

大阪着。

深夜の高速を直走って大阪。
あっけないもんだ。
だがしか~し!
寝ていないせいか壊れたメガネのせいかドリンク買い忘れたせいかで珍しく眠気と戦いながら静まり返った車内に恨み節吐きつつだった。
運転が暇過ぎて誰かの頭をア・ア・ア・ア・ア・ア~イ!って声に合わせて連打したり。
ただ何やってもドラムなせいか規則性があって悲しかった。
俺はもっとランダムに自由に人の頭を叩きたいんだ。

最後の1時間半は辛かったぞ~!
とはいえ無事着。
そして走行中延々アニメソングを聴いていた俺は今、少年のように多大なる影響を受けている。
オマージュ作品を、アンサーソングを作らねば。
アニメソングの研磨、洗練されたスリム王道侮り難し。
つまり影響されたんだ、もう昨日まで東京にいた俺とは一味違うぞ!
と少し朝方のよくわからないテンションな現在地。
パピごんよ、かわいがってもらうんだぞ。
うへへ~い!


あぁよくわからない日記だ。
とはいえ今日は心斎橋AtlantiQs。
前回は去年の12月なんだけれどさ、実は満足に音出せなかったんだ。
ちくしょ==!!
今回こそはなんとかっていうのは内緒のお話。
ぶふ、書いちゃった書いちゃった。
うん?これ今日起きたら消すんじゃないか、これ消すんじゃないのか?
まぁいいか、今よくわからないし。
さぁ今日も楽しく行ってみよ~。

大阪だ。
おやすみなさい。

関西へ向けて出発。

さて。
今日の夜から大阪に向けて出発。
11月のワンマン前最後の関西、といっても何も変わらないんだけれどね。
なんか信じられないな。
今からすぐ後に関西に向けて出発なんだってね。
いつもの部屋でいつものように起きていつものようにいつものようにってね。
いつの間にこうなったんだろうか。
遠方という自覚無し。
過去に広島は少し住んでいたせいか感覚的に福岡は遠いなぁってなもんだ。
最初の頃は今週末関西だとかってなってたらそればかり気になって寝れない日なんてあったのにね。
今じゃもう都内でライブと感覚が全く変わらないもんだから不思議だ。

それでね、時間にしてまる5日間家を空けるわけでパピをナベジさん宅にお預け。
どうぞお願いします~悪さしたらあいつは図太いんでしばいて大丈夫です~。
でね、変な夢見てしまった。
夢の中でなぜかパピがお腹辺りに重傷を負って息も絶え絶え血まみれになって歩いてきた。
物凄く苦しそう、絶対に助からない。
そして気付けば俺は包丁のようなものを手にしていて泣きながらパピの首を落としてしまった。
で、パピの意識が途切れていく最後の瞬間まで手の平に置いて鼻を突き合わせて撫でていた。
最悪な夢、号泣。
また起きたきっかけが最悪で最近のパピは9時になっても起きてこなかったら猫舌で髪の毛を整えるかのように舐めて起こしてくる。
何かの目覚まし時計かのように大体9時。
パラレルだった。
死んだはずのパピに起こされてビックリした。
嫌な夢。
これでわかった事がある。
俺きっと必要に迫られたら介錯出来る人間だ。
今思ってもやれそうな気がする。

これを誰かに話したらさ、きっとパピを置いて留守にする事に罪悪感があるんじゃないだって。
う~む、どうしても連れて行けないんだ。
パピよ、きっと俺ん家よりナベジさん宅のほうが楽しいかもしれないぞ。
ファズもいるし何より皆で遊んでくれるだろう。
すまんパピ。
父ちゃんは行って来るよ。

心斎橋AtlantiQs。
三国ヶ丘FUZZ。
京都MUSE。
神戸スタークラブ。
どこで何が起こるんだろうか。
新しい人に出会えるだろうか。
三国ヶ丘は初めて音出すなぁ。
うん。
まずは無事に関西入りせねば。
最近機材車の様子がおかしい、うぅ。

遊ぼうぜ、関西。
へ~い!

吉祥寺終了。

吉祥寺GBが終わった。
091020_1647~01
やっぱり近過ぎてビックリね。
車で機材入れて家に帰ってチャリンコで出動したもん、あはは。
おかげで会場入りしても尚ライブの自覚無し。
近過ぎるのも問題だ。

吉祥寺に遊びに来てくれた皆、ありがとう。
いつもと違った感じのセットリストだった気がするなぁ。
面白かったのが出番前ね、1番目っていうのはわかっているんだけれども相当なアホさを露呈してしまった。
体感としてこの後すぐってのがわかっていなかったらしく、楽屋に出番を知らせる電話がかかってきて誰かが取ってわかりました、はじめます~みたいな会話しているのに誰も出て行こうとしないの。
俺なんか最悪でその時まだバーカンで喋ってたもんね。
で、本当に?本当にもう始めるの!?ってさ。
すいませんでした、GBのスタッフの皆様方。
これ本当の話。
結局始まったのは最初の電話から5分後くらいだったんじゃなかろうか。

高崎、吉祥寺と連続して一緒だったスランキーサイド。
ほら、初めて見た人も楽しかったでしょ?
俺にとってはなんだか合宿のような日々だった。
数学っていいよね、答えが1つでしょ。
方法論さえわかればシンプルだ。
つまり明らかにブレない正解がある、わからなくても誰かに聞けるかもしれない。
場合によっては人生でもそうなのかもしれないよね。
俺の人生なんて聞くまでもない。
誰にだって正解と信じて歩ける人生もあるでしょ。
でも今ね…正解がわからない、それはいつまで経っても何が正解かわからない。
そんな中でも正解と信じれるものは何か。
もっと確たる正解をじっくりゆっくり見つけないとなぁ~って。
不思議に全く迷いはないんだけれどね、どうも俺には曖昧なモノがまだ多過ぎるようだ。
そういう高崎、吉祥寺な2日間だった。


ありがとう。
思い出に残る日になった吉祥寺。
参加してくれた皆に感謝!!

ありがとう。

今日は吉祥寺。

枯れない泣かないひまわり
生まれ変われるならと君が言う
枯れない泣かないひまわり
じゃあ僕は太陽になる

良い詩だ。
誰のでしょ~か。



はぁ~気付けば10月20日。
凹むなぁ。
なぜにこんなに早いのか。
やること盛りだくさんなのに1日平均の諸々の進行速度が追いついていない気がする。
盛りだくさん、モリってるの。
うん?
モリってる?
誰か流行らせてくれ。
おぉ、応用編としてあの人の○○モリってるとかもいけるぜ。
そんなのはどうでもいいんだけれど凹むぜ。
くだらないぜ。

俺達の1日に与えられた時間は24時間。
それが365回くらいあってそれが60周から80周くらいで終わるんだろう。
そんな鳥かごの中での自由ってなんだ、既に不自由じゃないか。
なんて儚いんだ。

いや~最近パピ見てて思うんだけれどさ。
パピはパピなりに家の中で自由。
別に外に出たがらないしね、ご飯も何出しても美味しく食べれる。
チーズだけダメみたいなんだけれど。
トイレも清潔だしオモチャもある、ついでに言えば至って健康病気欄真っ白。
なぜか体もスリムでピョンピョン跳ねて遊んでる。
およそ何も困らない生活でしょ。
でもさ、人間からしたらパピは言ってしまえば狭い部屋の中から外に出れないってなるでしょ。
もしかしたらかわいそうって思う人いるかもしれないね。
俺思うよ、かわいそうってね。

パピご飯食べれるって言っても所定の場所で与えられた物って制約がある。
これはかなり強烈だ。
家の中自由だって言っても例えば台所の流しとかガス台には登らない。
大体が俺の周りにいる。
これも考えたら凄い制約だ。
狭い部屋の中でさえ行けない、行ってはいけない場所が多々ある。
でもこれって俺達も同じでしょ。
どこかへ行ける人からすればどこかへ行けない人は…
ここでこんな物食べている人からすれば食べていない人は…


う~ん。
例えばさ、人に頭下げたくないって動機だけで本当に起業しちゃう人もいる。
自由よね~。
でもさ、それで人雇ってって時点で何かあった時には人の倍頭下げないといけない。
不思議過ぎて笑えるね。
んでそういうのだと長続きしない。
結局は一体何を選んだのかわからない。
そういえば…言われた事あるな。
お前頭下げる覚悟あるのか、あるなら頭下げる練習もしとけよってさ。
懐かしい。
そういうもんだ。

制約された命。
宇宙に出ようとしている今なのに地球、いや日本さえ満たせないキャパの自由で何を求めるのか。
その気になればコンビニの2階に住めば家とコンビニ、後は通販やら宅配だけで完成する人生もあるだろう。
PCで稼げばいいしね。
外の事な~んも知らないでいいの。
その代わりに限りなく治外法権であろう家の中で自由を謳歌するの。
それでいいじゃない。
嫌だってんならじゃあ何を身に付けたらいいんだろうね。
生あるもの全部がつまり何かを誰かに批評目撃認知賛同して欲しいから?
バカバカしいね。
それだけでいくと存在しないはずの個性があるんだから矛盾している。
あぁよくわからない。


さて今日は吉祥寺ROCK JOINT GB。
家から近過ぎてビックリするね。
チャリんこ圏内だ。
スランキーサイドはもちろん一度お手合わせ願っていたズボンズがいる。
これまた先輩だや~。
メンバーは既に家に集まってのんびり。
19時15分辺りからライブやるから遊びに来てね~。
初めてのライブハウス、どうなるんだろうか。
うほぅ~!

高崎終了。

高崎楽しかったね。
ありがとう。


昨日は実在していたバンド、TheBandにかけたわけじゃないけれどTheバンドを見た。
スランキーサイド。
ふはは。

あれいつだったかな。
8月のツアー中だったと思う。
_ _ _ _*はリハではなかったけれど何かで合間を突いていつものリハスタにいたんだっけ。
いや、ツアー前の7月か。
で、ちょうど高崎FLEEZに電話しようとした時に同じスタジオ使用しているリハ上がりのスランキーサイドがひょっこり現れた。
で、お疲れ様っす~なんて言いながら8月高崎遊びに行くんですよ~だなんてダラダラ話していたら俺達も10月に行くぜって。
そうかそうか、今から電話するんですけど俺らもそこぶち込んでもらえないですかね~って言ったらナベジさんがすかさず電話。
高崎FLEEZも快く了承、言い出した瞬間から5分くらいで決まった日だった。

091016_1913~01
俺達は相変わらずのライブだった。
失敗したのは希望していた店が時間通りに開店しなくて時間的に余裕が無くなってしまい駆け込みで食べたつけ麺。
美味しかった、美味しかったんだけど本番中、あんなにもかつおが登ってくるとは…何か大群の鮭川登を1人で防いでいるかのようだった。
出番が遅いのに慣れ過ぎている。
しかし食べねばガス切れになる。
だから無理してでも食べる、ダメなのか。。
いや、楽しかった。
なんか会場のテンションもあれでね。
うんうん。
俺達自体はたくさんライブしていてもさ、各地に毎月のように遊びに行けるわけではない。
でさ、物凄く楽しみにして遊びに来てくれる人達と会えるのは本当に嬉しい。
別に会場に1人しかいなくていいよ。
でもその1人が楽しみにして遊びに来てくれるだけで報われるでしょ。
また遊びに行きます、群馬。
感謝だ。
高崎のバンドさんも凄かった。
なんか大事なもの見れて少し安心したようなイベントだった。

で、トリでひょっこり現れたスランキーサイド。
普段から普通にお話させてもらってお話してくれる、皆ね。
ナベジさん、トトキさん、ヒジカタさんの御三方。
うちのメンバーも含めて誰が誰とでもなのね。
でもさ、これ全然普通じゃないのよね~。
実際にやってる年数とか関係なくてさ、ライブ観ていてよく普通に相手してくれるなって思ったもんだった。
20日も一緒にやらせてもらうんだけれどさ、普通じゃないぜ。
観ていたと言っても昨日は俺のドラムをヒジカタさん使ってたからステージ内に構えてロングステージ中トラブル防止の為にずっと中から観ていたんだけれどもさ。

Theバンドを見た。
やっぱりいろいろあってさ、それが具体的に何がどうだなんて俺の胸の中にしまっちゃうだけ。
グダグダと○○論みたいなのを展開している人には余計に見て欲しいもんだ。
俺知らないよ。
スランキーサイド以上にバンドぉ~~!!みたいなバンドさ。
い~な~い~。
そんなライブだった。
うほぅ!



思えば。
俺個人としてはね、四谷OUTBREAK!というライブハウスでライブハウスでライブをするというバンドの全てのノウハウの基礎部分を構築したようなもの。
意志、スタンス、リスペクト、社交性諸々全てね。
俺人間なめてたもん、いや、なめていたと言うよりその手前でスネていたのか。
それも出来立てでシーンなんて何も無いライブハウスだったから正確に言うと四谷OUTBREAK!のスタッフ達と言ったほうがいいのか。

各方面で名前出してもいいかね~。
まず店長の秋元さんね。
シャレにならんプロ気質やら実際プレイヤーとしてもお前ってどうなのみたいなのから…とんでもない気紛れさとかね、いけるんやそれでみたいな。
ライブハウス店長VSバンドじゃなくドラマーVSドラマー。
で副店長の佐藤学でしょ、もうこれは語りつくせんしどうせ12月に語るからここではいいや。
音響の長沢さん、俺はあの人の仕事をずっとずっと見ていた。
リハ見て本番中PA卓見てさ。
化け物、あの人が音を出すとどんなバンドでも良くなっちゃう。
それでギターに関しては木下さんというこれまたとんでもないギタリストが四谷にいる。
アンプやら音作りやらたくさん教えてもらった。
_ _ _ _*の照明に関しては奴以上はいない小坂田君、今はもう四谷にいなくてフリーなんだけれどまぁいろいろ言ってくれてるし11月のワンマンも裏方で助けに来てくれる。
そういう人達の言をヒントに構築していったもんだ。
んで四谷経由に限定すると四谷でぶつけてもらったダムダム団。
今は脱退したけれど高橋さん、古根さん、鈴木さん。
もう前になっちゃうけれど関西とか一緒に行かせてもらってさ、いろいろ知った。
で、また今四谷でぶつけてもらったスランキーサイドでしょ。
全然四谷出演出来なくなったとしても結局俺達はそうなのね。
常に常にわからないものがそこにある、これからも絶対にそうだ。
あの頃から1度足りとも俺達の本質的な部分を否定した人はあそこにいなかった。
なんでも教えてくれるんだけれども全部教えてくれると思ったら大間違い。
本当の所は盗むしかないのは今も同じさね。
人の言葉が人の言葉のうちはさして意味を成さない。
11月に四谷、7ヶ月ぶりか。
今までで一番空いたまぁ、この恩いつかまとめて返さないとね。
いや、もはや返せるような質量でもないか。
Theバンドを観ながらそんなことを思っていたもんだった。
感謝だ。

イベント終了後もずっと盛り上がってたね。
たくさんの人と話せて嬉しかった。
Tシャツが何か売り切れたみたいだ、逐一廃盤か再販かどうなるのか。

ありがとう、高崎。
また遊びに行きます~!

明日は高崎。

時間になってもご飯が出てこないとせがんでくるパピ。

「頼むにょ~ちゃんと見といてくれにょ。」

「あ~ごめんごめん。」

これが普段のやりとり。
んで今日もまたせがんできた。
が、何か様子がおかしい。
少し自信無さげなにゃ~だった。

??

見るとまだ残ってるやん、ご飯。。
発覚→確定。
どうやらパピはチーズが嫌いなようだ、子供よのぅ。
昨日初めて食べさせた、というか食べなかったから無理矢理口に突っ込んでた。
そういえばアゴを固定させてチーズぶち込んでも頑張って舌でフガフガ吐き出してたな。
どうにも初めて食べる物であの匂いがダメなんだろうなくらいに思っていて普段食べてるご飯に混ぜといた優しい俺。
それがそのまま残ってる…それで自信無さげににゃ~だった。

いつもは器の中は食べきって何も無いから自信満々、でもこういう場合はどうすればいいのかわからなかったらしい。
ドラマがあったのかもしれない。
うぅ、あれ食えない、でもお腹空いた、どうしよう。
とりあえずお腹減ったのでも伝えとこうみたいな。

パピに対する答え。
これ食わねぇと絶対に絶対に絶対に絶対に新しいのやらね==!!
ぐへへへ、好き嫌い許さねぇぜ!!
と言いながら器の中のチーズ&カリカリを指先でかき混ぜて食べて見せる。
これは食えるんだ、お前の食い物だ。
知ってるだろう、過去にもお前の嫌いな小魚食べほすまで次のいつまでも出てこなかったもんなぁ!
と言ったら意味が少しは伝わったみたいでパピ激凹み。
見る見るシュ~ンってなっていった、かわいそうに。
しかしパピはもうすぐしたらトイレを人間と同じように出来るように仕込みが始まる。
大変だろうなぁ、でもお前は出来る。
そうすればトイレ代無くなってもう一段良い物食べれるようになるぜ。


そうそう。
昨日の夜から書こうとしても書けない。
お題はお宅の娘さん、僕がいただきます。
これ一体なんなのかあらゆるシチュエーションを考えてみる。
普通に、ごくノーマルに考えると娘さん親御さん宅に新調したスーツを着てビシっとしてビビリながら歩いて行っている時の頭の中でリピートされているフレーズか。
はたまた今までの情けない人生にけじめを打つべく就職してお金貯めてみたいな感動巨編的なのか。
はたまた今より100年昔、貞々淑々身分不相応認められない大財閥のお嬢さんと駆け落ちとかどこかで見たようなあれか。
もう少しふざけければお宅と指しているのは何も親御さんではなくただの略奪不倫のようなものなのか。
そもそもこれがはっきりしていない。
なんだこれ~もういいや。
粘る。
ピンと来るのが出来るまで粘る。


たっかっさきっ!
たっかっさきっ!!
そうそう。
明日は群馬は高崎、前回ご飯に苦い目に遭わされた高崎へ再び。
しかも今回は既に高崎での美味しいご飯屋さんを知っているというスランキーサイドと一緒だ。
万全、そして高崎はビックリする程に都内から近かったりする。
かっ飛んで1時間半で着くね。
のんびり昼前に出発だろうか、何時に出るすかナベジさん?
スランキーサイドとは20日の吉祥寺でも一緒、奇遇だなぁ!嬉しいなぁ!

いやいや、嬉しいのですよ。
これはもう本当にね、軍隊の敬礼みたいに背筋をピンと伸ばして言いたいんだけれどさ。
もはや生ける教則本。
20日にはまたまた大御所先輩のズボンズがいる。
そんな2日間だ。
高崎FLEEZ、あそこは考えられないくらいに音響も抜群だしね。
スランキーサイドが好んで群馬に遊びに行くのもわかる。
俺達もそうだしさ。
ナベジさん言ってたよ。
音出せないとこ行って何すんのさってね。
ふむふむ~。
とはいえ遊びに行くのではない。
何しようかね~。

今日は今日とてリハーサル。
これも嬉しいね、夏の間はずっとリハ出来なかったのさ。
じっくりじっくりね。

ヨーグレット返せ。

でけた。
10月14日の結晶。
091015_0045~01

反乱起こします

右の耳は頬から苔落ち 左の鼓膜はささくれて
願い事を書いてぶら下げたまま ボサボサ髪を掻いていた

氾濫起こします

価値を探し1つずつ名付け たゆまぬ羞恥に溺死寸前
言葉の涙を撒き散らしたまま とうとうザル目が陥没

ガリガリ頭を削られて 真っ赤なお前が映っとる
刺しつ刺されつもんどりうって 真っ赤なお前が振り向いた先
それが0だと気付いたろうが

指して御免 指して御免 だってお前は食べ残してばかり
指して御免 指して御免 だってお前は焼き残してばかり

反乱起こします

右の耳は頬から苔落ち 左の鼓膜はささくれて
願い事を書いてぶら下げたまま ボサボサ髪を掻いていた

価値を探し1つずつ名付け たゆまぬ羞恥に溺死寸前
言葉の涙を撒き散らしたまま とうとうザル目が陥没

未来の記憶選べるかのよう お前の口に魔物棲んでる 
父よ母よこの姿は何 ムシャムシャ貪り喰われていた

剥かれた頭を曝け出し 真っ青なお前が倒れとる
抱きつ抱かれつもんどりうって 終わったお前が見上げた先
それが0だと気付いたろうが

指して御免 指して御免 だってお前は食べ残してばかり
指して御免 指して御免 だってお前は焼き残してばかり
指して御免 指して御免 だってお前は食べ残してばかり
指して御免 指して御免 だってお前は焼き残してばかり

反乱起こします

指して御免



あぅあぅ。
頭がおかしくなる、こりゃRec候補だ。
俗に言うとライブでA面、音源でB面みたいなの。
テンポ160くらいでFマイナーリフ1発物、真っ直ぐなの。
ストックも相当溜まってきた。
今年のワンマン辺りでもそうだけれど来年以降目指してストッキング。
延々外界を遮断して素でトランス気味で作ったりいじったりしているせいかストレスの蓄積速度が半端ではない。
こうね、モヤっとしているものが形にならない時のうが~なんて言語に筆舌し難い腹立たしさ!
そこにある、そこにあるのに届かない!
開け方のわからないパッケージを手にしているようなもの。
相当なモヤモヤを散らしていたはずのヨーグレットを返せ!!
先日ね、近所のコンビニにプルポンに苦情を言いに行ってもらってきた。
ヨーグレットを食べないとダメになっちゃう人がいるんだけれど入荷はもうしてくれないのかみたいな。
ダメだって…ちくしょ==!!
こういうメッセージ伝えるのはフロントマンの役目だもんね~、俺ドラムだし常識人だから言えないもん。
うへへ。

なんかね、曲はたくさんあるんだけれど言葉が中々乗らない。
曲だけであればそれこそ70、80はある。
へへへ、音楽理論的に変てこなのもたくさんあるぜ。
そういうのって大概がオーケストラの概念をロックアレンジしただけなんだけれどさ。
教則に載っているような生真面目なギターのコード感では作れないものがある。
ただ言葉が…むむぅ。
言葉が先行して出てくるような曲はかなりの確率で化け物になる。
大体そんなもんだと思うんだけれども。
普段なんてことのない曲とか歌詞とか作っていてさ、改めて_ _ _ _*の歌詞を見るとおかしいおかしい。
飴ころが書いたのなんて常軌を逸してる、なんだあれ。
未だにメリーちゃんの歌詞の意味がわかりきっていないもん。
あれ実の所一体なんなんだとかって思いながら見返していた。

少しでも俺にWEB技術があれば5年くらい前に別のバンドでYu-ponが歌っていた音源をブログにのっけて皆に聴かせてあげれるのに。
これいろいろ泣けるね、たまにストレス発散で聴いてるのは内緒の話。

♪フンフンフンフフンフン、フンフンフンフフンフン フンフン…フンフン…フン、フン、フン、フンフン!
どっこ~ま~でもおっ!つづくみ~ち~が~あるうぉっ!や~みの~な~か~でえっ!!
ハァッ!!

ぶははは!
ごめんごめん、書いてる俺しかわからないや、いや、奴もわかってるだろう…。
これは面白い、本人の意図している所とは別な部分ですまねぇ。


さぁ引き続き今からあれに取りかかろう。

~お宅の娘さん、僕がいただきます~

これは辛い。
やろうやろうと思ってはいたものの、どうにもこうにも言葉の印象が強過ぎて断定し過ぎている。
小説で言えば最初のページで結論述べているようなもんだ。
これは辛い。
うぐぐ。
断定した歌詞って聴く分にはいいんだけれど自分達でっていうのが苦手だ~。

散歩してこようっと。

儲けようぜ。

オバマ大統領がノーベル平和賞受賞。
これ凄い事だ。
なんせアメリカの意思決定機関で現役のトップなんだから。
どうなるんだろうか、かつてない話だ。
ベランダに一時本気で捕まえようとしていた仔猫が大きくなって遊びに来た。
捕まえたろう。


なんだかたこ焼きとお好み焼きとカレーを売りたくなってきた。
3坪くらいでいいや~なんてそれとなく思っていた今日。
誰か土地提供してくれないやろか。
なんだろうね、1ヶ月だけとかで食べ物売りたい。
完全なる店舗構えてずっとやると辛い目に遭うでしょ~。
それ以前に_ _ _ _*やんなきゃ。
でも軽くどっか探そうっと。

いや、待てよ。
今の時代小銭を稼ぐにちょういい食べ物ってなんだろうね。
誰もやっていなくてかつ簡単には真似て作れない、んで原価が限り無く安く手間隙かからず俺は作れるか。
もう1つ言えばわりと食べる場所を選ばないものか。
最近の原価高騰のせいか一部コンビニ弁当のクオリティが落ちている。
それであれば例えば鍋物…500円ワンコイン以内で少量生産だからこそ作れるクオリティのもの。
趣味と実益兼ねてやってみたいだけなんだけれどね。
そうじゃなきゃガチでやっている人達に失礼だ。

でもなんだろうなぁ。
今すぐ人に売れるレベルのもので作れるのってなんだろう。
1コインレベルで巷のものより美味しく作れて大量生産出来るもの…
そう考えると粉物はある程度なら誰でも作れるからダメだ、独自レシピで普段あまり食べなくてよく知っているものか。

う~んう~ん。
うどんすき。
和出汁さえしっかりやればとんでもなく安くいける。
時間もいらないし鳥で十分過ぎる動物性油脂が確保出来る。
かつ家も含めてわりと皆家ではやらないと見た。
しかし冬限定か。
1杯の満足度からしてもダメだ。
タケノコご飯。
おっ、これは現実的だ。
その気になれば年中バカ安で素材悪くても出汁でカバー出来て手間もかからず。
ただなぁ…紙とはいえどちらも容器代に意外と持ってかれそうだ。
扇風機で匂いをずっと道路に向けて飛ばしてやるんだ。

!!
それで_ _ _ _*メンバーをバイトに雇えばいいんだ。
時給は最低賃金の600円台、その代わり必要以上に売れば勝手にくすねていいよみたいな。
おぉ、人件費ビジネスの観点からいけばこれは有利だ。
何せ既にスタッフを最低3名確保。
そうだ、この時代仕事が無ければ自分で作ってしまえばいいんだ。
そんなに簡単じゃないんだけれどね。
いや~ライトに適当に書いてるんだけれどもさ、ちょっと考え始めているのも事実。
たこ焼きもお好み焼きもあの鉄板の占有スペースがいかんともし難いというのが本音の部分。
それよりも俺はもっと美味しく作れる物がある、でもそれは巷ではメインストリームでは無いだけの話。
いいやいいや、せいぜいライブ会場にしておこう。
こっそり考えとこうっと。
本当に儲けたいんであれば飲食業なんて絶対やらないぞ。
5,6年で絶対に別の事がしたくなるだろう。
でもこれだけ物に恵まれている時代、どこに新規開拓する価値のある需要が転がってるんだろうね。
ちょっと考えてみよ~。

ちょっと前に真剣に考えていたのが車。
都心だと高いでしょ。
不景気で維持費が益々半端ではない。
業務用だと話にならないけれど個人であればいつも必要ではないけれどある週1週2で2時間くらい使えればいいっていう時があるはずだ。
それもかなり頻繁にね。
でも今のレンタカーだといちいち手続きに時間がかかり過ぎるし何より在庫が常時確認出来ない。
結局今の時代であればこのネタの窓口はレンタカーになるんだけれど、概念としてはカーシェアのようなものがあればと思う。
都内なんてね、週に5,6時間未満の稼動しかしていない車がめちゃくちゃ多い。
そんなものの為に税金やら車検含めて、もちろん場所も確保しているわけでしょ。
在庫確認常時可能でレンタル手続きや保険簡略化してというよりも月額費みたいなものでやるとかなりレンタカーっていうものも変化しそうじゃない。
車持ちの負担を考えるとこれやれば売っ払う人多くなりそう、台数減って環境問題にも良さそうだし絶対に需要はある。
そもそも車というものの捉え方を少し変えて見ればいいのに。
ただ本当にやるとなればいろんな圧がかかってくるだろうね。
ガソリン税やら高速道路無料化もいいけれどさ、根本的に車の台数減ればまた違うやり方出てくるだろうね。

テレビも地デジとかまでいったわけでしょ、素晴らしい画質。
ええじゃないかええじゃないか。
ず~っと思ってたんだけど、前に受信料払わないと訴えるとかって放送局の話あったね、あの有名な家に攻めてくるあれね。
アホらしい。
地デジつける前に受信料払ってなかったら視聴出来ないチューナー内臓テレビみたいなの売り出してくれ。
絶対簡単に出来るでしょ、手元だけで電気止めたりPCや携帯電波再開出来る時代。
受信料取り立てるランニングコストをそこにぶち込んでくれよ。
そういえば今の家に引っ越してから来なくなった、なぜ?
今もやってるんだろうか…。
この情報過多の時代、そしてこれからどんどん増えるチャンネル数、局数、これやれば誰が困るんだろうね~。
でも俺はあの放送局の番組は基本的に好きなんだけれどね。

これも一時期考えていたんだけれどね。
絶対的に無い物がある。
エマージェンシーと場所を瞬時に知らせ発信し続けるもの。
危険が迫ったその一瞬で近い人間に確実に知らせられるものがない。
なぜ作らないんだ。
GPSとかさ、これだけ携帯電話やナビなんかが普及しているのになぜだ。
ゲームなんかでも全くの誤差なく地球の反対側の人と格闘ゲーム出来る時代。
捜査機関レベルになってやっと電波の発信源とか経由したアンテナ基地とかわかるでしょ。
あれを一般人にも常時使える代物にして欲しい。
例えば要介護でなくとも少し体が弱ってきた人。
体は元気でも病気持ちでいつ何が起こるかもわからない人。
いやいや、どれだけ元気でもいつ誘拐されたりトラブルに巻き込まれるかわからない。
これがあれば今報道されている事件なんかでもどれだけ防げたかわからない。
携帯のボタン操作なんかに依存せず、例えばストラップなんかでもいい。
そこに付けれるようなもので少しひねってワンプッシュとかで立派な機能を備えた携帯電話を経由して必要な人達に現在地を発信出来ればね。
幼児誘拐とかもこれがあればかなり違うだろう。
俺の爺ちゃんもこれあればあんな場所で倒れて死なずにすんだかもしれない。
山での遭難者だって電波がわずかでも入ればヘリコプター1日何百万とか最少限ですむのにさ。
お財布ケータイよりよほどこっちのほうが需要あるだろう。
マナーモードなんかも遠隔操作で音出るようになれば尚良し。
本当の意味で携帯電話の持ち方も変わるだろうに。
もしかしたら高価だとしても既に民間用に向けてあるかもしれないね。
だとすれば標準装備くらいにしてくれ。

あれだ。
それなりにでかい家庭用サイズ冷蔵庫の中で知らぬ間に忘れた間に腐っていく食材があるでしょ。
俺もやってしまう、だって忘れるんだもの。
少子化が問題視されている時代でしょ、どんどん世帯毎の人数が減っていっている。
そんなに大容量のスペースが標準的に必要なのか。
そうは思わない。
横幅縦幅はそのままでいいから奥行きをある程度削った冷蔵庫出せばいいのに。
開けたが最後、全部見えるぞ。
それに心理を考えたらスペースがあるから物が溜まっていくんでしょ。
もったいないもったいない言うんだったらそうして腐っていく食べ物は問題だ。
面白いものでそれまでのやり方では在庫を大量に抱えざるを得なかった職種、物売り全部なんだけれど無駄な倉庫とかなくなった途端に在庫管理がスムーズになった。
過剰生産せずにすんだ。
これで失業者たくさん出ちゃったんだけれどね。
2人、3人家族なんてそんなにスペースいらないね。
スーパーなんて近くにあるでしょ。
または冷蔵庫のドアが飲食店に置かれているような嫌でも見えるガラスとか透明の物にしてみればいい。
日常レベルで電気代からして節制したい人多いだろうし意外と出そうな気もする。

もっとくだらないネタならたくさん出てくるぞ。
家電全てのリモコンを1つで操作出来るの作ってくれ。
それを家の人が1つずつ持てばいい。
AV全般から照明やら冷暖房やら風呂やら全部。
ボタン式でも液晶でもいいからさ、全部のリモコン信号を登録制みたいにして信号内容なんかも簡単にお取り込み。
各機器の規格を統一しなくともこれくらいだったらどこかがやりそうだ。
設定が面倒臭くとも助かる人多いぞ、高齢化社会でしょ~。

それとか実務的に本当に必要にしている人がどれくらいいるのかわからないけれどさ…

10,000,000,000

↑これすぐに把握出来る人ってどれくらいいるんだろうか。
俺よく使うんだけれど計算機とかでさ、億とか兆とか場合によっては万とかからわかりやすく漢字表記出来る計算機あったらいいのにね。
ATMとかそうなってる所多いね。
いらないか。

そうだ。
今よりも確実に自分をコーディネート出来るソフトを作ってくれ。
それも業者レベルでなく個人レベルで。
PCなんかに自分の全体像を携帯カメラでもデジカメでもいいか取り込む。
マウスで前横後ろ上からの俯瞰とかでクリクリ出来るの。
さらに自分のサイズを正確に入力、限り無く空間的に。
それでさ、ありとあらゆる服のデータを内包させたソフトを販売。
もちろんサイズなんかも。
新しい服の形態なんかが発売されたらそれはダウンロード。
あらゆるブランドも網羅すればいい。
サイズなんかもしっかり合わせて無駄な夢を与えない、入らないものは入らない、似合わないものは似合わない。
無駄な買い物せずにすむ。
これからして簡易なのは既にあるんだけれどね、プリクラみたいなもんでそれなりにきれいに仕上がっちゃうから無駄な買い物させちゃうんだぞ。
基本としてコーディネートを誰にも提案されないかつ素材探して簡単にコーディネート出来るソフトね。
皆オシャレさんだ。
でもここまでは局地的な需要とはいえ誰にでも思いつく範疇でしょ。

この発想を応用すれば恐ろしく需要があるはずの新規開拓事業が出来るぞ。
だってさ、よくよく考えたら俺達って提案されているばかりでしょ。
もう提案される事に慣れ過ぎて変に飽きている節もある、無関心バンザイ。
提案自体に根拠があるのは義務だけれどもさ、じゃあそれが人類1人1人の為にって考えるとそれは無理だ。
その利は常に1ヶ所に収束される。
当たり前なんだけれどさ、人間の周囲が便利になって進化していっているのに肝心の人間本体が停滞している。
でもさ、実はちょっとした出来事でせめて自分の事は自分で提案出来るかもよ。
例えば…病気や処方される薬関係、医師不足を多少はカバー出来るもの。
想像してみて。
そのうちそういうのも出るだろうね。


いや~勢いでくだらない日記になっちゃった。
最近ね、身の回りのいろんなものの整理にかかっている。
どうも今までのキャパをそんな見えない所から?って具合に越えてきている。

もっと考えないとなぁ…今日の晩御飯。。。

何を信じてるか?

また悲しい話を聞かされてしまった。
人が人を信じるというのはこんなにも難しい事なのか。
これは人生を賭けてやる価値のあるモノだ。

人が人というのはもちろんA→BだけでなくA→A、要するに我をどれくらい信用しているかも含まれるでしょ。
だって俺達ホモ・サピエンスなんだもんね。
人間である前に人、これ日記書いていてその都度その都度めんどくさい位に悩むんだけれど人と人間って意味合いが全然違うでしょ。
人間って人の間って書くわけでそれって協調世界での社会に生きる人って捉えている。
人は単独でしょ。
どうでもいいか。

そうそう、俺もボケっとしてるとアイツは~とかあの○○カスがみたいになっちゃうけれど実は俺も人だったやんってさ。
それでさ、自分の事思い返しても大体自分の事を嫌いだとかいろんなものを餅つきみたいに平たく平たく平べったく原形わからないまで叩き潰してして言ってしまえば、信用出来ていない時って誰かのせいにしちゃうのね。
これ病気みたいなもんで毎日1回くらいは掘り起こしておかないとすぐ忘れちゃう。
脳がそういう風に出来ちゃってる、ビックリする位長短ある機能。
そういう系のトラブルってほぼ我に過失有りでしょ。

だってさ、自分が誰かを信じれないのに誰かに自分を信じてよってそりゃ無理な話。
裏切り続けるくらいならば裏切られ続けるほうがまだいいのは俺だけじゃない。
そこまで掘り起こして考えた上でいや、あいつは許さんとかってなったらやりあえばいいでしょ。
やりあうのさえ面倒ならそれはもうその周辺一切合切放棄してソッと一人いなくなるしかないね。
あの人嫌だけどあの人のすぐ近くのあの人とは~って絶対迷惑かけるんだから。
でもそれくらい美しく生きれる人間なんてどこにいるの?
俺は無理だ~。
人同士ならばそれでいい、でも人間同士であればね。
どうしたって集団でしょ、それは会社のように統制された組織かもしれないし何の利害関係もない有志やら同志のような絆のようなものかもしれないしね。
それは誰のせいでもない、我に過失有りだ。
堅苦しい話かもしれないけれど要はそういう悲しい話があった。

自分を信じるってのも解釈の仕様によっては大問題でそれが自分が正しいに直結させるのは危険。
要は誰の話でも聞ける状態を継続させないと辛い事になっちゃう。
俺は聞きたいね、そうじゃなきゃ何かを保てなくなるだろう。
でもさ、俺達なんてその辺にいる昆虫とか動物からしてひ弱いメンタルだからどうしても肯定して欲しくなるでしょ。
それの連続が結局は戦争になるんじゃないの。
人間は否定を受け止める事が必要なんだ。

嫌気が差すよね。
あんまりさ、政治のようなのもここで書きたくない。
ソングライティングからしてもそういう歌を作るの自体も生産性が無いとも思える。
だって俺にはそこまでの強さが無いんだから。
それに思想がどうのとかさ、そういう論議が嫌だもん。
真剣にそういうのを考えてる奴からすれば俺なんて中身スッカラカンだ。
喧嘩したんなら白黒つけれないなら両方裁かれろで終わるもん。
でも例えばね、全世界を相手に声高に戦争反対!と叫んでいる国が世界中に武器を供給している。
それで儲けたお金でより力を持ち紛争地域に介入、また儲けるでしょ。
大取って小切る、その小って何?誰にとっての小で誰にとっての大?
何が正義なんだかね、それだったら皆正義だ。
ただ通っただけの通行人に泥酔で絡んだ奴でさえ正義だ。
心底絡みたかったんでしょ、アホか、そんなもんがまかり通る奴は漫画読み過ぎだ。
でもそれが時にルールなんて陳腐なキャパおーばーして正しくなってしまう人の世の悲しさ。

そこからすると知らない場所、知らない人の命なんて軽い軽い。
今現在のアフリカの情勢調べてみて、地球の裏側ちょっと知っただけでビックリするよ。
たかが携帯電話のバッテリーに必要なアフリカ産レアメタルだけで何ケタの人間死んでるの?
泣けるぜ、地球の裏側でもしかしたら本当にどうでもいい話する為だけに死んでいるかもしれない。
今じゃ皆もが持ってる携帯電話のバッテリーを確保するだけで大変なんだ。
俺達が飛行機乗るんだとしたらかなりの確率で搭乗するであろう○ーイング社なんてビックリするくらい戦闘機制作の会社だからね。
確か80%とかそれくらいだった気がする。
今も有名で崇拝の対象のように名を残すゲバラ氏なんて革命でひっくり返してからそこから利権に縛られず自由に居なくなってまた次の場所にってね、凄いよね。
俺も凄いと思う、マンパワーどころじゃなく現代じゃもう考えられない。
でもさ、俺達みたいな時代の人間がそうして変化変化って望んでも周囲なんてそうそう変わるはずないし変わる必要もないかもしれないでしょ。
選挙の投票率からしてもそうだ、50%切ってるじゃない。
要は相容れられない人間は省かれる。
社会ってのはよく出来ているじゃないの。
どんなに崇高でどれだけ正しい考えであったとしても省かれたらそこでは生きていけない。
悲しいね。


そんな中でも自分を信じれる人間、俺は尊敬する。
例え60億分の1な俺にとって悪であってもね。
頑強で一途なメンタルに拍手。
で、対峙するんだろうね。
それは最高の喧嘩だ、簡単に折れてくれるなよってなもんだ。
それって戦争でしょ。
人事ではない。


もう3年半前の話。

―全てを疑え―

Tシャツになってるあれね、変わっていないなぁ。
結局は俺も立派な地球構成員なんだ。

高円寺終了。

帰宅したのが朝9時半。
久し振りにアホじゃないのかって時間だった。


まずは高円寺に遊びに来てくれた皆に感謝。
そして急なイベント内容の変更にも関わらずに急遽出演してくれた共演の皆にも感謝。
そしてもちろん高円寺MISSIONSにも感謝。

実際はそんなに長くやろうと思っていなかったんだけれども(45分くらい?)終わってみれば1時間5分だった。
うちあの驚く程に最盛期の精度を落としていたつまらない朗読で3分。
しかもどさくさに紛れて誕生日まで祝ってもらってね、なんというかライブ後はお姫様気分だった。
誰かあのケーキの写真なりなんなりをアップしてくれ~!!
いろいろとプレゼントもいただいてしまった、ありがたい。
これは後々少しずつアップしていこう。
誰だ、変てこなコンドームを人づてに渡してくれたのは…わからない、名乗り出ておくれ~!
使い方教えてくれ、どこで使おうかい?
この場合正解なのはライブで頭からタイツみたいに被って登場とかかな、窒息する~。
気の利いた贈り物が複数あって面白い。
さすがライブハウスだ。
ありがとう。

いやね、実はライブ前まで超までいかなくとも結構な体調不良。
ライブ始まるまで長袖着てたもんね、へへ~い!
なんかさ、いつも風邪にやられる3日前くらいからわかるの。
それで今回ばかりはタイミングからしてついについに俺もインフルエンザ!?と半分喜んでいたもんだった。
だっていろんな所に移動して人がたくさんいる場所ばかりいたんだもんね。
インフルエンザは希望に近かったんだけれども。
しかし案の定ライブ後には治っているという珍現象が再び繰り返される、俺はライブで風邪が治る。
_ _ _ _*以後、今の所ライブ治癒率90%以上だ。
リアルホイミ!リアルケアル!
本当だよ。
今回もどうせライブで治るだろって思ってて治った。
多分ライブ中に風邪ちゃうねん、そんなんで凹んでる場合じゃないねんでみたいな脳指令が物凄い勢いで骨から肉を伝い末端神経隅々まで飛ばしてるんだ。
んで俺もアホだからそうなんや、そうやったんやみたいにシンプルに出来てるとしか思えない我が四肢。
スイスイ動いた。
普通に打撲とか炎症系の痛みでライブは嫌だけれどここだけの話、風邪気味で迎えるライブは嬉しかったり…嘘だよ。
まるで天井裏まで探せど見つからない探し物がポケットかよみたいなバカらしさ。

それにしても高円寺には知り合いが多く住み過ぎている。
尋常ではない多さ、ライブハウスもそう。
もう絶対に住みたくない。
例えばライブ当日の寝起きにボケ~っとしてコンビニに入ってウィダーゼリー買うかレッドブル買うかで悩んでる所をコソコソ見られたくないもんね。
おぉ、あいつでもそういうの必要として真剣に悩むんだみたいなね。
そんなのまだかわいいもんでしょ、あはは。
やっぱり俺にとって高円寺は遊びに行く場所だった。
ライブ前のご飯もバタバタだったけれどさ、デビルズキッチンっていうヘンテコなハンバーグ屋さんに連れてってもらった。
なんだあの無駄に辛いハンバーグ、死人が出るぞ。

で、会場に戻ったらもうイベントが始まっていてね。
すぐに出番になった気がする、最後だったんだけれども。
ライブ始まっちゃったらもうガ~っといってバ~ンってなってドーンみたいな。
音源発売していないせいで曲名わからんてよく言われるね。
セットリストなんだったっけ。

1,オープニングシャッフル
2,Spiritual Number
3,フールズ
4,オメガ・カマキライザー
5,リタリン
6,おでかけ
MC
7,共犯者
8,ワールドちゃんぽん
9,イナヅマぎた~
10,回転ドクロ
アンコール
1,朗読
2,_ _ _ _*のテーマ
3,メリーちゃん
4,JET

多分これで正解。
なんか気付けばあれやってないしこれやってないとかだけれどもそれでも13曲。
楽しかった。

ありがとう。
終演後はグダグダと朝方まで、その後どんなにつまらなくても笑えるテンションのままファミレスに移動というよくある展開に。
なんか個人的にも祝ってもらったしね。
誕生日のどさくさで実は機材も軽く増強された。
それも後々。


ライブ、難しいね。
どんどん速くなるジェットコースターに追いかけられながらチャリンコでレール走ってるようなもんだ。
抜かれたら最低、危ね~。
だから楽しいね。
よくもまぁいろいろと扉が現れるもんだ。
そこの扉まだ鍵かかってんじゃない?みたいな。
ただ幸いな事に1mmの迷いもない、それだと人生なんとでもなるんだってさ。
そうかそうか、それもまた面白い。
死んでから考えようぜ。


ありがとう。

高円寺。

今日は高円寺。

台風凄かったみたいだ。
台風から発生した竜巻って…どんなだったんだろうか。
非公式記録で鹿児島で最大瞬間風速83.9m/sだって…それどれくらいの強さなのか誰か教えてくれ。


さて10月9日。
今日は高円寺MISSIONS。
最近思う所がある。
何度も対バンしたりね、とにかくよく知るバンドがいなくなったり体制変わったりね。
本当に近い所だとダムダム団の高橋団長脱退、ロザンナの活動休止とかさ。
いずれも帰ってくる。
でもね、俺達も含めてずっと居る場所に今年はそういうのも合わせてなんだか1つの線が引かれたようでさ。
まるで紛争地域の国境線上のようなものだった。
その他にもたくさんだ。

相も変わらず俺達は今日も高円寺でライブ。
1人の人間にとって普遍的であり不変なものってなんだろうか。
それが4人にとって同じくそう唱えられるものってなんだろうか。
1人も2人も3人も同じ、100人も1000人も同じ。
考えるね。

時間って残酷でさ、良い日も悪い日も辺り構わず噛み砕いて飲み込んでいく。
3年前、_ _ _ _*に改名した頃のシーンはもう無い。
あの頃のシーンはもう無い。
随分変わった、皆いなくなったね。
ある意味ではずっとそれを悔やんでいたし逆に喜んでもいた。
そういう両極端な回想ってのはどうしても力が足りなかったんだろうね。
でも今は…。

腰は重い。
いや、重かった。
今日はそんなライブを、そんな一歩目を。
今日は時間もルーズにやれるしね、自由が与えられた。
俺達もそうだけれど会場に遊びに来る皆にもね。
知ったよ。
満たされた中に精神の鋭利さは同居出来ないってね。
もうたくさん知った。
でもまだ足りないピースがある。
それが何かまだもう少し拾い集めないとダメだ。


あぁ…予感がする。
家出る直前に感じる時はいつも当たる。
やられんよ。
そこで息を潜めて狙っているお前には絶対にやられんよ。
そういうのもう終わったから。


行こう、高円寺。
あの頃のシーンに礼を言う。
改名時、あんなに行きたかった場所。


秒殺で達する。

ヨーグレットと台風。

ヨーグレット店頭販売終了決定っ!!
ちくしょ~~!
in my DREAMウッ!!
っていうようなベタなタイトルの曲を作る気持ちが今頃わかったっ!
あぁわかったよ。
あんなのアイスだからちょっと離れたコンビニに売ってたって部屋でゆっくり食べれるわけないだろう。
あれは部屋で誰にも見られないままにラムネタブレットをみみっちくかじりながらしみじみ食べる物なんだ。
うんめぇ、うんめぇ~って唸りながら食べる物なんだ。
もういい、もういいんだ、ヨーグレットは最初から無かったんだ。
あいつとは最初から出会わなかった。
全部嘘だった。
それでいい、でもせめて後1個くらい…いや、いいんだ、、もうヨーグレットのヨの字も知らん。
腹いせに書いてやる。
Yu-ponの口説き文句は

1、『君はまるで思春期のようだね!』
or
2、『君といると僕まで思春期さ!!』
or
3、『君は思春期か!』
or
4、『僕にとって君こそが思春期だよ!』

らしい。。。
特に3番が強烈だな…我ながら良い殺し文句だ…。
最低だな、Yu-pon、ふはははははは。
わかる人だけ笑えばいいさ~~!!

まだすっきりしない。
ちくしょぅ、ヨーグレット。
ちなみにジンプルは過去、元々距離感がいまいちだった当時の彼女にちょんまげとか無理だからもしそうするなら別れようって言われてたんだってさ~。
恐らく4年くらい前だな。
んでしつこくちょんまげちょんまげ言ってたら本当にやっちゃった。
俺ビックリ~!
んだら彼女と本当に別れちゃった!
俺もっとビックリ~!!
ちょんまげ拒絶、断固拒否、はんた~い、はんた~い!!
ぶははは~~~~!!!
へへへ~い、ヨーグレットの恨み晴らさでおくべきか==!!

ふぅ。
もういいや、ヨーグレットは忘れよう。
そうだ、台風。
山間や海沿いに住んでいるとシャレにならないかもしれないけれど今の時代の都市部に住んでいるといまいち脅威度がわからない。
昔から台風はわりと好きだ。
何が好きってね、ここ東京は空気がめちゃくちゃ汚い、臭い。
東京と一口に言っても場所に寄るけれど空気の汚染度は全国でも屈指だろう。
それでも俺の住んでいる場所はまだ随分ましなほうなんだけれどね。
それが台風通過後はね、かなり空気が透き通っている。
少しだけれどもちょっとした田舎の空気になる。
いろんなものを一気に吹き飛ばしていってくれる。
この感じがね~。

昔から台風だと学校が休みになったりとかいろいろあった。
でも台風の日はよく外で遊んでいた記憶がある。
風が強くて面白かった。
雨風に打たれて視界はメチャクチャなんだけれども遊んでいた。
台風の時に野球をすると投げた球が凄く歪な変化球になって打てなかったり、逆に打った球がバカみたいに飛んでったり。
これも過去の日記で書いたけれど沖縄に行った時にちょうど台風が来ていて海が大荒れだった、大荒れどころか至る所にあってはならないはずの渦が発生。
今考えたら死んでも全然おかしくなかったけれどそれ見てテンションMAXのままに海に飛び込んだら案の定凄まじい勢いで沖に引っ張られてね。
沖から陸に戻る時はそりゃ必死だった。
波というかもううねり過ぎてすぐにどっち向かって泳いでいるのかわからなくなってた。
あれは人生で3番目くらいにヤバかった。
少年達よ、台風時の海はやめとけ。

今回の台風もね、ピーク時に家の前で浴びてやろうと思っていたけれど起きたらもう通過してしまっていた。
残念。
戦後最大のとかって台風よく聞く気がする…気のせいかと思いつつもどんなもんだろうと喰らうつもりだったのに。
それにしても今の所大災害は起きていないみたいだしよかったね。
今福島~仙台辺りか、あの人達大丈夫かな。
何も事故が無ければいい。
面白いものでね、こうやって東京にいても今回みたいに台風がどこどこって報道を見るとライブで行った土地であればその場所その顔が思い浮かぶ。
今頃えらい目に会ってるんだなとかさ、あの駅前って今頃こんな感じで歩いているのかなとか想像したりして。


ふぅ。
今日は自宅に_ _ _ _*メンバー集合、何やら騒がしい。
明日ライブだもんな。。
そうかそうか。
何しよっかな~。
そうだ、プルポンにコンビニに文句言ってきてもらおう。
ヨーグレットを愛していましたって。

ヨーグレット食わせろ!

クジラの様子が変わってきた。
バンザ~イ!バンザ~イ!
なんとあれ程いけシャ~シャ~だったクジラがたった8日で足にすり寄ってくるまでになった。
奇跡だ。
まだシャ~するけれどその中に恐らくシャ~を我慢したであろうフン!が異物混入してきている。
適量のシャ~は大丈夫。
よかった、少しは対人恐怖が克服されたんだろう。
人間もクジラ怖かったんだろうけれどクジラも人間怖かった。
それをこれからはね・・。
クジラ事件で行きたかったライブ2本も行けず。
マイガッ!!
そして11日目の昨日、飼い主のサリーさんの元に帰って行った。
撫でる事は愚か、近寄る事さえ難しかったのにね…最後は膝にのっけて抱けたんだもん。
それをこの目で見届けて安心。
そして今、自宅の部屋にはようやくの静寂が訪れた。
思えば誕生日もクジラクジラしていたもんなぁ。
これからはたまに様子見に行ってみよう。

やっぱりというか残念だったのがね、クジラがストレスから足の内側の毛が抜けちゃった。
原因は様々だろう。
環境の変化。
何よりも檻に入っている、そして知らない家、知らない人との接触。
これに尽きる。
諺の借りてきた猫にあるようにご飯もままならなくトイレも恐怖からお漏らしの連続。
そして水浴び。
その次には恐らく水鉄砲からのストレスだろう。
生理現象のはずが癖になってしまったシャ~という威嚇→パンチ…の度に飛んでくる水鉄砲。
醤油が混入していたりね、酢に移行させようと決断の直前にましになったんだけれど。
後考えられるのはストレスから単純に毛繕いのし過ぎで抜けた。
人間と一緒でかゆくないのにかいているせいでかゆくなってそのうち赤くなってきてみたいなのかもしれない。
とはいえ素人の推測、また後日獣医さんに聞いてみよう。
部位別でいろいろあるかもしれない。
とにかく飼い主に無事に抱かれるまでになって帰宅したクジラ。
飼い主が飼い猫抱くって当たり前でもない。
今後が気になる。

さて。
10月9日高円寺MISSIONS。
当初はスリーマンの予定だったけれども諸々の都合で通常5バンドに変更。
なんか何分やるか任せたとか言われているけれど程々にして後は会場のテンションに任せてみよう。
今_ _ _ _*は冬シリーズに向けていろいろと変革期でね、あれやこれやとしている。
その一端をこの日に出せれば。



コンビニに不満がある。
なぜだ、なぜ俺が好きになる食べ物飲み物は逐一排除されていくのか。
まるで世界中から俺だけがもぐら叩きされているかのようだ。
今ね、家から10秒のサンクスからアイスのヨーグレットがまさに排除されようとしている。
かなり売れているのは知っていた。
すぐ無くなっていくもんね。
なぜだ、俺だけじゃない、売れているのになぜ排除されていくのか。
今までのだと売れ行き具合からして俺だけが好きだからなぁ…と納得出来た。
しか~し!
ヨーグレットは皆が好きだ!
たくさん買っている人達見たぞ!
なのに一昨日辺りから補充されなくなり今日の朝に残り5個。
も、もしかして本当にこのまま補充されないの?
夕方に残り2個、ピンチ!
せめて2個買う、なんだか敗北感に押し潰されそうだった。
多分ヨーグレットはもう打ち止めだ。
季節やら時期やらってのはわかるけれどヨーグレットを食わせろ!!
せめてこの最後のヨーグレット2個を大事に大事に食べようと思いつつ冷蔵庫を開けたら無い!!
どこだ~!と怒り狂い探し回るとあった、ゴミ箱に。
さっき食べたんだった…あっさりと。。。
忘れてた、失態だ。
ダメなんだ、それが無いとある種のストレスを散らせないんだ!!

そんなねぇ、美味しいのに排除していくんだったら最初から夢を与えるようなものを置かないで欲しい。
シュウェップスのフルーツパンチ味…あれは3年前の夏だった、返せ~~~!!!
去年のパピコヨーグルト味もそうだ。
他にもたくさんあり過ぎてもう忘れた。
この悲しみ…この悲しみを曲にしてやるぞ。
コードはDマイナー1発、10秒だ、10秒でこの悲しみを皆に伝えてやる。
…転換SEで。。


ちくしょう=====!!!!!!!!

無駄毛処理とお葬式。

政治家先生がお亡くなりになられた。
なんだかキナ臭いけれど亡くなられた、それが全て。
誰があれから数ヵ月しないうちに亡くなるなんて思っていただろう。
明日は我が身か。
ご冥福をお祈り申し上げます。


今年は本当にたくさんの著名な人が亡くなった。
多い少ないでは変わらないんだろうけれど、とにかく有名な人が多かった。
もうやめてほしい、少なくとも今年限りは十分だろう。
やめてほしい。
でね、やっぱり死ぬ準備というか死後の要望なんかを記していた人っていなかった。
どういう事なんだろうね。

先日変な夢を見ちゃった。
真っ暗闇の中で目が覚めてね、なんか息苦しい。
どうやら狭い箱のようだけれどとりあえず外に出ようにもどうにも箱らしきものが開かない。
なんか変な花っぽいのとかに埋もれているしこれってやっぱり?
どうしよう、なんかヤバい気が…でもどうせこれって夢でしょくらいに思ったら外からすすり泣く声が薄らと聞こえて来てね、ガラガラガラ~って。
やっぱりだった。
ゴォォォって音がしてきてさ、かろうじて首を下にしてたら案の定棺桶を炎が突き破ってきた。
熱いっちゅうねん!
その瞬間に真っ暗闇が真っ赤になり俺は白装束で体中にやっぱり花が手向けられていた。
顔の横にはなぜか小さい頃ずっと遊んでいたオモチャとかね、それもう捨てたでしょうに。
夢の中で散々熱い思いしてね、すぐ目が覚めたらいいのに相当焼かれていた。
凄かった、自分の肌というか肉がブスブス弾けながら焦げていくあの様。
まだ俺のイマジネーションは盛んみたいだ、あの妙なリアリティがたまらない恐怖だった。
炎の音の音響具合といったらたまらなかった、なんで俺そんな人間の肉焼ける音知ってるんだってくらいの生々しい激しさ。

怖いね。
なんかさ、この体と一緒に生きているわけでしょ。
健康不健康あるけれどさ、体には何の責任もない。
不摂生だったりすると脳ミソに責任があるのにね、そう思えばなんてかわいそうな体だ。
勝手に酷使されたりしてさ、使われなさ過ぎも不満だろうし。
それがわかっていなくてもどうしたって体と一緒に生きている。
だったらこの体がどうやって灰になっていくのかまでちゃんと見たいよね。
俺は見たい。
こうね、形あるものが崩れていくわけでしょ。
燃え尽きていく様とかね、埋められて骨壷にぶち込まれて蓋を閉じられる瞬間とかを中からね。

不思議でしょ。
体を動かそうと思ったら動く。
これなんだろう?って考えようと思った時にはもう考えている。
生まれてから死ぬまで頑張って生きますってなもんなのにね、実際死ぬっていうのを深く考えれる人間ってそんなにいないでしょ。
俺もそうだ、よくわからないもん。
なのに葬式代が墓や法事までコミコミで200万円かかりましたとかさ、アホらしい。
何の値段だって思っちゃう。
死ぬのにも費用がかかるんだから大変な世の中ね。
本人望んでいない出費かもしれないのに誰かがそれで飯を食って世の中回り回る。
俺の骨なんてすり潰して誰かのカルシウムの足しにでもなればいいのに。
もしくは内蔵は自信ないけれどこの筋力とか誰かが再利用してくれればいいなぁ。
ある偉人の言葉で死を想えっていうのがあるけれどよくわからない。
文学哲学は苦手だ。

家系からしてね、どうやら俺はガンでって可能性が高そう。
あれ嫌だ。
時間もお金もかかって迷惑かけるしおまけに延命の場合がほとんどだ。
頼むからもっと経済的に優しい病気にしてくれ。
家、人共にあれは確実にジリジリと弱らされる。
父方の曾婆ちゃん、父方爺ちゃん、父方婆ちゃん皆ガン。
もしそうなってしまえば置き手紙だけして摩周湖とかに沈んでやる。
いや、そこまでの覚悟が出来るだろうか。
やっぱり生に執着してしまいそうだ。
俺弱いもの。

大体ね、理想の死に方ってなんだろうね。
前はずっと思ってたんだけれどね、男も女も頑張って無駄毛処理とかしてるわけでしょ。
無駄毛を処理するっていう意味なんだろうけれどね、笑われながら言われるまで無駄に毛を処理するって思ってたのね。
語感の響きといい好意といい何が良いんだってね。
当時の俺にとっては無駄毛処理という行為自体がとても排他的だった。
眉毛なんてそういう形やからしょうがないやん、それでいこうぜ、え?いけないの?でもそれお前の眉毛やで?みたいな。
で、俺からすればそんなに日々生えてくる毛を処理し続けれるのはどれだけ自分の事を好きなんだって話になっていた。
良い服来て良い場所にお出かけしてってさ。
帰ったらなんだか現実に逆戻りの毎日。
極端な話だとそれだけ今とは掛け離れた理想の自分ってやつを探そうとしているわけでしょ。
それが外ヅラだけであったとしても俺は素晴らしいと思う。
一生のうちにどれだけそれに時間を費やしているのか。

なのになぜ?
全員じゃなくてもまずは無駄毛処理している人達が理想のフィニッシュを捉えていないのか。
それだけの時間をかけた自分の最後。
美しい自分でしょ。
と言う事は公衆の面前に晒される、知らされるであろう最後も美しいままに終われればってね。
俺がアホでくだらなさ過ぎるだけなのか?
でも曲なんて案外こんなくだらない場所から生まれたりするもんだ。
アホでよかった。
って日記を大昔に書いた事がある。


これはかなり凄い実話なんだけれどね。
友達のお爺ちゃんは死の間際に死ぬっていうのをどういう事かを説明しながらご逝去なされた。
ご臨終の床にて自ら家族を招集。
うろ覚えだけれどこんな感じだったらしい。

爺:おぉ、ワシ死ぬわ!

家族:え?お爺ちゃん何言ってんの?

爺:いやな、足の先から冷たくなってきた。

家族:え?嘘でしょ!?ちょっとお医者さん呼ぶから!!

爺:いい、いい、このままそっとしといてくれ。

家族:だってお爺ちゃん!

爺:いやな、冷たいのがどんどんあがってくる、もう腕も動かんわ…。

家族:……。

爺:いや~、これはもう死ぬわ、皆ありがとうな・・・

みたいな感じで雑談気味に最後の挨拶までしながらこの少し後に本当にスッと老衰にて大往生だったらしい。
素晴らしい最後だ。
でもこうはいかないだろうなぁ。
誰が自分の死期悟った所でここまで清々しく受け入れ他人を思いやれるというのか。


どうにもならんな、この死ってやつだけは。
俺死んでも絶対お葬式とかして欲しくない。
悲しいんだったら個々で悲しんでほしい、皆で悲しむなんてあれだってば。
いや、喜ぶんだったらそれでもいいんだけれど。
どうしても、どうしてもお葬式するんだったら招待客も全部指名して脚本から照明なんかの特効まで全部やらせてくれ。
しめやかなんてとんでもない、エンタメばりにビックリしてもらわないと。
どんなにお金を持っていても願い通りに、タイミングも兼ね備えてってのは無理だ。
俺も無駄毛処理してみよう。
眉毛からいってみよ~。








・・・・誰かやった事あるのかな。。
死んだってハッタリかましてお葬式にゾロゾロ呼び出してお坊さんの読経ピーク時辺りにジャジャジャジャ~ン!って死んだはずの奴が飛び出してくるのとか。。。
絶対シーーンってなるぞ。
それとかお香で順番に来てくれる人に棺桶の中から一々ありがとうって微妙に聞こえるように言うとか。。
おぉ、その瞬間はいいとしてその少し後の空気を想像しただけでゾクゾクする。
本気で殴られるのも1発2発じゃないだろう。。。
あぁくだらない、不謹慎でごめんなさい。
いや~、どうせならプレお葬式とかでやってみたい。
本当のお葬式誰も来ないよ。

まだ死ねん。

リハ中。

今は久し振りの_ _ _ _*スタジオリハーサル中。
2ヵ月ぶりかな。
これからしばらくはスタジオ篭もらないとね。
皆難しそうな顔して話していて暇だ~~!!

考えさせられるなぁ、バンドにとってのスタジオリハーサル。
いろんなモノってさ、根本として無がベースにあったからこそ意味がある。
その辺に何の疑問も無く転がっている小石から今着ているものやら昨日一昨日食べたものとかね。
それがバンドだったりするとね、曲だったりライブだったりからメンバー間のなんやらとかね。
俺達はよくスタジオリハーサルするほうだけれどもね、随分久し振りのおかげでわかったものがある。
入らないバンドとかだと月1とかだもんね。
面白いね、横で飴プルポンが話しているのを横目に書くこのブログってさ。
なんか誰かが携帯のバイブみたいにヴ~ンヴ~ン唸ってる。
それとなく話を聞いていると頭おかしいのかなって思うけどさ、1人だったらそれでも4人だとバンドになっちゃうもんだから不思議。


そんな感じでリハスタからお届けする今日の日記。
クジラ続報でも書いてみようか。
相変わらず部屋で紛争続行中。
昨日から水鉄砲があまり効かなくなってきてね、あるモノを混ぜて無駄にシャ~って言った瞬間に発射。
効き過ぎてビックリ!
クジラ超凹んでた。
あるモノっていうのはね、醤油。
調味料なんだけれども一応俺の目にも発射して大丈夫なのを確認した。
全然痛くなかった、ただ臭いがキツい。
元々涙は塩分だしね、やっぱり大丈夫だった。
水に酢を混ぜて発射するとかなり効くって方々から聞いたんだけれどね、それは臭いと痛さからだろう。
でも酢だとクジラがあまりにもかわいそうだから醤油。
臭いあるからね、それが効いたみたいだ。
でも発射してから気付いた。
醤油混入の水を発射するとその度にお風呂入れてあげないとってね。
俺もクジラも大変だ。
もう醤油はやめよう、もっと良い方法があるはずだ。

それで檻から試しに出したんだけれど大惨事だった。
091003_1328~01
最初の5分は寄って来たし撫でて触って大丈夫だったんだけれども、ある瞬間に状況は激変。
俺の肘が棚に当たってゴンって音出しちゃったのきっかけに、部屋を駆け回り重力に逆らい天井を1m程走り網戸を駆け上がりあまりの勢いで網戸が外側に外れて倒れそうになった瞬間、俺はジャンプしてクジラを網戸からはたき落としてしまった。
だって今そのまま外に逃げちゃったら2度と帰ってこないもんね、危なかった~。
小動物とはいえ、本気の勢いはやっぱり凄かった。
ダメだ、もう檻からは出せないや。

難しいね、誰かに何かを伝えるのってこんなにも難しかったっけ。
人間からするとあんなに小さなクジラ。
生きるのに必死だ、嘘が通じない。
そこに響かせるには俺に何か足りないんだろうね、参った。
それでもだいぶクジラは変わってきている。
目を合わせる時間も随分長くなった。
クジラの希望もわかってきた。
さぁどうしよう…みたいな今だ。
あぅあぅあ。
いろいろ調べて弾き出されたのは猫用アロマオイル。
精神安定剤のような各種効能、効くだろうか…。
もっとクジラに話しかけねばね。


そうだ、楽天がクライマックスシリーズに出場。
あれは嬉しい。
育成、忍耐、戦術、頭使えばお金かけなくてもやれるんだってさ。
あれだけ話題になっているのも凄いね。
いろいろ批判もされているんだろうけれど結果出せば本人からすればどうでもいいもんね。
監督の勝ちだ。
勝てばなんでもいいっていうわけじゃないけれどね、ちゃんと勝ったもん。


さぁリハに戻ろう。
ツアーの収穫を食さねば。

今日誕生日。

忘れてた。
俺今日誕生日だ。
忘れていたと言ってもね、一昨日言われて気付いてたんだけれどさ…また今日忘れていて携帯やら諸々にメールもらってまた思い出した。
もうなんとなくどうでもよくなっているというか…それはダメだ。
なんかくれっ!!
一過性の物ではなく後に残ってさらに使えそうなものを希望するっ!!
どうでもいいんだけれどもさ、一応言っておかなくては。
俺は今日、誕生日なんだ~~!!
ふふふ、人望が明らかになる日さ。
クジラも初めて自主的に俺の腕に触ってきた。
これも誕生日プレゼントだ。

それとね、このブログなんだけれどさ、今までもそうだけれどコメントたくさんもらってるのに申し訳ない。
なんかしっかりしたメッセもらうのが増えてきている。
でも公開出来ないんだ、あまりにもエロ系のレスが多過ぎてさ。
管理しきれない、ジンプルみたいなの嫌だもん。
これなんだろう、アクセス数とかに比例してエロ系くるのかな、それともアップする比率?
でもちゃんとコメント読んでるからね、ごめんね~。


そうそう、俺達大阪でのワンマン決まったね。
実際メンバーやら内々ではそんなに大きな出来事ではないんだけれどね、よくよく考えてみれば大きな出来事なんだろう。
前の日記でも書いたけれどさ、いろいろな場所でライブやらせてもらえるようになった中で大阪には特に申し訳ないと思っていた。
都内なんて頻繁に1時間やらせてもらってるしね、いいじゃないか。
たかがと書いたら申し訳ないんだけれど30分40分で出せるものって限られていたりする。
それはそれで良さもあるんだけれどね、やっぱり30分番組でしょ、特番ではない。
全部観てもらおうと思ったら最低1時間半、恐らく2時間弱ベストが実際の所だろう。
もちろん今までなぜかもう3回もワンマンやっていてね、それ+今の_ _ _ _*ってのをワンマン公演に注ぎ込めればいい。
後は大阪って場所に放り投げ返してきてほしい。
あはは、知っている人はわかるだろうけれどもちろん俺はケガする覚悟ある。
だから飛び込んでくる人もそういう覚悟しといてもらわないとね。

いやいや、そういう話じゃないんだけれどもさ。
ツアバンってなんなんだろうって思う。
こうね…都内から各地に飛ばせてもらうわけでしょ。
俺達みたいなのにとってはもはや移動も苦ではなくさしてハンデにもならない。
でもさ、遠隔地からでって事でゲストみたいになっちゃうのね。
俺思うよ、各地で俺達と一緒に共演してくれたたくさんのバンドの中には悔しい思いで共演してくれたバンドもきっといるってね。
いや、そう信じたい。
たかが東京から来たっていうだけでって思いを抱いて会場に来てただろう?ってね。
俺だったら絶対そう思うはずだもん。
間違えても誰にでも親愛示せる人間ではないんだから。
こんな事書くのもあれだけれどさ、いつまでもツアバンだ~って体でライブハウスに甘えて各地でライブやらせてもらうつもりは毛頭無い。
大阪って場所はもちろん俺にとっては故郷でね、でもバンドとしては全然別の感情がある。
正直地元という意識がそこでは全く働かない。
それにそろそろ本格的に各地で…まずはたくさんお世話になった大阪で恩返し、そしてシーンにも貢献しなければっていうのが大きかった。
う~ん、ある程度緩く長く見た体感としては10回の企画イベントよりも1回のワンマンライブのほうがシーンに貢献出来るもんだ。
大阪にはもっともっと盛り上がってもらいたい。
その一端になれれば。
皆ワンマンなんてバコバコやればいいと思う。
誰が喜ぶってさ、観に来てくれる皆でしょ。
だったらいいなじゃい。

そんな中でなぜ大阪かというとね、まずは根深く俺達に関わってくれた人が多かった。
それこそ俺達の肉に爪喰い込ませてまでね。
どれだけの数のイベントに呼んでもらったんだろうか。
恐らく東京ワンマンとは全然違う様相になるだろう。
心斎橋やなんば界隈にばかり出演させてもらっていた時は思いも寄らなかった。
まさか天王寺、正確に言えばその隣駅の寺田町でってさ。
たくさん遊びに来てくれたら嬉しいね。
でさ、それが種撒いた日だったんだって後でどこかの誰かと話せたらいいや。
その時こそ念願達せられた日になるんだろうから。
でもね、まずは楽しみたい。
俺達自身も大阪で今の_ _ _ _*全部楽しみたい。
相変わらず怖いもんだ、我に対面するってのはなんて骨のいる事か。

既に2000枚のフライヤと大量のポスターが出回っているみたい。
ほとんどがさ、誰かが好意で持って行ってくれてやってくれてる。
ありがたい。
それまでもライブたくさんある。
かっと~ばせ~。

タイトル…~お宅の娘さん、僕が頂きます~でしょ。
俺方々で言い間違えてた…~お宅のお嫁さん、僕が頂きます~ってさ。
どちらにしても不謹慎なタイトルだ。
重いね。

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。