スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三茶終了。

イベント終了後、縫うように都内を失踪しスタジオに消えていった_ _ _ _*。
打ち上げに参加出来なくとも負けずに大往生した昨日。
今日も今日とて出発。


CANNIBAL RABBIT。
まずは呼んでくれてありがとう。
こんな時期にも関わらず。
いやぁ~オープン直前の顔合わせで言ったわけよ。

「今日はなるべく一緒にやりたくないバンドを呼んでみました。」

だってさ。
そういうの凄~く好き。
それでこそ一緒にやる甲斐があった、さすがだ。
このセリフに内包されたモノ、ね。
そんなこんなで始まったイベント。

実際今年に入って都内では初めてのライブだったわけですよ。
2月26日だって、ほとんど2ヶ月さ。
今年は今までで表向きでは一番始動が遅かったね、特に都内。
ず~っと引き篭って鬱々としていたのもあるけれど、やっぱり都内で1ヶ月やらないというのはいろ~んな意味で少し勇気がいるもんだった。
だけれどもライブばかりというスパンでなくなって感じたものがあったのも事実。

う~ん、昨日のライブがどうだったかなんて知らないしわからないけれども今の時期紛れも無くスタジオワークなんてものはアホみたいにしていたのは間違いなく。
今までに無い何かを感じた状態でのライブだったのも間違いなく。
そして別に何が来ようと起ころうと揺らがなかったのも間違いなく。
要約すれば今は日に日に状態が上向いているのも間違いなかった。
息を吹き返した曲があれば、生まれたての曲もあればでさ。

夜毎考えるのですよ、一体何をしているんだろうと。
その度にハッとさせられてリセットの繰り返し。
こんなにも思い出しては自問し続ける経験無かった。
今はいつでもこのバンドが始まった時の気持ちに簡単に戻れる。
慣れというのが無くなっただなんて不思議な話。

ライブバンドというのは要するに2種類かその合体版で3種類いるんだなというのが最近の思考。
表現と伝達。
昨日はその全部がいた。
良いイベントだったよ。
こっち側の人間としてはどうでもいいんだ。
例え伝わらない表現であっても例え中身の無い伝達であっても。
そこに生ある者が何か価値を見出せているのであればさ。
判定はどこかの誰かが下すんだろう、任せた。
願わくばそれぞれがさ。

そうそう。
そんなイベントと相まって昨日は三軒茶屋HEAVENS'DOORにも年末から立て続けの出演3回目にしてやっと理解してもらえた気がした。
うん、これがとても強い後押しだった気がする。
楽しかった。
なんだろうね、あのフワっとした感じ。
ステージとホールの見えない国境が糸を引くように消えてグニャ~っとする感じ。
あの感覚、ホールで遊んでいた人達にもあったんだろうか。
楽しかった。


カニラビ。
出会った時から思い起こせば随分変わったもんだ。
それこそ変わらない為に変わったかのようなさ。
もう3年くらいになるのかな、な~んにも変わってないよ、それが凄いんだよ。
素晴らしい。
思い出すな~最初にやったスリーマンライブ、手刀だったっけ。
ライブを観ているとね、視界にこう…何かのエフェクト効果がかかっているかのように映る。
そのグラデーションは変化こそすれどかかり続けるエフェクトに変化無し。
あれがね、ニヤニヤしながら観てたもんね。
来月はまた別コンセプトで「生前葬」だなんて酔狂なイベントも開催する模様。
そっちもよろしくね。


昨日ね、会場に遊びに来てくれた皆、ありがとう。
あれが今の_ _ _ _*ですたい。
めぐる日々、行き着く先は今夏。
もうすぐしたらね、派手~なフラッグをあの頂にぶっ刺すからね。
約束。

ありがとう。
嬉しかったよ。


ではでは~。
スポンサーサイト

明日は三軒茶屋。

迷っても大体は開かずの物置のどこかにポロっとあるもんだ。
常々整理しとかねばね~。


ここ最近は引き篭もりであれやこれやとわんさかやっていたんだけれどもいろいろ面白いのがあったぜよ。
言葉なんて曖昧なもんで言語と括られる中でも日本語はかなり緻密に出来ているはず。
必要以上に過剰に気持ちを伝えれるのが日本語じゃないかな。
日本語なんて修飾語上手く使える人の文が面白かったりしてさ、そりゃ関係ないか。
でさ、例えば曲なんぞ作っている時に英語日本語が発生するのさ。

う~むむ、そこのそれさぁ…あ~ん~もうちょっとジャラ~ンからケツ半拍レスってアタマでジャキーン!みたいにならない?

よくある。
こういう会話よくあるんだ。
これわかる人すぐわかる会話だね、むしろわかりやすい類。
曲作りったっていろんなやり方あるしもっと論理的に建設的に機械的にやれる人もいるんだけれどね~少なくともうちはほとんどがそうじゃない。
既に完成された絵だけが脳内に漂っていてそれに音像を近付けていくというのがわかりやすいかな。
なんだろうね、作る!ってなった時点でPVみたいなのがあるんだよ。
それのサントラ作りみたいなさ。
なるべく出現したファーストインパクトに逆らわずにとりあえず原型オブジェにして最後の最後に切って刈って削いでおべべ着せる式。
頭の中は完全にトンデいる状態で時間にも追われて極限に集中している為、もはや会話という会話ではなくむしろピピピっと電波を発信して受信させようとしているかのようなやりとりが9割。
そういう時って6時間くらいであっても体感15分とかね。
誰だ、人間の集中力限界40分って。
もっとイケる人たくさんいるど。


大きく括ってクリエイターというのはピピピっと受信出来るのが必須スキルなのね。
だって例えば仕事だったとして玄人が素人と仕事する時に同じレベルで専門用語交わせるはずないもんね。
知識量だって応用力だってこの場合は雲泥だろうしそれに経験もさ。
すると玄人は素人の言をなるべくダイレクトに反映させようとするにはやはり必須ね。
皆もあるでしょ、なんでもいいや、美容室に行ってこんな感じ~っとかちゃんと伝えたつもりなのに短く切られ過ぎたとかさ。
それそれ。

今まで生きてきた中で最もこういうアイコンタクティーなトークが驚くほどに交わせないのがジンプルその人だ。
やっぱあいつ凄いんだろうな~。
確実に極にいる。
書く文章も絵もなんだかおかしいもんね、イロがある。
常人レベルでは考えられない魔球レスポンスの雨アラレ、時に氷塊。
一番酷かったのなんだっけ~…いつもいつも上に書いたような会話が基本線なんだけれどね、う~ん。。
いかん!書き方を誤ればシンプルにメンバーをバカにしているという構図になる…う~んう~ん。。

感覚的な言葉を投げかけたとしても正解は明らかに2択、その2択の中でもこれが濃厚だろうという1つがあったとする。
常人であればまず間違いなくね。
ただジンの場合はほとんどの場合が…存在しないはずの3択目を返してくる。
俺だっておかしいと言われる類なのにそのはるか彼方から光速で飛来する謎のギミック。

混乱。
それはまるで見上げた青々とした空に羽の生えた豚が飛んでいるかのような異物感満載のレスポンス。
あんぐり~。
ただ…これが100回あったとしてそのうち1回くらいはとんでもない神の一撃な正解だったりするのね。
99回はとても生産性の無い会話に終始するんだけれどもさ。

その一例が…明日聴けるんじゃないかな。
お宅の娘さんの高速でピロピロ弾いているやつ全部ね、あれまだ都内では発動していなかったはず…晦日辺り弾いてたかな…う~ん、いや、弾いてなかった気がする。
あれは完全にジンのフレーズだ、あまりの正解で皆何も言うのをやめてほっといたほうがいいわってなもんで放置した空気感を覚えているもん。
面白いことに最近100回中99回はって確率が上がってきている気がするなぁ。
で、同じくジンも俺に対してなんて言葉が通じない奴なんだって思ってるんだろうね、あはは。


そして飴。
彼女は隠れ天然だったりする。
最近ので最もインパクトがあったのは…
一昨日辺りのリハだった。
昨日この日記にあげた歌詞あったでしょ。
それに『原風景』というワードがあってね。
「げんふうけい」ね。
まぁ一生懸命書いたもんだ。
2ヶ月くらいすったもんだで実際の量はあの4倍くらいあってそこから選んで削ってみたいなさ。
何度も何度もリハを繰り返し歌を聴いていてふとどうも文句に若干の違和感があった。
はい確認。

飴はなんと絶叫して歌っていたか。
よもやの…!
よもやの…!!





はらふうけい




危ない、セーッフ!!
これライブまでに気付けていなければ…聴き取れてしまった人容易にわかるレベルだっただろう。
別に書いてかっこいいことじゃないけれどさ~、まぁいいか。
こういうのちょくちょくある。
それとか前も書いたけれど助手席でナビしていて右右って言ってるのに指は左だったりさ。
いきなり強襲されるの。
とはいえジンレベルには遠く及ばない。




そんなこんなで明日は三茶。
CANNIBAL RABBIT主催in三軒茶屋HEAVEN'S DOOR。
ついこの間やった気がするけれどもう2ヶ月前なのね。
カニラビもね、本当にお世話になっているナイスなバンド。
あの倦怠感の中に同居する狂気がたまらんバンドさん。
最初に話していてうちはRec前後だからそれでもいいなら好きに使ってくれって言ったらトリ前になってたね。
そういう事か。
ではでは遠慮なく最新の、でも今なセットでね。
アホみたいにリハしまくっているから多分無駄に強いど。
劇的なライブになればね~。
そうそう、餃子はダメになった、というか直前過ぎていろいろ、ごめんね=!
あぁ、なんでだか本当に都内次いつかまだ決まっていないのね。
なのでぜひぜひ。

あけましておめでとうございます。

になってしまったね。
2月23日か、ふむふむ。
ごめんね~コメントも更新していないせいでいろいろもらっていた。
さて、どの速度で更新が再開されたのが気付かれていくんだろうか。

いやぁね、このブログもしばらくしたら草ぼーぼー。
むしらねば。
ブログ移動するかもとかさ~、いいんだけれど。
本当に遅れたけれど旧年中はありがとうございました。
そして今年もどうぞよろしくお願いします。

ブログ更新しなかったのはね、出来なかったんじゃないんだけれどもやっと一頻り制作が落ち着いて心の余裕が少しだけ出てきたというか。
何があったかな~なんか大相撲のアレとかさ、何を今頃八百長だなんてあんなのあったろうに。
それにKARAとかが印象的だった、よくある話だね。
アジアカップも優勝してインテル入団とかさ。
そして昨日は昨日でNZの大地震。
震源地から少し離れた所だけれども住んでるというか勉強しに行っている友達がいて連絡取れて一安心。
う~ん、関西大震災知っているからとても他人事には思えん。
1人でも多く助かって欲しい、あの日が思い起こされる。

そうか、ついこの前だっけ、メルマガ配信されたね。
残念は残念だけれども活動休止中のダムダム団から古根麻砂樹がサポート参加。
それも3月には…四谷OUTBREAK!の表紙とインタビュー既に収録済みでそれもその時にチェックしてくだせぇ。


年末からこれまで何をしていたか。
表面上何もしていないように見えただろうけれどとんでもない位バタバタしく制作な日々。
料理する材料がやっと揃った昨日。
ようやく夏辺りからガッツリいけそうな確信が持てた昨日。

2月は6日に郡山にライブに行ったね。
neutroom主催でFREEWAYJAM。
ライブハウスも思いの他大きくて良いイベントだった。
確か会場が3階とかでエレベーター無し、機材上げるのに絶望していたら皆手伝ってくれたんだっけ。
繋がったね~、必ずまたそちらに遊びに行きますよ。
事前のやりとりから凄くきめ細かくやってくれてさ。
そうそう、2階楽屋から記者席のようにステージが見えてね、あれのおかげで出演しているのに全バンド見れたんだからさ。
あれはいい。
ありがとう、良いライブ見せてもらいました。
その後は都内へ突貫で帰って朝方4時頃からアー写の撮影したんだっけ。
そんなスケジュールばかりだった。
10日は大阪中津Vi-codeでスリーマン、鳥肌実と夏川ロック。
もう主催のストロベリーソングオーケストラの座長様々なイベントだった。
どうしたってね、あの人には適わないね。
イベントもアホみたいに盛況でさ、名刺何枚もらったんだろうか。
大阪は3月も行くね行くね~。
感謝だった、絶対に返す。
打ち上げも出たかったんだけれどね~、また朝までに都内帰還しなきゃで即帰りだった。
残念。
もっと話もしたかったなぁ。
気付けば大阪も完全に日帰り圏内、たくましくなったもんだ。

ライブに関しては次は26日の三軒茶屋のカニラビ企画だね、今年初めての都内だ。
どうやら飴がDeath餃子を出品するやらしないやら。
これ誰にも言ってなくて勝手にこっちで言い始めてるだけでダメって言われたらどうしよう、あはは。
ぜひぜひこぞって参加してくだせぇ。
またそれは後ほどにも。
ちょっといろいろあれがあれでね、年末の時点でわからなかったから3月4月のライブほとんど断っちゃっていたんだ。
リリースの為の準備があって万全でライブやれると思えなかったからさ。
だから都内はわからないんだ、だって都内オファーが早いんだぞ。
ごめんね。

いやね、ライブ1本やるったってそりゃとんでもなくエネルギーがいるわけで。
それは何もライブやる人達だけじゃなくてね、準備する人達がいたりでね。
例えば会場だったり主催だったりさ、宣伝する人がいたりでさ。
それはもう涙ぐましい努力があるのさ。
そしてやっと遊びに来るのだってエネルギーを使うでしょ、そんな人達が遊びに来てくれて誰にとってもプラスであるはずのイベントであるべきでだからこそ最高の瞬間が生まれる。
適当に受けれないんだ、イベントなんてものはさ。
誰彼の一握りの気持ちも不意には出来ない、それしたらきっと終わるんだぞ。
あらゆる物がパタパタっとさ。
だから俺達が万全になるまで待ってね。
や~っと一昨年冬からのサイクルを終えれそうなんだ、きっと長かったんだろう。
俺達にとってはそれは瞬き程にしか感じていないんだろうけれども。
また都内でもガツガツライブやれるようになるまでさ。
もう少し、もう少し。
ごめんね。

新曲を1つ。
ではでは。



『解放区』

変われない奴が そのままでいる為 変わろうとしたのが 始まり

過去が騒ぎ笑い 未来はソッポ向き 暮れてく街から 駆け出した日
作り笑いで 信じたくて 作り笑いで 選んだ言葉

「鏡よ鏡、この世で一番美しいのは誰?」

這いつくばり歯食い縛って 誘蛾灯にKiss片羽の蝶
現世の儚さ気高さを 思い知れドリームメイカー

媚びた原風景 襲い来るWestCity かまいたちにでも なれなかった
お腹空いたよ 何か食べたいよ

作り笑いで 微笑みかけて 作り笑いで 吐いた言葉
作り笑いで 狂っていたさ 作り笑いって どうだったっけ?

「鏡よ鏡、この世で一番醜いのは誰?」
レトルトショー

知恵者知恵に手足縛られ 馬鹿者気合じゃ知に背けず
天誅カニバリズム掲げて 心求め去り行く木偶の坊
這いつくばり歯食い縛って 誘蛾灯にKiss片羽の蝶
現世の儚さ気高さを 思い知れドリームメイカー
奴が奴らしく生き抜くには きっと誰かが泣いているんだろう
Dear…100年後 誰もいないのに

手を繋げ 手を繋げ 手を繋げ 手を繋げ

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。