スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉。

夢買い欲売り人を喰う。

目的求め結果追わず。

知ってか知らずか虚実まみれ。

クソだ。

サラ地にしてしまえ。



少し陰に入ってしまえばこんな言葉がツラツラツラツラと出てくる。
時に殺意の塊。
しっかりと組み込まれているもんね。
暴力反対とは言うものの、俺からすれば言葉の暴力もグーパンチとさして変わるものではない。
グーパン攻撃も意地汚い口撃もそんなに変わらない。
どちらかというと口撃のほうが後々まで心に深く刺さる。
嘘も方便だなんてよく言ったもんだ。
トラウマを形成する成分のほとんどは言葉だ。
生物の中でも人類って本当に賢いのかとてもバカなのかわからなくなる時あるもんね。
何よりも恐ろしいのはいついかなる時でも人は笑える機能を備えている。
このおかげでどれだけつまらぬ小石を踏み倒せたことか。
ある時は見栄を張れるしある時は兎のようにブルブル出来る。
こんな高度なもん、たかが人間如きに使いこなせるもんか。
一見欺けたようでも実は誰でも知っているんだから。


格差社会ってよく聞くね。
貧富の差が拡大しているだってさ。
俺は違うと思う。
根本としてそれは真ん中から2枚くらいコーティングされた後の話だと思う。
いろんな場所でいろんな人間と会話をする。
それこそスーツ着てチーム組んで立派なオフィスの一角でミーティングするような人達から街の場末の吹き溜まりでするつまらない余談まで。
どれも楽しい。
でもね、ビックリする位に会話の種類が違うんだ。
どこにだって良い人間はいる、そしてどれも本当。
ただ会話の種類が全く違う。
しいて言えば動かしている金額の大小なのか。
大きくなればなるほどに隙があってはいけない、心身共に安定していなくてはいけないだけだろう。
それが言うなれば格差社会のような気がしてならない。

この間ね、誤って凄いと思ってしまった女性に会った。
全然ミュージシャンとかじゃないんだけれども年上でめちゃくちゃ固い仕事でガッツリ稼いで寝る間惜しんで死んでもいい勢いでその3倍遊んでさ。
でもね、その女性ははっきり言ってアホだった。
俺と同レベル、もしくはそれ以下。
特筆すべきはただ1つ、この人コンプレックスが無いなってだけの話。
ありゃ生きてて楽しいだろう。
そのまんま100%その人そのもの、従って偏見0、色眼鏡無し。
一見すればそれは恐ろしい適当さ加減、無意識に身構える人間からすれば脅威なのかもしれない。
そんな部分に格差社会ってのを感じる俺はおかしいんだろうか。
余裕が無い時には何してもダメなんだろう。
芯の部分で余裕が無い者同士で集まってもダメなんだろう。
いけないんだろうけれどそんな事をふと思ってしまった。
そしてなんだかとても不公平なんじゃないかとも思ってしまった。
俺個人としては別に友達に余裕が無かったとしても誠実でメンタルが開いてさえすれば後はどうでもいいんだけれどね。


1日で最良の出来事と最悪の出来事が起こったとする。
どちらのインパクトがその人の中で勝るんだろうか。
そんなもんだろう。
いい具合に忘れてしまえ、それも処世術だ。
文句はいいけれど愚痴なんて何も産み出さないんだから必要な時は早々に吐き出してしまえ。
別にいいじゃない、自分がダメダメだって思い込んでいてもさ。
想像していたはずの価値なんてそれ程に値しないもんだろう。

言葉こそ暴力だ。
あまりにも簡単に刺さり過ぎる。
駆け引きなんてごめんだ、でも望むなら仕方がないね。
ふぅ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。