スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じれるか。

装飾の無い言葉。
それは時に背後から鋭角に襲いかかってくるだろうし菩薩様のように優しい顔してるのかもしれない。
要はそれだけリスクの高い言葉だ。
そんでもってそれがリスクになるという事は人格が追いついていないからだ。


決めた。
もう絶対に何の悪口も言わないし加担しないし同意もしない。
別に無理して我慢するわけじゃない。
意見するか流すかの2択だ。
批判はするだろうね、でもちゃんと名乗るぞ。

いやね、別に前から悪口叩きまくっていたわけでもないしどちらかというと愚痴るくらいなら本人に言うほうだ。
よく愚痴程度で終われるなってもんだ、だって何も変わらないし終わらないもんね。
そんなもので時間を消費するのがアホらしい。
むしろ何か口に出すならよほど手遅れでもない限りは強く当人に言ってきた。
それを見たり聞いた人は言うわけだ、優し過ぎるとか最後までもたないよとか。
全然大丈夫なんだけれどそれはそれでどっちでもいいじゃない、これからも変わらない。
人によるんだから。

例えばね、対象がいない場所で誰かの悪口になっているとするでしょ。
悪口っていうのはごく私的な感情が強く入ったものね。
5人いて4人がそうなっている、皆は仲良しだ。
そして同意を求められた時にどうするか。
難しいよね、適当に合わせときゃいいのかもしれない。
でもさ、それもアホらしくなってきた。
人間自由でいいと思うんだけれどさ、悪口が多ければ多い程に無駄にそれだけ多く敵を作っているわけでしょ。
悪口言いながら無理して付き合うくらいなら誰もいなくていいと思ってしまった。
いや、それも困るんだけれども。
本人の前で本人の悪口を言えて聞けるのは最高の関係なのにね。
いない所で言うのはなぜあんなにもね…。
どうせなら笑える悪口にしておくれ。

男は理屈の生き物で女は感情の生き物ってよく言ったもんだ。
最初に言った人は偉いぞ。
本当にそうだと思えるしそれじゃいけないなとも思える。
なんだろうね、男だし楽なのかもしれないね。
女同士なんてグーパンとか中々難しいもんね、俺はそれですっきりして次に繋げれるんだったら全然いいと思うしむしろ審判付きで奨励したいくらいなんだけれども。
将来的に全部笑いに昇華してしまえ。
派手にどつかれないとわからない人間なんてたくさんいるぞ、俺もそうだ。
着飾って見栄張って無駄をバラ撒いている場合ではない。
なんかね、本当につまらないものを守る為に徒党を組んでみたいなのがダメだってなった。
それは友達ではない、互いを貶めているだけでどうにもならない。
いずれそこからいなくなる。
それよりもっと楽しい世界があるはずだ。
でも職場とかだとやたらと複雑になるね。
その為には芯が太く通っていないとさ。


人は何かに期待して生きているんだろう。
ところが困った事によほど上手く出来た人生でもない限りは期待っていうのはほとんど裏切られてしまう。
それでもね、意識的なのか無意識的なのかわからなくても期待し続けられる人間という生き物は素晴らしい。
なんてポジティブな生き物。
人間に期待し人間を信じ続けられるというのは我自身もまたそう在り続けないといけない。
何かに期待し何かを信じるというのはまず自我あっての話。
難しいね。
結局誰かを憎んだり羨んだりするような感情というものは我自身に向けられていたものでしかない。
皆自分が大好きなんだ。
それでいい、そうじゃなければ悲しい出来事が増える。
こんなに簡単な話を今さら再確認出来る時間が訪れたんだから感謝するしかない。
少なくとも俺は恵まれていた。
1億いらないから心くれ。
きっと子供の頃はよくわかっていただろうにさ。
グラスに注がれた透明な水、そこに落とされた一滴の墨汁は一体何だったんだろうね。
そんなもんに腐らされるのも癪だ。



言葉は凶器。

ほら、もう頭に刺さってるよ。

何?わからない?

思い出せ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。