スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信用手形。

ありがとう、大阪。
今日はクソ真面目に書くぞ。
ついでに言うとこんなの書くの今回だけだ。


企画書というものがある。
今日の日記の場合だとイベントの主催者が出演を依頼するアクトに対してプレゼンテーションも兼ねての具体的な内容を添えた書類ね。
何ヶ月も前から出演の打診を受ける場合は絶対に必要なもの。
可否の最も大きな要素になる、それはタイミングや付き合いを飛び越える。
一見シンプルであっても実行には困難が付き纏うようなタスク、それに複雑なコントロールが必要なコンセプトを伴ったイベントであれば企画書のクオリティがイベントのクオリティをかなりの部分で左右させるのが本当の所だ。
アクト同士が共有出来ていないものをどうやって打ち出せばいいのかってね。
簡単な話ではない。
少しサジ加減誤るだけで自己満足で終わってしまうからだ。
どれだけの観察眼、シミュレーション、リスク回避、結果的なイベントのキャパシティ、そして気持ちなどなど全てその紙に詰まっている。

アクトにとって初動段階でなぜ企画書が必要かっていうのは上と合わせて見方によってはただの紙切れもしくは何かの取扱説明書の様にしか見えないものでも反転させるだけで数ヵ月先を予見しつつ更には誰にとっても幸せ保証なのかもしれないから。
主催者、アクト、オーディエンス、そしてシーンにとっての幸せの種なのかもしれない紙片。
もう4ヶ月近く前だろうか、リトマネンさんから礼を尽くされた上で企画書をいただいた。
イベントのタイトルは「ピンクタイガー♯3」。
とても素晴らしく素敵な内容だった。
なんでこんな事を書いているかってさ…それは後でいいか。

でね、簡単に説明すると企画書には主旨、意図、目的、そして何より重要なのがなぜ各アクトを選んだのかなどが記されている。
オファーの手法としては正統、目を通させてもらった瞬間にバチっときた。
きたんだから仕方が無い。
上に書いた事はもちろんだけれどもそれ以上にこれであれば_ _ _ _*が参加させてもらう理由がある。
だってさ、どう見ても難度の高そうなズバ抜けて高尚なるイベントなのにその遂行が可能と感じれる企画書だった。
もちろん俺達はライブアクトとしての参加、そこからは至ってシンプルだ。

万全で参加させてもらい無事に帰京、ちゃんと帰れなければ意味無し。
そして今、結論を先に言ってしまえばその通りだった。
素晴らしく素敵だった。
あれだけ何度も何度も目を通し続けた企画書からして1mmもブレ無し+α。
これにはとても感じるものがあった、会場入りした時からどうなるだろうという確信があったしわかっていたけれど参った。
また大阪の地でたくさん教えてもらった。
あの瞬間の皆の顔も焼きついた。
本分であるライブで真っ直ぐに参加させてもらえた事に感謝。
主催のリトマネンさん及び関係者はもちろん共演させてもらった皆、そして会場に遊びに来てくれた皆に感謝。
今度名前の由来を聞いてみよう、確か今もサッカー選手の現役でフィンランド代表の10番からなのだろうか。


冥利に尽きた。
東京大阪の2Daysだったけれどいろんなものが残っていてまだ寝付けない。
おかげでまた新しい伝説的な大阪の夜になった。
見るもよし、聴くもよし、帰るもよし、残るもよし、提示されていた選択肢。
あれぞ求めていたライブハウスの光景、自由だ。
ありがとう。

来れなかった皆もピンクタイガーで検索してみてよ。
あはは、いろいろ書かれているだろうね。
だってアクトはプロしかいなかったもん。
だからあそこで何をしていたかで書く内容も与える印象も様々だろうね。
感想はそれぞれのもの、それで完結出来るものもあるだろう。
そしてなんでもいいから次に繋がれ。
明日は19日新宿JAM、そして20日難波ROCKETSといつも通りに書いていこう。





ピンクタイガーまだ終わってへんで。
それよかまだだいぶ先にいるやん。
はよ行こーや。
090720 158
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。