スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桐生VAROCK終了。

朝11時に都内を出発。
いきなりの渋滞に絡まれながらもなんとか予定通りに13時までに東北道佐野藤岡から一般道へ。
最初の目的はこれだった↓
090829_1259~01
現地からの提供情報の中にあったいもフライ。
佐野はいもフライが美味しいってね。
090829_1311~01
美味しかった。
かつて北関東で1から10まで完全に美味しい思いをしたのは宇都宮だけだった。
もう1年前に同じ佐野で食べた佐野ら~めんはちょっと違ったもんだった。
そしてこのいもフライに使用されているソースがまたえらく美味しかったので聞いてみたらマドロスソースだとの事。
そう、当初から佐野のフルーツソースを入手するのも目的だった。
さっそく近くの佐野物産会館に。
あったあった、さっきのマドロスソースもフルーツソースも。
090830_0441~01
買って早速車中でなめてみる…美味い。
そうか…佐野はやっぱり美味しい物の宝庫だったんだと今さらながらに後悔する。
なぜ過去3回で外し続けたのか、修行不足だ。
とにかくこれで当分自宅でのソース絡みのご飯は困らない。
へい。

そこからまた予想以上の渋滞に晒されながらもなんとか桐生VAROCKへ。
090829_1728~01
8ヶ月ぶりだった。
機材搬入して挨拶する間もなくすぐにリハーサルだった。
でね、ビックリした。
ほとんど近況報告やら含めて話す間もなくすぐリハーサルだったのにさ、最初の外音確認で100%満足出来る音が出ていた。
ビックリ。
8ヶ月前と違って使用機材も変わっているのにね。
正直な話をすると桐生VAROCKのPAさんの腕がズバ抜けて良い、それはいくら俺がアホゥだったとしても知っている。
それにしてもバンドの音をここまですっと出してくれるのが不思議でしょうがなく考えた。
もしかしてライブハウスの吸音なんかを含めた音響環境なんかが多少変わってさらに改善されたのかなとかね。
違った。
リハ終了後にすぐ聞いてみて返ってきた答え。

「ハコ自体のチューニングを昨日のうちに変えたんだよ。」

ビックリ。
わざわざ俺達の音がスムーズに出るようにわかりやすく言えばライブハウスの音環境自体をより_ _ _ _*に対応出来るようにしてくれていた。
感動でしょ。
知らない人も多いかもしれないけれど、実はライブハウス自体のチューニングってものがある。
それはちょっと今簡単にここで書ききれるものではないんだけれどとても複雑なもの。
そのライブハウスのチューニングありきでバンドが音を出してその環境の中で最高の音を出すという話。
つまりライブハウスのチューニング自体が_ _ _ _*の最も欲する音域に強くなっていたらっていう話。
さすがに都内でなく遠征先でここまでしてくれたのは初めてだった。
8月ここまでやってきた中で最高の出音だった。
確実に俺達の音源も再度聴いてくれていたんだろう。
何かの意志のようなとんでもない中音低音が出ていた。
実際にさ、細かく具体的にどの出音が正解だなんて無いでしょ。
ただね、気持ちを感じれた時点でそれが正解。
思い返せば前回11月に桐生でやらせてもらった時はPAさんが音を出し過ぎてメインスピーカー1発飛ばしていたもんね。
そこまで音に音で応えてくれた桐生VAROCK。
8ヶ月振りなのにここまで覚えていてくれたなんてさ、_ _ _ _*でよかった。
同時に_ _ _ _*のポテンシャル、今よりも少し先を教えてもらったかのようだった。


タイムテーブル↓
090829_2115~01
桐生VAROCKの2周年記念イベントだったのにトリにクレジットされていた_ _ _ _*。
何かこうね、思う所があった。
VAROCKが出来て4ヶ月後くらいに初めて出演。
そこから昨日が4度目。
はっきり言って俺達のツアーがとかなんてどうでもよくてね、それよりもあの場所が少しでも盛り上がってくれればというのだけを考えていたもんだった。
ツアバンとかも関係ない。


ライブ中の景色↓
090829_2050~01
俺達の出番前にチョロッと撮影。
楽しそうだったなぁ。

で俺達の出番がやってきた。
結局は45分、簡単に言うとスリーマン尺やってしまった。
早かった。
やっぱり楽しかったね。
個人的にはメインスピーカーから出た音がホール貫通して奥の壁に当たって跳ね返ってきた音を聴いているだけでも楽しかった。
東京か大阪かっていうくらいにホールの様子も楽しそうだった。
おかげで2周年Anniversaryらしいめでたいライブだった。
ライブハウス、バンド、オーディエンス。
どこだって皆一緒になればあんなにも楽しくなれるんだってね。

桐生VAROCK。
いつか絶対にあそこでワンマンを。
これは血の誓い。
あそこはバンドが活かされる、未来まで見せてくれる。
なんて贅沢な場所。
次から外音のチェックも必要ない。
本当に感謝だ。
そして会場に遊びに来てくれた皆にも心から感謝。
あれが_ _ _ _*。
ありがとう。
またそちらにも遊びに行くからね。

ありがとう。


イベント終演後、スタッフさん達とたくさん喋って気付いたらもうほとんど皆いなくなっちゃっていた。
いつもそうなんだけれどなんでだか最後までいる_ _ _ _*。
そしてまた入手した情報に従って再会を約束し桐生VAROCKを出発しら~めん屋へ。

きた。
この8月で3店目のちんぱん名店リスト入りした店。
桐生駅から恐らく徒歩10分程の場所にあった『暮六つラーメン倶楽部』。
とんでもない化け物店だった。
頼んだ最もスタンダードなら~めん↓
090830_0138~02
どうやらあの辺りは水が美味しいみたい。
それだけじゃないけれどね、この支那そばのようなら~めんは絶品だった。
他のメンバーも皆バラバラで注文、全部美味しかった。
群馬の皆、あれは国内でも相当戦えるレベルのら~めんだぞ。
そしてこれ↓
090830_0138~01
メニュー名はチャー丼、チャーシュー丼ね。
俺はね、今までどこで食べたチャーシュー丼よりもここのチャー丼が美味しかった。
というか抜きん出過ぎ。
とんでもないクオリティ、あれは断じて900円クオリティではない。
なぜ今まで3回も桐生に来ていながら気付かなかったのか。
その理由は店主さんに聞いてわかった、オープンが21時、クローズが大体2時だって。
それで俺達が帰る時にいつも曲がる道の少し先だった。
そりゃ気付かないわ。
悔しかった。
あのチャー丼だけでも桐生に行く価値がある。
定休日は月曜日、だから桐生には月曜に行っちゃダメだ!と半分冗談で半分本気で思っている俺。
酷い話だなぁ。
でもそれくらいの店だった。
そして店内でたくさんの人に話しかけられた。
実は桐生はファンキーな街だったのか…盛り場に顔出さないとその街の事はやっぱりわからないもんだね。
これからはそういう時間も大事にしなきゃ。


その後はユルユルと都内に帰還、そして始発直前に新宿で解散。
8月のライブがもう全部終わっちゃった。
あんなにたくさんあると思っていたのにね、なんてあっけない。
それと引き換えに俺達は何を手にしたんだろうね。
また今の状態で8月1日に戻れたらなぁなんてさ。
でもこの1ヶ月に一片の悔いもない。
どれだけの人と出会えたのか今少しの時間でもう1度思い返そう。
全公演ね、完全なコンディションで渾身のライブでやらせてもらえた。
まだ9月6日からの郡山仙台水戸が残っているけれどね、ここで2クール目が終了。

ありがとう。
支えてくれた皆、ライブハウス及び関係者様。
_ _ _ _*無事に8月終えましたよ。
全然疲れてないもんね、それはこれからだもんね。

ありがとう。
D1001143.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。