スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台終了。

CANNIBAL RABBITオタク担当ベーサー
→照巳のいる食卓←

このブログに特に会場外での俺の素行の悪さがピックアップされ過ぎているやないか。
食べてばかりとかで酷いな俺。

そんなこんなでのカニバル&_ _ _ _*の仙台ツアー。
行ってよかったね。
というのも直前でケガと新型で2バンドキャンセル、公演自体どうしようってなったもんだった。
行ってよかった。
_ _ _ _*としては異例の朝7時集合だった。
で首都高高井戸ICからGo。
面白かったのが高速入ってすぐにガソリン切れそうだから~って。
俺達は習性みたいなもんで必ずエアチェックとガソリンを出発当日の朝にやるからさ、なんだそれってなもんだった。
で、東北道入って浦和抜けた辺りで車横付けにしてきて恐らく人生初の試みが。
高速走行中の車から高速走行中の車へ窓開けて話しかけた。
多分時速は100kmちょっとだったけれどさ、聞こえるもんやね。

俺:「ガソリンまだ大丈夫なの~!!??」

うさちゃ:「まだ~まだ大丈夫みたいです==!!」

今考えると電話で話せよって内容だけれどもさ、面白かった。
そこからガソリン補給しつつ休憩、那須高原というこれまた何もかも美味しい高原SAで休憩。
のんびりしたもんだった。
で12時頃には悠々と仙台入り。
そして衝撃の事件が。
いつも行っている一福が休み。
なぜ?Why?祝日だろう??
かねてからネットで調べていた他の店、さらに聞き込みで確証を得、泣く泣く行ったもんだった。
「一隆」
091123_1300~01
通常の1.5倍くらいで1050円、ビックリだった。
都内でも有名な牛タンの店あるでしょ。
でもね、もっと安くてもっと美味しい店がある。
美味しい地元の店ってのは口コミにもならないもんだ。
量産じゃ出来ない、1オーナーだからこそ体現出来る味。
宇都宮の餃子専門店「正嗣」でさえそうなんだから。

一福ショックをなんとか乗り越えて街を散策。
仙台市内のオシャレ過ぎるバス↓
091123_1345~01
停車中正面から撮ってみると運転手さんが手を振ってくれた。
照れるやないか~の反面、乗客から白い目で見られて喜ぶ。
残念ながら慣れてるんだぜ、そういう目。
へいへ~い。

仙台RED HOUSE到着。
091123_2300~02
貼られていたフライヤー↓
091123_2300~01
繋がってるね、うんうん、もっと頑張らないと~!!
うはは。

そこからはリハーサル、本番と慌しかった。
と言っても実は次の日の朝8時からジンプルが所用があるとの事でなんとしても帰らないといけないのが判明していた。
東北道、この時期どこで凍結が起こっているかもわからないし霧もあるし事故とかさ。
という訳で俺は運転の為イベント開始まで寝る事に。
起こされたのがOnからして出番12分前だった。
おいおい、頼むから30分前には…眠い目をこすりながらってのは言い過ぎだけれど慌てて準備したもんだった。
なんかさ…ワンマンのタイトルから作っちゃったお宅の娘さん、僕が頂きますが思いの外に好評のようでビックリさ。
これでワンマン、千葉、そして仙台とやったんだけれども…そうか、そうなのか。
じゃあチラっと新宿でもやってみようかしら。
なんかこう…何かがわかったような…ブツブツ。

で、俺達の後に登場したCANNIBAL RABBIT。
彼等の8月の音源リリースイベントにも呼んでもらってスリーマンかましたもんだった。
池袋手刀だったな、あの8月23日から本当にちょうど3ヶ月の11月23日。
バージョンアップしていてビックリした。
思うのね。
どんなジャンルであろうとどんなサウンドであろうと関係ない。
歌がある以上は結果として歌物。
突き抜けていればいる程に素敵。
なんであれ必ずそうだ。
インスト+音響のようなアプローチのコーラスであればまた別なんだけれどもさ。
結局さ、何年何十年前の曲でも普遍的に残っている曲のメロディラインは皆美しい。
もしくは著しく特徴的。
主観でしかないんだろうけどそういうもんだと思っている。
彼等の切っ先は鋭くなっていた。
俺達よりよほどメンタルパンクだしやっぱりライブバンドの匂いってのがたまらないね。
近く都内でもまた一緒にやれたらいいなぁ。
絶対楽しいぞ~。

その後はのらりくらりと仙台の夜を堪能。
いいイベントだった。
打ち上げ後、これまたよく行くほうの姫ら~めんでの1枚↓
img091124054447_t.jpg
これ皆使っているんだろうな。
あはは。


スランキーサイド、ダムダム団、打首獄門同好会、そして今回のCANNIBAL RABBIT。
意図的にスプリットでツアーに出かけたのが上のバンドさんでさ、他にも現地で一緒になったとかならばもっとたくさんいる。
一緒に行くのはいいね、いろいろと為になる。
カニバルに感謝だ、たくさんもらえた。
リスペクト。

帰りは決死だった。
カニバル組+ポン助とお別れして東北道に乗ったのが2時ジャスト。
6時までには高速降りないと渋滞で死ぬ。
と思って寝静まりやがった車内を恨みながら直走っていると奇跡の4時台都内突入で神懸かり的だった。
そんなに飛ばしてないのにね、位置取りと安定性の勝利だ。
バカみたいな速度で抜いていった車も皆脱落していった。
無事に帰京。
そんな最後だった。


仙台に遊びに来てくれた皆、それに共演諸氏に感謝。
また来月仙台に遊びに行きますだ。

ありがとう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。