スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四谷終了。

ガチで打ち上げ朝7時。
あんなに人が遅くまでたくさん残っていた朝は久し振りだった。
で、8時過ぎに帰宅。
早速PCに向かいカタカタっとパスワードを入力、そしてenter…エンター!!??
なんとenterキーだけが外れて無くなっている…パピ。。。
これからはノート閉じて外出しなければ。

あぁ…何から書けばいいのやら。
まずはそうだ。
あんな夜にも関わらず遅い時間にも関わらず遊びに来てくれた皆に感謝!
ありがとう。
ちゃんと汚れてもいい服で来てくれていたね。
そうだ、自己責任だ。
出演時間が押して申し訳なかった、20分くらい押したが為に途中で断念して帰ってしまった人も多かったみたいだ。
ごめんね、でもあの日顔を見れたのは忘れない。
ありがとう。


毎年あれをやっているわけでさ。
今年もある種の挑戦だった、例えば今のTVやらゲームやら雑誌やらサブカルもどきやら各種メディアがバシバシ発信する水準からしてじゃあ俺達が今達したいものからしてどこまでがエンタメになれるんだろうねって夜だったんだ。
ライブなんて俺達バンドなんだから良くて当たり前、そうじゃなくてイベントとしてどうなるんだろうってさ。

もちろん主催は誕生日の佐藤学でしょ。
なのに俺もなぜか主催並に裏側で朝から買出し、会場入りと同時にバタバタしながらイベントが始まればライブを覗いての繰り返しだった。
おかげで写メどころじゃなかった。
大阪からJUNIOR BREATH、栃木から複数大門、どちらも今回のイベントの主旨であっても耐久出来るっていうのが前提で声をかけさせてもらってね。
わざわざ遠方から駆けつけてくれた、感謝だ。
間違いなくインパクトを残していっただろう。
後は佐藤学サイドのハイなバンドさんが集まってさ。
やっぱりいたね。
どことは言わないけれど今後一緒に遊んでもらいたいバンドさんがいた、あはは。
普通にクオリティハイなイベントだった。
ただし、それは23時50分辺りまでだったんじゃないだろうか。

Burn→全裸→イナヅマぎた~→全身剃毛→炎→ホットドッグ→俺は武器を持っていない→Drチェンジ→キン肉バスター→人間魚拓→○拓→お宅の娘さん、僕がいただきますの流れだった。
途中でDrをゴロー君にすりかわってもらって佐藤学をキン肉バスターで背負ってホールに出たあの瞬間の酷さは忘れない。
担いだ瞬間に後悔した。
汗でぬめってるは刈られた毛が体中にまとわりつくは毛の焦げた匂いとケチャップとなぜか生クリームらしきものが混ざったあの吐きそうな臭い、そして頭にチョンチョンぶつかるチ○コ。
プラス担がれている本気の恐怖と思われるあのよくわからない耳元で俺の鼓膜だけに向けたような叫び喘ぎ悲鳴。
なんだこれ~と思いながらホールを闊歩していたもんだった。
皆逃げる逃げる、なんせ全裸にキン肉バスター、そりゃ逃げるわな。
んでさ、墨汁対策で俺も服脱いでホールに出たんだけれど取れないのよね、この墨汁。
1週間くらいは体のどこかに残っていそうだ。
091205_0742~01

で、そんなステージが終わって息つく間もなく佐藤学の実父、史郎氏がご来場。
本人にとっては最もサプライズだっただろう。
なんせこのタイミングでよりによってね。
お父様は至って真面目なお方だ、恐らくライブハウスは愚かよりによってこんな夜に息子の為とはいえよく来てくれた。
ありがとうございます、史郎様。
それでお母様からのお手紙を読んでくれてね。
佐藤学、昔は渋谷でも手を繋いでいないと怖くて歩けなかったらしいじゃないか。
ちょっと前に全裸でハチ公から三軒茶屋近くまで脱兎の如く国家権力から逃げ走ったくせに…なんだその変わりようは。
ちょっと良い時間過ぎて悪ふざけも収まったもんだった。
その後はロックンロールサービスで締め。
とにかく誰もケガせずに終われたのが何よりだった。


おめでとう、佐藤学。
せっかく生き残ったどころか真っ白になれたんだから今年1年また頑張って真っ黒にすればいい。
バンドとライブハウスとしてあれ以上の祝い方など俺は知らないね。
日光の届かない地下でまた頑張れ。
いざとなれば俺達が、その為にいつでも引き金に指をかけておこう。
頑張れ。


でさ、先月の11月に続いて昨日もある種コンセプトライブだったんだけれどね。
それでもさすがにホームと言える四谷に戻ったわけだった。
あはは、見える見える、いろんなものが見える。
見え過ぎて困るね、当分困らないな。
機が熟した。
来年3月をお楽しみに。

で書く事は尽きずに本当にいろいろあったんだけれども。
絵描き光。
また描いてくれた。
イベントのほぼ全部を費やして恐らく6時間くらいだろうな。
四代目のバスドラヘッド。
D1000097.jpg
~強打救済~って銘打たれてるのか。
そういえば…最近巷で勝手に_ _ _ _*の事を救済音楽とかって呼称されるケースがあったりする。
それに関してはよくわからないんだけれどまぁいいか。
この絵は恐らく5~6層にも渡って描かれていて衝撃で表面が剥げても下から下から絵が出てくるって寸法だろう。
正気じゃないね。
たったこれだけのスペースにイベントまるまる潰して6時間も描いていられるっていうのは正気じゃない。
描くのが好きってだけでもここまでは描けないね。
今回のはあまりにも絵が入り組んでいてこれが何なのか把握するのにちょっと時間がかかりそうだ。
ほぼ丸1日経った今でも全然塗料が固まっていないしね。
ありがとう、しばらく眺めておこう。


さあ。
年内の都内は残る1本。
同じく四谷OUTBREAK!での1時間ステージのみだ。
スランキーサイドも一緒で残りの2バンドは新しい四谷の風か。
いろいろあったけどさ、2009年最後遊びに来て欲しい。
俺達にとっては今年は大晦日やんないしお礼参りも含めてけじめみたいなものかな。
純度の高い最高のライブが出来れば今年を思い残す事なく締めれる。
それも含めてラストに皆にも一緒に遊んでもらえれば。

ありがとう。
もうすぐ終わる2009年。
追いつけるのかな?
追いつけたのかな?
_ _ _ _*は。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。