スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファズ来襲2009冬。

四谷から帰ってきた日の夜。
再びスランキーサイドナベジさん宅の娘さんがやってきた。
前から何回か書いているファズね。
パピの2倍ちょっとの質量を誇るファズ。
わかりにくいかもしれないけれど見て↓
091206_0647~02
普通のギターとベースが横にあるでしょ。
そこからしてこのでかさが猫としておかしいでしょ。
平たく言えばパピは日本人、ファズは外人だ。
この顔見て↓
091206_0700~03
もう完全に虎寄りだね。
性格も別に悪いとかじゃないんだけれどもとにかくプライドが高い。
凛とシャンとしてる感じ。
もう完全に虎寄りだね。
性格も別に悪いとかじゃないんだけれどもとにかくプライドが高い。
凛とシャンとしてる感じ。
噛まれたら骨に穴が出来るくらいの立派な顎だ。
そしてパンチもパピがビンタ系ならファズはとんかちで殴ってくるようなもの。
重い。
その代わりファズのは重い分1発がでかいけれど遅いからかなりの確率で避けれるんだけどね。
で、来るだけで泊まらず帰って行ったのも合わせるともう結構な回数来ているせいで多少は慣れたのもあったみたいでまる1日がわりと平凡に経過した。
おっけぃおっけぃ。
だがしかし…カオティックな時間がやってきた。
異変が起こったのは深夜0時になった頃だった。


なぜ…?
なぜそことそことそこにうんちが転がってるの?
すぐそこにトイレがあるのに…!?

大惨事。
原因はどうやら怖くて動けなかったせいでトイレに行く気がしなかったようだ。
ファズは極めて長毛、それにプラスしてあの腹の肉でカモフラージュされて見えなかった。
とうの昔にうんちをしていてその上で構わず寝ていたのだった。
待て…落ち着いてよく観察するとうんちが既にすり潰されているのもある。
ロン毛に絡み付いて…それで部屋をちょくちょく闊歩されたら…どうしよう!!!


前回のファズお泊り時は人の飼い猫の毛玉を勝手に散髪する所までだった。
それも人としてどうかと思うんだけれど…でも今回はシャレになってない。
ファズのパンチや噛み付きを喰らえばドラムに支障が出るかもしれないとかあれこれシミュレーションしつつ決断。

ファズをシャワーで洗う。

というわけでファズを風呂に運ぶ時に被害を最少に抑えるべくファズ周辺に散乱した視認出来て拾えそうなうんちから拾おうとするも近くのうんちになれば手を伸ばしただけでメガトンパンチが飛んでくる。
ド~ン!!
危ね~!っておい!!??
うんちの1つをパンチで叩き潰しやがった。。
このままではファズも部屋もファズのうんちまみれになる!
惨劇の上塗り、何か悪い夢のようだ、嫌でも笑ってしまう下劣なコントのようだ、酷い。
これで腹を括った。
何もかもの作業を中断して着ている服もディフェンス力を高めにした。
そして毛布をかけて強引に風呂場へ移動。
重い…これは猫の重さではない。
ファズを風呂場に閉じ込めてとにかくフロアのうんち掃除。
泣きそうだ、フローリングの隙間にきれいにめり込んだうんちを爪楊枝でほじくり出す俺。
これで1曲出来そうだとか思いつつ掃除を終えて風呂場へ。


ファズ、シャワーだぜ!!
どうやら初めての経験みたいな抵抗っぷりを示すファズ。
よっぽど嫌なんだな。
逃げる逃げる、しかし体が重いせいで動きが遅く全くシャワーから逃げ切れないファズ。
観念したようだ。
それで丹念に体を洗って軽く猫用シャンプーまでいけた。
091207_0248~01
なんだ、あんなにいかつかったのに濡れたら完全にかわいいじゃないか。
それどころか濡れたらパピにそっくりだった。
普通にかわいい、虎の面影無し、なんだ、やっぱり猫だったのね。
ここに至って完全に無抵抗になったファズ、諦めがいいようで助かった。
Fight or Die!
まず最低限体を拭いてこれさえ無ければと思っていたファズの両手両足の爪をちょん切った。
これで噛まれない限りはしばらくは誰もケガしないぞ、快挙だ。
目の前でナベジさんの手が噛まれてガンガン出血していたの何回か見てるもんね、ギター弾きの手から出血もこれでしばらくは無い。
メガトンパンチも爪さえ無ければ穴開かないもんね。

それで戦前の予想では恐らく一番大変だと思われたドライヤーもあっさり。
091207_0328~01
その最中にファズの敏感なお尻回りにボコボコ出来ていた大量の毛玉もバッサリ。
前回切れなかったような箇所も今回全部いけた。
そこからさらにブラッシング。
091207_0355~01
気持ち良さそうだった。
なんだファズ、聞いていた話によるとブラッシング大嫌いみたいなのに…毛玉だいぶ少なくなったからかな。
シャワー→爪切り→毛玉カット→ドライヤー→ブラッシングと王道を貫通。
気付けば朝の5時だった。
でも逆に5時間かければ誰もが手を焼くファズでもきれいになれるのがわかった。
ファズは甘えん坊の暴れん坊だからね、これまで中々難しかったのもよくわかった。

寝て起きて最初でこれ↓
091207_1119~01
今はもうわりと簡単に膝に乗っけて遊ぶまでいかないけれどゴロゴロしてたりする。
爪が無いってわかっていると怖くないぞ。
お腹触りまくり、別猫のようになっちゃった。
でも重い。


多分ファズは俺が怖いんだ。
今の体重になって初めてじゃないだろうか、ワンハンドで首根っこ掴まれて顔を延々突き付けられたのは。
動物的に怖いのかもしれないね、優しくないし。
問題は…またしてもここまでの過程を飼い主の許可なく断行してしまった事だ。
夜中だったしね。。。
おぅ…報告しよう。
それにまだ今日と明日しっかりお世話せねば。
頼むからトイレだけはちゃんとしてね!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。