スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良で入手。

渋滞を覚悟していたのに昼過ぎに大阪から考えられない程の短時間で奈良入り。
正直、三鷹の自宅から出発して新宿に到達する位の時間だったから引いた。
なんだろう、あの空き具合は…不吉だ。

そして余った時間呆けるのもなんだから奈良NEVER LANDのすぐ近くのハードオフへ。
奇妙な物を見つける↓
091226_1510~02
こ…これはハードオフなどにはあってはならない物じゃないか!
そう、現在スランキーサイドのナベジさんから拝借しているのとほぼ同じ型のHIWATTのギターキャビを発見!!
しかもジャンクらしい。
Oldのジャンクなんてさ、故障箇所によっては諭吉さん1人でかなりなんとかなるもんだ。
しかもギターの神様、つまり_ _ _ _*にはもうリペア職人様が都内に居てくれるんだ。
ナベジさんのとほぼ同じ型でこの値段…とにかく値段が考えられない設定だったのもあり、すぐにナベジさんに写真やシリアルや型番で確認。
あっけなくGoサインが出た、やっぱりそうだ。
値段の所がよくaskになってたりするんだぞ。
で、返ってきそうな答えを予想するも一応最後の確認で店員さんに聞く。

俺「音出るって書いてるのにどうしてジャンクなんですか?」

店員「それは見た目がもう汚いからですね。」

俺「(TT)(TT)(TT)」

やっぱりそうか…アホだ…ハードオフ、なんてアホなんだ。
これは古の名器だぞ。。
Oldだから傷や塗装というかカバーなんてはげてて当たり前だ。
恐らく都内価格の5分の1…前後じゃなかろうか。
というかこのキャビは欲しい時に買おうと思っても売ってない代物なのに…こんな奈良の地に転がっているとは。。
夏辺りからそれなりの状態のをどれだけネットやら問い合わせやらで探していた事か。
これ読んだ皆もデジマートとかで調べてみたらいいんじゃないかな、ちなみにこの入手したキャビは80年前後だ。
_ _ _ _*の欲しがる機材だ。
しかももう1年随分買われていなかったらしい、1年近くって言ってた。
奈良のミュージシャンは何をしているんだ。
何の迷いも無く購入。
万が一出音があれでもリペアすればいいだけだ。

で、早速奈良NEVER LANDに入ってリハーサルで鳴らしてみた。
全っ然鳴るやん!!
何がジャンクやねん!!
しかもわりと良好。
スピーカー4発中、左下が少し弱っているだけでどう聴いても全くもって現場で使えるレベルだった。
その辺のライブハウスのキャビなんてぶっこ抜き。
とんだ買い物だった。
実は今、拝借しているHIWATTのヘッドはメンテ中でキャビも都内から持ってきていなかった。
なのに現場調達、信じられない。
これで都内帰還後に調整すれば完璧だ。

そんな本番前の一幕。
ハードオフ、がんがん寄ってみよう。
明日は三重…もしかしてHIWATTとかFenderのDual Showman系のヘッドが転がっていたりして…出来ればShowanReverbね。
ピンポイント過ぎるけれどまさかね、まさかね。
今探してるんだけどさ。
でもこの分だとわからないな。
なんでこういうOldが即買いされないのかがわからない。
単純に都内に転売しても儲かるだろうに。

今日はトリの模様。
さて、ライブはどうなるんだか。
準備しよっと。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。