スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム。

なんかPC版の_ _ _ _*Webが止まってるらしいね。
なんだそれ。
構わず書く。

静養2日目。
誰これ自宅にゾロゾロやってくる。
その都度WiiのNEWスーパーマリオブラザーズを3人以上~でやる。
わ~ぎゃ~叫ぶ。
静養ならず、残念!


Wiiについて書いてみよう。
一言で言うとなめていた。
こんなもの、ライトユーザーがやるものだろう。
ヘビーユーザーがやるものじゃない、第一その変な形のコントローラー何?みたいな。
任天堂さんすいませんでした。
なめていました。

だからといって別に俺はヘビーユーザーでもないんだけれどさ。
それでもずっと探していた。
なんか皆で出来るゲームとかないかなって。
なかなか無かった、ネット対戦だったらたくさんあるんだけれどさ。
ほとんどが操作やルールが入り組んでいて、かなり熟練しないと入り込んでさえいけない敷居の高さもある。
でもその場にいる人達で別にゲームそんなにやった事なくてもすぐにすんなりっていうのを求めていた。
今までだとそれがPCでエミュレーターで立ち上げたクニオ君シリーズとか主にファミコンスーファミ系だったんだけれどね。
それとてやっぱり操作の慣れに時間がかかったもんだ。
そういうゲームを求めていた理由ってのはやっぱり頻繁に複数人が集まるんだもの。
それで前回の遠征が始まる直前に見たCM、なんかマリオを4人でやっている。
これだったら皆で楽しめるんじゃなかろうか。
で、早速大阪の地で入手したWiiとマリオ、それに4つのコントローラー。

やってビックリしたよ。
NEWスーパーマリオブラザーズというソフトもソフトだったんだけれどもとにかく驚いた。
なんというポピュラリティー。
初心者から熟練者まで楽しめる恐ろしい程のゲームの奥行き。
1人で進めるもよし、誰かと協力して仲良く進めるもよし、誰かと敵対して邪魔しながら進むもよし。
全部満たしていた。
それでいてなかなかの尺。

これはハードからしてX-BOXもPS3も売り上げ数で勝てるわけないと思った。
家族で楽しめるわけでしょ。
ヘビーユーザーなんて家族に1人いたらいいほうで、ライトユーザーのほうが断トツに多い。
そのライトユーザーからヘビーユーザーまでかなりをカバー出来るクオリティ。
またさ、キャラのアクション具合とか声がかわいいからシリアスな感じのゲームで邪魔するとムカつくかもしれないけれどこれだとやられても不思議とそんなに腹が立たないもんだ。
凄いゲームだぞ。
90歳のお爺ちゃんと3歳の子供2人とかでも楽しくやれるかもしれないんだから。
リーチが違う。

なんだろうね。
ゲームも変わったね。
任天堂面白いね。
ゲーム&ウォッチ→ファミコン→ディスクシステム→ゲームボーイ→スーファミ→サテラビュー→バーチャルボーイ→64→ゲームボーイポケット&ライト&アドバンス→ゲームキューブ→DS系→Wii。
後なんかあったっけ…なんかありそうだ。
ゲーム&ウォッチはリアルタイムじゃない、もはや化石みたいなもので俺はギリギリファミコン世代だ。
それもドラクエ3の頃からじゃないだろうか。
バーチャルボーイなんて確か潜望鏡覗くみたいに覗くハードでやっている本人以外誰もゲーム画面見れないの。
ゲームよりもやっている人見ているほうが面白かった。
それでゲームボーイ、あれ中学の頃だったっけ?
勝ってもらった記憶が無いけれどとにかく何かで手に入れた。
なぜかソフトもあった、借りたりしていたんだろうかね、謎だ…。
でさ、部屋でこっそり出来るってんで何かこういけない事をしているかのようなウキウキした感じでやってたもんだ。
あの当時の感覚は忘れないね。
64とゲームキューブに関しては完全にわからず…ずっとプレステだった。
というか周辺の友達もプレステしかいなかったぞ。
そのうちに完全なるプレステ時代が到来して任天堂はDSをきっかけにWiiと来て天下取り返した今。
ゲームもスクロール物からRPGとかSLG散々出てきてネット対戦やら敷居高くしといてから結局はシンプルなWiiで天下だもんね。
ゲーム業界って今何周目なんだろうか。
腐る程発売されてきたハードの夢の跡がこれか。
どちらにしても皆で出来るゲームがもっと増えればいいな。
任天堂みたいな優良企業は世界中探してもそうそうあるもんじゃないんだから。


実は俺が好きなゲームは歴史系だったりする。
光栄さん、お世話になっております。
キャラに特化した歴史物は苦手なんだけれども。
今狙っているのがWiiの信長の野望革新パワーアップキット版だ。
あれさえあれば部屋でおとなしくしていられそうじゃない。
元々歴史が好きだったんだろうね。
というかそういうのを読んで自分だったらみたいなのを想像していたんだろう。
小学校入学した頃には信長秀吉はもちろん信玄とかなぜか知っていたもんね。
すぐに太平記とか源平とかにも手を伸ばしていた。
きっともう亡くなったお爺ちゃんが子供用の伝記本買ってきていたからだ、そしてちゃんと読んでもいた。
三国志もそうだけれど正史と演義読んでるとやっぱりそれなりの見解が出てきて、ゲームなんかでも光栄さんの意図する所とは恐らく別の場所で楽しんでいたりする。
なんだろうね、あの歴史シミュレーションの自由な楽しみ方ってさ。
今となっては遠征中にいろんな場所走っていてもマイナーな名跡とか地名とかでこっそり感動していたり。
だって言っても誰もわからないしさ。


さぁゲームしよっと。
あれ、それどころじゃないか~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。