スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rec。

あ~ぁ、今日はYu-ponのソロデビューだったのに行けなかった。
どうだったんだろ、また今度多方面から聞いてみよう。
どうだったんだろうなぁ…。

急にRecの話が来たんですね~。
それも急ぎので期日が迫っているとかなんだとかでわけありなの。
多大な恩ある人だったからしょうがなく泣く泣く足を四谷から一路大宮へ。
着いてすぐさま資料やらコンセプトやらを聞き入るもののわけがわからない。
でも今の録り方が凄いってのは思い知らされた。
売れるドラムの音と売れないドラムの音っていうのがあるんですね。
そんなこと、俺も随分前から勝手に考えたりしていたけど改めて書類として見るとやっぱり驚き。
俺の場合は聴きやすいか聴きにくいかのところからだったけど、切り口が全く違う。
デジタルが進化したせいか、あらゆる音質や音圧や音域なんかが数値化されていてね。
こういう音楽はこれ、こういうリズムはこういうのがいっていうのがしっかりと理論的に根拠付けされていた。
ちなみに俺が_ _ _ _*で使用していたスネアはどこにも無かった。
ちゃんと音録って計測したんだけれども。
結局用意されたラディックを使うことになりそうだ。
なんで俺が頼まれたかって、スネアだったらわかりやすいけどアタックをサンプリングしたかったんだって。
叩いた瞬間の1コンマくらいに発生する箇所。
そこからすぐに減衰するんだけれどもその一瞬が欲しかったって。
減衰率もいじれるんだから。
今の録音技術なんてとんでもないもんだから音質や音圧やらなんてちょっといじるだけでなんとでもなる。
ドラムトラックなんて1曲実奏して3分あったとして2分半分のテイクがだめだったとしても残り30秒のテイクが生きていればそれで成立することもある。
良い部分の一小節を縫い合わせるようにくっつけてね。
でもどういじったところで元音の圧とアタックだけはどうにも味の素臭くなる、そこだけはごまかせない。
アタックだけはこんだけ発達した世の中でも人力に頼るしかない。
だからデジタルに頼った音って俺も聴けばすぐにわかります。
今回の事は大きな勉強になりそうです。

_ _ _ _*でも今録音していて録り直し2回目なんだけれどもこれも恐らくNGになって録り直し。
あらかたミックス終了してもう形にはなっているんだけれども。
他のメンバーはどうだかわからないけど、俺は音を加工するのが嫌。
特にドラムは自分が叩いているだけに。
だからなるべく出音そのままで最初から良い音を出して、後は全パートのバランスをいじるくらいが好ましい。
通常の録音はクリックっていうメトロノームみたいなのを聴きながら狂わずに叩いていくんだけれどもこれがうちでは使えないことが多い。
_ _ _ _*のって曲中に著しくテンポが変わるのが多いから無理なんですよね~。
元より俺自体が今回はここまで録ってここからは別でっていうのがどうにも仕上がり方が嫌だから無理矢理クリック無しでフル尺1発録りの繰り返し。
リタリンの曲中で「ぱんだの尻尾は何色でしょうか?」っていうとことかもドラムから順にバラで録っていくからとんでもない難度の高さになる、全て自分時間、しかも狂わずに。
こういうのは俺の技術の無さが要因なんだけど、その中で一律一定の音で叩き続けるってもう本当に…。
こんなに録音に手こずるバンドは初めてです。
回転ドクロとかなんてわりとあっさりなんだけどなぁ。
他のバンドさんの皆はどうしてるんだろう、録音。
やっぱりお金かけてレコスタでしっかり録っているのかなぁ。
めげずに自信持って出せるものを人力のみで録ります、絶対に。

そんな事があった今日。
今から真剣にハットの選択に入ります、細かい細かい注文が…。
期日が迫っているのは良くないなぁ。
高速8でタイトで前掛かりなドライブなんて叩き出せるかな…。
ちなみに数値化すればデジタルで表現出来る規則正しい8からハットとスネア、そしておかずなんかだけを0,02秒前倒しで叩いてキックだけは正確に踏むとそうなるらしい。
なんだそれ。
やってみます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/115-0cfe5594

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。