スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採血の恐怖。

そうだ。
採血!!

これまで献血した事はあるし別に血を抜かれるのに慣れていなかったわけではない。
むしろおぉ、血なんていくらでもくれてやる、抜けよ抜けよってなもんだった。
でもこの前の検査で大量に抜かれたの。
それダメな量じゃないの?ってくらいに。
看護婦さんにサクっと言われた。
細かい検査数値の書かれた紙を片手にお兄さんは丈夫だから大丈夫なんですよみたいなメンタル論を振りかざして。

よくわからないけれどわかりましたみたいに採血開始。
え?
ちょっと待て、それ今まで見た針の太さじゃないぞ!
献血の時よりも急患で運び込まれた時よりもなんか針の太さというかいかつさが…本当に今から何の検査するのっていう不満をタラタラと延べ出した俺。
するとね、突如として看護婦さんがマシンガンのように喋り出した。
わかるわけじゃない。
あぁ、この看護婦さんはこうやって喋ってちょっとでも痛みから気をそらそうとしているんだなって。
でも実際に看護婦さんの喋りが面白くてプロだなと、でもそうはいかないぞと思いつつ笑う俺。
で、ぺしぺしと針刺す部分を叩き出した。
それで聞いたのよ、これ叩くと少し痛くなくなるんですよねって。
よく知ってますね~ブスッ!!

イダダッ!!!!!

痛いやんけ、バカ野朗!!
とは言ってないけれど痛かった、本当に痛かった。
あの注射針の太さはおかしいぞ。
それで見る見るボトルのような容器に抜かれていく血液。
赤黒いのがたっぷりたぷたぷ。
さようなら、俺の体液よ~とかって呟いてたら笑う看護婦さん。
でいろいろと今の患部以外は検査しても全くの健康体だった。
そりゃそうだろ、これ以上何か見つかったらビビるぜ。
無事に全部の検査が終わって解放されて帰ったの。

フラフラする。

情けないけれど初めてだった。
今までなったどんな病気よりもフラフラした。
血ってたくさん抜かれるとあんなになるのね。
病院出た直後はチャリに跨るのもやめたくらいだった。
こうね、思考もまとまらないしただなんとなく何かをするみたいになってしまう。
なった事ないけれど貧血ってあんなものか。
でさ、それ実は北海道からジンギスカンが送られてきてすぐに調理しなきゃいけなかったんだけど…ジンギスカン作らなきゃ~って思ってるんだけどジンギスカンって反復しとかないとなぜだかすぐに忘れそうになる。
なんで?
で、とにかく八百屋さんに行った。
八百屋さんに着いてからも一瞬ジンギスカンを忘れていたもんだからなぜここにいるのかを数秒考えて思い出す始末。
やばい、これはあれこれ忘れてとんでもなく二度手間になる可能性がある。
で、サポートBaしてくれていたゴロー君が横にいてくれたから繰り返し言ったもんだ。

えのき!えのき!って覚えといてって。
こんぶ!こんぶだぜ!って。

結果的には無事に作れて皆で美味しく食べれたんだけれどさ。
参った。
女の人って毎月あんななのか?
ドボドボ血が出るんだもんな…そうなのか。。
大変だ、ご愁傷様です。

血抜かれると面白いね。
ちょっと腹立つ事でもどうでもよくなってたもん。
あっ人参ちょっと厚く切り過ぎた、まぁいいか。
あっジンギスカン狙ってた肉取られた、まぁいいかみたいな。
しょぼ。
今はだいぶん落ち着いて痛くなくなってきたんだけれどさ、不思議と開放感って無い。
それよりも頼むからもうならないでくれよみたいな恐怖が勝っている。
もう結石は嫌だ。
早く完治しておくれ。

五体満足というのは本当に感謝しないといけないね。
これだけ体にはいろいろな機能が備わっていてそのどれもに神経が通ってくれている。
そもそも何の痛みもないほうが奇跡的なのかもしれないね。
痛みという痛みが体から消えればそれはとても危険な話だしさ。
こんなに痛くとも必要というのがなんともかんともだ。
生命のルールなのね。
でも痛いのは嫌だ。


今テレビよく見ているんだけど面白いね。
あの与党の大先生にまつわる一連の話。
もう何かの化かし合いにしか見えないね。
あの大先生は間違いなく強いぞ、お化けクラスなんだろう。
間違ってもあのタイプの人は敵にしたくないもんだ。
今の報道は本気なんだろうか。
本気でやってあの程度の報道しか出来ないのか。
それとも何か別の規制がかかっているのか。
んなわけないだろう、胡散臭い報道ばかりだ。
大体あんな先生達はそもそも専門的に政治に関わるわけで要するに法を精査し検討し、言い換えれば穴という穴を調べるような仕事でもあったりするわけでしょ。
道義的にはアウトでも法的にセーフなんて事を専門的に知っている人達だ。
だとすればよっぽど勉強しているメディアじゃないと対抗すら出来ないでしょ。
知らないわけないだろう、あれだけしっかり資産管理だけじゃなく運用しているんだから。
絶対に知らないわけがない。
特捜部が本気でとかなんやらやってるけど絶対もっと違う所で捜査進んでいるはずだぞ。
あの人達で検挙出来ないのであればきっと誰も捕まえられないだろう。

思うんだけどさ、ああいう先生達って要するに皆に投票された上でって話でしょ。
だから皆常に嘘発見器を装着して話とかにも対応すればいいんだ。
そっちのほうがよほど弁明になるぞ、嘘発見器の精度は半端ないんだ。

やりましたか?やりませんでしたか?
やっていません!ピコ~ン!!

ぶら下がり取材とかでも皆ピコ~ンピコ~ン鳴るぞ。
国会なんかの質疑応答でも質問した人でさえピコ~ン!された人もピコ~ン!聞いているだけの人もピコ~ン!ピッコンピッコン鳴るからわかりやすいのに。
全員嘘ばっかかもしれないよ、必要な嘘もあるんだろうけれどさ。
あんなもんで一々他の審理止めてさ、そこまでして質疑応答なんてやる価値あるのかね。
苦しんでいる一般市民なんてどこ吹く風、それよりも政権獲りか。
立派な国だ。
誰に投票したらいいのかもう皆わからないだろうに。


もうすぐのんびりもしていられなくなってくる。
そろそろ動き出そうっと。
へい!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。