スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグロマグロ。

ちなみに_ _ _ _*の通算ライブ本数は現在222本。
だから何?


はいはい。
やっとこさ石が出ましたよ。
心配かけた皆、ありがとうございました。
病院で撮ってもらったレントゲンで見たら楕円というよりもUFOタイプだった。
でも出た石はそんな悠長な物ではなく横から見たら楕円、上から見たらわりと真円で直径の最長部分は8ミリもあった。
何か出来の悪い缶バッチのような形、こいつは酷い。
なんだ、4ミリ以下から粉砕しないで自然に流すってんでそのサイズだと思ってたら上から見たら8ミリだった。
全然でかいやんけ、上手い事レントゲンから隠れてたんやな。
そりゃ痛かったはず。
しかも石なんてかわいいものじゃなくてまるで鳥の目のようなえげつなさだった。
上から見ると周囲が白色、真ん中が黒。
明後日辺りに病院行くのが楽しみだ、なんて言われるんだろうか。
これで完調か、良かった良かった。
晦日からの呪いがやっと解けた、長かったなぁ。
また6,7年後にやってくるんだろうか。
恐怖だ。



そうそう。
大変だ、本格的にマグロが食べれなくなる。
太平洋と地中海のマグロの8割を日本が占めてるんだって。
国際的にマグロの取引が出来なくなるというか絶滅危惧種指定だって。
実は回転寿司フリークの俺。
そして実は回転寿司では生魚を全くと言っていいほどに食べない俺。
だってそんなに美味しくないんだもん。
甘ダレでごまかして食べる。
回転寿司の生魚系のネタはほとんど嘘だしね。
エンガワなんてあの量を本物から取ろうとしても取れないからね。
あの幅のエンガワなんて無いから。
だから回転寿司のエンガワは南米のお化けエンガワなんだぞ。
大変と言いつつも回転寿司レベルではマグロが無くなっても全く問題ない。
というか回転寿司だろ…あの需要は半端じゃない。
薄利多売戦線で生き物が絶滅だなんてバカらしいね。
売られていてもきっとマグロの赤身でさえ超高級魚になってるんだろうなぁ。
マグロで有名な港はどうするんだろうか。


とはいえお寿司といえばマグロと教えられてきたようなもんだ。
食文化、日本って凄い特殊な気がする。
あんまり大きな声で言えないけれどさ、ある国地域に行けば我が家のパピも食卓にあげられかねない。
犬も猫も食べる人は食べる。
マグロってさ、実は世界的にはあまり知られていない食べ物。
ツナだったら全然普及しているんだけれども。
いろいろ思うね。
日本はクジラも食べるでしょ、でシーシェパードがなんだかんだって揉めているけれどあれも同じだ。
なんだろうね、イルカみたいなのかもしれないね。
あんなにかわいいのに捕鯨して、なんとかして止めないとってさ。
ちなみに日本人はイルカも食べる、今もどこかのスーパー行けば売ってるんじゃなかろうか。
だってとある地方の食堂で食べた事あるもん。
例えば鯛っているでしょ、あの立派な日本では高級魚の鯛。
それがある国に行けば立場がイワシと逆転している。
イワシなんてその辺のスーパーで安ければ3匹100円ちょっとでしょ。
食卓の味方、よくすり身にしてつみれとかにもなってるね。
鯛はそうはいかない、立派なものだと平気で1万円なんて越える。
鯛のすり身なんて高級料亭に行かないと出てこないぞ。
それがある国では値段や立場が完全に逆転していた。
どうもその土地では美味しく感じられない、それにたくさん漁獲量があるというのが理由だって。
鯛が100円以下、イワシが8000円みたいな。

またある国ではゴキブリを生きたまま持って来てくれたらグラム買いという単純なのではなく色、ツヤ、密度など精密に判定されて結構な値段で買われる。
それは貴重な漢方薬とかになってちゃんと社会貢献される取引。
多分日本にもあるでしょ、ゴキブリ成分の漢方薬。
日本人にあんなに嫌われているのにね、ある国ではゴキブリも道端に落ちてた500円拾ったってなもんだ。
大体日本の調味料なんて世界で見ると最も入手しにくい部類じゃないだろうか。
醤油、ミリン、味噌、あんなもんどこだって簡単に売ってなかった。
値段も段違いだったし。
風味の違う肉醤や魚醤は大陸の物だけあってわりと入手しやすいんだけれどね。
日本人はとにかく煮込むのが好き、カレーだってもう持ち込んできた国よりも多様化してるしさ。
ラ~メンとかも全部そうでしょ、煮込む煮込む煮込む。
今オリンピックやっている国の食文化なんてビックリするぞ、調べてみたらいいんじゃないだろうか。
留学やら仕事で行った人達は大体同じ話ばかりしてるもんね、面白いもんだ。
調味料が違えば当然食べようとする物も違う。
日本の味付けって基本的に精密で濃い、世界全般で見たらかなり濃いほうじゃないだろうか。
だから多少臭みのあるものでも美味しくいただける。
食文化って思うよりも人に大きな影響を与える。
海外行くとさ、なんか大雑把な料理でワイワイする国では大雑把な人が多いような気もするし。
日本ってそういう所からも神経質なほうでしょ、気のせいかな。
神経質って書くとなんかネガティブだな、そういう感じでもないんだけれど。



マグロが食べれなくなっても仕方がない。
すまん、俺達日本人が安く食べ過ぎた。
マグロ取引で儲け過ぎた人もいるだろう。
マグロ専門店や漁師さんとか心配だけれども皆諦めようぜ。
それでも食べたいって人はマグロがキャビアやら世界的な珍味になっても食べればいいじゃないか。
相応の値段を払うんだ。
その前に今のうちに食べておこう。


まぐろのなかだ屋…あなたに会いに行きます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。