スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫。

着々と呑まれては増えていくお酒達。
俺ほとんど呑んでないのにこのサイクルはなぜだ。
SH3G00280001.jpg
昨日は初めてアーリータイムスと梅酒を呑んだ。
んで呑んでもすぐに寝なかった朝6時。
何かが弾けた日だった。
きっと飲酒レベルが上がったんだろう。
この調子でもう少しだけ強くなれれば…遊んでばかりでもないんだぜ。

SH3G00270001.jpg
この右側であんぐり口を開いているサポートベースのゴロー君がスピリタスというのをショットしていた。
スピリタスっていうのは90度くらいの酒というよりもう薬品に近い毒物。
ショット?
何それ?
どうやら決められた定量を一息に胃にぶち込むんだとか。
アホだ。
巷では罰ゲームやらでもやらされるんだって。
俺からすれば自殺に等しい、スーサイッ!!
言っとくがね、君達の肝臓は40歳を前後に順番に壊れていって廃人になっていくんだよ。
やめときなさい、お酒をそういう風に呑むんじゃない。
へん。

面白かった。
このスピリタスをぶち込んだ直後、ゴロー君は喋ろうとしているんだけれども口の動きからして明らかに遅れて震えた声が発せられる始末。
それ何の技?
あんなの絶対に呑まね~!
しかもこれ、アルコールランプ以上に燃えるのね。
ちょっと改良すれば何かの演出とかで火炎瓶っぽく使えるのか…。


あぁそうだ。
桜がどんどん咲いてきている。
どうしよう、花見なんとか出来ないもんだろうか。
無理っぽいなぁ、最近はスケジュールが頑なにまでストイック。
唯一の自由時間は決まって朝方、店なんてどこもやってな~い。
チョロッと夜桜ならいけるかもね。

ちょっと気になる報道があった。
猫がどうやら7階のベランダから投げ捨てられ短期間のうちにたくさん死んでいたそうな。
その犯人と思われる人間の部屋にはさらに2匹の猫がいて殴っているそうな。
聞けば躾と答えるそうな、それで動物保護団体が動き出したとか。

なんてこったい。
飼ってもいない、もしくは飼って間もない猫と仲良くしたかったら絶対に殴っちゃダメだ。
追いかけてもダメ。
恨まれるだけだぜ。
なぜなら猫は独立性の高い精神の持ち主でハナっから人間なんて信用していないしもしかしたら仲間という概念も持ち合わせていないかもしれないくらい。
数年一緒に住んでいたとしてもその10分の1程の期間会わなかっただけで忘れられるかもしれない。
最近ヤンキー化が進んでいるパピにしてもそうかもしれない。
SH3G00330001.jpg
飼われているどころかむしろ一緒に住んでやってるんだくらいに思っている。

猫って不思議な生き物。
猫が寄ってくる、好まれる人間っていうのは実は限られている。
最初から決まっているんだ。
なんというか森の妖精的な雰囲気ね、それは人でもわかれる雰囲気。
我が家に初めてやってくる人間でもパピが最初から近付いていく人間っていうのは大体わかるもんだ。
たま~にいる、やっぱりねって。

躾ね。
よくわからないけれどさ、躾なら叩いてもいいと思うよ。
それで最後まで仲良くやってけるのであればね。
そもそも猫と付き合うのに人間が上で猫が下っていうのがおかしい。
きっとベランダから放り投げるっていうのは完全に人間の支配欲の成せる業だろうね。
だって猫って言う事聞かないもん。
信用していない人間であれば我が身がどうなろうと命を賭けてでも言う事なんて聞かない。
理屈なんて通用する動物じゃない、こいつのキャパが小さいと判断されれば関係性はそれで終わり。
ご飯あげて食べるかもしれないけれどそれでご飯をもらったとも思ってないぞ。
単純な知能であれば犬のほうが賢い、でも猫にだってこの人間様様の世の中をここまで生き残ってきただけの知恵はある。
少なくとも日本じゃ食用になっていない。
きっと根っ子の部分では誰にも頼らない事でここまできたんだろう。
猫の素行を見ていたらそう思える。

そうだなぁ。
もしこのパピが家から何かで逃亡したとして。
で、人懐っこくなってしまっているせいで誰か悪い人に連れ去られて死体で転がっているのを見つけたとして。
さらには明らかな暴行の後があったとしたら…さぁ俺はどうするだろうか。
パピが猫だとしても人と同じように家族同様に過ごしていたわけで感覚的には人が殺されたのと変わらない。
しかもですよ、法に訴えたとしてもろくな罪にはならないわけですよ。
誰かがパピにしたように私も同じようにその人に虐待を加えれば大変ですね。
人が人を裁くのではなく法が人を裁くのが一応の体裁なのです。
理性的に合法的に報復をしなければなりませんねって具合だ。
だったらってんでその時の自分の行動想像しただけでゾッとするね。
まず間違いなく犯人見つけて何かしらの何かをするだろうね。
でも要するにそういう話でしょ。
ベランダから放り投げられた猫の中にはきっとどこかの飼い主さんもいたはずだ。
辛かったろうなぁ。
人権と同じように猫権犬権とかを発案すればいいのに。
それもおかしくなるか、だってあくまで人間発案であって猫発案ではないもんね。
江戸時代の様子を見てみたかった、生類憐れみの令ね。
ほっといてくれニャって聞こえてくるようだ。
仲良くするには人なんかより猫のほうがよほど厄介だぞ。



あ~パピ先生にご飯あげなきゃ。
今日はマグロフレークあげよう、ご馳走だぞ。
へへへ、食べる所邪魔してやるんだぜ。
今日も楽しかったな、パピよ。
いつか一緒に虐待する奴しばきに行こうぜ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。