スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酔っ払い。

3月も終わり。
何はともあれ桜の季節。
生まれて初めてごはんですよを食べた。
のりの佃煮、なんと画期的な商品だったのか。
創業者は関西人か関東人か…関東に1票だ。



面白いバンドさんに出会った。
ぶっ飛んでるね、あれは長生きしなそうだ。
これは褒め言葉なんだけれど。
久しぶりの衝撃、それはもしかしたら今の時代のロックっていうのはこういうものなのかもと思ってしまった位のもの。
吉と出るのか凶と出るのか。
もし騒いでいるのが関係者ばかりだったら悲しいな。

なんだろうね。
完全に0から勉強しなければならないくらい生まれるより前の音楽っていうのが確かに今の土台としてある。
絶対にある、特に大衆音楽。
そんなの知らないとかって言ってもね、聞けばみ~んな知っている。
だってその真似をしているのをたくさん聞いてきているはずだから。
価値とは言葉にすれば簡単だけれども恐ろしい物。
価値の対象に対して崇拝はもちろんその真逆でも同じく価値を見出せる。
いずれにせよ価値。
それがある限り価値は生き続ける。
俺の知らない時代に全盛を誇ったらしいジャズが今の世だとどこかアンティークのような響きさえあるでしょ。
きっとロックも少し後にそうなってるはずだろう。
その芽を確かに見た。
従来のロックに反抗するもの、それはなんだろうね。
日本が面白くなってきた。
立ち会えるかな~立ち会いたいな。


オリンピックに引き続きフィギュアを見た。
面白かった。
凄いね、五輪であんなにもどうしようもなく完璧だった人がメンタル1つでこうも頼りなくなってしまうとはビックリ。
やっぱ人間弱い生き物だ。
常識からすれば考えられない程に知恵を絞り根拠に沿って鍛えているはずなのにね、始まる前からダメっぽい様子が漂っていた。
モチベーションだけじゃないでしょ、普通に疲れてたやん。
いいから休ませてあげなさい。
それにしてもなんか日本って強かったのね。
金メダル金メダルでしょ、参加していない選手がいたとはいえ世界の選手権。
ちなみに俺も床で素で回ったら1回転半がやっとだった、しかも軽く転んだ。
どうしたらあんなに回れるんだろうか。


あっ!
思い出した!!
話変わるんだけれどこの間変な人に絡まれたんだぜ。
やっぱり酔っ払いで深夜の終電近くだった。
5m程後ろから↓

「おめーが前歩くからきれいな空気吸い損ねただろうがあ!」

くはは、来た来た!
こういうのたまらんね、北斗の拳の世界観が今ここに!ってな具合だ。
推定年齢40代前半の男性、体型は少しガッシリの中太り。
そしてスーツにネクタイ、恐らく管理職。
靴はきれいだった。
多分昔は喧嘩も強かったんだろう、しかし残念ながら酔っ払っており戦闘力は皆無。
どうやら…おっちゃんがユラユラと近付いてきてから思ったよりも俺が大きかったらしく何かを立て直そうとしていた。
しかし怯まず見上げて睨んでくる。
あはは、もう引っ込めないのね。
それにしてもこういう酔っ払いにはなりたくないなぁ、なりそうで怖い。
それはさておき、俺もいけないのが薄笑いね。
こういう時ってなんでだかいつも笑ってる。
それが勘に触ったらしく年長者の威厳というかそれとなくよくわからない説教を始めた。
おっちゃんもいろいろあるんだろうと思い、ひとまず聞いてみる事に。

「おめーなぁ!おめーみたいなもんが☆*@グきて#$%&’!!」←解読不能

「…すいません、もう1回言ってもらえますか??」

「ぢゃんど話聞げぇよ!!じあkjだfk!!」

全くもって話の後半がわからん。
そんなやりとりが5、6回はあったんじゃなかろうか。
そしてこっちの言葉も届かず残念。
で、すぐに面倒臭くなってきたから歩き出すとそのおっちゃんもなぜか後を歩き出す。
そして冒頭の「おめーが前歩くから」に戻るという奇跡!
危ないぜ、おっちゃん。
酔っ払っているとはいえ世の中にはどんな人がいるかわからないでしょ~。
絡んだのが俺でよかったなと心にも思わない事を思いつつあひるの親子のように微妙な距離感で歩いていると良い匂いがしてきた。
焼き鳥屋か~と思いつつ通過するとすぐ後ろでおめー!と呼び止める声が。

「ぐわぜてやんよ、おべぇー!!」

!!??
ど…どうやら焼き鳥を奢ってくれるらしい?
なんだ、この流れは…。
そして財布にはザックリと札束が入っていた。
千円札ではない、札を掴めない為に軽く2,30万円は入っている財布ごと会計しようとするおっちゃん。
バカだな~人間バカだな~おっちゃんバカだな~。
よくわからないままに5本程注文して奢ってもらう。
美味しかったけどね、一々焼き鳥の感想をおっちゃんに報告しなきゃいけないという益々よくわからない流れに。
あんなに心底思ってもいないありがとうございます、ごちそうさまですを言ったのは初めてだった。
それで迷惑料として焼き鳥も奢ってもらったしじゃあここでザックリ帰りましょうと言うも通じるはずもなく尚も後を歩いてくるおっちゃん。
おい、絶対に家こっちじゃないだろ!!
と思いながらも面倒臭いの極みに達したので思いついた。
こういうのの専門家がいるじゃないか、それに面白そうだとある場所に向けて着々と歩いて行く。
それとて帰り道からちょっとだけそれた場所なんだけれど。

☆警察署☆

あっはっは。
またも微妙な距離感を保ちながら歩いてくる。

警察署が見える。

ついてくる。

玄関に着く。

ついてくる。

署内に入る。

入ってきた~~!!!

良いリズムだった。
おっちゃんのタイム感に乱れなし。
まるで都会に来て間もない若者、純朴、ぼったくりバーに入ってく人みたいだった。
おっちゃんバカだぁ~!!
その後は知らない。
事情を説明して困ってるんですと伝え投げてきた。
どうなったんだろうか。
ああいうのは留置所みたいな所にぶち込まれるんだろうか。
と、そんなどうでもいいネタがあったんだった。



そうそう。
恒例の…ってわけじゃないけれどそろそろお報せメルマガが届くぜよ。
東京の皆さん、いかがお過ごしでしょうかってなもんだ。
今回は少し間があるもんね、えっへん。
今はどうなってるんだろうねぇ、うへへ。
今日は日曜日か、やる事がたくさんある。
休日の風景でも楽しみましょうか~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。