スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼鳥丼。

焼鳥丼。
すまない、ビックリする程美味かった。
用意する物はこれだけ↓
SH3G00610001.jpg
白髪気味のネギ、大葉刻んだの、漬けたタレとチンしたネギ、でタレ。
ご飯に白髪気味のネギひいてタレを薄らかける。
その上に出来たら炭火だけど簡易でフライパンで適度にこげるまで焼いてタレにつけて上に乗せる。
その後に大葉と海苔…は味付けのほうがいいかもしれない。
ばばーん!
SH3G00620001.jpg

ビックリした。
歴代の俺レシピの中で原価としんどさ比率からして最も簡易に高クオリティーを産めたかもしれない。
タレもとりあえず新橋風の確定版を書いておこう。
醤油、安いので良い。
みりん、安いので良い。
ザラメ、なんでも良い。
料理酒、別に料理酒じゃなくても良い。
ニンニク、チューブで良い。
ショウガ、チューブで良い。
実はもうタレは2度作ったんだけれど2度目は食材全てのランクをわざと落としたけど関係なかった。

醤油:3
みりん:2.5
日本酒:2
ザラメ:空気読む
にんにく:香り付け程度
しょうが:香り付け程度

難しいのは中火で醤油を煮立たせながら絶対に過度に煮立たせない。
ちょっとブクブクしたらもう弱火でまったり。
吹きそうになっても混ぜるのと火加減で耐える、落ち着くまで火は切らない。
ほぼ常にかき混ぜる。
みりんも煮立たせ過ぎると少し目立ち過ぎるから気をつけるんだ。
絶対に最初は苦くなってしまうけれど、そこから頑張れば修正出来る。
ザラメで甘みを出すというよりみりんで醤油の角を取るイメージで。
しいて言えばみりんの扱いが一番難しいはず。
ザラメはね、一気に入れ過ぎて下に焦げ付かないように丹念に混ぜる。
結果的にザラメはこんなに入れるのかってくらいの消費量で正解。
常に飲料水を用意して口をゆがいて味覚をクリアにしながら味見する。
上手くやれば15分くらいで完成するぞ。
皆、やってみるんだ。
それで上手くいけば報告しておくれ~~!!
こんな…こんなに財布にエコで皆が喜ぶ食べ物ないぞ!!
やるんだ、焼鳥!!
や!き!と!り!


あれ…ちょっと待て…。
鳥モモでこれだけいけた…まだ大量の鳥皮がある…。
う~ん、軽く湯引いて脂落としてから焼いてご飯ってのも相当いけるんじゃないだろうか。
鳥皮料理…か。。
上手い事香り付けだけして素焼きでポン酢とか。。
おぉ、家庭料理としての焼鳥分野は未開拓の荒野だ。
そういえばまだつくねにも着手していないし。
あいにくつくねのノウハウは全くない。
美味しいつくねはしっかりとこの頭脳にメモリーされている。
どうしよう、う~んう~ん。
しかしこれさえマスターしてしまえば真夏の遠征とかでどこかの河原で夢のような焼鳥晩餐を楽しめる。
井の頭公園の花見客でも誰一人自前で焼鳥なんていなかったもんね、えっへん。


あんまりにも美味しかったから書いちゃった。
おやすみなさい~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。