スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5・20CANNIBAL RABBIT&スランキーサイド。

久し振りだった。
出演者でもないのに気付けば打ち上げの最後の最後まで残っていた朝方6時パターン。
へい毎度。

まぁなんというか…いろいろあった。
それに稀~にあるドロドロな濃度の打ち上げだった。
たまらんぜよ。
ライブも楽しかったんだけれどさ、昨日はその後も凄かった。
俺はまたしても良き先達に引き合わせてもらったようだ。
あ~ちくしょ~、多分最低でも2,3年は引っ張りそうな言葉をもらってしまった。
たった1時間半程の会話が生涯の基礎部分を構成する。
とはいえその発せられた言葉とて何気無い会話の中からだったんだけれどさ。
彗眼に国境線など無し。
俺もその道を歩んでいきたいです。
真っ直ぐ行けたらいいなぁ、しかもなるべくこのまんまでさ。
素晴らしい時間だった。


昨日はね、四谷でおとなしくライブ鑑賞。
SH3G01200001.jpg

まずはCANNIBAL RABBIT。
何やら恐ろしい獲物を手に入れたとやらでリハから遊びに行ったんだった。
前の日記にも書いたBaのキャビというかウーファーね。
すんごいのが出ていた。
Baの音は凄いんだけれども、ブラックホールのような低音成分でギターのミッド以下を激相殺。
ブモーブモー唸ってた。
上手くやればあれだけれどもアンサンブルをぶちのめしかねない威容だった。
凄いな~凄いな~昔のベースキャビってあんなんだったんだと感動。
あれさえあればあれやこれや…と内心いろいろシミュレーションしながらリハ見学していたのは言うまでもない。
本番。
どうやら音調整も上手くいったようでやっぱりパンチのある音を発していたカニラビ。
後は…本人達の好みなんだろうなとか思ったりしながら観ていた。
外音はおっけぃ、でもなんせ内音は…ってあはは。
あれは球場クラスでも使える代物だ。
いやね、カニラビは6月も大阪名古屋と行動を共にするから余計に気になるでしょ。
今どうなんだろうって。
もちろんお互い様で俺達もそうなんだけれどね。
どちらかというと少し似た状況、Drさんが脱退してサポートでのライブだからさ。
全然大丈夫だったね、というか何も変わらない。
あれはバンドの人格だ、良いバンドだ。
後々互いにこの時期が良い下味になっているだろう。
ライブでのあれくらいの奔放さがあれば俺達ももっと楽しくなれるだろうね。
また6月が楽しみになった、頼もしいぜ。
だから嫌われても美味しいの食わせまくってやる。
きつねうどんとお好み焼きからだ。
えへへへ。

そしてなぜか車の中列をぶち抜いてそこにおられる件のORANGEのキャビ↓
SH3G01230001.jpg
借りちゃった、感激。
カニラビもライブが6月まで無いみたいだしこれでスタジオで実験させてもらえる。
確信に近い物があるけれどRecで使えるだろう。
しか~し万が一でも明日の山梨ライブでは使えない。
なぜならこれを積むと機材車の定員2名になるからだ。
現地集合?
無理だ~、ハイエースじゃなきゃね。
今日はリハだから早速お試し、こいつのポテンシャルを暴いてやる。
ありがとう。
何かで返さねばね。


そしてトリで出てきたスランキーサイド。
そもそもリハから観てたんだけれどさ、やっぱり音がでかい。
世界にあれ以上でかい音出して成立しているバンドがいないと信じたい。
何もかもがでかい、やめて~って感じだった。
このバンドの凄さを書くのも今さらあれかもしれないけれどさ。
継続=更新=呼吸というのを観る度まざまざと見せつけられる。

19年目のバンド。
書いたら怒られるかな…いやきっと大丈夫だろう。
傍から見ていると物凄い速さで楽曲が生まれていく。
考えられない、だってライブ観に行く度に知らない曲やってるんだもん。
俺達なんて精々5,6曲だろう。
という事はですよ、何かのリリースがあったとして当然売る為に普通に、ごく普通に考えるとライブでのセットも自ずと新作リリースされたそこからの選抜群が形成されるわけですよ。
しか~しスランキーサイドはリリースされた時にはもう次の新曲達のかなりがセットに食い込んでくるという事態。
もちろんリリースされた曲はそれまで散々ライブでやっている、とはいえ考えられない速度。
この姿はミュージシャンとして理想形にかなり近いはず。
スランキーサイドのライブビデオ、特にアーティスト諸氏にはお薦めの一品だ。
ちんぱん嘘つかない、通販で買ってしまえっ!
遺すものは遺して無限に前進ってね。
昨日もそんなライブだった。
強度と純度、それは余計な物が削ぎ落とされシンプルになった故なのか。



さてさて。
人事ではなく俺達も明日山梨県の都留でライブ。
あはは、良い感じで昨日立て続けに観たナイスライブにインスパイアされている。
呼んでくれたのは山梨県のcornersと静岡県のTHE THREE。
感謝だ。
山梨県なんて行った事がないもんね。
いつも富士山脇から素通り、もしくは富士急ハイランドくらいだった。
出番はトリ前。
さぁさぁ初の山梨県、イベントに共に参加させてもらえればと願うのみ。
今日は良い準備をして明日へ。
ではでは。

あっそうだ。
買ったバイクが今日届くのさ。
慌しいかも。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。