スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都留終了。

都留。
楽しかった。

朝方に出発して渋滞を潜り抜けて山梨。
渋滞は嫌だ。
でもライブは好きだ。
渋滞は嫌だ。
でもライブは好きだ。
と禅問答するような事態を乗り越えて初めての土地。
要するに渋滞中にトイレに行きたくても行けないというあれね、あはは。
それで着いて時間も余ってたもんだからうどん屋に入りたかったけれど空いてなくてモスへ。
SH3G01270001.jpg
なんかでっかいの頼んだんだけれども全然美しく食べれなかったぞ。
美味しい、美味しいんだけれどもこれは微妙な距離の人と一緒の時に頼んではダメだ。
なんでも許してくれる人といる時にするんだ。

山梨ギブソンハウス。
SH3G01370001.jpg
1階がライブホールで2階がレストラン。
あの環境はちょっと羨ましかったな~。
都留ってやっぱり閑静でさ、当たり前だけれども都会からすれば何も無い。
話がちょっと飛ぶけれどイベント後の打ち上げの遅い時間でもここだけは栄えていた。
ダーツもあったりして賑やかだった~。
ツールとしては最高の環境じゃないか。

会場入り後すぐに見つけたフライヤー。
SH3G01360001.jpg
会場こそ山梨県だけれども都内にもバラ撒けばよかった。
そしてリハーサル。
街の風景からして不自然な程に機材が揃っていた。
とにかく山梨県での公演が初めてなもんだからおとなしくおとなしく観ていた。
そして俺達の番。
珍しく本当に苦戦したリハだった気がする。
いろいろ考えたね。
というのも結局100%の音が出せなかった、悔しい。
それを見かねたスタッフさんが後々声をかけてきてくれてわざわざ謝りにきてくれた。
そんなに気を使っていてくれたのかと驚いた。
関係ない話かもしれないけれど持論でそもそもライブハウスとバンドの相性がどうとかって話自体が微妙だと思っている。
何それ、つまりバンドが会場で音リハーサルをしているのに結局大部分でPA勝負なの?みたいな。
出ないのが嫌であれば最初から出なけりゃいいでしょ、そのスタンスなら事前に調べればいい。
それに余程じゃない限りはPAさんと初めてコンタクトしてすぐ理解されるバンドでありたいとも思わない。
PAさんだってそれまで星の数程のバンドを相手に、もちろんバンドもいろんなライブハウスでね。
だったら皆出会って30分で結婚出来るぜ、へい。
それにそれを俺達が認めてしまったらね…というよりもそれは人それぞれの好みだって話か。
だって同じ環境の会場なんて2つと無いんだから。
本来こんなブログなんかでは語られる事の無い話だけれども懇切丁寧に対応してくれたから後の為にも書いておこうと思ったの。
俺達は山梨ギブソンハウスに感謝しております。
本当にあんなライブをやらせてもらって感謝。


リハ後、またもうどん屋探しに入るもあえなく撃沈。
お昼過ぎは皆閉まっちゃうのね…と適当に走っていたら急に山と河。
車降りた。
SH3G01300001.jpg
水がきれいで岩がゴツゴツしていてね。
激しい水流を感じたくて迷わずIN、こういう時クロックスは最高だ。
平たく言えば水遊びしていた。
おかげでこの時点で服がビショビショ。
するとメンバーから声がかかった。

滝あるよ。

何?
何を求めているのかはわからないけれど、滝行はした事なかったからしてみたいと思った。
で、でかいじゃないか。
SH3G0133.jpg
この滝の場所も結構奥地でね。
辿り着くまで単パンに素足クロックスの俺にはとてもキツかった。
虫刺されまくり。
ぬかるんだ自然のわらを踏みしめ沼にはまりながら100%ヘビがいると断言出来る藪をかきわけ到達。
一瞬考えた、ここで例えば岩場から足を踏み外して転落したりヘビに噛まれたりしたらこの後のライブあれだな…みたいな。
結局は慎重に進んだぜ、1センチ反省。

滝行の感想。
2度としたくない。
冷たい、痛い、そしてこの写真の場所から落ちたらヤバい。
もう嫌だ。
物凄く遠めから撮ったこの位置で待機していたメンバー。
しかもよくよく上を見たら滝から落ちた途中でひっかかって止まっている大きな流木があったし。
怖かった。
でも心はきれいになり不思議と体が回復した。
結局ご飯屋見つからずコンビニに。
SH3G01380001.jpg
セブンイレブンで山梨限定っぽいのを買った。
普通だった。
ち~ん。



イベントが始まった。
山梨のCORNERSと静岡のTHE THREEの共催イベント。
THE THREE経由で確か1月くらいの静岡で誘ってくれたんだった。
話を聞いた瞬間に思ったのよ。
いくら共催とはいえ、静岡のバンドが山梨でイベントだなんてね。
それはクソ度胸&酔狂だ、もちろん俺達も参加させてくれって流れだった。
あはは、山梨でTHE THREEに会った瞬間に笑っちゃった。
だって普段俺達が静岡に行った時に会うようなバンドさんなのにさ、まさか山梨でってさ。
それでイベントの最初から演奏を聴いてビックリしたもんだった。
絶対になめたり油断なんてしていない。
それは絶対に無い、でもあまりのレベルに驚いた。
なんで皆もっといろんな場所でやらないのというバンドさんばかりだった。
全然遊びの匂いがしない、もったいな~い。
それにあまり聞かないライブハウスだったのにさ。
そしてそれをジッと聴き入っているオーディエンス。
おぉ!都留凄い!!っていうのが最初だった。
そしてTHE THREE。
なんかもう出会った時とは違うバンドになっていた。
俺達が年末からの騒動でてんやわんやしている間にもぎゃ~って感じだった。
いずれ都内にも返杯としてお招き出来ればね、ぐへへ。
サウンド自体もそうだけれどあの声はなかなかいないぞ。
またいずれどこかでね。
あれ、次大阪とかがいいんじゃないの。

そして俺達。
皆ビックリしてたね、いきなりあんなお祭騒ぎが始まったらそりゃそうだ。
楽しかった。
印象的だったのが酸欠。
終わったら飴が撃沈されていた。
確かに苦しいとは思ったけれどやっぱりそうだったのか。
ちょっとね、今本気で調べようと思っているのがこの酸欠。
人間どういう時に酸素をたくさん消費するのか。
昨日も会場は人でいっぱいだったんだけれどね、どうも他の出演者はそうでもなかったらしい。
これまでを思い返しても単純に人の多少でもない。
会場自体の換気もあるけれどそれだけでもない、何かありそうだ。

そしてトリの地元山梨のCORNERS。
学生で組んでいるバンドと聞いていたけれどさ、そもそも学生イベントではなかったぞ。
素晴らしい、卒業したらどうするのかな。
どうも都留には良いバンドがバコバコ出てくる何かの素養があるみたい。
それを人はシーンと呼ぶんだろうか。
良いライブだった。

終了後は2階のレストランで打ち上げ。
ツアバンにとってもとても優しい環境だった。
1階ライブハウス、2階レストランだなんてさ。
そこでなんだかんだと2時間遊んでもらってからジンだけ置いて帰ってきた俺達。
その後彼がどうなったのかは知らない。
でも都内まで電車で2時間かからないからね、余裕だろう。
帰ったら帰ったで偶然サッカーのチャンピオンズリーグが始まって眠い眼をこすりながら見ていたんだとさ。


いやぁ、都留。
皆ありがとう。
楽しかった。
また遊びに行きたいね。

ありがとう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。