スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷の治し方。

アルゼンチンとブラジルが揃って敗れた。
なんかおかしな大会だ、驚き。
ガーナとウルグアイの試合なんて凄まじかったね。
しか~しこれでオレンジ軍団初の優勝の確率がグッと上がった。
オレーンジ!!


毎日ドラム叩きながらでも塞がっていく指の裂傷。
あまりの回復力に呆れるぜ~。
そもそも昔から切り傷とか明らかにケガです~みたいなやつの治りの速度がおかしい。
包丁とかスライサーとかでズバっと普通ならかなり縫わなきゃいけない程度のやつも普通に治った事がある。

ここから書くのは多分誤っているから真似はしないでね。

ずっと疑っている。

治る速度からして本当にマキロン系は効果あるんだろうか。
治る速度からして絆創膏や包帯は切り傷に本当の本当に有効なのか。
1回ね、本当に酷い傷を喰らってしまった。
肉の塊をスパスパとスライスするスライサーで指をスライス。
人差し指の爪は完全に剥がれ爪があるべき場所には斜めに深さ4mm程刻まれた。
完全に皮膚がビラビラしている状態で骨にも軽く到達。
で、病院行ったのね。
タクシーで連れてってもらった。
家に帰った時には仰々しい包帯、それに固定する板みたいなのもつけられていた。
でも日が経っても中々塞がらなくてね、しかも傷口がジュクジュクしてきた。
これは衛生的にもあれだし包帯そのものがうっとうしくなっていたのもあって剥き出しで治そうと思い立った。
こんなにジュクジュクしてるんなら乾燥させたほうが速いんじゃないのみたいな素人考えね。

治った。
すぐ治った、あらビックリ。
これどうなんだろうね、それからマキロンとか包帯もよほどじゃないと巻かなくなった。
だってすぐ治るんだもん、そして傷も残らない。
今回の指先のもきっと消える。
恐らく紅布の日にはかなりきれいになっているはずだ。
普通だと傷が発生した瞬間に消毒液でシュッシュッとかやってすぐ絆創膏とか包帯でしょ。
俺の場合はとにかく血を止める、そして固まったらこちらのもの。
絶対濡らさない、触らない、完全に固まるまで洗わない。
実際今回1日に出来た傷も3日の夜に洗い物して初めて濡らしてしまったくらいだ。
この方法に切り替えてから膿んだこともない。
どうなんだろうね。
謎だ~どれほど誤った治療法なんだろうか、でも治る。
うむ~。。。


そうそう。
昨日ある買い物をしたのね。
それはどういう物かというとね、何年もひたすら研磨して手に入れていた固有の技術があった。
その技術というのは人の手で成すには相当苦労する類の物。
簡単に買えてしまった。
お値段4万円弱。
嫌な予感したのよね。
これだけ苦労してあれこれやってやっと確立出来たかのような技術。
年単位でずっとずっと…たくさん勉強もしたし訓練もしたし。
まさか…まさかねと売り場に2度行って確認した後に購入。
呆れる。
腹立たしくもありありがたくもあり。
そんな時代とはいえそういう程度なのか。
これは相当にショックだ。
予想よりも遥かに買った物が優れていた。
何もわからないで買った人よりもそりゃ仕組みはわかってるんだからまだ多少は優位だ。
でもそれが生産されている時点でいくらでも補充可能。
恐ろしや。


今日は雨。
梅雨なんだから夏なんだかよくわかんないな。
ではでは~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。