スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苛烈な日々。

過剰に激烈なる日々。
あぁ…そう言えば今年入ってから遊びに行ったとか一度もない、毎年の事か。
あ~あ、海とか行きたいわよ。


嫌がらせしてやる。
かりんとうの写真をどうぞ~↓
SH3G02030001.jpg
へっへ~!
うそぴょ~ん!
これはパピの生涯で最も美しかったウン○だ!
おぅおぅ、いつの間にこんなに立派な…オマエも大人になったんだね。
うちに来た時はこのウン○サイズくらいの体だったのに…まさかそれくらいのこんなものをリリースするようになったとは…
すいませんでした、汚い画像をお見せしてしまいまして。
でも体のサイズからしてあまりにも美しく力強い1本だったので載っけてしまいました。
お食事中の皆様、本当にすいませんでした。

そんなパピはというと…
SH3G02010001.jpg
俺と同じ結論に達したらしく夏場はフローリングで涼しく寝るという結論に達した模様。
ずっとこんな様子、なんかどんどん目が強くなっている気がする。
暑いのと相まってかいつもぜぇぜぇ言いながら走り回っている、やめればいいのになぜだ。
パピは気付いたらしい、毛むくじゃらの自分がいかに暑苦しいのかを。
最初は怖がっていた扇風機も今ではたまに真ん前にでで~んと陣取るようになってきた。
本当に一度体毛全部刈ってやろうかしら…右半分だけとか??
さすがにそこまでは出来ないな~へへへ。


さてさて。
7月16日に向けて悶々と鬱々と洋々と過ごしているんだけれどさ。
着々と今年も富士山計画が進行していたりしていなかったり。
登るぜ、今年は諸々の事情で8月末に…またもや10名前後の大所帯になりそうだ。
最終的にはあんなの体力勝負というより精神力だからね。
去年は高山病にかかりながら1人登りきったのにはビックリしたけれどもさ、しかも下山時まで言わなかったし。
かっこい~。
誰も登山のプロなんていないしさ、所詮素人過ぎる俺達。
たかが去年夏場に一度登頂しただけ。
でも辛い時、苦しい時にどれだけ周囲が見れるのかっていうのが何なのかよくわかった。
あの経験は後に効いたね、うん。
ああいう時に人は試されるもんだね。
ちなみに去年は俺最後らへんで潰れてるからね~残念。
最後の最後に助けてもらったもんだ。
下山時の記憶が本当に半分くらい欠落している、どうもね、7合以下から覚えていないのよね。
マイペースで登るのは先頭に任せて引き上げ係になりそうだ、今年も潰れるな。
全員で頂上に、絶対に誰も見捨てない…と書いてみる。
俺潰れたら迷わず見捨てて行って欲しいね、でもそうなるとドライバーがいなくなるんだぜ。
皆で帰るんだ。
剣が峰行けたらいいなぁ。


それでさ、そんな事も考えながらリハしたり音録ったりの毎日。
ミックスもそうだしTシャツなんかも同時に進行していたりさ。
周囲も随分と協力してくれている。
でも完全復活への道は思ったよりも険しい。
というか復活という言葉自体があれだもんね。
そもそも現状維持で帰ってくるつもりもないしさ。
だから険しくなっているのかな。

今多分ね…メンバーは苛烈な時期を過ごしているんだろう。
何を犠牲にして何を手に入れるのか。
誰も出来ないものを手に入れれるのか。
二兎を追うもの~ってのがあるでしょ、あれほんとだね。
一兎、そしてまた一兎の繰り返し。
その純度が問題でどこまで没頭、追求出来るかが人生の分かれ目になるだろう。
過去の偉人さん達は何が違ったんだろうね。
俺達と同じような過程を踏んでたのかな。
それとももっと鳥のように速く高く跳んでったのかな。

ふと思う。
歴史って結局繰り返している。
破壊、救済、創造を繰り返していてそれを事象として学び、つまり歴史なんだってさ。
あたかも自分がアウトサイドからインサイドを眺めているかのように、誰もが渦中なはず。
じゃあ俺達の歴史の中で俺達は今どの辺りにいるんだろうと。
現時点での推測では1週目のまだ半分じゃないだろうか。
人生が70年だとすれば、そういうサイクルを全うするにはあまりに短い。
太く強くとか濃い薄いとか考えた時期もあったけれどさ、今思えばあまりにもそっけなく浅はかな表現だった。
語っている時点でぬるかったね、そうじゃない。
ある種の死に目を越えた奴だけがってね、そうやって紡いできたはず。
そう信じたい。

こんな話を聞いた。
小学生が小学生に向かって罵倒していたそうだ。

「お前なんてつまらん人生送っとけよ!」

そんな年の頃、こんな大それたセリフなんて考え及ばなかったよ。
一体何を見て何を感じてこれを?
何の時代だろうね~。


アイデンティティーね。
自分が何者で一体何をすべきなのか。
それが時間軸をも飛び越す解釈であるのなら否定するまで。
資質など備わるものではないでしょ、備えりゃいい。
願う者が願う者になる時代であって欲しい。
戻ってみせるよ。

最高の姿でさ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。