スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も富士山。

テレビがただの大き過ぎるラジオになった。
でもラジオほど面白くない。


そうそう、問い合わせチョロチョロもらっているみたいだけれども27日のWildSideTOKYOはトリ前だよ。
9月は都内ないからね~ぜひぜひ。

富士山が近い。
もう少しで登るのさ。
というかブームらしいね、映像で観た限りかなり混雑していた。
なのできっとその逆を突くような時間に登り出すだろう。
ブームっていうのがよくわからない。
去年初めて登ったんだけれども、それとて高速道路で何度も何度も富士山の横を通り過ぎていてさ。
いつもそんな高い所から見下ろしやがって、1回お前を見下ろしに行くぞってなもんだった。
なんだって?
登山装備にかける初期費用の平均が5万円だって?
2000円で十分だ。
内訳は手袋+おかし!

富士山の何が良いってさ、景色なんかももちろんなんだけれど下山後は何もしていなくとも1ヶ月は体が軽い。
完全に体力強化目的だしね。
継続的に体動かしていたらもっと効用あるんだろうな。
だから巷で言われているご来光ってやつにはあまり興味がない。
あの山頂から日の出を見るってやつね。
あれね…泊まりで行かなきゃならんでしょ、そんな時間どこにもないんだぜ。
Twitterのほうでボソボソと書き込みながら登ろうかいな。
どこまで電波届くんだろうね。

思い出す。
去年俺達が登った少し後に巨大な落石が停車していた車に激突して亡くなられた方がいた。
やっぱり万が一があるとすればここだろうね。
街中で事故に遭う確率と富士山で落石に遭う確率どっちが高いんだろうか。
心掛け次第な気がするなぁ。
どちらにせよ俺は今年も最後尾だろうね~。

それでさ、最近空いた時間を見つけてはチョロチョロとトレーニングらしきものをしている。
というのも自分だけ登って下りる分には問題なかったんだけれどさ、もしあれで誰かが動けなくなってみたいになったとしてもそれを担いだり肩貸しながら下りるなんてとても無理だったからさ。
去年の時点では無理だった。
それどころか登山時に滑落気味で落ちてきたおじさんの手を掴んで引っ張った時に足首グニっといわせてさ、そこをかばうせいで蓄積してきて下山時死んでたもんね。
ほとんど記憶がないくらいだ。
ああいう私生活ではささやかなトラブルも富士山では命取りだった。

トレーニングって言ってもせいぜい高層マンション階段を数段飛ばしでダッシュ気味に上り下りするくらい。
こんな都会に山なんてどこにもないからね。
でもそれを20~30往復しているとかなりくる。
特に下りる時の筋肉鍛えときたい。
去年帰ってきてから筋肉痛が酷かったのは下山時に使った筋だった。
階段という階段下りる度に1段ずつうぉ~!みたいな。
しかも今年はその3日後に新宿でライブでしょ。
あのレベルの筋肉痛で踏むバスドラとはいかなるものや、その行為自体がサディスティック過ぎて恐ろし~。
キックは生命線だに。
どちらにしても生きて帰らねば。
へへへ、俺達はかなりしぶといぞ。

そういえば…今日はジンの誕生日だな。
会わないな…かわいそうに。。
山頂ででも祝ってやろうか…思いついた!
ふふふ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。