スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿終了、その他雑記。

ホテルの37階。
SH3G02730001.jpg
あらゆる物がゴミに見える。
そうして誰も正気を失っていけばいい。
31階は低いかい?
10階にもなれば見えやしない?
既に半分死んでる。
そう、あんたの事だよ。


と、つまらない前置きはほっといて。
9月7日は新宿WildSideTOKYOだった。
都内ではひっさしぶりにやったりした曲もあってさ。
お~怖わ。
やっぱりあれ強烈だね、痛感した。
うんうん。
あんなものを当たり前にやっていたかと思うと今さらながらにゾッとするね。
音楽の可能性をまた新しく知れた日だった。
きっと今までわかってなかったろうからさ。
おかげでとてもフワフワしたようなあれがあれであれだった。
それにしても急な告知だったのに会場に遊びに来てくれた皆には感謝。

ありがとう。


前に日記に書いたように相変わらず機材車狂騒曲が止まない。
なんだかんだしているうちにおかげでもうかなり米を食べていなかった。
不思議ね。
お米ってさ、俺達日本国民にはDNAレベルで根深く組み込まれていたのね。
なんか体重がガンガン落ちてくるの、俺だけ?
パンではいくら食べてもダメだった、満たされない。
別に体力的には何も無いのにさ。
するとお腹減ったとかとは別次元である種の飢えが来た。
なんというかこう…頭の先っちょのまだ少し上のほうがカキ~ンとしてくるの。
夜になるといろんな映像や音像が降ってくる。
俺にとって米食べないというのはそういう事だったみたい。
おかげでネタがアホみたいに増えたぜ。
健康的なのかどうかわからないけれどこれからちょくちょくやってみようっと。

それでさ、ここ2週間で病気や事故やらで次々と残念な報せが入ってきていた。
う~ん。
俺に何か憑いているのか、それとも…って冗談は抜きにしてね、本当に残念だ。
大袈裟とかブラフとかじゃなくってさ、本当にそれというのはやっぱりショックなもんだ。
はっきり言って何一つ身代わりにもなれないしね、痛みを少し分けてもらう事さえ不可。
もらえるもんならいくらでももらいたくてもさ。
だけれどもすぐに皆自分で再び立ち上がれるのを祈るのみ。
考えるよね。
そういう時に何が出来るのかなってさ。
そんなの最初から決まってるんだけれどね、悲しい出来事で来るはずのライブに来れなかったとかってさ…なんかもうたまらんよね。
体裁上はいつものライブであったとしてもね、心は間違いなく捧げてみせよう。
音なんか届かんくていい、心が少しでも届ければいいな。
誰かが少しでも当人達に伝えてくれればありがたい。

今までもあったんだよね。
お小遣い握り締めて遊びに来てくれたりさ。
大音量の会場に来る事自体危ないかもしれないのにそこにいたりさ。
これから年末、もしかしたら年明けまで激しいイベントが続くかもしれない。
でもその1つ1つをベストオブベストで心からやれれば。


また曲作りモードに入っているこの頃。
米食わなかったせいで生まれた曲とは如何ほどなのか。
まだ輪郭しか見えないけれど、こんな小さな所で飢えを感じれるのはまだまだ幸せだったのね。
ではでは~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。