スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滋賀終了。

深夜の東名を直走り多賀に到着したのはもう深夜4時頃だったかな。
思ったよりも皆元気だったね~。

恐らく…1年半以上ぶりに立ち寄った多賀SAは恐ろしくきれいになっていた。
ビックリした。
嫌だなぁ、あの日俺が寝ていた森が全部駐車場になっていて悲しかった。
自然破壊だ、俺の森を返せ~!って叫んでみてた。
それから明け方、完全に明るくなるまでなぜか踊りの練習をしていたジン。
なんでだ、早く寝ろやと思いながらも全員で眺めていたもんだった。

車中泊。
レンタカー狭過ぎて案の定寝れずうだうだしているうちに落ちていたね。
よかったよかった。
起きてからすぐに大津へ。
B-FLAT到着。
実はさ、前の日記も書いたけれどね、本来公演予定だったのは日こそ同じだけれど別会場だった。
そこが閉店になってしまい諦めていた所、なんとイベンターの方が別会場をお借りしてくれてイベント組んでくれたんだった。
しかもこのB-FLATは去年の夏にツアーで寄りたかった最たる会場だったんだけれども日程合わずで断念。
なんせ滋賀といえばB-FLATってライブハウスだからね。
老舗なんだぜ、こんな縁でまさかって流れだった。
だから行く前から既に感謝でしかなかったんだよ。

琵琶湖↓
SH3G02790001.jpg
いや~この間の長野の諏訪湖じゃないけれど湖畔にいるだけでマイナスイオンぶりが半端じゃないね。
なんだろうね、あの何かしらが毛穴から体内に侵入してきてそれが脳に達して心拍が落ちて行くあの感覚。
いっつも大津SAから眺めていただけの琵琶湖畔にやっと座れた。
のどかだなぁと思ったらその景色に害を成すかのようにまた踊りの練習を始めたジン。
やめてくれ、なぜ急に場を殺伐とさすんだ。
クレヨンしんちゃんみたいな変なステップで琵琶湖を眺める俺の視界に侵入してこないでくれ。

浜大津付近の電車↓
SH3G02810001.jpg
いやぁ、広島の路面電車も凄いけれどね、片側2車線の車道とはいえその真ん中を電車がすれ違う様は圧巻だった。
電車が来たら皆きれいに1車線になるんだよ。
おかげでどこ走ったらいいのかわからなくパニックになった。
だって普通に走ってたら正面から電車がグワ~っと来るんだもの、しかも4両とかさ。
面白かった~電車と車が完全に一体化した街だった。


会場入り。
ビルの6階部分がライブハウス、5階がまるまる楽屋という快適極まりない作りだった。
だがしか~し。
ここで異変が発生。
思ってたんだよ。
ビルに入った瞬間に少~しだけ嫌な感じがしていた。
でね、うっすうっすうっすっすってご挨拶してリハーサルの時が来てそれは鮮明になった。
おかしい、絶対におかしい、どう考えてもこれは…この感じは…と落ち着きなくしていると誰だったかとにかくメンバーに言われた。

「ドラムの上の天井に穴が空いてるね。」

!!??

ソコかぁ~~~~~!!!!!

俯瞰されている!?
そしてすかさずポイントを眺めながらPAさんに聞いた。

ぱ:これ…完全に、完全にあれですよね?

P:そうですね、よく言われますね。

ぱ:完全にそこの上ですよね。

P:わかりますか?人によってはどうしようもないくらいになる時ありますね。

別に霊感がなんとかって俺自身信じてないんだけれどね。
しょうがない、いるもんはいる。
なんとドラム真上の天井から天井裏に繋がる大きな通気溝代わりの穴が開けられており、確実に、100%すぐソコに何かがおる!
あのねぇ、目でというより額に映るような感じなのよね。
リハ時に記念に写真撮ろうと思ったけれど怖くて無理だった。
これは…かつてないシチュエーションだ、いつも前にドラムを出しているのにこの日に限って諸々の関係もあって後ろでやる事になっていたんだよ。
ぬお~~~!!

今まで出演させてもらってきたライブハウスでもたくさんあった。
なんとなくは抜いて完全に察知できた場所のみでいってみようか。

1、四谷OUTNREAK!(東京)、下手ベーキャビ付近。
胸から上のおじさん気配のみ、レベル1。
これはオープンした2年目にはいたはず。
2、鶴舞DayTrip(愛知)、バーカウンター~倉庫付近及びトイレ。
おじさんぽい輪郭のみ、レベル5。
その付近で寝ていたら真上を通られた。
3、池袋ADM(東京)、ステージからホール見て右手の天井の窪み付近。
腰から顔のみ幼女、レベル7。
2年少し前だったかのスリーマンライブ演奏中に発見、すぐ消えた。
4、新宿URGA(東京)、PA卓付近から出入りドア。
珍しい位の完全体おじさん、レベル12。
何かいると感じて聞けばそれだった。
5、木更津GRAPH(千葉)、楽屋裏の旧デパートの食堂スペース。
表情がわかる吊り目の成人女性黒髪、レベル23。
イベント終了後、カウンター越しにすれ違ってしまってうぉ!少し悪質。
6、筑波PARKDINER(茨城)、2階キャットウォークから裏手の部屋。
壮年女性、レベル30。
明らかにおかしなドア付近、その6時間後そろりと様子見に行って発見。
7、足利NorthBBC(栃木)、PA卓付近~踊り場。
服装からして300年以上前の性別不詳の人、レベル35。
実は打首獄門同好会とのカップリング遠征宿泊時、ホール歩いていたけど知らんぷり。
誰が踏まれていたかは内緒の話。

滋賀B-FLAT(滋賀)、ドラムブース真上天井。
12~13歳の完全体少女、レベル50。
こいつは強い、しかし有害さは感じずむしろ逆の印象。

滋賀B-FLAT(滋賀)、5階楽屋スペーストイレ通路左、男性???。
レベル85、悪質な為要注意。
絶対に悪質、中学生以来の嫌~な感じ。

滋賀B-FLAT(滋賀)、5階事務所隣の部屋のドアから右手前奥付近。
???、レベル???
??だった、複数じゃなかろうか。

他にもあるけれどここに書いているのは別によそで言ってもいいよ~って許可をもらった場所ばかりね。
この悪質なのだけ注意だな、あれはちょっとあれだった。
関係者よ、これを読んでいたらあそこだけは近付かないほうがいいぞ。
あれは建築物に居るレベルではない。
少し気を研ぎ澄ませれば誰にでも違和感がわかるレベル。
イベント終了時に聞いたらその場所でバッチリ映った写真もあったんだって、そりゃご愁傷様だ、合掌。
どうやらドラムの真上のは見えたら売れるとかって伝説あるんだって。
あの…普通にそこにずっとおられたんですけれど…俯瞰されながらライブだったの初めてだったんですけれど。
人間すぐに慣れるもんだね、ライブ中の勢いのふりであの穴にスティックの1本でも投げ込んどきゃよかったかな。
また懲りずにB-FLAT遊びに行くんだぜ、あそこまでの場所は初めてだった。
楽しい楽しい。
そんなハプニングもありながらゾクゾクなリハーサル終了。

イベントスタート。
SH3G02820001.jpg
写真なんかボヤけているね。
滋賀って2回目なんだけれどね、本当にその土地土着の何かを感じれたような夜だった。
ちなみにこの写真の右に映っている人影は俺だからね、あしからず~。
イベントはね、風船が弾ける直前まで膨らんだようなライブがたくさん観れた。
俺達はトリ前での出演だったんだけれども音響、照明共に良いライブハウスでライブも楽しかった。
本当にこの日を算段してくれた方に感謝だ、ありがとう。
上にいた誰かさんも一緒に楽しんでくれた事だろうさ。

滋賀って少し特殊な県だね。
真ん中に琵琶湖がでで~んとあって東西南北それぞれが完全に分離されている。
聞けば思ったよりもそれぞれの交流が少ないみたいで往来も少ないんだって。
でかいもんなぁ、琵琶湖。
いろいろ話も聞けてよかった。

レンタカーの関係もあってね、打ち上げ出れずに帰京する事に。
残念。
ガンガン打ち上がってくれ、それが未来に繋がっていく。

判明。
どうやら俺が運転してもしても肩とか腰がほとんど疲れなかったのはあまりにあれで前の機材車の運転席用に体が出来上がっていたらしい。
それが今回のレンタカーは合わなかったらしく1時間経たずにピキッときた。
嫌だなぁ、そうだったのか。
静岡~神奈川の県境でわけわからん渋滞に巻き込まれながらも朝方にサクッと帰京。
なぜだってくらいに今回は全然疲れなかった。


後日談じゃないけれど、パピの様子がおかしい。
どうやら何か連れて帰ってきたようだ。
それに体は軽いのになんとなく胸から上がっていう例のね。
なぜわかるかって部屋に俺しかいないはずなのに誰かがいるような少し警戒態勢の動きになっている。
こんなの今までなかったね。
そして俺の周りに余り近付かないだけでなくパピに近寄れば離れられる、という遠からず近からずの距離を保たれている。
わっはっは、来い来い来い来い悪いもんならしばき倒してやる。
良いもんならそのままいてくれ、まさか天井裏の…ね?
うはは~、あいにくうちのメンバー全員図太いぜ。
面白い、滋賀B-FLAT。
次の16日、千葉ANGAにでも連れて行くかね。
どうか俺達を守っておくれ。


滋賀、本当に感謝。
ありがとう。
また忘れられない1日が刻まれた。


ありがとう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。