スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機材車とお別れ。

いや~あっけない。
機材車が業者さんにお引取り。


車、高いよね。
実質は買う値段よりも維持費ね。
特に都内においてはそうだろうさ、でも必要だった6年前。
SH3G03050001.jpg
鍵。
これのカバーのスティッチの嫁やら誕生日プレゼントとかで各地でもらったのを付けていった生き残り。
次の機材車にも引き継ぐぞよ。

よく走ってくれた。
11万キロ走ったのかな、実質3年半くらいでさ。
北は仙台から西は岡山までさ。
ず~っと決定的な故障を発生させず無事に時間通りに現地へ現地へ。
わざと相手方の挑発に乗って遊んだとか以外はガチで事故りそうになった事さえ無い。
よ~く覚えているのよね。
最初の最初に大阪に行った時。
もう随分前だけれどさ、変な感じだったよ。
機材車乗りながらさ、当然運転しているんだけれど名神高速で天王山抜けた瞬間に出てきた大阪府の標識。
離れたはずの地元に戻ってきちゃったよってさ。
良い日も悪い日も機材車だけは知っていたね。
黙々と走っていたさ。
車中泊もよくしたしさ、俺だけね。
どこでも乗り付けたもんだ。
おかげで今となっちゃ各地に友達やら知り合いやらさ。
機材車の最後の遠征になった上諏訪、桐生、仙台。
まぁいろいろ思いながら運転していたもんだ。

かわいそうにさ。
完全なる機材車ではなかったのよ。
こうなってしまっては中途半端と形容されても仕方ない快適さも追求していたファミリータイプ、それに重い重い機材ずっとぶち込まれてさ。
本当はこんなはずじゃなかったのにくらい思ってたろうね。
どんどんどんどん機材追加されてさ。
挙句の果てには後列シートを完全に引っぺがされてさ、遂には積みたい機材がこれ以上は無理って所まで来た。
5時間6時間ぶっ通し当たり前だしね。
しんどかっただろうなぁ。

今朝引き取られていったんだけれどさ。
最後の最後に角曲がって見えなくなる時に今までありがとうって心底感謝したもんだ。
忘れないだろうなぁ、あのエンジン音やらアクセルの踏み心地。
完全に体の一部みたいになってたもん。
ただ俺よりも朽ち果てるのが早かった。
あいつは俺達の神様だったのかもしれない。

ありがとう。



それでさ、いよいよ明日新しいのが来る。
というよりはちょっとばかり遠くまで取りに行くんだけれどね。
完全なる機材車だ。
そう、誰もが思い浮かぶあの型だよ。
積載量は十分過ぎ、心配なのは乗り心地だけさね。
最近のリハなんてさ~、車検切れだったもんで雨の中持てるだけの機材抱えてバイクとかだったもん。
急に降り出すもんだからゴミ袋に頭口と手口破って上半身被りこんで出発とかまじであったよ。
カッパよりも保温性高くて良かった、どうでもいい話か。
バンドにとって機材車とはみたいなのだけでアホみたいに書けそうだ。
まぁそれは入手してからかな。
あぁ、10月ライブ少なくてよかった…。

ではではこんにちはしに行ってきます~!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。