スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気付けば大晦日。

溜まりに溜まった日記。
まさかジン状態になってしまうとは…。
うむむ。
今は昨日晦日のスクラムシロップ企画に参加して大晦日またもや三茶という合間に早起きして年内中に1本更新しなければといった所。



まずは12月18日の四谷ね。
あの日はリハーサルで会場入りした直後から思ったもんだ。
なにこれ、なにかのアングラ選手権?みたいなさ。
白塗りだらけだしいっそ俺も白塗りになってしまえば楽なのにくらいなもんだった。
チケット代高かったね~、ドレスコードで2000円でしょ。
しか~し。
会場内にいた共演者は見た目と相まってキャリア持ちの紳士淑女ばかり。
ちゃんとしていないように見える人ほどちゃんとしているもんだ。
表は裏、裏は表。
そんなわけでイベントも順調に進行、信じられないくらいにオンタイムで進んでいったもんだった。
犬神の方々ともお話出来てよかった。
数年前、イベントに誘ってもらっていたのに出演出来なかったのがずっと心残りだった。
またいつかご一緒させてもらえれば。

打ち上げ…ストロベリーソングオーケストラの座長さんとサシで3時間くらい喋っていたんじゃなかろうか。
多岐に渡って各方面で尊敬出来る方というのがいるもんでね。
この座長さんも紛れも無くそんなアーティスト。
足向けて寝れない話をたくさん聞いたもんだった、俺って知力そんなに低かったのね~。
ありがとうございます、今度大阪に会いに行きますよ。
のっけから最後まで素晴らしい日だった。
主催のどらさんもお疲れ様、ディープ過ぎる話で朝方グデグデになっていたね~。


そして。
2月3月に予定している収録の為、猛烈なペースで仮録をしていた。
もう本当にいろいろあってね、完全にキャパオーバー。
PVもなんだけれどさ、とにかく日々仮録の締め切りみたいなのをね。
やっばいやっばい。

23日は予定に追われながらもなんとか大阪に出発。
心斎橋火影にてフェミニン☆企画だった。
会場入り前に新しくなった天王寺FireLoopを見た、早くあそこに行かなければと思いつつもミナミへだった。
なんというか新宿のスモーキンブギに近いような感じのライブハウスだった。
実は…この日から25日の静岡までは俺達がちょっとタイトでこの日だったら行けますよってな具合で調整してくれたばかりの日だった。
ありがたい。
3日間ともなんだかトリ前みたいなあれでいろいろ思ったもんだった。
でも見届けたよ。
フェミニン☆おめでとう。
最高に盛り上がっていたね、またちょっとデカくなったら呼んでおくれ。
いつでも参加しに行きますたい、ロック!
大阪はアツい。

イベント終了後には少し話し込んでそれどうなのみたいなすったもんだの末に、この日から3日間参加の絵描き光君とも合流して共に作業するであろうPVの話し合いもする為に夜のうちに一路滋賀県へ。
ライブハウスの楽屋でお泊りだった、水辺のせいか外は寒かったね~。
んで怖かった~。
スクラップ音みたいなの皆聞いてるしね、楽屋のドアがガラス張りなんだけれどもその外から中をロン毛の長身の男が見ているしね。
なんだあれ。
精魂尽きてお化けとか関係なく撃沈。

起きたら高校生まみれ。
あぎゃお。
この日はしげてつさんという方が主催の高校生イベントに入れてもらった。
リハから盛況、なんとなく心の居場所の確保に苦戦していたのは内緒の話。
それで楽屋に滞在中にさ、なんと立派なクリスマスケーキワンホール差し入れてもらった。
気付いたよ。
今日クリスマスイブだったのね…こ、これはクリスマスライブをという話なんだろうか…と迷ったけれど結局そんなもんは出来んという極めてシンプルな決断というか選択肢は1つだったね。
気付けば高校生のイベントに参加させてもらう事が多くなった。
どういう経緯だったのかもうわからないけれどいつからかだなぁ。
皆演奏上手いのよね。
上手さだけなら俺高校の時何してたんだろうって格差、あはは。
この日は遠慮なくかましたど、ドコンドカンバッコーン。

そしてそして。
イベント終了後、なんと連泊でB-FLATの楽屋だった。
またPVの話し合いだった。
とそこで店長が登場。
このお方、かなり有名なアーティストで知っている人は知っているだろう。
宇頭巻のと書けばもっとわかるか。
今日もちゃんとした挨拶出来なかったな~と思っていたらわざわざご足労いただいて楽屋にお越しくださった。
そしてそこから完全な深夜の寒い中恐らく2時間くらいは…ありがとうございます。
もう涙の出る思いでお話させてもらった滋賀の夜。
土地に対する感情が完全に変わりましたよ、行く理由が生まれた。
そして最後はグデグデになり撃沈。


朝。
ギリギリの時間に静岡に向けて出発。
THE THREE主催@静岡SUNASHへ遅刻すると言いながら300キロ弱を計算して縫うように走り見事にジャスト到着。
危なかった~、遅刻はせん。
そしてこの日は東京から打首獄門同好会とも合流して会場入り。
リハ終了後には曲にもなっている「さわやか」というご当地ハンバーグレストランへ。
なんだろうね、あの粛々と食べている時の空気感…。
神事のように食べていたのがウケた。

そしてイベント。
THE THREEね。
本当良いバンドだ、ますますソリッドになっている。
それと裏腹なMCも相変わらず。
いつか必ず東京に呼びたいバンドがますますそれになっていた。
ああいう歌1発、メロ1発、曲1発で勝負出来るのは羨ましいね。
王道だ。
でもそれはある種一握りのアーティストに許された特権なのかもしれないと思った。
王道とはたった一段踏み外すだけで模倣になってしまうのだから。

打首獄門同好会。
珍しくちょ~っと始まる直前まで不安だったのよね。
いつも通りになるかな~って…全然なっていた。
何あの白ひげ。
作ってる所めっちゃ見てたけどさ、あのパーティーとはなんたるかみたいなディティールね。
白ひげの微妙な先端の角度とかさ。。。
で冒頭喋りだけで合唱させてんの、とまぁその後はいつも通り。
俺達も3日間の最後という事もあり全解放なライブだった。
楽しかったぜよ。
そして現地でジンだけ打ち上げに残して帰京という暴挙に出たんだった。
フラフラだった。

そしてまた引き篭もり仮録進めつつ本録の準備に入る日々。
何?年末とかクリスマスとか全っ然わからない。
気付けば29日、おぉ、明日は三茶だってくらいの速さだった。
そして昨日の三茶。
スクラムシロップというバンドさんの毎年恒例の鳩尾バズーカモンスターズというイベントに参加。
トリまで素晴らしいイベントだった、凄いね。
楽しかった、とにかくその一点のみ。
三軒茶屋HEAVEN'S DOOR。
どうしても行きたかったライブハウスだった。
これまた打首の大澤さんが都合してくれてね、晦日大晦日と連日でやらせてもらうのが決まったのが11月中頃。
どうだったんだろうね、リハ無しだし初めてだし外がどうなっていたのかわかりゃしない。
今日もそうだしね。

年が明けてからになるけれどまた振り返った日記も書いてみよう。
もうすぐまた三茶に向けて出発だ。
感謝感謝。

ヘブンス20周年のカウントダウンイベント、大変だ。
今日の_ _ _ _*は19時40分からだって。
多分ドコ~ンと出ているぞ。
ではでは良いお年を。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。