スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は三軒茶屋。

迷っても大体は開かずの物置のどこかにポロっとあるもんだ。
常々整理しとかねばね~。


ここ最近は引き篭もりであれやこれやとわんさかやっていたんだけれどもいろいろ面白いのがあったぜよ。
言葉なんて曖昧なもんで言語と括られる中でも日本語はかなり緻密に出来ているはず。
必要以上に過剰に気持ちを伝えれるのが日本語じゃないかな。
日本語なんて修飾語上手く使える人の文が面白かったりしてさ、そりゃ関係ないか。
でさ、例えば曲なんぞ作っている時に英語日本語が発生するのさ。

う~むむ、そこのそれさぁ…あ~ん~もうちょっとジャラ~ンからケツ半拍レスってアタマでジャキーン!みたいにならない?

よくある。
こういう会話よくあるんだ。
これわかる人すぐわかる会話だね、むしろわかりやすい類。
曲作りったっていろんなやり方あるしもっと論理的に建設的に機械的にやれる人もいるんだけれどね~少なくともうちはほとんどがそうじゃない。
既に完成された絵だけが脳内に漂っていてそれに音像を近付けていくというのがわかりやすいかな。
なんだろうね、作る!ってなった時点でPVみたいなのがあるんだよ。
それのサントラ作りみたいなさ。
なるべく出現したファーストインパクトに逆らわずにとりあえず原型オブジェにして最後の最後に切って刈って削いでおべべ着せる式。
頭の中は完全にトンデいる状態で時間にも追われて極限に集中している為、もはや会話という会話ではなくむしろピピピっと電波を発信して受信させようとしているかのようなやりとりが9割。
そういう時って6時間くらいであっても体感15分とかね。
誰だ、人間の集中力限界40分って。
もっとイケる人たくさんいるど。


大きく括ってクリエイターというのはピピピっと受信出来るのが必須スキルなのね。
だって例えば仕事だったとして玄人が素人と仕事する時に同じレベルで専門用語交わせるはずないもんね。
知識量だって応用力だってこの場合は雲泥だろうしそれに経験もさ。
すると玄人は素人の言をなるべくダイレクトに反映させようとするにはやはり必須ね。
皆もあるでしょ、なんでもいいや、美容室に行ってこんな感じ~っとかちゃんと伝えたつもりなのに短く切られ過ぎたとかさ。
それそれ。

今まで生きてきた中で最もこういうアイコンタクティーなトークが驚くほどに交わせないのがジンプルその人だ。
やっぱあいつ凄いんだろうな~。
確実に極にいる。
書く文章も絵もなんだかおかしいもんね、イロがある。
常人レベルでは考えられない魔球レスポンスの雨アラレ、時に氷塊。
一番酷かったのなんだっけ~…いつもいつも上に書いたような会話が基本線なんだけれどね、う~ん。。
いかん!書き方を誤ればシンプルにメンバーをバカにしているという構図になる…う~んう~ん。。

感覚的な言葉を投げかけたとしても正解は明らかに2択、その2択の中でもこれが濃厚だろうという1つがあったとする。
常人であればまず間違いなくね。
ただジンの場合はほとんどの場合が…存在しないはずの3択目を返してくる。
俺だっておかしいと言われる類なのにそのはるか彼方から光速で飛来する謎のギミック。

混乱。
それはまるで見上げた青々とした空に羽の生えた豚が飛んでいるかのような異物感満載のレスポンス。
あんぐり~。
ただ…これが100回あったとしてそのうち1回くらいはとんでもない神の一撃な正解だったりするのね。
99回はとても生産性の無い会話に終始するんだけれどもさ。

その一例が…明日聴けるんじゃないかな。
お宅の娘さんの高速でピロピロ弾いているやつ全部ね、あれまだ都内では発動していなかったはず…晦日辺り弾いてたかな…う~ん、いや、弾いてなかった気がする。
あれは完全にジンのフレーズだ、あまりの正解で皆何も言うのをやめてほっといたほうがいいわってなもんで放置した空気感を覚えているもん。
面白いことに最近100回中99回はって確率が上がってきている気がするなぁ。
で、同じくジンも俺に対してなんて言葉が通じない奴なんだって思ってるんだろうね、あはは。


そして飴。
彼女は隠れ天然だったりする。
最近ので最もインパクトがあったのは…
一昨日辺りのリハだった。
昨日この日記にあげた歌詞あったでしょ。
それに『原風景』というワードがあってね。
「げんふうけい」ね。
まぁ一生懸命書いたもんだ。
2ヶ月くらいすったもんだで実際の量はあの4倍くらいあってそこから選んで削ってみたいなさ。
何度も何度もリハを繰り返し歌を聴いていてふとどうも文句に若干の違和感があった。
はい確認。

飴はなんと絶叫して歌っていたか。
よもやの…!
よもやの…!!





はらふうけい




危ない、セーッフ!!
これライブまでに気付けていなければ…聴き取れてしまった人容易にわかるレベルだっただろう。
別に書いてかっこいいことじゃないけれどさ~、まぁいいか。
こういうのちょくちょくある。
それとか前も書いたけれど助手席でナビしていて右右って言ってるのに指は左だったりさ。
いきなり強襲されるの。
とはいえジンレベルには遠く及ばない。




そんなこんなで明日は三茶。
CANNIBAL RABBIT主催in三軒茶屋HEAVEN'S DOOR。
ついこの間やった気がするけれどもう2ヶ月前なのね。
カニラビもね、本当にお世話になっているナイスなバンド。
あの倦怠感の中に同居する狂気がたまらんバンドさん。
最初に話していてうちはRec前後だからそれでもいいなら好きに使ってくれって言ったらトリ前になってたね。
そういう事か。
ではでは遠慮なく最新の、でも今なセットでね。
アホみたいにリハしまくっているから多分無駄に強いど。
劇的なライブになればね~。
そうそう、餃子はダメになった、というか直前過ぎていろいろ、ごめんね=!
あぁ、なんでだか本当に都内次いつかまだ決まっていないのね。
なのでぜひぜひ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。