スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三茶終了。

イベント終了後、縫うように都内を失踪しスタジオに消えていった_ _ _ _*。
打ち上げに参加出来なくとも負けずに大往生した昨日。
今日も今日とて出発。


CANNIBAL RABBIT。
まずは呼んでくれてありがとう。
こんな時期にも関わらず。
いやぁ~オープン直前の顔合わせで言ったわけよ。

「今日はなるべく一緒にやりたくないバンドを呼んでみました。」

だってさ。
そういうの凄~く好き。
それでこそ一緒にやる甲斐があった、さすがだ。
このセリフに内包されたモノ、ね。
そんなこんなで始まったイベント。

実際今年に入って都内では初めてのライブだったわけですよ。
2月26日だって、ほとんど2ヶ月さ。
今年は今までで表向きでは一番始動が遅かったね、特に都内。
ず~っと引き篭って鬱々としていたのもあるけれど、やっぱり都内で1ヶ月やらないというのはいろ~んな意味で少し勇気がいるもんだった。
だけれどもライブばかりというスパンでなくなって感じたものがあったのも事実。

う~ん、昨日のライブがどうだったかなんて知らないしわからないけれども今の時期紛れも無くスタジオワークなんてものはアホみたいにしていたのは間違いなく。
今までに無い何かを感じた状態でのライブだったのも間違いなく。
そして別に何が来ようと起ころうと揺らがなかったのも間違いなく。
要約すれば今は日に日に状態が上向いているのも間違いなかった。
息を吹き返した曲があれば、生まれたての曲もあればでさ。

夜毎考えるのですよ、一体何をしているんだろうと。
その度にハッとさせられてリセットの繰り返し。
こんなにも思い出しては自問し続ける経験無かった。
今はいつでもこのバンドが始まった時の気持ちに簡単に戻れる。
慣れというのが無くなっただなんて不思議な話。

ライブバンドというのは要するに2種類かその合体版で3種類いるんだなというのが最近の思考。
表現と伝達。
昨日はその全部がいた。
良いイベントだったよ。
こっち側の人間としてはどうでもいいんだ。
例え伝わらない表現であっても例え中身の無い伝達であっても。
そこに生ある者が何か価値を見出せているのであればさ。
判定はどこかの誰かが下すんだろう、任せた。
願わくばそれぞれがさ。

そうそう。
そんなイベントと相まって昨日は三軒茶屋HEAVENS'DOORにも年末から立て続けの出演3回目にしてやっと理解してもらえた気がした。
うん、これがとても強い後押しだった気がする。
楽しかった。
なんだろうね、あのフワっとした感じ。
ステージとホールの見えない国境が糸を引くように消えてグニャ~っとする感じ。
あの感覚、ホールで遊んでいた人達にもあったんだろうか。
楽しかった。


カニラビ。
出会った時から思い起こせば随分変わったもんだ。
それこそ変わらない為に変わったかのようなさ。
もう3年くらいになるのかな、な~んにも変わってないよ、それが凄いんだよ。
素晴らしい。
思い出すな~最初にやったスリーマンライブ、手刀だったっけ。
ライブを観ているとね、視界にこう…何かのエフェクト効果がかかっているかのように映る。
そのグラデーションは変化こそすれどかかり続けるエフェクトに変化無し。
あれがね、ニヤニヤしながら観てたもんね。
来月はまた別コンセプトで「生前葬」だなんて酔狂なイベントも開催する模様。
そっちもよろしくね。


昨日ね、会場に遊びに来てくれた皆、ありがとう。
あれが今の_ _ _ _*ですたい。
めぐる日々、行き着く先は今夏。
もうすぐしたらね、派手~なフラッグをあの頂にぶっ刺すからね。
約束。

ありがとう。
嬉しかったよ。


ではでは~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。