スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪終了、そして今日は四谷。

無事に帰京したもののなんか体がガタガタになってる。
肩だけ寝違えたのが酷くなっている。


ギリギリのスケジュールで大阪に行ってきた。
まずはモルヒネコ、レコ発おめでとう。
なんかみるみる良いバンドになっていっている。
あれは近く都内でもね~。

大阪。
恐ろしいほどに普通だった。
違和感があったけれどもそれはとても素晴らしいこと。
正直言って出演キャンセルという状況も十分に有り得た今。
なんかね、たくさん大阪にもらった。
天王寺FireLoopも新しくなって初めてだったのにフロアライブというね、勝手知ったる人ばかりなのに誰もが音響面で不安だったというね。
行ってよかった、なんだろうか、あの普通やん!みたいなあれ。
放射能が騒ぎになってまたざわついていた東京にも見せたかったなぁ。
いやぁ、もっとのんびりしていきたかったけれどもいかんせん俺たちは今日ね、という事で5時前には都内に入っていたもんだった。

帰りの高速でさ、もう三重とか名古屋辺りもちょっと暗いのさ。
あれは節電。
関西方面関係ないはずなのにね、しっかりやっていたよ。
トラックも多かったけれどそのほとんどが恐らく救援物資だったんだろう。
そしてかなりフラフラ蛇行しながら気合で運転しているドライバーが多かった。
きっと皆疲れながら何往復も頑張っているんだよ。
ナンバーがね、ほとんど北関東以北だった。
思う所多々あり。
追い抜く度に運転席覗いてさ、いけいけってね。
後は救援隊がたくさん乗ったバスの集団とかさ。
昨日から東京出てやっとわかってきたかもしれない。
今何が起こっているんだろうとかさ、皆必死だったんだとかさ。


さて今日。

実は。
この日はきっかけなんて突発的に発生しつつも今後も諸々隙あらば慣行していくつもりだけれども…出演オファーしたバンドのうち、なんと2つも身内に被災者の方がいて亡くなられていた。
これやっぱり尋常じゃない。
そんな悲しみを振り撒くのはいともたやすいだろう。
逆に明るく振る舞うのも同様だろう。
なんか今は対話するのがとても大事なんじゃないだろうか。

ただネット上とかじゃなくてさ、実際に生きた人間に会って誰かと話してやっと見えてくるものもあったりさ。
東京も東はより大変な状況になっているらしい。
俺たち実はRecがまだ出来ていないんだけれどね、録ってくれるエンジニアさんの自宅、液状化現象で物資全般が入ってこなくて退避せざるを得なくなったからだ。
これ東京の話。
まる1週間はそれに奔走していた、そういうのも報道されていたのかな。
飢餓状態になっていたんだって、もう何も言えない。
それを知ったのは終わってからだった。
深刻だけれども…でも街中で恍惚さえ感じさせる表情で物資買い漁っているのを見るとハッとさせられるもんだ。
大阪と東京の格差があったようにもちろん東京と被災地もその数百倍は違うんだろう。
もはやこれが非常事態というよりもこれが普通だと認識せねば。
1ヶ月後どうなっているのかわからない、だから今どうするかっていうこれまでにない思考。


今日は今日でね、やるだけやってみよう。
四谷にも踏ん張ってもらわなければ。
それだけだ。
会場で誰に会えるのかがとても楽しみ。
コンセントを抜いて遊びに来てくだせぇ。
いつものようにライブハウスでメンバースタッフ一同待っております。
今日なんてさ、気持ちとしてお金とかなくてもいいよ、そんなもん皆無いわ。
ね。

ではでは。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。