スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急企画終了。

「あんな地震みたいな空気読めなさ過ぎなもんにいつまでも好きにさすな!」
Vol.001

無事終わりました。
前日の大阪は天王寺FireLoopから突貫で朝方5時前には都内帰還。
泥の様に眠り起きたが最後、フードを用意しリハから本番まで貫通。
音源制作中のクソ忙しい時に何がそこまでさせたんだろうか。

それは意地だったのかもしれない。
_ _ _ _*なんてたかが無名バンドで存在自体さらに輪をかけてたかだかしれているわけですよ。
それこそ今起こっていることに比べるべくもない。
俺達ちんちくりんだぜ、でも無事生きてるぜ、へい!てなもの。
何も出来ないわけがないし、何かが出来るわけでもないこの状況。
そして育ててもらったといえば語弊が出るかもしれない四谷にも等しく訪れたわかりやすい危機。
思い出す、四谷がオープンした頃よく聞いた話が今まさにそこに。
これでは復興どころではない、まず足元を固めねば。
ライブハウスなんてクソみたいなもん、生きてさえいれば何度でもやり直せるだろうと思いながらもやっぱりね。

もうね、これ自体5日前に立ち上がって4日前告知、おまけにこのタイトル。
構想自体は震災発生後からすぐ密に話し合ってはいたんだけれども実行に移せたのがこのタイミングでした。
大丈夫だろうと思いつつもある種のリスクも確実に内在。
いくらイベントの飛んだライブハウスの金曜日だとしても不安で仕方がなかった。
本当に人来んのかよ。
こんな遠征挟んでフード作っても余ったら泣ける。
今日は一体どんなライブをすべきなんだろう。
これ自分含めメンバーからも珍しく飛び出した弱気。

ビックリした。
冗談で佐藤学と「今日は四谷の民度がどれくらいかね~」だなんて話していたけれどまさかあんなにたくさんの人が来てくれるとは。
愛されてるやん、四谷。
急遽出演が決まった共演者の心意気も嬉しかった。
これでは結局いつもと同じ_ _ _ _*のいる四谷だった。
いつかの時のようにフードに追われだすメンバー。


本番。
ホールからの圧が物凄かった、何あの推進力。
全然前日の大阪に負けていないというか異質だった。
奇しくもこの日が初めてのステージでのライブになった新しいBa,古根麻砂樹fromダムダム団、そろそろ名前考えなきゃな…。
いきなりホールに飛んでったのを見てあの人例え血まみれになっても帰ってくるから大丈夫~と構わずホールを押し返していったかのような序盤。
あれがこれから_ _ _ _*のボトムラインを支える男。
終盤はもう何も言うことなし。
真っ白なライブでした。

Vol.001。
3ケタいく日が来るんだろうか。
万が一何かで俺達がいなくなっても復興が終わる時まで続いて欲しいとつけたタイトル。
今しばらくは俺達が立ちます、これなら状況がこれ以上悪化しない限りはやれるから。
チャリティーね、やっておきながらこれ本当微妙な響きでもある。
チャリティービジネスやチャリティー詐欺というものが日常に存在するのも事実。
だから形は変わっていったのだとしても可能な限り継続しとりあえず俺達は持ち場と決めた四谷と示していければ。
お互いのパワーバランスが噛み合った上で組まなければまず無理な企画。
それが出来るとわかった昨日のイベント。

昨日のつまりの結果。
これ書いていいかな、ブンさん、まぁこの場合はいいでしょ、ね。
昨日の四谷はつまりイベントがキャンセルになった空き日。
人件費やら日割り家賃のようなランニングコストだけが取り残された状態。
イベント慣行によってなんとかその赤を消して黒に。
そしてそこから浮いたお金を被災地に届けるべくストック。
募金箱もわからないけれど少しは増えただろう。
パーフェクトに近いんじゃないだろうか。
後はそれぞれ参加してくれた皆がどうだったかを決めてくれればとても嬉しいです。

_ _ _ _*はフードとして味付け卵100円、煮物一杯200円、餃子5ヶ200円。
終わってみたら全部売り切れてくれて1万1350円の売上。
50円が謎だ、これなんだ?
そこから原価のジャスト3000円を引いて8350円が寄付出来る。
このフード単価で突発的な企画でもう泣ける額。
多過ぎるかなと思いつつもこれくらいは出て欲しいという量だった。
これで下着何枚買えるんだと思うと嬉しくて嬉しくて。
もうきっといなくなってしまったんだろうあの人はいつか再会出来た時になんと言ってくれるだろうか。
4月は通常公演ばかりで次は5月6日の金曜日にVol.2、間違えても毎度やれるものではないのですが、可能な限り次へ次へ。
まとめて被災地へ。
現状考える限り出来る最大限を見出せたのでまたまたお付き合いくださればありがたいのです。


------------

バンドをやるというのは自分にとって圧倒的な価値観を追い求めるというのを今日皆に教えてもらった。
悔しいね、何かに影響されるというのは。

まずは被災地に特大の感謝を。
そして参加してくれた関東一円の無事な皆にはまた会えると信じてありがとう。
そして四谷おつかれ。
腐れ縁とは言うけれど腐ってなかったね。
始まったよ。


ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。