スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果報告。

2011.3.25.fri@四谷OUTBREAK!

「あんな地震みたいな空気読めなさ過ぎなもんにいつまでも好きにさすな!Vol.001」


金額的な設定は、
*入場者1名毎に¥500が寄付され、残り\500をアーティストと会場で折半します。
*ドリンク(入場時・追加含む)1杯につき¥100が寄付されます。
*FOOD売り上げも原価を除き全て寄付します。

どれだけのお金が集まったんでしょうか。
チケット代から31500円、ドリンク代から14500円、
それに_ _ _ _*からチケット&フードの売上合わせて16900円を上記に合算。
62900円が25日公演分の義援金として集まりました。
ついでに四谷設置の募金箱には25日終了時点で30000円超とのこと。
これまとまったお金になるまではまだまだ送金しません。

---------------------

いやぁ、本当に感謝m(_ _)m
よくもあんなにも付き合ってくれた人が…終演後も来てくれていたし。
演奏中、いろんなものがグルグルしてきてわかりにくく泣いていたよ。
放っておけばハコのランニングコストだけ持ってかれてる所がなんとか最低の売上確保しさらに62900円という金額を凌駕した気持ち。
バタバタっと5日前に始動、4日前告知にしては上出来過ぎる結果。
本当に感謝。
おかげさまで四谷の危機も1日ズレました。
ライブハウス潰れてはバンドなんてどうしようもない。
だからバンドは少しでも恩顧のライブハウスがあるのであればそれぞれの場所を状況が許される限り守ろう。
そして少しでも余裕があればそれを被災地へ。


とはいえこれを31日間やっていてはバンドもライブハウスも潰れてしまう。
今後は2ヶ月ないし3ヶ月に1度のペースで継続していきます。
予定じゃなくてやります。
もしかして…もしかして…考えたくもないけれどもしかしてが無いとも言い切れないけれどこれ以上ライブハウス経営の根源であるイベントが飛んでいかないのを願うのみ。
単発でこういった類のイベントをやるのであれば簡単だけれども継続的にやるにはとてもとても難しい、が次は5月6日(金)にVol.2やりますよ。
次回以降の慣れない試算で頭が故障した所でこの日記を書いてるのです。
数学は1でした。


いや、まじめな話復興に一体何年かかるのかわからないけれど、これが今の俺達にも出来ることの1つだとわかったんだから。
きっと会場に駆けつけてくれた皆もVol.1だなんて特に今の時期だったから何か特別な物を持って帰ってもらえたんじゃないだろうか。
このタイトルをつけたのが19日、思えば随分リスキーでもあった。
でももっとやれそうだ。


誰一人、これまで通りだなんて無理でしょ。
それがきっと夏くらいには今は何の影響もない土地にもわかりやすく拡がっていくだろう。


バタバタだったけれども一応の報告でした。

ありがとう。
これは本当に関わってくれた皆様方のおかげです。
まずは被災地のバンドマンにも報告します。
そしていずれは…。

どうかこれ以上震災の被害が大きくなりませんように。

ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。