スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三軒茶屋、栄、ありがとう。

思えば…制作のくそ忙しいようなこの時期にも関わらず…

天王寺(大阪)→四谷(東京)

古河(茨城)→渋谷(東京)

三軒茶屋(東京)→栄(愛知)

と2Days×3だった…言われて気付きました…。
このうち四谷と渋谷は3日前とか4日前に決まったとかだった。
チャリティーイベントね。
そうか、そんなハードな日々だったのか。
一体どれだけの人がこの間に遊びに来て観てくれたんだろう。
たくさん世話にもなったし助けてもくれたしでね。
もう日付感覚などとうの昔に失われRec諸々と締切りに追われる毎日が面白くて。
ライブも語弊があるかもしれないけれどある種の修羅場を潜り続けているかのような連続。
東京のライブはリリースに関わってくれる人がわざわざ足を運んでくれてちゃんと目で見てくれたりもして。
これまで2度のチャリティーイベントもいろんな意味で追い込まれていたりするのも事実で。
そうしてリハもRecも重ねて制作諸々も進行させて、そうした中で今の_ _ _ _*にとっての決定的な1つの到達点が俯瞰で見えてきたりして。
それとて1ヵ月後にはきっと。
そういうのを我ながら恐ろしい速度だなぁと眺めているわけですの。
なんというか…素晴らしい日々だ。

震災があって新たな火種が次々と降りかかってくる。
それは大なり小なり日本国全部に影響している。
大阪より西に行っていないから以西はわからないけれどね、話を聞く限りはそうだ。
昨日も名古屋の会場で現地のネガティヴな話もたくさん聞かせてもらった。
でもそれは今どこででも起こっていること。
そんな中、何があっても動きを止めるのだとすれば俺達は最後にしようと誓ってから今日まで。
明日にはリリース音源のミックスが終了し、明後日にはマスタリング完了で音源完成。
きっと生涯忘れられない音源になるだろう。
震災の只中、たくさんの人のおかげで出来上がるであろう音源なのだから。


そんな気持ちで飛び込んだ15日三軒茶屋HEAVEN'S DOOR。
スタッフさんとももう一通り面識出来てしまったんじゃないだろうか。
年末30日31日、2月のカニラビイベントに引き続き4度目の三茶。
新鮮な意見をもらえるのが嬉しくてね、そのうちいつかここでもね。
多少音量削いで照明も落とした中での公演だったけれども全然構わなかった。
ここは直接電力が被災地と関連していることもあっていくらでも節電すればいい。
バンドなんて音が出ていればなんとかなる。
とはいえ昨日の名古屋は照明なんてピカピカでね、やっぱりいいもんだと思ったのも事実なんだけれども。
わりと早めの時間での出演だったんだけれども新しい友達も出来たしよかったよかった。
あそこはね、素晴らしいライブハウスだ。
食べ物飲み物持込フルOKだなんてね、こうなっていくだろうなと思える将来のライブハウス像とピッタリ重なる。
あれ、あんま書いたら誰かに怒られそうだな…やめとこう。
公演終了後はサクッと帰宅、とはいえ余裕で深夜だったんだけれども。


明けて朝、都内を出発、一路名古屋へ。
道がスムーズで予定よりかなり早く着いたもんだった。
実はこの後のRecで使うドラを拝借しにこのブログでも何度か登場している元鶴舞DAYTRIPのオーナーでありミュージシャンでもありエンジニアでもあり土建屋でもありな春日井さんにお会いしたんだった。
そう、あの「春日井直樹と午前0時」というバンドで使用されていた伝説のドラパフォーマンスで使用されていたもの。
もう3年前かな、今は活動休止中だけれども都内にもお招きした事のあるバンドさん。
許可を得たんでドラをライブでも投入してみようか。


栄タイトロープ。
名前だけは知っていて今回初めましてなライブハウスだった。
昔ながらの独特の音響のライブハウスだった。
主催は「The 疾風怒濤」というバンドさん。
もう制作が決まりバタバタするのがわかっていた去年9月の時点で誘ってくれていた。
なんせ初企画。
そういうのに呼んでくれるのは本当に嬉しい、というわけでの参加だった。
楽屋も広かったしスタッフさんもとてもきさくだった。

リハ終わってからは春日井さんにメンバー共々ら~めんに連れて行ってもらってね。
店の名前なんだったっけ、とにかくチョモランマ麺とかそんなで食後全員ギブアップだった。
会場に戻って隙を見つけては作業進めているメンバーを眺めながら美しく寝落ち。
そしてイベントが始まった。

なんか暖かいイベントだった気がする。
結局俺達はいつもとなんら変わらないんだけれどね、なんというか名古屋~!っていういつもの感じとは少し違ったんじゃないだろうか。
_ _ _ _*どういう風に映ったんだろうか、昨日ばかりは少し気になるなぁ。
とはいえ完全なるライブな瞬間だった。
主催でトリのThe 疾風怒濤さん、対バンしてから2年ぶりにライブ観させてもらったんだけれどもビックリだった。
それだけ年月経ったんだなと思えるハジケッぷり。
名古屋ももっともっと楽しくなりそうなライブを堪能。

そして程なく帰京したんだった。
そうそう、とても気になることが。
燃料値上がりの影響なのか、もっと直接的な影響なのかはわからないけれども…
高速道路の交通量が異常なまでに少なかった。
なのにたくさんいるパトカーや覆面パト、余計目立ったのかな。

何あれ?

中にはパトカー赤色灯全開で5,6台軒を連ねて走行し護送車を守るような一団もいた。
中々見ない光景、戦車輸送しているのを見たのに次いでビックリした。
土曜日の深夜といえばそれはもう金曜深夜と双璧で静岡県なんて距離150km程を時に時速60キロまで落としたような半渋滞のような状態でいくしかないのが常。
だからいつもはとても長く感じる静岡県。
でも昨日に限っては…恐らくここ5年くらいでどう少なく見積もっても100往復はしているであろう大阪~東京間の中でケタ外れに少なかった。
ダントツで交通量の少なさ1位。
まるで計画停電中の閑散とした街並みを見ているかのようだった。

なぜ?

燃料値上がりでトラッカーが下道で走ったのだとしても少ない。
なんかザワザワっと嫌な感じだった。
う~ん、それだけ物流が何かしら滞っているんだろうか。
おかげで腹に入れたレッドブルの効用を使い切る間もなく今も寝れずにいるのです。
ちょっと調べよう、高速代もマックスに安い時間なのに…気になってしょうがない。
とはいえ無事に帰京。
過剰なレッドブルのせいで作業続行な今隙を見つけては日記を書いている次第なのです。


いやぁ、ひとまず三軒茶屋、栄に参加してくれた皆ありがとう。
感謝感謝。

ありがとう。


都内は次は5月6日。
もうじきガッツリ詳細出ると思われます。
そう、あれのVol.002が再び。
ではでは。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。