スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月26日、下北沢屋根裏終了!!

終わりました、屋根裏。
東京では12月の20000Vと合わせてアンチノックが続きます。
印象としてはポップとロックンロールの街っていうのが凄く強い。
その下北沢に初上陸してきたわけですが、どうやら思った以上に受け入れてもらえたみたいです。
奇跡だ、奇跡。
今回はね、主催のバンドさん『アンティークポストペーパー』というバンドさんに呼んでもらって出演の運びとなったのですね。
残念ながら昨日で解散、最後の企画だったのですね。
リハを聴かせてもらったらウェブで試聴していたのよりも断然よかったので、一瞬セットリスト変えないとって思った程のバンドさんだった。
傍観者としては残念です、ほんと。
ただ糸は確実に繋がった。
池袋で1度見てもらっただけで、俺達は面識が無く今日が初顔合わせだったのです。
ジンプルさんが知り合いの知り合いだったのかな。
そんな機会が無いと俺達みたいなバンドは下北沢に絶対に縁が無いと思っていたのですが。
だって俺達はもっと地下深くに潜伏していろよみたいな気風もあるんだから。
7月に対バンしてこの日2度目の遭遇だったベリーエイプ。
相変わらずの破壊力でした。
他にもバンドさんいたけど話さなかったなぁ、でも良いイベントでした。
俺達はというと、この日いつも最後にやっている共犯者を冒頭にやるというバクチを決行。
あまりにも初めてのシチュエーションで開始13分地点でいきなりライブが終了したかの如く。
その後もいつもの調子で立て続けにドカドカと叩き込んでみました。
オーディエンスも初めてうちを見てくれた人が多かったんですね。
新鮮だった。
ほとんどの人がびっくりしていたみたいでね、この日俺の中での方程式がやっと成立しました。
アウェー=ステージとホールの境目を中心点に半径2,5mの半円状に無人のホール。
俺達からすればどちらがパフォーマーなのかわかったもんじゃありません、あの景色が恋しくて恋しくて。
アウェーならではの楽しさですね、実際はアウェーとも感じる間も無いくらいなんだけれども。
おかげで良い時間を過ごせました。
Sっ気なのかな、これって。
まるで_ _ _ _*以外の時間が全て止まっているかのような…。
これを足掛かりに下北沢に進出出来れば嬉しいことです。
オシャレ極まりない街ですもんね~、うちに不似合いなほどに。

そして打ち上げ。
3バンドに跨って店長さんも交えての打ち上げでした。
この日の正解ネタは雑誌のジャンプだった。
黄金期のジャンプのマニアックな話からサンデーに至るまで。
バンドの打ち上げとしてはちょっと珍しい展開だったなぁ。
あぁ、マジメな話もしていたのですよ。
俺は凄く勉強になったことがありました。
この日はね、うちを見に来てくれた人でSMを生業にしている人がいたんですね。
貴重な話を聴けました。
例えば30分なら30分ステージでしかりセットリストみたいなのがあってね、お題目ですか。
それに従って1日何本もやっているかと思ってしまったんだけれども全然違った。
ライブ、まさしくライブ。
何の準備もせずにせいぜい登場の仕方を考えるだけだとのこと。
メンタルゲームですね。
限られた時間を前提に瞬間でスイッチが入ってその世界観を表現する。

ちょっと待て……

バンドと一緒じゃないか!!!!!
バンドとSM、一見舞台は全く違うはずなのにね、俺の考えている事と同じ、もしくはそれよりも上位の話をたくさん聞かせてもらった。
勉強。
思想論からね、精神論からね、信頼感からね、もうバンドと通ずることばかり。
ショーマンシップっていう言葉さえも軽い。
俺もバンドをやっていなければその人達と真摯な話は出来なかった。
小義としてね、叩かれたり縛られたり…そういう部分での楽しみはもちろんなんだけどあくまで小義。
大義としてはそんなの局部的なものでね、もっと大きくて優しい最大限の愛だっていう話に納得。
機会を見て1度真剣に腹を据えて近く見に行ってきます。
きっと凄く貴重な出会いであったと後々効いてくるはず。
会わせたい人がたくさんいます。

いろいろと記念碑的な一日でした。
たくさんの交錯があった、感謝しきりです。
ありがとうございました!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/140-4a02c27c

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。