スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックンロールサービスデビュー!!

やってきました、ロックンロールサービス初戦。
奇天烈なメンバーでよくもまぁ無事に終われたもんです。
_ _ _ _*を見てくれる人も結構来てくれてびっくりです、ありがとうございました。
ユルユルとこれからも活動していき、次は3月にライブ予定とのこと。

さて、少しライブを回想してみよう。
何があったかな…。
まず2時半集合。
リスト作成やらセットリストやら、結構その場のノリで済ましていく面々。
さすが草野球のハート。
そしてリハ。
物理的な問題をここでなんと精神論を持ち出して解決しようとする佐藤学。
俺は俺でまぁいいやと思って放置しました。
結果的には本番でこれが仇になったのですが…。

オープン。
来るわ来るわ、俺も普段のバンド生活では会わなかったろうなっていう人のオンパレード。
挨拶もそこそこに本番直前になり楽屋へ…。
初ライブのメンバーもいたから緊張しまくりの様子とかをボケっと眺めて楽しんでいました。
新鮮でしょうがなかった。
考えていたこと。
事前からわかっていたのですが…
このバンドは6人編成なのですね。
6人編成とかだと通常のセオリーと照らし合わせると、攻撃2人、守備4人くらいなんですよね。
パフォーマンス重視か演奏重視かってのがわかりやすい表現かな。
それがこのバンドだと攻撃5人、守備1人(俺)くらいのバランスになってしまう。
意志とは関係なくどうしても。
グルーブよりもインパクトっていったところか。

要するにドラムVSボーカル×2&コーラス×2&ギター×2&ベースっていう構図。
これは俺も初めての経験で新境地を開拓したかのような気分でした。
実際新しい感覚を掴んだ、意外とやれるもんでした。
攻撃隊と守備隊、それぞれ完全独立採算制。
言うなれば、ヒット打ってヒットエンドランも自ら敢行して、更にスクイズ決めて最後はホームランとはいかなかったけれど…。
サッカーならばタックルしてボール奪ってライン際駆け抜けてセンタリング上げて自ら決めにいくかのよう。
これを攻撃隊と守備隊それぞれで独立してやっていたかのよう。
それをバンドという体裁ギリギリのところで交錯しつつ、表面張力限界なのにさらに水滴を落としていっていたかのような30分。
こぼさなかったんですけどね、ビリビリと焼け付くような緊張の中でのプレイでした。
間違えてもフラットでタイトなリズムでは対応出来なかったでしょう。

新境地でした、これを_ _ _ _*にも応用出来るかもしれない。
詳しくはうちのメンバーも皆見に来てくれていたから書いてくれるんじゃないのかな。
実際ライブ全体としての絵も含めてどうなっていたのかは俺もまだわかっていません。
でもドラムの難しさ、ドラムの在り方、バンドの中でのドラムってポジションをまざまざと考えさせられリアルタイムに突き付けられたライブでした。
ドラムってきっと一番全ての音を拾えて把握出来てコントロール出来るポジションなんだと思いました。
勉強になるなぁ。

そんなこんなでバタバタっと本番終了、そして打ち上げ。
スタートが早かったせいかまるで耐久勝負みたいな様相。
0時半には既に盛り上がり尽くして、体感では2時半頃の様子。
そこから始発までどんちゃんどんちゃん。
朝方なんとか帰ってきたのでした。

とりあえず自分自身のライブラッシュもこれで年内はひとまず収束。
年明けに向けて動き出す。
お疲れ様でした~!!
ありがとうございました~!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/155-478337ab

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。