スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レスポンス。

_ _ _ _*。
改名からもうすぐ半年、それなりに各地で活動させてもらってきました。
ありがたいことです。
それで様々なところで論評を書いてもらったりしているのを読んで思うことがあります。

う~ん、いろんな書かれ方をしていて凄く面白いもんです。
なんというか…面白い。
ある所では現代社会の抱えるジレンマや閉塞感を代弁したなんたらだとか、またある所ではあれを音楽として認めるわけにはいかん的なものであったり、一番驚いたのはミュージシャンというより大道芸人が4人集まったかのようなっていう一節が加えられたりしていたもんです。
とにかくそういったレスポンスをもらえるだけでも一応の発信者としては嬉しいものですね。
メンバーであるはずの俺さえも完全に知らない_ _ _ _*が各所に存在しているということ。
これを待っていました。
どこぞで勝手に議論が沸き上がればいい。
例え誹謗中傷であっても、それ自体が既にもう…
アハハハ~。

とまぁ実際には俺達は変わらず活動していくしかないのでしょうが、断言しときます。
ご立派な思想もないしね、世に言う社会貢献ってやつも本当に素直にしようと思えば別の形もあるでしょう。
働け働け、そして最後まで税金吸われてキレイに灰になってゆけ。
ついでに何の疑問もなく貧困層の中で子宝に恵まれていたら尚良しか。
趣味の一つくらい許してくれよ。
学校で教えてもらったのはこんなことだった。
ただなんとなくではないんだけれど、こういうのあってもいいんじゃないですか?ってところのみでガチャガチャと音を出しているような気がします。
創作意欲の源というか。
ただ俺は今まで書いてもらった_ _ _ _*のレビューの中で唯一これは!?って思ったものがありました。

「弱い者が弱い者を傷つける時代の最後の切り札」

まず最初に俺達自身がとても弱い者。
きっと弱い者ってたくさんの意味が込められているんだろうし、決して答えが無いものでしょう。
ぽ~んと放り投げて終わりですよ、言葉を。
でも何かこの一節が妙に胸につっかえてます、なんなんだろうね。

うちには幸いなことにいつも写真を撮ってくれる人がいます。
毎ライブ、必ず。
何を撮りたくてとかなんて個人的にはどうでもいいわけです。
ただ、その場所にいてくれるっていうだけで本当に十分。
なのにね、ライブ時の表情を真空パッケージしてくれる。
少なくとも_ _ _ _*の歴史は如実に語られています、たった1枚の絵の中に。
不思議な事に写真を見ればどういう心境だったのか痛いくらいにフラッシュバックしてしまったり。
証ですよ。
俺は幼少時から高校くらいまでの写真なんてほとんど持っていません。
というかあまり見たことも無い。
だからわからないんです、自分がどういう生い立ちでどんな日々を過ごしてきたのかが実際には。
自分視点からばかりでね、少し外から見えたはずの世界なんて縁遠かった。
何かを達成したわけでもなく悶々と過ごしてきたんでしょう。
友達も多くなかったはず、ごく小さなコミュニティの中で生きてきた。
そう、およそレスポンスとは程遠い世界だったのではないかと思います。
だからレビューなんかも楽しくてしょうがない。
腹立つ事もあるけれど、結果的に楽しい。

NOと感じてNOって叫べば言った人自体がNOに成りかねない。
言うべき時でもね。
もちろん世の中の全てで言ってしまえば何も機能しなくなるし大変なことになるでしょう。
PUNKもROCKも日常では程々に。
だとすれば何をやっても渾身の茶番劇にしかならないのかもしれない。

悲しくないかい?
悲しくなんかない。

人生自体が茶番だと思えてきてしまったここ最近。
俺はキレイな灰になれるんでしょうか。
最後はしっかり燃やしてくれよ。
苦しみも悲しみも後に何も残らないくらいに。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/255-0aa09c39

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。