スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わらない。

最近ちょくちょく言われてしまいます。
変わったねとか怖くなったねとか、要するに印象の問題なのか俺自身の素行の問題なのか。
う~ん、強いて言えば年を重ねていっているだけじゃないのだろうか。
何か原因があるはずだ…。
普通優しくなってくんじゃないのか。。
俺なんて元々ネクラで閉口しててどこか退廃的だったもんです。
パンクの教えなど知る由もなく、右と言われれば左だなんてのでもなかった、割とどうでもいい人。
どうしたって計画的に歩んできたわけではない人生。
待てど暮らせど相変わらず求めるもの未だ来ず。
別に自己顕示欲が特別強いわけでもない、日陰を好みます。
ボケ~っとしてるのが好きな子です。

だけど。
音楽が全てを変えたのかもしれませんね。
それのおかげで何かが弾けたのが最初じゃないんだろうか。
なんていうか、自分って自分だったんだな~みたいな。
ちゃんとこう思ってたんやとかそんな次元だけど気付かせてもらった。
それが偶然ドラムだったってだけなんでしょうね。

うむむ。
特に東京に出てきてからの時間の速さは凄まじく、日記なんか書いていてもつい最近こういうの書いたなぁ、止めとこうって思っても1年以上前の内容を覚えてたりで。
明らかに体感がおかしくなっているのは確かかな。
そんな生活をしているうちに何かがまた変わってきているというのだろうか。
そんなことないと思うんだけどなぁ。
もう会わなくなって連絡先も紛失してしまったような10年前の友達と今でも変わらず話して遊んでって出来るんだろうか。
どうなんだろう、皆はどうなんだろう。
なんか出来ないような気がしてきた、あの頃と比べると随分変わったもんなぁ。

環境ってのは恐ろしいもんで、よっぽど強い自我を持った人じゃないと適応し過ぎてしまうのが人間だと思ってます。
嫌だなぁ、それで必要なものまで合理的に失くしていってるんだとすれば儚い。
人間誰しもが社会生活に巻かれていくってことか。
あれ、話が変な方向に…。

大体の話がね、変わったんだとしてその出発点がどこかって話ですよね。
どこから出発したんだ、俺は。
そうだよなぁ、10年前の思考じゃ_ _ _ _*なんて存在するわけない。
いや、兆候はあったんだと思うけど…ちょっと思い当たる節が。
いやいや、無い無い。
生まれた瞬間から何考えてたんだろ。
自分の明確な意思で何かをしでかしたので記憶にある最も古いものは3歳になったばかりの頃。
着ていた服も時間も景色も覚えてます。
千里中央っていうところにダイエーがあってね、俺は純粋にお菓子を食べたいって思ってて頼んだけれど買ってくれない。
買うということがどういうことか理解してないまでも、買い物カゴに納まらなければ自分の口に到達出来ないということはわかりますよね。
そこで考えたんだろうなぁ、素晴らしい案を思いつきました。
今食べちゃえばいいんだって。
そして俺はしゃがみ込んでお菓子の棚に首と手を突っ込んで一応隠れてたんだろうなぁ…堂々とお菓子コーナーで食べていたのが最初。
世間様からすれば珍妙なわけです。
幼児が万引きするわけでもなく、その場で堂々と食べたいお菓子を食べている。
明らかに責任問題なんだけれど、俺からすれば欲しいものを自力で掴み取った瞬間だったんですよね。
すぐにしばかれたけど。

あそこが出発点だったとすれば、やっぱり変わってないじゃないか。
いや、今でも万引きしてるとかそんな話じゃなくて。
いや、してないよ、してないしてない!!
ジンプルのチャリ事件みたいに簡単に捕まるわけには…
あぁ、日記でこんなネタ書くもんじゃないなぁ。
いいやいいや、うほ~ぃ!
でも経済原則に逆らって万引きはいけないと適応してるわけです、俺もアホながらに。
でも現代社会にも全く適応出来ていないしね。
局部的には適応してるんでしょうね、でも本質的にはしてない。

じゃあ何が変わったというのだろうか。
何かを知って善か悪か?
何かを考えて是か非か?
それで勝手な自分の小さなキャパシティの中から更に色眼鏡で見るようになっていっているのか。
でもそうやって人って皆細く太く鋭く鈍くなっていくのか…。
今もっている常識なんて地球の裏側行ったらそのままひっくり返りますよね。

知らないうちに人を傷付けて、知らないうちに人を虐げて、知らないうちに人を差別して、知らないうちに知らないうちにだなんて耐えられませんね。
それで終いには知らないうちに自分を失くすとでも?

初期衝動。
これだけがいつまで経っても素直なのかもしれませんね。
抑圧された中で上手いこと衝動を従えるだなんて無理な話。
そう思ってても変わっているというのならば、俺はきっととっくの昔に失くしてしまってるんでしょうね。
自分という死ぬまで切っても離せなかったはずのものを。

凡夫なりに世に問おう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/266-798c10be

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。