スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枯渇。

夏の予定が全く定まらない_ _ _ _*です、うひょ~。
大丈夫なのだろうか…去年もだったかな。
まだ5月だもんね~とかって言ってるうちに冬になってるもんです。
今年こそは…今年こそは海行くぞ!!
和歌山の白浜行きたいっす、そして海で溺れたいっす。
なんか4月に就職したはずなのに、近く無職になりそうな報告が既に2件も。
大丈夫か、親愛なるバカ達よ(TT)
ロックし過ぎも考え物ですね、ちょっとくらいポップに生きましょう。

暖冬だとか今年は猛暑だとか簡単に言われているけれど、本当に大丈夫なんでしょうか、地球。
不謹慎だけれども、どうせ中途半端に死ぬくらいならば地球最後の日を見たいですよね。
でも5月だっていうのに最近の暑さは異常です。
俺の場合はね、なんでだか元々暑い寒いっていうのに体が鈍感みたいなんですよね。
そんな俺でもはっきりとどれくらい暑いのかわかる基準があります。
スネアのヘッド。
叩く部分の皮ですね。
バカみたいに寒い季節か暑い季節以外はいつも車の中に置いている事が多いんですよね。
それでつい先日のリハでスネアを叩いてみると音がおかしい。
あれあれって調節してもどうにも音が元に戻らない。
あまりに初夏のような暑さが続いた為に車の中の温度が異常に上がり、ヘッドがおかしくなってしまっていたんですね。
膨張したというか伸びたというか…。
楽器、ギターやベースなんかの弦楽器の弦なんかでもそうなんだけれど、基本的に日本の気候なんて楽器にとって何もよくないんですよね。
梅雨なんてもう最低です。
湿気を多分に含んでしまえば音も違うもの。
空気中の音の伝達の仕方が変わるっていうのもあるんだけれど、俺の場合は木のスネアを使っているもんだから、余計な水分含んだだけ音の抜け方が全く変わってしまうもんです。

水の戦争が起こるって言われているというのは前にも書いたけれど、もし日本が今よりも亜熱帯地域になってさらには水不足になれば国内だけでも争いが起きるかもしれませんね。
今までが石油の戦争ならばこれからは水の戦争だって。
水道ひねっても水出なくて、コンビニ行っても何も飲料置いてなかったらどうなるんでしょう。
川にでも殺到するのだろうか。
大体ね、石油が高い高いって言うけれど、気が付いたら水のほうが既に高く売られているじゃありませんか。
ガソリンだって高くて俺もひ~ひ~言わされているんだけれども、よくよく考えたら水のほうが需要に対しての値段が高いじゃないですか。
もちろんトイレの水なんかもたくさん使えないし風呂も入れず。
カオティックですね。
水もまた人間の手では作れないものだし。
俺達が今飲んでる水のほとんどは地下資源で、30億年前の水らしいですよ。
実際、石油が無ければ困るけれど水が無ければ生きていけません。
何をしていても資源は限られているものでどうしようもないですね。
ついこの間、地球の人口は65億人になったんだって。
増えてます…。
それで5人に1人は水が満足に飲めていないって統計が。
怖いですよね、ちょっと世界地図を見てみるとチグリス、ユーフラテス川なんかは上流がトルコで下流がイラクを流れている。
上流で取り過ぎると当然下流は…争うのだろうか。
あるいは伐採で保水力がなくなってすぐ海水になってしまうとか。
海の水なんて飲めたもんじゃありません。
砂漠も広がってるしオゾン層も問題だし…うがぁ。
でも今年の夏は何かが起きそうですね。
あまりにも変な感じで暑い、部屋の中は裸でほっつき歩いていても大丈夫なくらいですよね。
そのくせ夜は思いのほかに冷え込む、服の選択が難しいですね。
部屋はやけに日当たりが良いせいか不快気味に汗ばんできます。

よ~し、今年の夏はクーラーつけないでおこう。
出来るだけ…頑張るっす。
クーラーを制限するだけで何か変わるかな?
扇風機もいらないや、置く場所ないし。
下手なダイエットよりも効きそうじゃないですか。

でもいつからなんでしょうね。
恵まれたもので商売を始めるようになったのは。
利潤追求もいいけれど、人間世界でしか通用しない貨幣を儲けたところで資源が尽きればどうしようもないのにね。
そんな事を考えていると、地球様のもので我が物顔に商売してウハウハしているのが虚しくなってしまいますね。
自分のスネアも昔は立派な木だったんだもんね。
大事にしなきゃ…そんなところからでも始めてみよう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/307-6b5aced4

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。