スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバース危機一発!!

危なかった…本当に危なかったんです。
あの日、あの時、あの場所、少しタイミングが違って座っていれば…。
運命の分かれ道をまざまざと体験してきました。
本当に汚い日記なので読まないほうがいいかもしれません。

赤坂で賑やかに飯食った帰りの地下鉄…。
丸の内線だっけ?
そこから四谷で乗り換えて中央線へ。
土曜の夜0時前後、文句無しの満員電車。
俺は友達と2人で乗り込んだんですね。ポジションはドア付近。
そして間もなく新宿に到着、人の入れ替えが激しいわけです。
その刹那、俺のいたドア付近から三席が空きました。
座ろうかとも思ったけれども、なんでだかやめたんですよね。
なんでだろう、三鷹までなんてすぐだからかなぁ…。
そして走り出す電車、車内はもちろんギュウギュウです。
そして中野を過ぎた頃…気付けば俺の隣に滑り込んできた男の様子がおかしかったんですね。
なぜ気付いたか…?
文字では書き表せられない奇妙な音を発したからです。

プェッ!!

ププッ!!

!!??

そうして注意深く観察していると…口を必死に押さえている。
まだ状況が把握出来ない俺はそれでも至近距離から凝視してると…
なんと噴き出すゲロを両手で必死に押さえてたんですね。
さっきの音はなんだったかというと、両手で押さえきれないゲロが手と口の隙間から圧縮されて噴水状に鋭く飛び出すゲロの音だった(TT)
そして噴き出したゲロの着地点は…俺が一瞬座ろうとした角席!!
満員電車のせいで降り注ぐゲロをその身体一杯に受け止めていたおばさん…逃げる事も叶わず次の停車駅である荻窪までカオティックでした。
想像してみてください。
満員電車の中でゲロが宙に舞う様を。
そして美しい放物線を描いて次々に座れて安心していた人達に降り注ぐあの様はファンタスティック!!
文句を言いたかったろうに、必死に口を押さえている男に文句を言った所でゲロの噴出を促してしまうだけ。
どうしようもなかっただろうなぁ。

運命の分かれ道。
もしあの時、俺があそこに座っていればどうなっていたんでしょう。
メンタルをズタズタに切り裂かれていたことでしょう。
戦意も湧くことなく敗北感にまみれていたことでしょう。
さすがに初めて見ました、ゲロの噴水。
無論、俺はその笑撃に耐え切れるわけもなく人目をはばからず爆笑してしまっていたのですが…。
白かったなぁ…。

大体ね、深夜の満員電車なんてろくなことありません。
今回のケースは本当に珍しくて初体験でしたが…。
どうせここまで書いたんだから今日はゲロにまつわるネタを書いてみましょう。

寝ゲロ。

言っておきますが、病院で聞いた様子だとこれでかなりの人が亡くなっています。
メチャクチャ危ないんですよね。
俺も過去に友達が寝ゲロで窒息しそうになっているところを助けたことがあります。
普通に上向いて寝てたんですよね。
それで様子がおかしい、苦しそうだ。
本人は泥酔しているから意識レベルはかなり低く自力ではどうしようもないんですよね。
頭叩いても揺すっても起きないから電気つけたらなんと口からゲロが溢れ出している。
瞬間的にやばいって察知した俺は口からゲロを手ですくい出していたのですが追いつかず、閃いて掃除機を口の中に突っ込んでブォ~ンって根こそぎ吸い取ったんですよね。
結局その後も器官に入ってしまったゲロはどうしようもなく病院に行ったのですが…。

また東京に出てきた頃には車内でツルって滑って転んだのですが、原因はゲロでした。
凄く気持ちいいくらいに滑ってどうしようもありませんでした。
どれだけ情けなかったことか…。

う~ん、なんて下品な日記なんだ…。
実際、俺はこれを書きながらコーヒーゼリーを食べていたのですが不思議とスプーンが止まりました。
吐くまで飲むのはやめましょう、見てる分には喜劇だけれど喰らえば悲劇。
危なかったです、あんなに具体的に身の危険を感じたのは久し振りでした。
きっと…クリーニング代くれとも言う余裕もないですよ。
降り注ぐゲロから顔面守るだけで精一杯だったと思います。
満員電車は気をつけましょう。
スポンサーサイト

コメント

去年の話しです…国分寺駅で電車を待っていました。時間は夜の11時過ぎくらい。なぜかすごいたくさんの人がいました。
電車が来て、ドアが開きました。俺は携帯をいじってたんで、入り口をあまりみてなかったんですが、「うわぁ!」という声を聞いてふとドアの方をみると、電車に乗っていた親父が、ホームに向かってゲロを吐いてるんですよ!!
斜め上を向いていたので、綺麗な放物線を描いていました…。
ホームで電車を待っていた人々は凍り付いたように、誰ひとり動きません。いや、動けない。
そしてドアは閉まり、電車は次の駅へと向かっていきました。電車に乗れずにホームに取り残された人々の悲しい声が聞こえてきました笑
幸い、ゲロを浴びた人はいなかったようですが、強烈な匂いにやられた人はたくさんいました。
俺もやられました。ゲロ吐きそうでした。
ちらっと見ただけなんですが、海藻みたいな物が混じってました…………。

汚いコメントを書いてしまってすいませんでした(>_<)

いや、それは車内でやってしまうのを耐えただけでも素晴らしい話ですよ。
俺は酒飲まないというか飲めないから吐く機会もそんなになくてわからないけれど、生理現象を抑えるということは相当な意識レベルでの死闘にその親父さんは克ったんだと思います。
最もドア開いた瞬間に正面に誰か立っていたならばイレギュラー過ぎて完全な笑い話になっていたでしょうね…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/313-41753e17

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。