スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢物語。

さてさて、_ _ _ _*新聞2号も無事に出来上がり、そこにどど~んとライブスケジュールなんかも掲載されています。
秋葉原から配布開始。
前にこの日記に書いた時から8月16日の新宿LOFTが追加されたのかな。
前回同様ジンプルの微妙なタッチの4コマ、candyのなんとも言えない絵の続編なんかが描かれています、そしてYu-ponの核心に迫れる一言。
あんなの誰か読んでるんだろうか…疑問でしかない。
もし将来、あの新聞をコンプリートしてしてくれていたらその人には…凄いプレゼントがありますよ~。
本当かよ、本当です。

今日も朝までリハだったんだけれどジンプルの弦が何度も連続で切れまくる。
あんなのライブ中にやられたらたまったもんではありません。
何度演奏中止になることか。
それでジンプルに皆が怪訝に思って聞いたんですよ、ライブ大丈夫なの?って。
すると本人は珍しく至って平然と大丈夫だって即答。
なぜかというと、ピックを1段階硬くしたんだって…それだけでそんなに切れるものなのか…。
なので弦が切れてライブが中断になれば皆で糾弾しましょう。
アホ~~って。


ちょっと今日の日記はアホな内容に終始したいと思います。
全然夢を覚えている奴じゃなかったんですけどね、最近異様に覚えてるんですよ。
たった一つの夢を。
とにかく追われている、それも新旧の知人友人とどめに家族が登場するというフルキャスト。
最初の頃はね、その夢のシナリオが怖過ぎて途中で目を開けていたんだけれどね、何度も見るうちに先に進めるようになってきて。
もう完全にね、見ているというよりは思うように動けるんですよ。
取っ組み合いになっている時の力の加減、逃げている時の疲労感とか本当にそのまま。
そして遂に昨日!
最後のエンディング的なシーンに到達しました。
うん、書いている内容完全にアホだな。

どんなシナリオかというとね、最初の時点で40人くらいいるんですよ。
登場人物ほとんど口で言えるくらいの鮮明さ。
最初は山でキャンプみたいな感じで皆で仲良くご飯食べていたのに突然攻め入ってくる武装した覆面部隊。
またこのご飯がおいしくて離れられなくて、この夢を初め見た時にはここで殺られてました。
それでその場を毎度毎度必死で逃げ延びるんですよね、まずは。
そしてなぜか2人1組ぐらいになるんですよ。
相棒もわりと選択自由。
絶対に長くはない相棒もいて、間違ってそうなってしまったらまたお前かよ~って言ってたもんです。
それではぐれた皆と再会したらたまに裏切っている人とかいて、基本取っ組み合いなんですよね。
それが中盤になってくると武器を拾えたりして動き方の幅が出てくる。
大体俺は最初紐で戦ってるんですよね、首絞めたりしてて。
それが中盤になってくるとスタンガンとか手に入れたりして。
銃とかもあるけどなぜか至近距離を好んでるんですよね。
バトルロワイヤルみたいなものかって思っていたんだけれど、ある日山から始まったストーリーが完結してどうなるのかって思ったら…。
拉致されて暗いところに閉じ込められたんですよね。
抵抗したら痛いけど、気絶したふりして拉致されると痛くない。
そしてしばらくして助けに来た人から事情を聞く。
なんと場所は香港。
そして本格的に化け物が出始めるんですよね。
クーロンズゲートっていうゲームをやってその影響かもしれない。
行ったこともあるんだけれど、そこまで鮮明に覚えてないもん。
異様に嫌いな奴がいて、足の速いでっかいカマキリ。
こいつが強くて強くて会ってしまえばとにかく逃げるしかない。
あの映画、エイリアンの影響を受けているのかもしれません。
それでそのデカカマキリから逃げていてね、隠れるポイントはいくつか見つけたんだけれども必ず起こる出来事が。
隠れてやり過ごそうとしている時になぜか山でとうの昔にはぐれたはずの仲間が現れて目の前でカマキリと遭遇。
惨殺されていくんですよね。
感動的なシーンなんだけど助けに出てここで何度終わったか。
ある時にはその時の為に銃を持って行ったり、ある時には鎌みたいなので首を切り落とそうとしたりしていたんだけれど、助けに出れば必ず夢はそこで終わってたんですよね。
気付いた。
ほっとけ。
惨殺されていく仲間、満足して帰っていくデカカマキリ。
なんだ、こういうことだったのか。

そして事も無げにその後たくさんの仲間と再会。
それぞれのエピソードを聞いて殺られていった仲間達の話も聞く。
その都度憤慨している俺。
設定では突如現れた化け物達のせいで世界の人間の数が減っているんですよね。
で、いかだみたいなのに乗ってこっそり日本へ帰る。
そこからが本番。
なんでだか四国に上陸して東京に向かうまでの間はとにかく追われる、ひたすら追われる。
なぜか徒歩。
脱落していく仲間。
ここがメチャクチャ怖いんですよ、どうしようもない恐怖感。
こういう夢って誰もが見ますよね。
明らかに痛そうな棍棒とかマシンガンとかもう何でもありで特殊部隊みたいな人達まで襲ってくる。
目を開けるのを我慢して続行。
その頃にはもう皆戦い慣れていてわりとスムーズに反撃出来るんですよね。
相変わらずデカカマキリはやばくて数も増えてきて逃げないといけないんだけれど。
それで今日!
デカカマキリやっつけて東京に着いたんですよ!!
初めてやっつけた、なんのことはない、食べ物に薬混入して寝てるとこ片っ端からやっつけた。
それでどうなったかというと、俺達をブラウン管の向こうから見ている人が見えました。
結局俺達は映画の中の役は張らされていたかのような設定。
なんだそれ。
そして家に帰って不思議と寝ている俺を見ている俺がいて終わりました。
幽体離脱??
なんだったんだ、あれは。


いや、あまりにもくだらない事をダラダラと書いたんだけれども、クリアしてしまったこの夢はこれからどうなるんでしょうか。
起きた瞬間に妙な達成感ですよ。
絶対見ていると思う、皆何かしらの夢を。
それもかなり詳細な情報が詰め込まれた夢を。
ただ覚えていないだけで。
俺の場合は昔からとにかく山とか海に行っていた事が多くて、そういうのが夢のバックボーンになっている場合が多いです。
檻の無い場所で危険生物との遭遇時の心象なんかも反映されているんだろうか。
ちょっとでも気になった方はそういう夢が訪れた際は諦めずに進んでみてください。
寝ている際の暇潰しとしては最適かと思われます♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/355-c66de683

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。