スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詐欺。

ねずみ講、マルチ商法、ネットワークビジネス…などなどいろんな呼ばれ方がありますが最近流行っていますね。
簡単に1日3万円稼げるだとかってのが最近流行っているようですね。
アホか。

断言します。
この世の中には絶対においしい話なんてありません。

それこそ竹薮で札束拾ったとか宝くじ当たったとかならわかるけれど。
もしそういう話をふられたら聞いてみましょう。
その時にはきっと様々な殺し文句でいとも簡単にお金が稼げるってな話されているんだろうから、「あなたの預金通帳を見せてください。」って。
最近のやつの仕組みなんて昔よりもより簡単で稚拙な仕組み。
これもネットの普及の賜物ですね。
要するに1日3万円簡単に儲かりますよって言ってね、それに食いついて来た人にほんの少しのノウハウを3万円で売るわけです。
わかりにくいか…。
要するにその言ってきた人が3万円儲ける為には食いついてきた人に3万円を振り込んでもらう事によって儲けになるんですよね。
それをそれぞれが繰り返す事によって儲けになるという仕組み。
立派なねずみ講です、スムーズな言葉にすればネットワークビジネス。
儲かりませんよ、そしてふった人の数だけ確実に友人知人を失くすことでしょう。
それこそがねずみ講式に広がっていってさ。

タイトルに詐欺と書いたのはね…実際には合法だし多少は儲かるかもしれないから詐欺ではないのかもしれない。
でも本当にたったそれだけの金額の話で信じられない程の友人知人を失くし、生活の根幹を揺さぶるような話なんですよね。
だって話をふった時点でそれですよ。
そんな個人の付き合いの範囲での市場規模でね、どこまで生計立てれるって言うんでしょう。
だから某ソーシャルネットワークサイトなんかじゃ知らない人にアプローチかけれるもんだから、そこでも大流行しているもんです。

大体ね、そんなに簡単に儲かる話であれば広がるはずがないじゃないですか。
絶対にそういう話は出回らないもんです。
そんなに儲かる話をね、家族にしないで見ず知らずの人に宣伝するってところで疑わないといけません。
世に出回っている貨幣には一定の価値ってものがあって、一定の金額しか流通していないもんです。
笑えるじゃないですか、そんなに簡単に儲かるのであればきっと1万円の価値がその頃には100円くらいになっているかもしれませんよ。
無い無い。
でもこれだけ流行るということはそれだけ騙されている人がたくさんいるということ。
もうすぐ社会問題にもなるんじゃないでしょうか、ウェブの有り方が最も問われる問題でもあると思います。
匿名性っていう点でさ。

なんでこんな事をいきなり書き出したかと言うと、つい最近俺自身に言ってきた人がいたんですよ。
儲け話があるよって。
やるとでも思ったんだろうか、それとも周りに誰もいなくなって手当たり次第になっていたんだろうか。
恐らく後者です。
あんまりにもかわいそうだったから逆に仕組みを説明してあげました。
ふ~…もうアホらしくて当然付き合いも断絶かもしれないけれど、やっぱり悲しいじゃないですか。
人間ってどうしても甘い話には弱いもんだし、いきなり今を抜け出して理想の生活が出来るかもって思った時点で狂ったとしてもおかしな話ではありません。
俺なんて理想の生活なんてものに金銭は含まれていないというより…今以上を望んでいないとまでは言わないけれど恐らく最も引っ掛かりにくい人種かと思います。
だってお金欲しければバンドなんてやってる場合じゃないもんね。
だとすれば普通に働いてるわ~。

まだ10代の頃にね、俺はそれで裁判まで持ち込んだ事があるんですよね。
ちょっと面白い話。
ネットワークビジネスなるものが周囲で流行っちゃって、俺はその時なりに裏取って詐欺を立証して潰してやろうとしてわざと騙されたフリして参加したもんです。
マインドコントロールみたいなもんなんですよね、ああいうの。
参加している人は何が良くて悪くてっていう判断が出来なくなってしまっているもんです。
30万円ですよ、入会金が。
払った払った、結局取り返したんだけれど。
それでカタログとかがあって、あれこれディスカウントされたものとかを買ってね、それが末端から上に行くに従って取り分の%が振り分けられていくというシステム。
なるほどよく考えているもんです。
そして30万円分の商品が郵送されてくるわけです。
結局そんなに簡単に儲けれない、騙されたと気付いた人間が払った後で時既に遅しだけれども、抜けたいって思ってお金返してくれって言ったところで肝心要のクーリングオフとかも無効だったりして。
今は法改正でクーリングオフに関しては改善されたものの、まだ届いていないのが実情。
ほとんどの人が消費者センターなんかに連絡するみたいですね。
ただ危ないのは無理にそういった組織を抜けようとしたりすると、組織によっては脅しのかけ方が上手かったりするんですよね。
あの頃はそれが我慢ならなくて正面から切り込んでいったもんです。
約款なんかも上手い事書いてあったりして面白かったです。
ただ一つだけ書いておきます。
何かそれなりの重要書類に自筆でサインしたとしても、ほとんどの場合が実は無効に出来るんですよね。
日本の法律も巷で言われているほどそんなにバカじゃないもんです、先進の問題に対しては弱いけれど既出の問題、それも前例があると意外に応用効くんですよね。
ローンなんて実はほとんどがそう。
弁護士さんなんかも市や区単位で弁護士会なんてものがあったりして、予約さえすれば気軽に相談出来たりします。

一言でねずみ講と言っても様々な形態があってそれをピンからキリまで書いていたらキリが無いのですが、要するに本当の儲け話なんて誰も簡単には言わないって事です。

断言します。
この世の中には絶対においしい話なんてありません。

極論染みているけれども、『100万円儲かる』と言われて投資して100万円儲からなければそれは基本的に詐欺です。
詐欺って実はとても身近なものだったりします。
『儲かるかもしれない』だと全然違うんだけれども。

俺はここから先は素人だからよくわからないけれど、きっと儲かろうと思えば世のニーズに応えないとお金は回ってこないはずです。
結果的に社会貢献出来なければいけません。
最初からね、声を大にして堂々と振る舞ってしっかりと言えないビジネスプランに手を染めるのはやめましょう。
いいじゃないか、嫌々ファーストフード店で働いていたって。
ほっといても食べに来る人いるんだから。
いいじゃないか、パチスロ屋で働いていておじさんおばさんの台に八つ当たりする姿を眺めていたって。
いいじゃないか、どこで働いていたって。

回る金に対して…時間に対する対価として…、
人に対して偽っていなければ。

う~ん、この書き方も倫理的にどうかとは思うけれど…でも騙すとなれば話は別。
全然バンドと関係無い話書いちゃったけれど、ちょっと心配になってしまったので書いてしまいました。
止めてあげましょう、もし周りでそういう雰囲気を察知したのであれば間違いなくその場で。
これは傍観で済むケースのほうが少ないんだから。

堂々としていたいもんです。
それがとても難しく、でも誇らしくも思えるから。
人の価値は金ではない、人だ。
1億円は1億円でしかない。
値札を首からぶら下げて挨拶して歩くような世界なんてごめんです。
そうなれば皆いくらになるんでしょう?
きっと安いぞ~。

お金なんて無ければいいのになぁ…。
スポンサーサイト

コメント

(-_☆)

騙す方も悪いですが、騙される方にも問題ありますよね。
世間知らずにだけはなりたくないものです。

誰の為に誰が誰に何を言うのか。
それを考え出すと大事なもの失くしますよね。
とはいえ辛口の世の中、騙されるほうにはなりたくないですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/365-566bc7dc

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。