スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相撲といじめ。

へいへ~い!
気がつけば明後日10月1日は誕生日なので~す。
なんかくださ=====いっ!!!!!
オレンジのものとかスティックとか!!
いつまでも待ってま~~す!!
あはは。
そして_ _ _ _*も改名して1歳なんですよね。
おめでと~~~~!!!
まだだけれど、今年はなぜかうかれています。
赤ちゃんだ、_ _ _ _*赤ちゃん。
いいなぁ、このバンドと誕生日が一緒って。


昨日は新宿ANTIKNOCKへ行ってきました。
そう、_ _ _ _*にとっては悪夢の…あの時いた人はわかるでしょうね。
相変わらずものっ凄いローが出ていて気分悪くなりました。
怖いよう、怖いよう、新宿ANTIKNOCK。
そして若いバンドを観てきたのでした。
企画に呼んでくれた事もある「ZIT ZIE」ですね。
ジットジーじゃなくてチッチーって読むんですよ。
一歩抜けた感があるライブをしてました、お薦めです。
あれは来るぞ。
そして終了後、次郎へ。
070928_2337~0001.jpg

この画像で見るとそうでもないけれど、やられました。
これは大盛り。
3分くらいひたすらもやし食べ続けてやっと麺に到達。
と思ったらもう美味しく食べれる量ではありませんでした。
完食後も吐く息が全てにんにく臭いってわかるくらいで困った。
美しく退店したければ大盛りは止めておきましょう。


そうそう。
相撲部屋の騒動がまた大きくなっていますね。
もう誰も相撲見なくなっちゃうぞ。
死んだって半端じゃないですね。
師匠がしている事を止めるのはダメなんだって。
黒は白、それくらいならわかるけれどさ。
隠蔽とかって…もうそこからは別の話ですよね。
あれは完全に部屋の存続無理でしょうね、結果的には普通に殺人事件なんだろうから。

相撲部屋。
要するにプロを育成する場所ですよね。
そして伝統もある。
だからといって、かわいがりってなんだ。
凄く蓄積されてきた育成のノウハウなんだろうけれど、今の時代いつの間にか歪曲されていたというのでしょうか。
グーパンチならわかるけれども、ビール瓶やら鉄パイプやらスコップだとかメチャクチャな話が出てきていますね。
力士さん、確かに頑丈な体しているし強いんだろうけれど、それが部屋に入ってまだ3ヶ月とかって一般人とそんなに変わらないじゃないか。
なんてこったい。
隠蔽とか面倒臭いことせずにすいませんでしたって言わないと伝統も何も無いじゃないですか。

いじめ。
もう今までたくさん見てきたしね…もちろん今もそれに近いような出来事は頻繁にあったりして。
大人になった今でもそうなんだから子供なんかさ。
生理的にダメだとかどうしてもウマが合わないだなんてよくあるけれど、それを誰かと話した時点でいじめの始まりなんでしょうかね。
じゃあそういうものを口に出す時は本人の前でしかダメだなんてルール作ったとしても、それを一斉に皆が実行出来るはずもなく。
無理無理、人間そんなに立派じゃない。
いじめを肯定するわけじゃないけれども、自然界にだって存在するわけで。
心理的に誰でも強いほうにポジションしたかったりして。
しょうがないじゃないですか、それはそういう風に出来てるんだから。
そこをグッと我慢してポジティブに切り替えるなんて今だから俺もなんとなくわかったりするもので。
きっと相撲部屋の問題もなんだかんだあるろうけれど、根本はそういうシンプルな所にあったんじゃないかって勝手に推測しています。
皆人間なんだから。
隠蔽するって事は悪いってわかっているって言っているようなもの。
もういいよ、もういいじゃないか。
せめて償え、帰ってこないんだからせめて償え。


う~ん。
今でも後悔している小学生の頃の話を一つ。
メガネをかけた大柄な女の子だった同じクラスのN藤さん。
本当に俺はいじめというものを知らない時期だった、3年生の時。
授業中から帰る時まで皆ずっとN藤さんをね、ないぞう!ないぞう!!って叫んでおちょくっていたものでした。
それがそのうち蹴ったり殴ったりするようになり、いつしか石を投げつけるようにまで。
触ると腐るって言われていた。
俺はそういう具体的ないじめにはタッチしていなかったけれど、その様子を見てね…N藤さんの事を気持ち悪いなと思っていたものです。
みっともなかったしかっこ悪かった。
いつも泥だらけにされてさ、うんちとか投げつけられたりさ。

修学旅行に行った時の事。
当然俺は男部屋。
N藤さんは女部屋。
彼女にとっては苦痛以外の何物でもなかったろうに、ずっと登校拒否しなかったし修学旅行もしっかりと来ていた。
しかし。
なんと6人部屋の他の5人がN藤さんを気持ち悪がって、寝る時には彼女一人だったそうです。
そして先生にそれが見つかり、深夜の宿で大揉めに。
出て行った5人の女の子も泣く程N藤さんと一緒の部屋で寝るのが嫌なんだと。
それを見ていた俺はなぜか…切なくなったのか、なんとかしなきゃと思ったのか…じゃあ俺がその部屋で寝ますって。
意味わからないですよね、男なのにさ。
でもそれを聞いた時のN藤の救われたかのような顔が忘れられません。
その時に俺はいじめってものを初めて認識出来たのかもしれませんね。
なんだ、いじめるほうもいじめられるほうも同じ人間なんだって。
集団心理とは恐ろしいもの。

思うんですよね。
気に喰わない人確かにいます。
何言っても全否定される人います。
どうしたって理解し合えない人います。
正直顔も見たくもない人もいる事でしょう。
でもね、ちょっと待ってくれ。
そういう人達こそが自分の成長を最も助けてくれるんじゃないだろうか。
最近そう思ってしょうがないのです。
そういった負の感情を生み出すものこそが人間を強く大きくするんじゃないかと思います。
数の論理ってやつが大嫌い。
小さな所で同調してそこだけで完結させてしまうのも大嫌い。
だからと言ってそれが出来るのかと問われても出来ないかもしれない。
いや、出来ないでしょう。
でもせめて身の回りの人達だけは守れるかもしれない。

こういう報道を目にするとげんなりするけれど、それと共にやらなきゃいけない事も教えてもらえますね。
何一つ他人事じゃないんだろうから。
もうあんな悲しい話はいいや。
純粋に相撲を楽しめたらいいのにね。
せめて償え。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/431-c9bb5dde

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。