スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲネプロ。

鶴瓶師匠が紅白の司会だって!!??
これはかなり楽しみだ、残念ながら_ _ _ _*一同は見る事は出来ませんがやるしかないでしょう!
別に股間ネタじゃなくてもいいからまた神懸かった何かを期待せずにはいられません。
ちんぱんです。


昨夜は爆紅のゲネプロ現場に遊びに行ってきました。
11月23日俺達は群馬に遠征中だけれどもその頃爆紅はZepp東京。
どうか応援してあげてください。

ゲネプロを見ていて勉強になりました。
うん、本当に勉強になった。
ゲネプロというのはライブなり舞台なりなんでもいいのですが細かな流れも含めて調整していくような作業の事ですね。
バンドが違えばこうもやり方が違うのかと思い知らされたのでした。
それぞれのやり方に良い所と悪い所があり、しかもどれが正解かなんて誰にもわからないかもしれない。
そんなものなんですよね、それぞれのやり方。
間違いなく言えるのはそれが色濃く各バンドに反映されるという事。
これは間違いない。
結構いろんばバンドの各シーンを見てきたのですが、それだけは断言出来ます。
多少の問題があったとしても、多少であればそれはバンドの体質。
何かのピースがカッチリと繋がった瞬間でした。


なんだろうなぁ…。
ゴールというものがそれぞれの今という瞬間に必ず設定されていると思うんですよね。
しかしそのゴールというものは常に一定の距離を持っていなければならない。

例えば…今日の仕事は絶対遅刻しないぞというゴール。
頑張って起きて遅刻しないで済む瞬間まで後5秒。
どう考えても遅刻は免れたと確信する瞬間、タイムカードは目の前。
例えば隕石が運悪く降ってきてただちに直撃して死ぬとか、大地震が起こってフロア毎崩落なんて事にならない限り遅刻はもう無い。
やった、遅刻しないで済んだ!
ゴール!!

それじゃダメだと思うんですよね。
遅刻しないで済む瞬間まで後5秒という時点ではとうに次のゴールがあって然るべきで。
仕事に入った瞬間に動けるように、今日はああしてこうしてって出来る事であればその準備も整えておいたほうが良いに越した事はなく。
凄く単純な話のように聞こえるかもしれないけれど、これを人生に置き換えて考えるととても難しい次元の話になるわけで。

大袈裟に言うと最近よく言われているのは1日8時間寝て90歳まで生きていたとすれば30年寝た事になるわけで。
じゃあ何かの偉人が30年分の時間をかけて何かのスキルを習得したとして、それを超える為にじゃあ自分は35年分それ以上のスキルを習得する為に時間を使おうと決めたとして。
じゃあその35年分の時間をまず確保する為にどうやって生きてくかみたいなスケールになるんですよね。
それを日々守り節制して忠実に実行していき、かつ楽しくストレスを最少にまで落として健全な生活を送っていこうなんて考えれている人間が何割いるんでしょうか。
いるのは知っているけれど、そんな人極少じゃないですか。
全人類が惰性というものを敬遠出来るのであれば今の世の中にならなかったはずだし。
そ~んな事をゲネプロ見学させてもらいながら、最近あった事や見てきた事と摺り寄せて悶々と考えていたのでした。
勉強になりました。

今日は新宿URGA公演前最後のリハーサル。
尺も多めにもらえるというので何か面白い事出来ないかなぁとぼんやり考えていたりします。
ドラムをホールに置くとか…無理っす。
というかね……


財布はどこだ~~~~~!!!!!!!!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/466-9f596498

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。