スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスドラのヘッド。

実は24日のライブはヒヤヒヤものでした。
なぜならばバスドラのヘッドが破れかかっていたからでした。
機材持ち込んどいて破れて演奏中断なんて事になったら…切腹ものです。
ちんぱんです。

それでなんとか欲しい皮を入手して今日張り替えるんですね~。
皮=ヘッドって言っても本当にいろんな種類があるんですよね。
入手したのは2つ。
この世に存在するヘッドの中で最も分厚くそれでいて柔らかいものと…最新の音響テクノロジーが取り込まれた値段の高いもの。
いや、高いよ、あんなの…。
年末にはそのどちらかが張られている事でしょう。


俺は思うのです。
これはライブ当日のリハーサルでの話なのですが…。

低音を確保せよ。

PAさん、音響屋さんですね。
フェーダーという音量を調整するようなつまみやらをいじっている人ですね。
中にはどうしてもバンドサイドの要望が伝わりきらなかったりして、思っているはずの音と全く違うものが外に出てしまっていたりします。
これが最悪のケース。
もちろん各ライブハウスの特性があるもんだから、初めて行ったライブハウスでこれだ!って音を出すのはそうそう簡単な話ではないのですが。
全てのバンドに言いたいものです。

低音を確保せよ。

ギターとボーカルの絡みなんてね、正直元音勝負。
お互いの帯域が絡まってボーカルが聴こえないだとかギターがグシャグシャになっているだなんてね…それは90%以上がPAさんの責任ではないケースでしょう。
ギターとボーカルの絡みなんて…極端な話どんなに初心者のPAさんでもある程度は出せるものです。
問題は…ベースとドラム、これは本当に難しいのです。

低音のコントロールってのは本当に厄介なもの。
なぜならば、常日頃意識して聞いているものではないから。
聞こうとするのは高音部、つまりボーカルとかギターとか鍵盤とか…後はストリングス及びホーンセクションですか。
ダイナミクスと呼ばれる音の振り幅があるのですが、音量の問題で大きいか小さいか…。
皆怒鳴り声はどれくらい聞こえるとかわかりますよね。
でもひそひそ話でどの距離だとどの程度のひそひそが伝わるか把握している人はそうそういないでしょう。
こういう下のピークを把握していないと低音ってなかなか作れないものです。

最大音量時にどの程度の低音が出るのか、通常時にどの程度出るのか、最少音量時にどの程度出るのか。
まずはベースのそういう部分を把握。
もちろんこの時点でギターの邪魔をしていたりボーカル掻き消す勢いであれば話になりませんね。
元音の帯域をいかにコントロール出来ているか、その上でのライブリハなのですね。
全てはバランス。

よくある光景ですが、音というものは音量上げたら出るってもんじゃありません。
音量上げたら圧が出るってもんじゃありません。
わからないんですよね、その場で聴いてみないと。
もしかしたら音量半分にしたら外はガッツリ出るようになっただなんて珍しくありません。
ボーカルが生の段階でもう少し声量上げたらキレイに出ただなんて珍しくありません。
難しい。
全てのマイクには音を拾う適正音量というものがあり、拾い過ぎると他の音まで拾っちゃうんだから。

話がだいぶ前後しましたが、入手した分厚くて柔らかいというバスドラのヘッド。
これはYu-ponの音を嫌というくらい聴いた上での決断だったんですね~。
正直嫌ですね。
だって分厚くて柔らかい程アタック出すのに疲れそうだから…恐らくこれで年末いくと思うのですが…。
ドラマーの方はわかるかもしれませんが、もしかしたら木のビーター使っているかもしれません。
キックとベースというのはあんなに同じような低音でも実は似て非なるもの。
俺の認識ですが、ドラムセットの中でもバスドラだけはドラムというよりも、よりベースに近い楽器だと思っているんですね~。
これは前にも書いたのですが、踏み方で信じられないほどに変わるのがバスドラ。
この変貌の仕方は恐らくスネアの比ではないでしょう。
そして少しのバランスでどちらかが聴こえなくなるなんてよくある事ですね~。
恐らくなのですが、_ _ _ _*のライブで本番思い通りに出ている確率なんて実は5回に1回くらいではないでしょうか。
それは人が音を吸っていたり湿度や温度の差異、とにかくコンディション全てが左右するものです。
その全てを読みきった上で…なんて神懸かっているじゃないですか。
でも中には鬼のような耳を持ったPAさんやバンドさんがいて驚かされる事があります。
なので最初からバカみたいに出るローがヘッドを入手したのでした。
その確率を少しで上げていく為に少し面白い試みも企んでいます。
まずは29日の渋谷DECEO、ここでどうなるかですね。

常に常に、現状維持は有り得ない。
年末最後の最後まであがいてみます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/501-feb93d1c

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。