スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

些細な疑問。

行き先も無く目の前の扉を開けてどこかへ。
人生とはそんなものなのでしょうか。
ちんぱんです。

ちくしょう、あのアクエリオンのCMの歌が頭から離れません。
いい歌じゃないか、ちくしょう。。。

年明け早々なんだかんだと騒がしくなってきました。
周辺のバンドさんも次々と動き出し、いろんな話が錯綜してきて面白いものです。
そんな中、_ _ _ _*は相変わらずのんびりとしています。
なんだか置いていかれそうだ…。


強烈な疑問に襲われた昨日。
聴きやすいってのとノリやすいってのは全く別物なんじゃないかって疑問。
いや…そのどちらも備えているのに越した事はないのですが…そんな事を思いながらライブ観戦していたんですよね。
バンドのレベルが上がってくるとどの方向から観ても面白いものだと思います。
何も考えずに踊り狂うとか…ただひたすらに聴き込むとか…1人のプレイヤーを追い続けるとか。
それとも映画を観るように全体像をボヤッと視界に入れるとか…誰かと歓談してあれやこれやと評し合いながら観るとか、つまりどんな楽しみ方をしようが観る側の勝手じゃないですか。
その時そういう気分であればそういう気分に従えばいいだけで。

ただ、時としてバンドサイドのほうがそれを限定させてしまう場合があるのも事実で。
バンドとして意図的ではなかったのだとしても結果的にそうだとすれば。
もちろん振り付けもなんかもあるだろうしね、何かのグッズでもって一緒に楽しんだりさ。
_ _ _ _*だって改名前の頃は一端ライブが始まれば、場内は面白いほどに冷凍庫状態だったんですよね。
俺達としては成す術もなく、というか特に問題視せずに俺達ってそういうものなんだろうってなもんで深く考えていなかったのですが。
しかしある時の事。
俺達を観ていた人達が急に踊りだしたじゃありませんか。
ある日を境に…驚かれるかもしれませんがこんなのつい最近の話ですよ。
その時はよくわからなかったのですが、今となってはわかるものですね。
それが何かはあれなのですが…そんな経験を踏まえている今だからこそ抱いた疑問なのかもしれませんね。
聴きやすいってのとノリやすいってのは似て非なるものだって。

歌詞。

これがよく聴こえると違うもんだと思います。
ライブハウスでジャンジャカ音出していても歌詞なんて聴こえるもんじゃない。
なんとなくわかっても、一言一句把握しようとするのであれば大変な作業ですよね。
しかしボーカリストがボーカリストとして在るべき姿になろうとすれば、言葉の節々を伝えようとサウンド面含め試行錯誤するのは当然の事で。
歌詞がくっきりと聴こえてしまったら最後、踊るどころじゃありませんね。
その歌詞に力があれば尚の事、誰だって聴き込んでしまうのではないでしょうか。
そんなシーンを目の当たりにしたのでした。

ある人が言うんですよね、俺の目を真っ直ぐに睨みつけてね。
音楽というのはただの表現の手段で、本質を伝えたかっただけなんだと。
考えたらそうだなと思ったんですよね。
サントラじゃあるまいし、歌詞ってものがどこか軽視されがちに思えてしょうがない最近。
その歌詞がサウンドとリンクしたのを感じ取った瞬間に会場は一挙に興奮の坩堝になるのを皆が知っていて待ち焦がれているのにね。
そんなライブ、俺は今年何本観れるんだろうか。
楽しみです、あくまで観る側ですよ。


さっきから卵を大量に茹でて出汁で煮込んで味玉作りまくってます。
ここからどうしようかな。
もちろん残り汁で雑炊や丼物など更なる広がりがあるのですが。
料理作るのと音作る作業ってそんなに大差ないものですね。
誰が作って誰が食べて何をどうしたいのかってさ。
実は何もかもがそうなのかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/509-34f6831f

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。