スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足りないものだらけ。

運転席に座って走行中、自分の服からモクモクと煙が出ていたらどうしますか??
それも大事な服から…(TT)
ちんぱんです。

いや~、焦った焦った。
疲れてるのかなぁ。
タバコには気をつけましょう。
そうそう、ず~っと長い間工事していて走りにくい道の代名詞だった山手通り。
その下を走っている首都高山手線を初めて走り抜けました。
あれは速いや、渋滞緩和するんじゃないかなぁ。


あのね、追い込まれています。
思えば我が人生、常に常に余裕などなく追い込まれていたような気が。
なんとなくあったりするじゃないですか、来週のこの日はどこに遊びに行こうとかっていうのが思い返せばこの4,5年無い気がします。
節目節目でガッツリと追い込まれて。
今がピークですね、来週末には音録り。
備えても備えてもやばいっす、どうしよう。
でもYu-ponほど追い込まれてない…だから大丈夫、多分…ウププ。
何曲かはクリック無しでいきますよ、面白そうだ。
そして何曲かはドラムも重ねますよ、どうなるんでしょう。
とにかくやばい、チューニングなんて当日の博打だからなぁ。
あの音出るかなぁ、当日。
あぁ不安だ。


毎日のように誰かとどこかで会ってなんだかんだ話しています。
人は様々、本当にいろんな事を考えているものですね、その発想力に脱帽。
確実に俺の糧になっています、話すという事がどれほど大事なものか。
その中で思う事があって。

欠陥品。

人間って欠陥品なんですよね。
そもそもが完璧になんて出来ていない。
その欠陥品が集まって昔からあれこれと知恵を振り絞って生きてきたんでしょう。
この世に生を受けて今まで完璧というものを俺は見た事あるんでしょうかね、多分無い。
スペシャルな程に何かに優れていたんだとしても必ず何かが足りていない。
必ず。
だからこそ完璧を追い求め、それにより近い姿を見せられると人は感動するのでしょう。
それが何で何なのかなんてわかりません、ただ足りていない。
人間って面白いですよね。
細胞とかって言うけれど、それとてかなり人間を構成する成分の中でも大きい単位だったりして。
分子、どれだけの数がこの体の為に働いていることか。
やっと骨や血という目に見える単位まで大きくなっても足りない、臓器やら皮膚やら。
物っ凄い数の分子達。
そしてようやく目玉やら三半規管やら鼻やら必要な機能がついてきて。
誰が…誰がその全ての機能を知っているというのでしょう。
それをこの頭にスッポリと収納されている脳ミソ1つで指令するんですよね。
無理だ。

自分の体だけでもあまりよくわかっていないのに…それなのに何か事を構えた時に完璧に大小のディティールを構築していける人なんてどれだけいるのでしょうか。
同じだと思うんですよね。
形があるもの、成そうとするものには大義と小義があって。
小義ばかり考えていても、その小義が積み重なった時にどのような大義になるのか。
大義ばかり謳って緻密に考えいるつもりでも、有機的に構成するはずの小義の数々に思考が至っているのか。

これをしたい。
その為に何が必要なのか。
これをしたい。
つまりそれはどういう事なのか。

いや~、思考って面白いもので人それぞれクセってのが絶対にあるんですよね。
俺なんか何回も書いているけれどダイナミックO型なもんだから料理なんかでも反映されていたりして。
わかりやすいのでカレーだと、とにかく美味しいカレーを作って食べたい!!ってなるじゃないですか。
いや、俺の話なんだけれども。
迷わずにルー2種、出汁原料、玉葱を買う。
それでベース部分をひたすら練り上げるんですよね、とにかく土台、これは不変。
トッピング的なものは全て後付け、いろいろあるじゃないですか、バター味とかにんにく効かせたのとかとにかくパンチのある辛味とか海鮮系ならより最初からそういう方向で作らないと。
目標が美味しいカレーなんて抽象的かつ鮮明で実像がよくわからないままスタートだから結果的にどういうカレーになるかなんて最初の時点では描けていないわけです。
後は閃き勝負みたいな、それで順次買い足していくんですよね。
効率的かと言えばそうじゃない。
じゃあこのやり方で例えば1億円の仕事動かせるかって言えば動かせるはずもなく。
上手くいくかもしれないじゃダメなんですよね。
人の話を聞いている分にはポンポンとわかるのにね、自分の事となるとこれまたこんなにもってくらいにわからないもんだから困ります。

だって…もしかしたら俺の体だってちょっとした事で今の倍くらいは動くようになるのかもしれません。
いきなり倍速でドラム叩けるようになるとかね。
実際スポーツ科学って凄くて、関節の可動がちょっとした事で驚異的に拡がったり神経伝達速度がコンマ以下の世界だったとしても速くなったりってあるものです。
何かをしたい。
その為に何が必要なのか、それを把握するだけでもきっと違ったものが見えてくるのでしょう。


最近は曲も作ったりしていると別の意味で面白いんですよね。
なんでだか出来る時は10秒位で完成図が描けるのに出来ない時は出来ない。
特に俺なんかはAメロがこうだからBメロがこうでしょ、それでサビはこんなもん、それからすると最後はサビ2回しが無難だなみたいなスタンダードなやり方すると、何の取り得も無い普通のが出来ちゃってそのままお蔵入りなもんです。
完全に左脳が怠けている。
カレーと同じですね。
10秒位で出来る時っていうのはね、なんでだかドドドドっと知らないようなのが流れていくんですよね。
1秒目でゴール、2秒目からスタートしてゴールまで確認みたいな。
逆に鍵盤で今何考えてたかを音階で確認するのが間に合うかどうかくらいの速さだったりして、また左脳がすぐサボるもんだから忘れちゃって悲鳴上げた回数なんて恐らく100の位じゃないでしょう。

何かにつけて全てを把握するのは大変な事です。
ただどれだけわからなかったんだとしても蔑ろにするべきものなど1つも無くて。
人生など妥協の賜物でしかないのでしょうか。

注目している人が何人かいるんですよね。
最近だと39歳にしてあのトルネード投法を封印してメジャー再挑戦の野茂投手。
同じく39歳で幾多の故障を乗り越えても挑戦し続ける桑田投手。
それにサッカーのカズやハマのおじさんなんて呼ばれている44歳の工藤投手なんてお化けじゃないですか。
あれだけ注目されるトップスポーツで長年やれるのは誰よりも自分の体わかっていたからじゃないでしょうか。
何かを成すのも自分の体知るのもそう違いは無いような気がして。
経営者なんかでも最近のでわかりやすいのだとセブン&アイ・ホールディングス、あのセブンイレブンの経営陣観察しているだけでも相当なモノが落ちていたりします。
なぜコンビニの中でセブンだけだだっ広くて綺麗で商品が揃っていて…とか。


緩~く広~く深~く鋭~く思考を繰り返しましょう。
出来るわけない、そんなの…。

とりあえず頭脳パン食べるとこから始めましょう。
200802170218000.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/539-2282a329

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。