スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rec前日。

ドラム上手くなりました。
ちんぱんです。

人間の体とは酷使しなければいけないかのような気がしてきました。
寿命延びるんじゃないでしょうか、程々の酷使であれば。
というのも、ここ数日間はこれでもかって程に叩き込んでいたのですが、何やら体が軽くなってきたじゃありませんか。
頭の指令通りかなりスムーズに四肢が動きます。
細かい部分もどんどんミクロに向かってるような。
今もクタクタで帰宅して寝ようかってとこなのですが、どうにも体が起きていて中途半端な感じになっています。
なんだこの体力は。

実は明日Recなのですが、録る曲のいくつかは大改造が施されていたりして面白い事になっています。
おかげで体に馴染んでいたはずのフレーズやらが完全にリセット。
毎回のライブでやっていたあの曲も…。
これはとても大きなデメリットなのですね、おかげで0スタートみたいな。
ただ…メリットのほうが大きいんですよね、それはまた後々。
目標は7曲の低音のみ収録。

今回は本当にちゃんとした形で全面的なサポートを受けながら最高の環境で録れるので個人的には楽観しています。
楽観ってのは言い過ぎかもしれませんが過度の不安は無いですね。
いらない音が鳴っていない。
いる音だけが鳴っているというのは簡単なようで実はとても難しくて。
Recはどこで妥協するかなんて話もよく聞きますね。
するのかなぁ…うぅむ。

ドラムって基本が全身運動なんですよね。
達人になればまた違うのかもしれないけれど、全身のエネルギーをバランス良く使うような気がします。
なんかね、ある一瞬だけ感じれる自分の体の実際っていうのがあって。
歩くとか走るとかっていうような様々な人間の基本動作があるじゃないですか。
普通だと歩こうって思って足を動かそうとするって2段階みたいになるのですが、あるゾーンに達すると歩こうって思った時にはもう歩いているんですよね。
これをドラムに換算すると凄いですよ、こんなのがいいかな~って思った時にはまるで自分の体がオートマティックに勝手にそれを遂行しているんですよね。
ちょっとくらい上手くいかなくても数度繰り返せばそれをすぐに再現してくれる。
これだと恐ろしい程の速さでいろんなものがポンポン出来上がっていくんですよね。
きっとそんな体験している人たくさんいるはずでしょう。
頭の中に何か具体的な絵が出てきたら終わり、後はそれに感覚的なアプローチで近付けていくだけ。
感覚的なアプローチ、それには体のオートマティズムが絶対に必要なのですが…これに達せない時は俺なんかでもドラム叩くのしばらく休んだりするんですよね。
そういう時のテイクって後で聴いても必ず却下だから。

なんだかんだと準備万端というわけにはこれまたいかないのですが、そんなのもう慣れっ子ですね。
知っている人は知っていると思います、クリック神話。
メトロノームと言い換えれば皆わかるんじゃないでしょうか、あのテンポを一定に刻んで音でガイドしてくれるやつですね。
ハシってるよ~とかモタってるよ~とか。
何が神話かって、クリックさえ使ってしっかりとリズムキープして叩ければ必ず良いモノが出来ると思い込まれているんですよね。
そんなはずはない、まず明日はクリック神話を崩してみたいです。
クリックを使用したせいで得る物と失う物があるのが常例ですね。
でもクリックをなるべく使用せずに人間のリズムでよりクリックに近付けたらどうなるのでしょうか。
そんな事もいくつかの企みの1つですね。
とにかく今日1日をチューニングに費やして確認しつつ体調は万全で明日に飛び込みたいと思います。

とても大事な日。
_ _ _ _*がこれからどうなるのか、それを明日が教えてくれるような気がします。
寝なければ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/542-6275bc17

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。