スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐の後の静けさ。

朝方帰ってきました。
とりあえずRecの第1段階終了ですね。
ドラムは全て終わりました。
後いろいろと実験的な事もやらせてもらったり、最終的にはたくさんの次に繋がる日になりました。
言葉には出来ない程、物凄い量の勉強をさせてもらったかのような今。

いや~…。
本当に正直な話をすると、今回のRec手前の20日間は本当に最悪な気分でした。
とても録りたいものを録る自信が無かったんですよね。
毎日が嫌味ったらしくポンポン迫ってきて蹂躙されているかのような気分でした、誰かにどこかから常に狙われているというような圧迫感があったりして。
ライブはライブ、音源は音源とは言うものの、どうにもそれでは納得出来ないものがあって。
音源だからと言って、今までライブで見せてもらった景色を度外視するのか。
それが嫌で嫌でしょうがなかったんですよね。
だからといって、一定のクオリティを保ったままでライブの演奏をするなど不可能。
だったらライブテイクでいいじゃないかというのもあったり…。
それはつまり正しく座って字を書くのと同じきれいさで走りながら書けるかというようなもの。
もちろん過去の偉人はやれた人もたくさんいたのですが…とにかくそうしたかった。
そういった矛盾をたくさん抱えつつ悶々と当日を迎えたのでした。

笑える事に当日朝にそれまで考えていた時間がバカじゃないの?ってくらい意外な場所に気持ち悪いくらいあっさりと行き着いた結論があって、それをなんとか叩き込んできたのでした。
この一連の心の流れは少し変わっていました。
尋常ではない音源が出来上がって欲しい、ただそれもまだ小さな過程を経たに過ぎないのでわかりませんがとにかくそうなる事を願っています。

ドラム録るのにマイク15本ですよ、そういえば写メ撮ってなかったですね。
中には見た事ないような不思議な形のマイクも。
わかりやすいのでは100万円くらいのマイクもありましたね、凄まじい感度でした。
そのマイクで録ったものは臨場感でしかないような、つまり音がそのまま音として録れるような代物でした。
とてもとてもお世話になったエンジニアさんが言うには例えば300万円するような高価なマイク、それは単純に良い部品を使っているからであってそれを量産した所で今の時代に誰が必要としているのかとの事。
デジタルでそれっぽいのは作れるんですよね、ただ本物には及ばないけれどそれで十分になってきているんだとか。
従って自然とそういうマイクの生産はもう中止だとの事らしいです、_ _ _ _*に使用してくれたマイクはかなりマニアックな類のものだったのですね。
ただ唯一例外があって軍事目的や独裁者のいる国のマイクは物凄く良いとの事。
開発にも予算を惜しまないからだとか…。

そんなこんなで予定通りに終えれたわけですが面白かったのがいくつかありました。
コーラスの録りでね、間抜けな声が延々入っているあの曲。
ジンプルさんが炸裂していましたね、普段のローテンションが嘘なのかのように突如として切り替わる姿が面白かった。
candyもブースの中に入って歌録っていたのですが驚愕。
狭いんですよ、ブースが。
なのにその狭いブースの中で何か壊れるんじゃないかってくらいにジタバタ暴れて歌っていました。
ライブと変わってないぞ、あれ…。

基本は俺とYu-ponで先に低音録っていたのですが、大部分を意外過ぎる程にあっさりと終了。
少なくとも5時間くらい見積もっていたのが3時間弱でした。
環境の良さもあって出したい音が次々とそのまま収録されていく様が爽快でした。
ライブ時にはドラムセットの点数の少なさから実現不可なものも収録する事が出来、この後が楽しみです。
今まで音源作品が無かった事が最近ではとうとうコンプレックスに近いようなものまで感じつつあったのですが、今となってはここまで我慢した事が良かったなぁと思っています。
というよりもきっと今まで機が熟していなかっただけなのでしょう。
今後も引き続き録っていきたいです。


とりあえずというのもあれなのですが、これでようやく3月8日へゆったりと向かえます。

『誰がバンドを殺したか』

やっと真正面からこの日を見れる日がきました。
出演してくれるのはこのタイトルを地で行くバンドさんばかりですね。
きっとそれぞれ今出している音、それしか出来ないんだろうし、周囲を見渡す必要もない。
ただ逆を言えば一切の迷いが無いという事でもあり。
凄いですよ、きっとこの世の果てとあの世の果てを見せてくれるでしょう。
内在的なキャパシティがとにかく大きな日。
今日から切り替えてバチっといきたいと思います。


なんか…過ごす度に大事なものが増えていくのは気のせいでしょうか。
とうの昔に抱えきれないものになっていたはずなのに、どんどんどんどん増えてって。
代わりに何を失くしているのかなんてわかりません。
ただ最初に約束させられたものがいくつかあると思うんですよね。
それこそ生まれた時なのか意思を持った瞬間なのか…。
それをより深く刻み込んで生きていかなければ。

なぜか体が軽くなってきました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/544-9fca33da

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。